ウクライナからの難民は、すべてのポーランド人に歓迎されているわけではありません

DWの記事を見ていると、ドイツは自分がやられると、

それと似たものを他国に見つけて、非難せずにいられない性分のようだ。

他人のせいにせずにはいられない、ベニヤ板みたいな根性だな。

 ポーランド嫌いはホンマやね。マスメディアが逆に煽っているように見えるわい。

 

この記事は書かないが、放火するほど嫌っているわけではない点は、大事だな。

ドイツではポーランド以上にウクライナからの難民を歓迎していないということ。

 

"In more difficult times, when prices rise dramatically and many people feel insecure, people look for an enemy or scapegoat on which to vent frustrations," Dulkowski told DW. "Unfortunately, this human weakness is exploited by people who want to make political capital out of it. It's reminiscent of the ideology of the Nazis, who also exploited this mechanism."

>>ドイツ人がウクライナ人難民シェルターを焼き討ちにしたとき、こういうことは言わなかったな。

 

Dulkowski also explains the "xenophobia in certain parts of Polish society" with the homogeneity of Polish society after 1945. "Most people were brought up to believe that Poland was inhabited only by Poles, only by Catholics, only by heterosexuals. Minorities were hidden."

>>まあ日本もそうだわな。均質性。外国人嫌いではないが、中国人・韓国人嫌い世論はあるな。それを日本で外国人嫌いとは言わないようだな。世論調査で9割超えで、世界でどこよりも中国嫌いな国だしね。マスメディアが誤魔化し続けるのに。

 

 ポーランドはもともと東欧からの移民を受け入れて来たし、移民の数ではドイツより多い。ただ、中東やアフリカからの移民はお断りしてきた。ドイツはそれを差別だと言っているけどね。

正直、ポーランドでそれほど差別していると細かく取材し書くのに、放火して焼き殺そうとまでするドイツはどうよ?とは思うね。みな胸深くに仕舞い込んでおり、視線でバッシングしているのでは?

 

 

日本でも、テレビ局員がウクライナ人女性を襲おうとしたり、

セクハラされて訴えた別のウクライナ人女性がいたな。

>>TBS社員はもみ消したようだけど。

Share News Japan@sharenewsjapan1
『取材名目で呼び出した日本に避難中のウクライナ人女性に肉体関係を迫った』

TBS社員のヤバすぎる情報が拡散 → ガチだった模様。しかも…

 

弱者への愛には常に殺意が込められている、、by安部公房

>>極東に逃げてきてまでこれとは、悲しいな。

   TBS社員O氏は、あっち系なのかな?知らんけど。

 

 

 

ナザレンコ・アンドリー🇺🇦🤝🇯🇵@nippon_ukuraina
どうせ大騒ぎを起こし、「差別がー」と叫ぶことしか考えていないでしょ。ごめん、それで「外国人≒関わらないほうが良い面倒くさい存在」という偏見が強まるだけなんで、当事者に任してくれない?
尊厳を持って礼儀正しく振る舞うことで偏見が間違ってることを示す方向性でいきたいんだ ^^; 


Keith Allan@HCKeithAllan
On #RemembranceSunday honoured to join colleagues @UKinUkraine & @ukinpoland at service at RAF monument in Skaryszewski Park, #Warsaw - commemorating aircrew who died while bringing help during #WarsawUprising of 1944 @CWGC
 🇬🇧 🇵🇱
#RemembranceSunday同僚@UKinUkraineと@ukinpolandと共にスカリシェフスキー公園の RAF モニュメントで奉仕することを光栄に思います。 #Warsaw - 1944 年の#WarsawUprisingの間に救助を行っている間に死亡した乗組員を記念します
@CWGC 🇬🇧 🇵🇱

 

>>金に困って当たり屋か。中国レベルやな。

そして、反LGBTQか。

 

javid Irani@javidirani30
#Breaking  
Demonstrations of citizens of #Ukraine and Poland in front of the embassy of the Iranian regime in #Kyiv and #Warsaw condemning the sending of suicide drones to bomb this city and kill Ukrainian citizens. 
#Iran #StandWithUkriane #ShutdownIranTerrorEmbassies
#Breaking
#Kyivと#Warsawのイラン政権大使館の前での#Ukraineとポーランドの市民のデモは、この都市を爆撃してウクライナ市民を殺すために自爆ドローンを送ることを非難している。

 

 

 

 

 

 

 

Refugees from Ukraine are not welcome to all Poles
 14.11.2022 Monika Sieradzka (Warschau)

Every year, thousands of nationalists march on Poland's National Day. In 2022, their slogans were mainly directed against the Ukrainian refugees in the country. Attacks against Ukrainians are on the rise.

  毎年ポーランド国民の祝日には、何千人ものナショナリストが行進します。2022年、彼らのスローガンは主に国内のウクライナ難民に向けられた. ウクライナ人に対する攻撃が増加しています。

 

>>あれだけウクライナを支援すり政府ですが、国民レベルではもうええねん!って感じですか。増加しているとっても、ドイツのように放火はしてないからな。

"Stop the Ukrainisation of Poland" is written on the banner at the "Independence March" of Polish nationalists on Poland's National Day, 11.11.2022.

 

"This is Poland, not Ukraine!", "The Ukrainian is not my brother", "Stop the Ukrainisation of Poland", "This is not our war" - these are just some of the slogans that could be seen and heard in the centre of Warsaw on this year's Polish National Day, 11.11.2022.
 On 11.11.1918, the modern independent Polish state had been proclaimed - after 123 years under Prussian, Russian and Austrian occupation. The day was Poland's bank holidays until the German attack in 1939 - and has been again since 1989. Since then, nationalists have marched all over Poland on this date every year. The motto of their 2022 "Independence March" in the Polish capital was: "Strong Nation - Great Poland".

「ここはポーランドだ、ウクライナではない!」、「ウクライナ人は私の兄弟ではない」、「ポーランドウクライナ化を止めろ」、「これは私たちの戦争ではない」 - これらは今年のポーランド国民投票で唱えられたスローガンのほんの一部です。 2022 年 11 月 11 日の休日は、ワルシャワの中心部で見たり聞いたりすることができました。

1918 年 11 月 11 日、プロイセン、ロシア、オーストリアによる 123 年間の占領の後、現代の独立したポーランド国家が宣言されました。この日は、1939 年のドイツの攻撃まで、ポーランド国民の休日でした 。1989 年以降、この日は再びそうです。ポーランドの首都で開催された 2022 年の「独立の行進」のモットーは、「強大な国家 - 偉大なポーランド」でした。

>>まあ、分からんでもない。

 

Poland's Justice Minister Zbigniew Ziobro (f.v.L.) at the "Independence March" in Warsaw on 11.11.2022.

 

 According to the organisers, 100,000 people took part this year - 50,000 less than in 2021. Prominent politicians such as Justice Minister Zbigniew Ziobro of the right-wing Solidarity Poland (SP) party and ex-Defence Minister Antoni Macierewicz of the ruling Law and Justice (PiS) party also showed up at the nationalist demo. In addition to Ukrainians, LGBT people were also vulgarly insulted in speeches. Under the slogan "Nationalism is our way!" the demonstrators burned EU and rainbow flags.
 Anti-Ukrainian slogans dominated Poland's 2022 nationalist marches not only in Warsaw. In Wroclaw, the motto of the event on 11 November was officially "In Poland, the Pole is the host"; unofficially, an "anti-Ukrainian march" was promoted. One of the organisers was the right-wing extremist ex-pastor Jacek Miedlar, already convicted for racist statements. For the 2022 march, he allegedly prepared banners comparing Ukraine to a rabid dog and promoting the "banishment" of all Ukrainians from Poland. In the end, however, Miedlar could not take part in the demo because the police arrested him on the way there - for potentially endangering public order.

 022 年 11 月 11 日にワルシャワで開催された「独立の行進」でのポーランドのズビグニェフ ジオブロ法務大臣 (zvL)

主催者によると、今年の会議には 100,000 人が参加し、2021 年より 50,000 人少なくなりました。右派の連帯ポーランド (SP) 党のズビグニェフ ジオブロ法務大臣や、与党 のアントニ マチェレヴィチ元国防相などの著名な政治家が参加しました。法と正義の党 (PiS) も ナショナリストのデモに姿を現した。ウクライナ人に加えて、LGBTの人々も スピーチで下品に侮辱されました. 「ナショナリズムこそ我が道なり!」という叫びの下で。デモ参加者は EU 旗と虹色の旗を燃やしました。

ウクライナのスローガンは、ワルシャワだけでなく、2022 年にポーランド民族主義者の行進を支配しました。ヴロツワフでは、11 月 11 日の行事のモットーは公式には「ポーランドではポーランド人が地主である」であったが、非公式には「反ウクライナ行進」が推進された。主催者の 1 人は、人種差別発言ですでに有罪判決を受けた右翼過激派の元司祭 Jacek Miedlar でした。2022年の行進のために、彼はウクライナ狂犬病の犬と比較し、ポーランドからのすべてのウクライナ人の「禁止」を促進するバナーを準備したと言われています. しかし、最終的にはデモに参加することができませんでした。公共の秩序を脅かす可能性があるため、途中で警察に逮捕されたからです。

 

>>記事程反ウクライナだったんだろうか? それならドイツはもっとだろうに。

 

Scapegoat for frustrations
Since Russia's attack on Ukraine on 24 February, Poland has taken in 1.7 million refugees from the neighbouring country. It comes as no surprise to Konrad Dulkowski that parallel to the great solidarity with Ukraine, anti-Ukrainian voices are also being raised. The head of the NGO "Centre for Monitoring Racism and Xenophobia" (OMZRIK) in Warsaw speaks of a "political instrumentalisation" of the refugees from the embattled country who are currently in Poland.

2月24日にロシアがウクライナを攻撃して以来、ポーランドは隣国から170万人の難民を受け入れている。コンラッド・ドゥルコフスキーは、ウクライナとの大きな連帯と並行して、反ウクライナの声も上がっていることに驚かない。ワルシャワNGO「人種差別と外国人排斥センター」(OMZRIK) の所長は、現在ポーランドにいるこの問題を抱えた国からの難民の「政治的道具化」について語っています。

 

>>あら、、ポーランドは170万人になっている。この前の記事では140万人やったな。増えたり減ったり。。。

>>難民はいつも政治問題だわな。量が質を変える。少しならまだしも。

"In more difficult times, when prices rise dramatically and many people feel insecure, people look for an enemy or scapegoat on which to vent frustrations," Dulkowski told DW. "Unfortunately, this human weakness is exploited by people who want to make political capital out of it. It's reminiscent of the ideology of the Nazis, who also exploited this mechanism."

 「物価が劇的に上昇し、多くの人が不安を感じる困難な時期に、彼らは不満を発散するために敵やスケープゴートを探します」とDulkowski氏はDWに語った. 「残念ながら、この人間の弱さは、それを政治資本にしようとする人々によって悪用されています。これは、このメカニズムを悪用したナチスイデオロギーを思い起こさせます。」

 

Verbal attacks, demolished cars, hate slogans on flat doors
Dulkowski has been keeping a list of anti-Ukrainian incidents since the war began. "Hundreds of times physical and verbal attacks have been reported in recent months," explains the head of the Warsaw Centre for Monitoring Racism and Xenophobia, "and every day there are more." Mostly it is about conflicts between neighbours, demolished cars with Ukrainian licence plates, flat doors and house walls smeared with hate slogans.

 ドゥルコウスキーは、戦争が始まって以来、反ウクライナ事件のリストを保管してきました。ワルシャワの人種差別と外国人排斥を監視するセンターの所長は、「ここ数か月で、何百もの身体的および言葉による攻撃が報告されており、その数は毎日増加しています」と説明しています。ほとんどの場合、それは隣人同士の対立、ウクライナのナンバー プレートが付いた破壊された車、ヘイトスピーチで塗りつぶされたアパートのドアや家の壁に関するものです。

 

>>ほほ、、日本の他県ナンバーお断りの武漢肺炎パンデミックの頃を思い出した。帰ってくるなと。大迷惑と。張り紙されたりね。

Participants at the nationalist "independence march" in Warsaw on 11 November.

The head of OMZRIK reported a Ukrainian woman being insulted and beaten by a car driver "because children she was looking after had kicked a ball under his car". A customer poured milk on a Ukrainian shop assistant and shouted that he hated Ukrainians. In Warsaw, a Ukrainian woman had been beaten by her landlady, and in Krakow three women sitting on a park bench had been insulted as "dirty Ukrainian sluts" who should leave Poland.

  11 月 11 日にワルシャワで開催されたナショナリストの「独立行進曲」の参加者

OMZRIK の責任者は、「世話をしていた子供たちが彼の車の下でボールを蹴ったため」、車の運転手から侮辱され殴打されたウクライナ人女性について報告しています。顧客がウクライナの店員に牛乳をかけ、ウクライナ人が嫌いだと叫んだ. ワルシャワでは、ウクライナ人女性が女将に殴打され、クラクフでは、公園のベンチに座っていた 3 人の女性が、ポーランドを離れるべき「汚いウクライナの女」として侮辱されました。

>>えらい詳しく書くねDW. (ドイツの時はそれほど書かないのに)

 

Foreigners not commonplace so far
Polish media also report anti-Ukrainian sentiments. For example, a notice at the entrance of a shop in the small West Pomeranian town of Barlinek proclaims: "Every Ukrainian citizen will be checked after the checkout". In another shop it would say in Ukrainian: "We know that all the thefts are on your account".

 ポーランドのメディアも、反ウクライナ感情について報じている。たとえば、西ポメラニアの小さな町 Barlinek にある店の入り口にある注意書きについては、次のように宣言されています。別の店はウクライナ語で、「すべての盗難があなたのせいであることを知っています。」

 

>>ほほ、、、露骨に警告するな。日本ではできないようだが。泣き寝入りさせられている。捕まえても不起訴で国外追放にもならんし。

An emergency camp for refugees from Ukraine at the railway station in the Polish city of Przemysl in March 2022.

Dulkowski also explains the "xenophobia in certain parts of Polish society" with the homogeneity of Polish society after 1945. "Most people were brought up to believe that Poland was inhabited only by Poles, only by Catholics, only by heterosexuals. Minorities were hidden." The current migration from Ukraine is the first challenge of its kind for Poland, he said.

  ドゥルコフスキーはまた、1945年以降のポーランド社会の均質性とともに、「ポーランド社会の特定の部分における外国人排斥」「ポーランドにはポーランド人だけが住み、カトリック教徒だけが住み、異性愛者だけが住んでいると、ほとんどの人が信じて育ってきたのです。マイノリティは隠されていた」についても説明している。現在のウクライナからの移住は、ポーランドにとってこの種の最初の挑戦です。

 

"Go back to Ukraine"
The anti-Ukrainian slogans heard not only at nationalist demos but also in everyday life have consequences. Anastassija Vysochyna, for example, wonders whether she should leave Poland. At the beginning of March 2022, the 31-year-old English teacher fled with her nine-year-old son from the Ukrainian city of Dnipro to the Polish city of Lodz. In September, she celebrated her birthday there with a friend in a renowned pizzeria. The children of the two women were also there. When leaving the restaurant, she had forgotten the birthday bouquet.

 ナショナリストのデモだけでなく、日常生活でも聞こえる反ウクライナのスローガンは、結果をもたらしています。たとえば、アナスタシヤ・ヴィソチナは、ポーランドを離れるべきかどうか迷っています。2022 年 3 月初旬、31 歳の英語教師は、9 歳の息子と一緒にウクライナの都市ドニプロからポーランドのウッチに逃げました。9 月、彼女は有名なピッツェリアで友人と誕生日を祝いました。二人の女性の子供たちもそこにいました。レストランを出るとき、彼女は誕生日のブーケを忘れてしまいました。

>>おっと!

Emergency camp for refugees from Ukraine in the exhibition hall of the Global EXPO in Warsaw in March 2022.

When Anastasija noticed this, she returned to the pizzeria. There, half the bouquet was in a vase, the other flowers were in the bin. "I asked why our property was being treated like this," the young mother tells DW. "A waitress then attacked me, pulling my hair. My child was pushed and fell down. The waitress told me to return to Ukraine if I didn't like it here." Since that time she has not felt comfortable in Poland, Anastasija continued. "If my mother, who lives here, didn't stop me, I would leave the country."

  2022 年 3 月にワルシャワで開催されたグローバル EXPO の展示ホールでのウクライナからの難民のための緊急キャンプ

これに気づいたアナスタシアはピッツェリアに戻った。花束の半分は花瓶に、残りの花はゴミ箱に。「なぜ私たちの持ち物がこのように扱われているのか尋ねました」と若い母親はDWに語った. 「その後、ウエイトレスが私を攻撃し、髪を引っ張った。私の子供は押し倒されて転んだ。ウエイトレスは、ここが気に入らなければウクライナに戻るように私に頼んだ」その時以来、彼女はポーランドで快適に過ごせなくなった、とアナスタシヤは続けます。「ここに住んでいる母が私を止めなければ、私は国を出ます。」

 

>>なるほど。ワイは中国で携帯をレストランに置き忘れ、テーブルの上だが、すぐに戻ったがなかったな。ウェイトレスが盗んだのに、平気で知らんプリやったなぁ。高かったのに、残念やった。

>>細かく書くね、DW. なるほど、現在140~170万人に激減したりゆうはそれなのかな。もともと東欧の人を差別するのは習わしだしな。下に見るからね。

 

More solidarity than hate
Like many other Ukrainians, the teacher from Dnipro has been trying to find work ever since she arrived in Poland. Now she teaches English online to students in the parts of Ukraine where there is no war to make ends meet in Poland. Most Ukrainian refugees in the EU country work because they receive very little support from the Polish state. This is another reason why, according to surveys, the vast majority of Poles see them not as a burden but as an asset to the country.
 Since July 2022, the Centre for Monitoring Racism and Xenophobia has reported 170 anti-Ukrainian incidents to the police. Head Konrad Dulkowski reports several ongoing investigations. In September, a man who had insulted Ukrainians on the internet had been sentenced to a fine of 650 euros - the highest fine for anti-Ukrainian actions in Poland so far. On his NGO's Twitter account, Dulkowski commented: "This is a warning to those who believe that racist and xenophobic hate speech will go unpunished."

 他の多くのウクライナ人と同じように、ドニプロ出身の教師はポーランドに来て以来、繰り返し仕事を見つけようとしてきました。現在、彼女はウクライナの一部の学生にオンラインで英語を教えています。ポーランドでは生計を立てるための戦争はありません。EU加盟国に住むほとんどのウクライナ難民は、ポーランド政府からの支援がほとんどないため、働いています。これが、調査によると、大多数のポーランド人がそれらを負担ではなく、国にとっての利益と見なしている理由の1つです.

2022 年 7 月以降、人種差別と外国人排斥センターは、170 件の反ウクライナ事件を警察に報告しました。コンラッド・ドゥルコウスキー管理官が進行中の調査について報告します。9 月には、インターネット上でウクライナ人を侮辱した男が 650 ユーロの罰金を科されました。彼の NGOTwitter アカウントで、Dulkowski は次のようにコメントしました。

 

>>なるほどね。650ユーロは高いか安いか?日本だともっとだろうね。

バンされない不思議はある。