チュニジア 移民たちは「自己密輸」に転向 自分でボートを買って沖に出る

去年2021年8月11日の記事。

 

But what is special about this video is that the youths involved know each other, come from the same neighborhood and appear to have organized themselves. In other words, they are "self-smuggling" — a growing trend.

>>同じ地区の若者同士がつるんで、気軽に?、自分たちで自分らを密輸・密入国させているというのが今の傾向らしい。SNSに載せているのは、今風の遺書の代わりか? 親のインタビューがないんだけどね。

 アフリカ大陸をはるばる渡ってやってくるわけではないんだな。そういうのはモロッコ経由でスペインに行くのだろう。

 

It's rare in Libya, where people-smuggling networks dominate, but does exist on the coasts of Morocco and Algeria, Herbert explained.

However, until the past two years, it hadn't been particularly noticeable in Tunisia. "It's now come along with the much broader rise in irregular migration we saw from Tunisians in 2020."

>>リビアでは、密輸業者が支配しており、個人や仲間での密航を潰すんだろうな。モロッコアルジェリアチュニジアと同じか。結局ボートや船外機を売ってくれるかどうか、そこが自由競争かどうかなのだろう。Yamahaさんはどう思っているんだろう?? 中国が自国の船外機を安く売りそうな場所ではあるな。Yamahaの市場支配を崩しそうだわい。

 

Tunisians have been the largest group in 2021 so far. Between January and March, they made up 15% of all arrivals; between April and June, 14%. And most of the migrants who leave Tunisia by sea are locals, not foreigners.

>>チュニジアから来る移民はほぼチュニジア人だと。イタリアにくる移民の14,15%がチュニジア人だという。ここはEUとして圧力をかけて連れ戻すしかないんだけど。 ガスくれワンワンと弱腰だろうね。

 イタリアはもう移民で飽和状態なんじゃないのん。中国人が武漢肺炎で去った穴を埋めているんやろか? こんなに移民がいるなら、3K職場は改善されないだろうな。

 

The self-smugglers are willing to pay more because it's seen as a safer option,

、、、"Many young people here don't trust the human traffickers. Many of the traffickers work with the police. They'll take the migrants' money, gather them together, and then turn them over the police. But this way, they [the self-smugglers] can prepare for the journey almost undetected."

>>密輸業者を信じてないか。そらそうだわな。自己プロデュースの密航は安全に金を掛けるしね。自分の命がかかっているからな。

 密輸業者が、警察官も兼ねているという。びっくり。移民の金を求めて、人を集めておいて、警察に寝返ると。警官のセルフおとり捜査かな。自分のポケットマネーにするためかも。 

 アラブの春は、警官の横暴からの焼身自殺から始まったのでしたなぁ。

 

The self-smugglers often also try to land their boats in areas other than those used by professional traffickers, so they have a better chance of not being caught by the authorities and deported, Ben Amor said.

Many make their way to the larger Italian island of Sicily where it's easier to land undetected, while a number of professionally trafficked migrants end up on the smaller, closer island of Lampedusa.

>>密輸業者はコストを掛けずに送り出すので、一番近い島に行こうとするが、

自己密航はシチリア島を目指す。島が大きいので見つかりにくいため、途中で捕まったり、海岸で捕まることもないと。なるへそ。

 

 

結局、武漢肺炎パンデミックでとどめを刺し、

北アフリカ周辺国のヨーロッパからの観光や仕事で潤っていた業界が完全につぶれて、移民を押し出す圧力になっていると。

仕事がないと、政治が安定しないと、移民はどんどん押し寄せてくるとな。

 

 

 

 

 

 

 

Tunisian migrants turn to 'self-smuggling'

Cathrin Schaer | Tarak Guizani

August 11, 2021

Instead of paying human traffickers, increasing numbers of Tunisians are buying their own boats and organizing do-it-yourself ocean journeys to Europe. It appears to be a growing trend.

  人身売買業者にお金を払う代わりに、ますます多くのチュニジア人が自分のボートを購入し、ヨーロッパへの自分で海の旅を計画しています. 増加傾向にあるようです。

>>なるほど。どうせ沖合で救助されるなら、自分で仲間を募って船を買って、みんなでこぎ出そうって! まるで安易な冒険にも見えるな。完全に素人がこぎ出すわけで、エンジンもついてなさそうだな。

 フランスからイギリス海峡を渡るボートには、室外機がついてイギリスまでガソリンもあるけどね。地中海ではそうもいかないようだな。

 In a self-made video, posted live on Facebook, young Tunisians on the boat clattering noisily toward the Italian coastline look relaxed, as though they're on holiday.

"I salute the neighborhood of Tadhamon and my friend, Abdel-Majid," Hamoud, one of the 10 young men on the boat says, joking into the camera. He's referring to the working-class Ettadhamen neighborhood on the outskirts of Tunis. "And greetings to those who were invited to participate in this trip but refused," he continues wryly.

The rest of the passengers laugh in response.

"Goodbye to everyone in Tunisia," one of the three young women on the boat says. "Goodbye to the 24 provinces, with all my heart."

"All I want to do now is to get there," another of the young men adds wistfully.

The video, posted on Facebook, is not the only one of its kind. There are plenty of examples on social media of young Tunisians in boats — likely unemployed, fed up with their country's political chaos, and trying to get to Europe where they hope to make a better life for themselves. The locals call the passage "harraga," or "burning" through to Italy.

 But what is special about this video is that the youths involved know each other, come from the same neighborhood and appear to have organized themselves. In other words, they are "self-smuggling" — a growing trend.

  フェイスブックにライブで投稿された自作のビデオでは、イタリアの海岸線に向かって騒々しくガタガタ音をたてながらボートに乗っている若いチュニジア人が、まるで休暇にいるかのようにリラックスしているように見えます。

「タダモンと私の友人、アブデルマジドの近所に敬意を表します」と、ボートに乗っている10人の若者の1人であるハムードは、カメラに向かって冗談を言った。彼は、チュニスの郊外にある労働者階級のエッタダメン地区について言及しています。「そして、この旅行への参加を招待されたが拒否した人たちに挨拶します」と彼は皮肉を込めて続けます。

残りの乗客はそれに応えて笑います。

チュニジアの皆さん、さようなら」と、ボートに乗っていた 3 人の若い女性の 1 人が言いました。「心を込めて二十四道ともお別れです」

「私が今したいのは、そこにたどり着くことだけです」と、別の若い男性が物欲しそうに付け加えました。

Facebookに投稿されたビデオは、この種のものだけではありません。船に乗った若いチュニジア人のソーシャル メディア上での例はたくさんあります。おそらく失業しており、自国の政治的混乱にうんざりしていて、より良い生活を望んでいるヨーロッパに行こうとしています。地元の人々は、この通路を「ハラガ」またはイタリアへの「燃える」と呼んでいます。

しかし、このビデオの特別な点は、参加している若者がお互いを知っていて、同じ地域の出身で、組織化されているように見えることです。言い換えれば、彼らは「自己密輸」であり、その傾向は強まっています。

 

>>ちゃんと凪いでいる頃合いを見て出ているんやろか? 天候も確認しているやろかな? 漁師に聞くくらいはしてそうに思うが。

道理でスマホを持って、救助されているわけだね。

今問題になっている移民が、救助船から降りる際にスマホで撮っていたからな。

 

DIY migration

Self-smuggling describes exactly what it seems: Instead of paying a human trafficker to get you to Europe, you'd organize your own journey. Self-smugglers usually have a common social background — coming from the same neighborhood or perhaps an extended family. They pool their funds to buy a boat, a motor and diesel — and if they can afford it, a GPS unit.

An unhappier example of self-smuggling on YouTube shows Raouf al-Hawij and his family aboard a boat, surrounding al-Hawij's sick son. After saving money and collecting donations, the family bought a small boat and a motor and, traveling all together, left the coastal Tunisian city of Chebba to try and reach Italy.

The family was turned around by the Tunisian coastguard and al-Hawij posted the video on YouTube in order to bring light to the happenings and put pressure on the Tunisian authorities.

"All I want to do is take care of myself and my children," he said in the video.

  自己密輸とは、まさにそのように見えるものを表しています。人身売買業者にお金を払ってヨーロッパに行く代わりに、自分で旅を計画するのです。自己密輸業者は通常、同じ地域や大家族の出身など、共通の社会的背景を持っています。彼らは資金をプールしてボート、モーター、ディーゼルを購入し、余裕があれば GPS ユニットも購入します。

YouTube の自己密輸の不幸な例では、ラウフ アル ハウジとその家族がボートに乗って、アル ハウジの病気の息子を取り囲んでいます。お金を貯めて寄付を集めた後、家族は小さなボートとモーターを購入し、一緒に旅行して、チュニジアの海岸沿いの都市チェバを離れ、イタリアにたどり着きました。

家族はチュニジア沿岸警備隊によって好転させられ、アル・ハウィジは事件に光を当て、チュニジア当局に圧力をかけるために YouTube にビデオを投稿しました。

「私がやりたいのは、自分自身と子供たちの世話をすることだけです」と彼はビデオで語った.

>>そういえば、中国本土から、ボートで台湾まで進んで漂着した奴いたな。スパイかどうかわからんけど。本土が荒れると台湾に流れ込みそうだな。中国はパスポートを絞り込んで発行してないらしいし。

 

According to research by Tunisian human rights organizations and other groups, the number of self-smugglers leaving Tunisia has been increasing.

"Self-smuggling is common along the Mediterranean cost," said Matt Herbert, who specializes in North Africa and irregular migration and is a research manager at the Global Initiative Against Transnational Organized Crime.

It's rare in Libya, where people-smuggling networks dominate, but does exist on the coasts of Morocco and Algeria, Herbert explained.

However, until the past two years, it hadn't been particularly noticeable in Tunisia. "It's now come along with the much broader rise in irregular migration we saw from Tunisians in 2020."

"Self-smuggling has become an increasingly important part of that," Herbert told DW.

  チュニジアの人権団体などの調査によると、チュニジアから出国する自己密輸業者の数は増加しています。

北アフリカと不法移民を専門とし、国境を越えた組織犯罪に対するグローバル・イニシアチブの研究マネージャーであるマット・ハーバート氏は、「自己密輸は地中海沿岸地域ではよくあることだ」と語った。

密輸ネットワークが優勢なリビアでは珍しいが、モロッコアルジェリアの海岸には存在する、とハーバートは説明した。

しかし、この 2 年間、チュニジアでは特に目立ったものではありませんでした。「それは、2020年にチュニジア人から見た不法移民の大幅な増加に伴います。」

「自己密輸はますます重要な部分になっています」とハーバートはDWに語った.

Secretive self-smugglers

Because some of the self-smuggling Tunisians may have made it into Europe undetected and others who may be planning their journey won't speak to journalists or researchers, nobody knows exactly how many Tunisians choose do-it-yourself migration. However, it is clear that irregular migration from North Africa toward Europe has increased substantially over the past year.

自己密入国を行うチュニジア人の中には気づかれずにヨーロッパにたどり着いた人もいれば、旅行を計画している人はジャーナリストや研究者と話そうとしない人もいるかもしれないため、チュニジア人の何人が自分で移住を選択するか正確にはわかりません。しかし、北アフリカからヨーロッパへの不法移動が過去 1 年間で大幅に増加したことは明らかです。

 

>>フランスのカレーにあるホームセンターではゴムボートを売らなくなった。買ってイギリス海峡渡る移民が多いせいだという。

北アフリカで売らないわけにはいかないからな。

The disastrous state of the coronavirus pandemic in Tunisia has played a role in the uptick of migrationImage: BECHIR TAIEB/AFP/Getty Images

Between January and August 2020, Italy disembarked close to 15,000 irregular migrants. Over the same period this year, the Italian government says it has intercepted more than 31,000 people (up to August 9).

The International Organization for Migration, part of the United Nations, reports that of all irregular migrants arriving in Italy, Tunisians have been the largest group in 2021 so far. Between January and March, they made up 15% of all arrivals; between April and June, 14%. And most of the migrants who leave Tunisia by sea are locals, not foreigners.

 2020 年 1 月から 8 月までの間に、イタリアは 15,000 人近くの不法移民を下船させました。今年の同じ期間に、イタリア政府は 31,000 人以上 (8 月 9 日まで) を傍受したと述べています。

国連の一部である国際移住機関は、イタリアに到着するすべての非正規移民の中で、これまでのところチュニジア人が 2021 年に最大のグループであると報告しています。1 月から 3 月までの間に、彼らはすべての到着の 15% を占めました。4 月から 6 月までは 14% です。また、チュニジアから海路で出国する移民のほとんどは、外国人ではなく地元の人です。

>>なるほどね。

More Tunisians leaving home

It is only more recently that departures from Tunisia began to pick up again, Herbert said, explaining that this was due to the devaluation of the Tunisian dinar in 2017, rising unemploymentthe country's political problems and then finally, the devastating impact of the COVID-19 pandemic.

The health crisis closed off avenues of legal migration and also stopped tourists from coming, Herbert said.

 ハーバート氏は、チュニジアからの出発が再び回復し始めたのはごく最近のことだと述べ、これは 2017 年のチュニジア ディナールの切り下げ、失業率の上昇、国の政治問題、そして最後にCOVID の壊滅的な影響によるものであると説明しました。 -19 パンデミック

ハーバート氏によると、健康危機により、合法的な移民の道が閉ざされ、観光客も来なくなったという。

 

>>なるほど。観光業が壊滅的になり、失業者があふれ、政治的混乱で何も改善されず、国を捨ててヨーロッパで勝負しようと決意させるのだな。

Tourism revenues fell by 60% in Tunisia due to the health crisisImage: BECHIR TAIEB/AFP/Getty Images

The lack of tourism itself may well be one of the reasons why there's more self-smuggling: The tourism sector is concentrated along the coasts, which were somewhat buffered from the country's economic chaos, Herbert explained. 

 But the pandemic has changed all that, Herbert continued. Self-smugglers often originate from coastal communities because they already have some maritime experience — for example from fishing, working on boats or sailing — and therefore feel more confident about making the crossing themselves.

  観光業自体の欠如が、密輸が増えている理由の 1 つかもしれません。観光業は海岸沿いに集中しており、国の経済的混乱の影響を幾分緩和していると、ハーバート氏は説明します。 

しかし、パンデミックはそれをすべて変えた、とハーバートは続けた. 自己密輸業者は、漁業、ボートでの作業、セーリングなどの海事経験がすでにあるため、沿岸地域の出身であることが多いため、自分で渡航することに自信を持っています。

 

>>なるほどね。観光業→沿岸地域→武漢肺炎パンデミック→失業→海の経験あり→自己密輸する。

More secure option

Other factors also come into play for the increase in self-smuggling among Tunisians — despite the fact that it usually ends up being slightly more expensive.

Researchers report that going with a professional human trafficker costs between €1,200 and €2,200 ($1,025 and $2,600) on an ordinary boat, whereas self-smugglers split the costs of whatever equipment they must purchase.

 チュニジア人の間での自己密輸の増加には、他の要因も関係しています。

プロの人身売買業者と一緒に行くと、通常のボートで 1,200 ユーロから 2,200 ユーロ (1,025 ドルから 2,600 ドル) の費用がかかると研究者は報告しています。

 

>>へぇ~。チュニジアの密輸業者は安全についてはどうなのか? どうせ片道切符で戻ってこないなら、ガソリンも途中まで最低限以下、救助艇を待つよう漂流させるんだろう。ギリギリまで載せるだろうし。儲け優先かな。

The health crisis has caused more irregular migrants to try to get to EuropeImage: DARIO PIGNATELLI/AFP/Getty Images

The self-smugglers are willing to pay more because it's seen as a safer option, explained Romdhane Ben Amor, spokesperson for the Tunisian Forum for Social and Economic Rights.

"Many young people here don't trust the human traffickers. Many of the traffickers work with the police. They'll take the migrants' money, gather them together, and then turn them over the police. But this way, they [the self-smugglers] can prepare for the journey almost undetected."

The self-smugglers are also well aware that professional human-traffickers care more about profit than them.

For example, to cut costs, human traffickers might not put enough diesel in a boat to get it all the way to its destination, or they'll load the boat up with too many people, Ben Amor added.

チュニジアの社会的および経済的権利フォーラムのスポークスパーソン、Romdhane Ben Amor は、自己密輸業者は、より安全なオプションと見なされているため、より多くの支払いをいとわないと説明しました。

「ここの多くの若者は人身売買業者を信用していません。人身売買業者の多くは警察と協力しています。彼らは移民のお金を受け取り、集めて、警察に引き渡します。しかし、この方法では、[密輸業者は、ほとんど気づかれずに旅の準備をすることができます。」

自己密輸業者はまた、プロの人身売買業者が自分たちよりも利益を重視していることをよく知っています。

たとえば、人身売買業者は、コストを削減するために、ボートを目的地まで運ぶのに十分な量のディーゼル燃料をボートに搭載しないか、ボートに多くの人を積み込みすぎる可能性があるとベン アモール氏は付け加えました。

 

>>なんやワイが書いたことそのまま乗っていたわい。そらそうだろうね。

Differing destinations

The self-smugglers often also try to land their boats in areas other than those used by professional traffickers, so they have a better chance of not being caught by the authorities and deported, Ben Amor said.

Many make their way to the larger Italian island of Sicily where it's easier to land undetected, while a number of professionally trafficked migrants end up on the smaller, closer island of Lampedusa.

  自己密輸業者は、プロの人身売買業者が使用する場所以外の場所にボートを上陸させようとすることも多いため、当局に捕まって国外追放されない可能性が高くなると、ベン・アモール氏は述べています。

多くの人は、気付かれずに上陸しやすいイタリアの大きなシチリア島に向かいますが、専門的に人身売買された移民の多くは、より小さく近いランペドゥーサ島にたどり着きます。

 

>>なるほどね。

今の移民はシチリア島で停泊させていたな。 小さいけど近いランぺドゥーサ島は、満員なのだろう。密輸業者はどこでもいいから、できるだけコストを掛けずに送り出したいわけだな。

 なるほど、道理でスマホを持った移民がシチリア島に降りたわけだ。話が合う。

Tunisia's constitutional crisis is also likely to motivate more locals to leaveImage: FETHI BELAID/AFP/Getty Images

"What self-smugglers are doing is technically legal up to the point where they leave their territorial waters," Herbert pointed out. "Things like buying a boat, buying a motor or buying a GPS unit are not illegal — and, in the maritime community, it's not even particularly abnormal."

In many ways, the fact that self-smugglers are not as visible is also exactly why more attention should be paid to them, experts argue.

「密輸業者が行っていることは、彼らが領海を離れるまでは技術的に合法です」とハーバート氏は指摘した. 「ボートの購入、モーターの購入、GPS ユニットの購入などは違法ではありません。また、海洋コミュニティでは特に異常なことでもありません。」

多くの点で、自己密輸業者がそれほど目立たないという事実は、まさに彼らにもっと注意を払うべき理由でもあると専門家は主張しています。

 

>>合法的なことを重ねて、最後違法に密航するわけだな。アンミカも日本に密航した口だし。朝鮮から親類縁者を頼って、いっぱい入り込んでいるわな。それを見逃す日本だよ。

Why leave home?

"There are a lot of policy considerations and a lot of money being spent by the EU and member states in North Africa based on the presumption that we need a securitized approach to fight human smuggling," Herbert said, referring to the fact that most of the focus in this area is on "professional" people-smuggling networks such as those operating out of Libya.

"There's the presumption that if these are sufficiently suppressed by security forces, then the problem goes away. Unfortunately, that's never been the reality."

It would be much more important for nations that are seeking to address the issue of irregular migration to look at the underlying drivers, Herbert said, especially given the political insecurity in Tunisia at the moment.

"What are the dynamics that are leading people on, say, the coast of Tunisia, or Algeria or Morocco, to leave their homes?"

 「人間の密入国を撲滅するためには、安全保障に配慮したアプローチが必要だという前提のもと、EUや加盟国が北アフリカで多くの政策を検討し、多くの資金を投入しています」とハーバート氏は述べた。この分野の焦点は、リビアの外で活動しているような「プロの」人密輸ネットワークにある。

「これらが治安部隊によって十分に抑圧されれば、問題はなくなるという推測があります。残念ながら、それは決して現実ではありませんでした。」

ハーバート氏は、不法移民の問題に対処しようとしている国にとって、根底にある原因を調べることがはるかに重要になるだろうと、特に現在のチュニジアの政治的不安を考えると、ハーバート氏は述べた.

「たとえば、チュニジアの海岸、アルジェリア、モロッコなどの人々が家を離れようとしている原動力は何ですか?」

 

>>それをいっちゃ、お終いよ。

もう来るのを留めることができなくなるわな。

結局、周辺国が安定していないと、止まらないという話だからね。

どうしようもないわなぁ。