シュピーゲル紙 ドイツの再生可能エネルギーへの転換は失敗する

ほほ、、、、ドイツで、いうようになったか。

 

しかし、ドイツは気候目標を下回っただけではありません。その排出量は2009年以来横ばいです。

>要は、ドイツは何もしてないということです。しかし、温室効果ガス削減を叫びまくっては周りに減らせ減らせと言いながら、自国はずっと何もしなかったんかい! クソドイツやな。

皆騙されていたわけだね、、知っていたんだろうけど。

 

あれから10年…メルケルの「脱原発」を盲信するドイツが向かう先 川口 マーン 惠美2021-03-25

 

北欧の理想と現実@yasemete·2019年6月9日
ドイツの高級紙シュピーゲルが、ボロボロになった風力タービンの絵を表紙に使って、ドイツの再生可能エネルギーへの転換は失敗する、と特集。反対運動の起こっていない風力プロジェクトはない。「太陽光発電原子力の450倍、風力は天然ガス井の700倍の土地を必要とする」

 

 

#スウェーデン Mora市は、長期で利益の出るエコ投資として2010年に風力発電に投資したが、10年たって予想より利益が上がらず、また維持費も嵩むため売却することに決定した

 

The Reason Renewables Can't Power Modern Civilization Is Because They Were Never Meant To
Michael Shellenberger
Michael ShellenbergerContributor
Energy
I write about energy and the environment.

Over the last decade, journalists have held up Germany’s renewables energy transition, the Energiewende, as an environmental model for the world. 

“Many poor countries, once intent on building coal-fired power plants to bring electricity to their people, are discussing whether they might leapfrog the fossil age and build clean grids from the outset,” thanks to the Energiewende, wrote a New York Times reporter in 2014.

With Germany as inspiration, the United Nations and World Bank poured billions into renewables like wind, solar, and hydro in developing nations like Kenya.

But then, last year, Germany was forced to acknowledge that it had to delay its phase-out of coal, and would not meet its 2020 greenhouse gas reduction commitments. It announced plans to bulldoze an ancient church and forest in order to get at the coal underneath it.

 

After renewables investors and advocates, including Al Gore and Greenpeace, criticized Germany, journalists came to the country’s defense. “Germany has fallen short of its emission targets in part because its targets were so ambitious,” one of them argued last summer.

“If the rest of the world made just half Germany’s effort, the future for our planet would look less bleak,” she wrote. “So Germany, don’t give up. And also: Thank you.”

But Germany didn’t just fall short of its climate targets. Its emissions have flat-lined since 2009.

Now comes a major article in the country’s largest newsweekly magazine, Der Spiegel, titled, “A Botched Job in Germany” ("Murks in Germany"). The magazine’s cover shows broken wind turbines and incomplete electrical transmission towers against a dark silhouette of Berlin.

“The Energiewende — the biggest political project since reunification — threatens to fail,” write Der Spiegel’s Frank Dohmen, Alexander Jung, Stefan Schultz, Gerald Traufetter in their a 5,700-word investigative story.

Over the past five years alone, the Energiewende has cost Germany €32 billion ($36 billion) annually, and opposition to renewables is growing in the German countryside.

“The politicians fear citizen resistance” Der Spiegel reports. “There is hardly a wind energy project that is not fought.”

In response, politicians sometimes order “electrical lines be buried underground but that is many times more expensive and takes years longer.”

As a result, the deployment of renewables and related transmission lines is slowing rapidly. Less than half as many wind turbines (743) were installed in 2018 as were installed in 2017, and just 30 kilometers of new transmission were added in 2017.

Solar and wind advocates say cheaper solar panels and wind turbines will make the future growth in renewables cheaper than past growth but there are reasons to believe the opposite will be the case.

Der Spiegel cites a recent estimate that it would cost Germany “€3.4 trillion ($3.8 trillion),” or seven times more than it spent from 2000 to 2025, to increase solar and wind three to five-fold by 2050.

Between 2000 and 2019, Germany grew renewables from 7% to 35% of its electricity. And as much of Germany's renewable electricity comes from biomass, which scientists view as polluting and environmentally degrading, as from solar.

Of the 7,700 new kilometers of transmission lines needed, only 8% have been built, while large-scale electricity storage remains inefficient and expensive. “A large part of the energy used is lost,” the reporters note of a much-hyped hydrogen gas project, “and the efficiency is below 40%... No viable business model can be developed from this.”

Meanwhile, the 20-year subsidies granted to wind, solar, and biogas since 2000 will start coming to an end next year. “The wind power boom is over,” Der Spiegel concludes.

All of which raises a question: if renewables can’t cheaply power Germany, one of the richest and most technologically advanced countries in the world, how could a developing nation like Kenya ever expect them to allow it to “leapfrog” fossil fuels?

The Question of Technology

The earliest and most sophisticated 20th Century case for renewables came from a German who is widely considered the most influential philosopher of the 20th Century, Martin Heidegger.

In his 1954 essay, “The Question Concerning of Technology,” Heidegger condemned the view of nature as a mere resource for human consumption.

The use of “modern technology,” he wrote, “puts to nature the unreasonable demand that it supply energy which can be extracted and stored as such… Air is now set upon to yield nitrogen, the earth to yield ore, ore to yield uranium…to yield atomic energy.”

The solution, Heidegger argued, was to yoke human society and its economy to unreliable energy flows. He even condemned hydro-electric dams, for dominating the natural environment, and praised windmills because they “do not unlock energy in order to store it.”

These weren’t just aesthetic preferences. Windmills have traditionally been useful to farmers whereas large dams have allowed poor agrarian societies to industrialize.

In the US, Heidegger’s views were picked up by renewable energy advocates. Barry Commoner in 1969 argued that a transition to renewables was needed to bring modern civilization "into harmony with the ecosphere."

The goal of renewables was to turn modern industrial societies back into agrarian ones, argued Murray Bookchin in his 1962 book, Our Synthetic Environment.

Bookchin admitted his proposal "conjures up an image of cultural isolation and social stagnation, of a journey backward in history to the agrarian societies of the medieval and ancient worlds."

But then, starting around the year 2000, renewables started to gain a high-tech luster. Governments and private investors poured $2 trillion into solar and wind and related infrastructure, creating the impression that renewables were profitable aside from subsidies.

Entrepreneurs like Elon Musk proclaimed that a rich, high-energy civilization could be powered by cheap solar panels and electric cars.

Journalists reported breathlessly on the cost declines in batteries, imagining a tipping point at which conventional electricity utilities would be “disrupted.”

But no amount of marketing could change the poor physics of resource-intensive and land-intensive renewables. Solar farms take 450 times more land than nuclear plants, and wind farms take 700 times more land than natural gas wells, to produce the same amount of energy.

Efforts to export the Energiewende to developing nations may prove even more devastating.

The new wind farm in Kenya, inspired and financed by Germany and other well-meaning Western nations, is located on a major flight path of migratory birds. Scientists say it will kill hundreds of endangered eagles.

“It’s one of the three worst sites for a wind farm that I’ve seen in Africa in terms of its potential to kill threatened birds,” a biologist explained.

In response, the wind farm’s developers have done what Europeans have long done in Africa, which is to hire the organizations, which ostensibly represent the doomed eagles and communities, to collaborate rather than fight the project.

Kenya won't be able to “leapfrog” fossil fuels with its wind farm. On the contrary, all of that unreliable wind energy is likely to increase the price of electricity and make Kenya’s slow climb out of poverty even slower.

Heidegger, like much of the conservation movement, would have hated what the Energiewende has become: an excuse for the destruction of natural landscapes and local communities.

Opposition to renewables comes from the country peoples that Heidegger idolized as more authentic and “grounded” than urbane cosmopolitan elites who fetishize their solar roofs and Teslas as signs of virtue.

Germans, who will have spent $580 billion on renewables and related infrastructure by 2025, express great pride in the Energiewende. “It’s our gift to the world,” a renewables advocate told The Times.

Tragically, many Germans appear to have believed that the billions they spent on renewables would redeem them. “Germans would then at last feel that they have gone from being world-destroyers in the 20th century to world-saviors in the 21st,” noted a reporter.

Many Germans will, like Der Spiegel, claim the renewables transition was merely “botched,” but it wasn't. The transition to renewables was doomed because modern industrial people, no matter how Romantic they are, do not want to return to pre-modern life.

The reason renewables can’t power modern civilization is because they were never meant to. One interesting question is why anybody ever thought they could.  

 

 

過去10年間、ジャーナリストはドイツの再生可能エネルギーへの移行であるエネルギー革命を世界の環境モデルとして掲げてきました。 

おかげで、「多くの貧困国は、その人に電気をもたらすために石炭火力発電所を建設上の意思たら、彼らは化石年齢を飛び越すと、最初からクリーンなグリッドを構築する可能性があるかどうかを議論している」Energiewende、書いた ニューヨーク・タイムズ紙の記者を2014年に。

ドイツをインスピレーションとして、国連と世界銀行は、ケニアのような発展途上国の風力、太陽光、水力などの再生可能エネルギーに数十億ドルを注ぎ込みました。

しかし、昨年、ドイツは石炭の段階的廃止を遅らせる必要があり、2020年の温室効果ガス削減の約束を果たさないことを認めざるを得ませんでした。 それは、その下の石炭を手に入れるために、古代の教会と森をブルドーザーで覆う計画を発表しました。

アル・ゴアグリーンピースを含む再生可能エネルギーの投資家や支持者がドイツを批判した後、ジャーナリストは国の弁護に来ました。「ドイツは、その目標が非常に野心的だったという理由もあり、排出目標を下回っています」と、彼らの1人は昨年の夏に主張しました。

「世界の他の地域がドイツの努力の半分だけを行った場合、私たちの惑星の未来はそれほど暗く見えないでしょう」と彼女は書いています。「だからドイツ、あきらめないで。そしてまた:ありがとう。」

しかし、ドイツは気候目標を下回っただけではありません。その排出量は2009年以来横ばいです。

現在、国内最大のニュースウィークリー誌であるDer Spiegelに、「ドイツでの失敗した仕事」(「ドイツのマークス」)というタイトルの主要な記事が掲載されています。雑誌の表紙は、ベルリンの暗いシルエットに対して、壊れた風力タービンと不完全な送電鉄塔を示しています。

「Energiewende - -再統一以来最大の政治的なプロジェクトは、失敗する恐れ」書き込み シュピーゲルの彼らの5700ワード調査物語の中でフランクDohmen、アレクサンダー・ユング、ステファン・シュルツ、ジェラルドTraufetter。

過去5年間だけでも、エナジーヴェンデはドイツに年間320億ユーロ(360億ドル)の費用をかけており、ドイツの田舎では再生可能エネルギーへの反対が高まっています。

「政治家は市民の抵抗を恐れています」とDerSpiegelは報告します。「戦わない風力エネルギープロジェクトはほとんどありません。」

それに応じて、政治家は「電線を地下に埋めるが、それは何倍も高価で、何年もかかる」と命じることがあります。

その結果、再生可能エネルギーおよび関連する送電線の展開は急速に減速しています。2018年には、2017年に設置された風力タービンの半分未満(743)が設置され、2017年にはわずか30kmの新しいトランスミッションが追加されました。

太陽光と風力の支持者は、より安価なソーラーパネルと風力タービンが再生可能エネルギーの将来の成長を過去の成長よりも安くするだろうと言いますが、反対のことが当てはまると信じる理由があります。

Der Spiegelは、2050年までに太陽光と風力を3倍から5倍に増やすには、ドイツに「3.4兆ユーロ(3.8兆ドル)」、つまり2000年から2025年に費やした費用の7倍の費用がかかるという最近の見積もりを引用しています。

2000年から2019年の間に、ドイツは再生可能エネルギーを電力の7%から35%に増やしました。そして、ドイツの再生可能電力の多くはと来る科学者がバイオマスから見る太陽からのように、汚染や環境劣化するとして。

必要な7,700キロメートルの新しい送電線のうち、8%しか建設されていませんが、 大規模な電力貯蔵は依然として非効率的で高価です。 「使用されるエネルギーの大部分が失われます」と記者は大いに宣伝された水素ガスプロジェクトについて述べています。「そして効率は40%未満です...これから実行可能なビジネスモデルを開発することはできません。」

一方、2000年以降に風力、太陽光、バイオガスに付与されていた20年間の補助金は、来年から終了する予定です。「風力発電ブームは終わりました」とDerSpiegelは結論付けています。

再生可能エネルギーが世界で最も豊かで技術的に進んだ国の1つであるドイツに安価に電力を供給できない場合、ケニアのような発展途上国は、化石燃料の「飛躍」を許可することをどのように期待できるでしょうか。

テクノロジーの問題

再生可能エネルギーに関する最も初期の最も洗練された20世紀の事例は、20世紀の最も影響力のある哲学者であるMartinHeideggerと広く見なされているドイツ人からのものでした。

ハイデガーは1954年のエッセイ「技術に関する質問」で、自然を人間の消費のための単なる資源として見ていることを非難しました。

「現代の技術」の使用は、「それ自体が抽出して貯蔵できるエネルギーを供給するという不合理な要求を自然にもたらします…空気は窒素を生成し、地球は鉱石を生成し、鉱石はウランを生成します。 …原子エネルギーを生み出すために。」

ハイデガーが主張した解決策は、人間社会とその経済を信頼できないエネルギーの流れにくびきでつなぐことでした。彼は、自然環境を支配しているとして水力発電ダムを非難し、「エネルギーを貯蔵するためにエネルギーのロックを解除しない」という理由で風車を賞賛しました。

これらは単なる美的好みではありませんでした。風車は伝統的に農民にとって有用でしたが、大きなダムは貧しい農耕社会の工業化を可能にしました。

米国では、ハイデガーの見解は再生可能エネルギーの支持者によって取り上げられました。1969年のバリー・コモナーは、現代文明を「生態圏と調和させる」ためには再生可能エネルギーへの移行が必要であると主張しました。

再生可能エネルギーの目標は、現代の産業社会を農耕社会に戻すことでした、とマレイ・ブクチンは1962年の著書「私たちの合成環境」で論じています。

ブクチンは彼の提案を「文化的孤立と社会的停滞のイメージを思い起こさせ、中世と古代の世界の農耕社会への歴史の逆行の旅のイメージを思い起こさせる」と認めた。

しかしその後、2000年頃から、再生可能エネルギーはハイテクの輝きを増し始めました。政府と民間投資家は、太陽光と風力、および関連するインフラストラクチャに2兆ドルを注ぎ込み、補助金以外に再生可能エネルギーが有益であるという印象を与えました。

イーロンマスクのような起業家は、豊かで高エネルギーの文明は安価なソーラーパネルと電気自動車で動くことができると宣言しました。

ジャーナリストは、従来の電力会社が「混乱」する転換点を想像して、バッテリーのコスト低下について息をのむように報告しました。

しかし、どんな量のマーケティングも、資源集約型および土地集約型の再生可能エネルギーの貧弱な物理学を変えることはできません。同じ量のエネルギーを生産するために、太陽光発電所は原子力発電所の450倍の土地を必要とし、風力発電所天然ガスの井戸の700倍の土地を必要とします。

エネルギー革命を発展途上国に輸出する努力は、さらに壊滅的なものになるかもしれません。

ドイツおよびその他の善意の西側諸国に触発されたと資金をケニアの新しい風力発電所は、さにある渡り鳥の主要な飛行経路上。科学者たちは、それが何百もの絶滅危惧種のワシを殺すだろうと言います。

「これは、絶滅の危機に瀕している鳥を殺す可能性の点で、アフリカで私が見た風力発電所の3つの最悪の場所の1つです」と生物学者は説明しました。

それに応じて、風力発電所の開発者は、ヨーロッパ人がアフリカで長い間行ってきたことを実行しました。それは、表面上は運命のワシとコミュニティを代表する組織を雇って、プロジェクトと戦うのではなく協力することです。

ケニアは、風力発電所化石燃料を「飛躍」させることはできません。それどころか、その信頼性の低い風力エネルギーのすべてが電気の価格を上昇させ、ケニアの貧困からのゆっくりとした上昇をさらに遅くする可能性があります。

ハイデガーは、多くの自然保護運動と同様に、エナジーヴェンデがどのようになったのか、つまり自然の景観や地域社会を破壊する言い訳を嫌っていただろう。

再生可能エネルギーへの反対は、ハイデガーが太陽の屋根とテスラを美徳のしるしとして崇拝する都会の国際的なエリートよりも本物で「根拠のある」ものとして偶像化した国の人々から来ています。

2025年までに再生可能エネルギーと関連インフラに5800億ドルを費やすドイツ人は、エナジーヴェンデに大きな誇りを表明してい ます。「それは私たちの世界への贈り物です」と再生可能エネルギーの支持者は タイムズに語った 。

悲劇的なことに、多くのドイツ人は、再生可能エネルギーに費やした数十億ドルが再生可能エネルギーを償還すると信じていたようです。「ドイツ人はついに、20世紀の世界駆逐艦から21世紀の世界救世主に変わったと感じるだろう」と記者は述べた。

多くのドイツ人は、好きになるでしょうシュピーゲル、 再生可能エネルギーの遷移が主張し すぎず「しくじった」しかし、それはありませんでした。再生可能エネルギーへの移行は運命づけられました。なぜなら、現代の産業の人々は、どんなにロマンチックであっても、前近代の生活に戻りたくないからです。

再生可能エネルギーが現代文明に電力を供給できない理由は、再生可能エネルギーが意図されていなかったためです。興味深い質問の1つは、なぜ誰もができると思ったことがあるのか​​ということです。