キエフの元ベルリン特使メルニク氏 ウクライナ外務次官に就任

大出世やな。

 

When Scholz called Ukraine's snub of the German president unfortunate, Melnyk used a German idiom to imply that he was feigning insult and was overreacting to the situation. 

>>ワイもそう思ったな。

 

His departure from Berlin also coincided quite closely with comments of his defending wartime nationalist Ukrainian leader Stepan Bandera, who still divides opinion in Ukraine and abroad. 

>>ドイツのマスメディアが彼にインタビューして、バンデラについて言わせたわけだね。そしてそれを大げさに取り上げて、外交問題にして彼をウクライナに追放させたわけです。日本のマスメディアが政治家を潰すときと同じやり口だからワイには明らかやったけどな。メルニク大使がそれに気づかないはずないと思うけど、まんまとのってもうたな。

 

 

he saw at a store in the capital; the label bore a caricature of former Chancellor Angela Merkel captioned "Biere blanche Frau Ribbentrop." That's a reference to Adolf Hitler's foreign minister Joachim von Ribbentrop, who is best known for signing the then-secret accord with the Soviet Union carving up eastern Europe between the two sides before the outbreak of World War II.

>>あのラベルの意味はそういうことだったんだね。

歴史が繰り返されていると。

ワイは前にも、ノルドストリーム2を独ソ不可侵条約2.0と書いたけど、こんな風刺ビールがあるなら、間違ってなかったと思ったな。

メルニク大使、今もドイツ語で発信し続けているとは思わんかったよ。

 

ドイツを鋭く批判しながら、ドイツから援助させようとする態度に、

日本人としてドイツの気持ちがわかってしまうので、あまり気持ちのいいものではないが、ドイツがやってきたことも知っているので、ドイツの嫌がることをやるなぁと、、、距離を置いて思うわな。

 メルニク大使やウクライナの根性が、中国や韓国みたいではないことを祈るけどね。戦争が終わるか、停戦で折り合いをつけたままの戦争状態を続けるかわからんが、その後のウクライナがたかり体質・腐敗体質を見せると、非常に残念な気持ちにはなるだろうね。その可能性は高いが。



Kyiv's ex-envoy to Berlin takes deputy foreign minister post

2022.11.19

Ukraine has appointed its former ambassador to Germany, Andrij Melnyk, to a new post as deputy foreign minister. His outspoken brand of diplomacy had made waves in recent months in Berlin and beyond.

 ウクライナは、前ドイツ駐在大使のアンドリー・メルニクを外務次官に任命した。彼の率直な外交のブランドは、ここ数か月でベルリンとそれ以降に波を起こしました.

 

>>大出世だわい。ドイツ叩きが滅茶苦茶支持されたようだな。

A senior Ukrainian official announced Friday that former Ambassador to Germany Andrij Melnyk would become Ukraine's deputy foreign minister. 

Taras Melnychuk, the government's representative to parliament, announced the appointment on the Telegram messaging app. 

Melnyk thanked President Volodymyr Zelenskyy, Foreign Minister Dmytro Kuleba and the entire Ukrainian government for its trust. 

"It is a great honor and an enormous responsibility, after more than 25 years of my work in the diplomatic service, to serve my homeland in this new and very important function," Melnyk said, adding he was looking forward to the new role "immensely." 

  ウクライナの高官は金曜日、アンドリー・メルニク元駐ドイツ大使がウクライナの副外相になると発表した。 

議会への政府の代表であるタラス・メルニチュクは、電報メッセージアプリで任命を発表した. 

メルニクは、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領、ドミトロ・クレバ外相、ウクライナ政府全体の信頼に感謝した。 

「外交官として25年以上勤務した後、この新しい非常に重要な任務で祖国に奉仕することは大きな名誉であり、大きな責任です」とメルニクは言い、新しい役割を楽しみにしていると付け加えましたとてつもなく。」 

 

>>ほぉ~。すると、現駐独宇大使への本国からの圧力も強くなりそうだな。

Who is Andrij Melnyk? 

Melnyk, who is fluent in German and worked in Austria earlier in his diplomatic careerleft Berlin in July after a stint of more than seven years as ambassador

He was by far best known for his last few months in the role, however, following Russia's invasion. This period included several clashes with senior German politicians over their perceived closeness to Russia or perceived sluggishness to support Ukraine and a drastically heightened media presence because of global events.

He made several impassioned appeals for Germany to send more weaponry more rapidly to Ukraine, a sensitive issue for a country that has been highly reluctant to use its military since the end of the Nazi era and World War II. 

The Foreign Ministry in Kyiv had said when recalling Melnyk that he would be moving on to a new role in the ministry, and Kuleba had previously recommended him as a candidate to be his deputy.

  ドイツ語に堪能で、外交官としてのキャリアの早い段階でオーストリアで働いていたメルニクは、 大使として7年以上勤務した後、7月にベルリンを去りました。 

彼は、ロシアの侵略に続いて、彼の最後の数ヶ月の役割で最もよく知られていました. この期間には、ドイツの上級政治家と、ロシアとの親密さの認識やウクライナへの支持の低迷、世界的な出来事によるメディアの存在感の大幅な高まりをめぐって、いくつかの衝突が含まれていました。

彼は、ドイツに対し、より多くの武器をより迅速にウクライナに送るよう、いくつかの熱烈な訴えを行った.これは、ナチス時代と第二次世界大戦終結以来、軍隊の使用に非常に消極的であった国にとってデリケートな問題である. 

キエフの外務省は、メルニク氏を呼び戻す際に、同省での新しい役割に移ると述べており、クレバ氏は以前、彼を副官候補として推薦していた。

 

>>クレバ氏が言ってたんか。

ウクライナ作家のウクライナのドイツへの本音の記事を読んだ後では、メルニク大使が人気出るのはよくわかるな。

 

Disputes with Steinmeier and Scholz

Melnyk was critical of President Frank-Walter Steinmeier, accusing him of having too many close Russian connections. He also became embroiled in a dispute with Chancellor Olaf Scholz after Steinmeier was told he was not wanted on a visit to Kyiv earlier in the war. When Scholz called Ukraine's snub of the German president unfortunate, Melnyk used a German idiom to imply that he was feigning insult and was overreacting to the situation. 

Melnyk had defended himself in the past, when charged with being undiplomatic in his tone, by saying the time for unflinchingly deferential diplomacy had passed for a Ukraine fighting a defensive war for its survival as a state.

His departure from Berlin also coincided quite closely with comments of his defending wartime nationalist Ukrainian leader Stepan Bandera, who still divides opinion in Ukraine and abroad. 

Bandera was one of the leaders of the Ukrainian Insurgent Army that fought both Nazi and Soviet troops, but his allies also stand accused of the mass slaughter of Poles and Jews in what today is part of Ukraine. 

The comments prompted sharp criticism from Poland and Israel and assurances from Kyiv that the opinions did not reflect those of Ukraine's government. 

 The former ambassador has maintained an online presence since returning to Kyiv, primarily in the German language. He continues to make appeals for more German support, often with a critical subtext.

 As recently as Thursday, he shared an image of a bottle of craft beer he said he saw at a store in the capital; the label bore a caricature of former Chancellor Angela Merkel captioned "Biere blanche Frau Ribbentrop." That's a reference to Adolf Hitler's foreign minister Joachim von Ribbentrop, who is best known for signing the then-secret accord with the Soviet Union carving up eastern Europe between the two sides before the outbreak of World War II. He would later be hanged after a conviction at the Nuremberg trials for his role in starting World War II and enabling the Holocaust.

  メルニクはフランク=ヴァルター・シュタインマイヤー大統領に批判的で、ロシアとの密接なつながりが多すぎると非難した。彼はまた、スタインマイヤーが戦争の初期にキエフを訪問した際に指名手配されていないと言われた後、オラフ・ショルツ首相との論争に巻き込まれた. ショルツがウクライナのドイツ大統領への軽蔑を不運と呼んだとき、メルニクはドイツのイディオムを使って、彼が侮辱を装っていて、状況に過剰反応していることをほのめかした. 

メルニクは過去に、非外交的であると非難されたとき、国家としての存続のために防衛戦争を戦っているウクライナにとって、ひるむことなく敬意を表する外交の時は過ぎたと言って、自分自身を弁護した.

彼のベルリンからの出発はまた、彼を擁護する戦時中の民族主義者であるウクライナの指導者ステパン・バンデラのコメントと非常に密接に一致した。 

バンデラは、ナチスソビエト軍の両方と戦ったウクライナ反乱軍の指導者の一人でしたが、彼の同盟国は、今日のウクライナの一部であるポーランド人とユダヤ人の大量殺戮で告発されています. 

このコメントは、ポーランドイスラエルからの鋭い批判と、ウクライナ政府の意見を反映していないというキエフからの保証を引き起こした. 

元大使は、キエフに戻って以来、主にドイツ語でオンラインでのプレゼンスを維持しています。彼は、多くの場合、批判的なサブテキストを付けて、より多くのドイツのサポートを求め続けています。

木曜日に、彼は首都の店で見たと彼が言ったクラフトビールのボトルの画像を共有しました。ラベルには、「Biere blanche Frau Ribbentrop」というキャプションが付けられたアンゲラ メルケル元首相の似顔絵が描かれていました。これは、アドルフ・ヒトラー外務大臣ヨアヒム・フォン・リッベントロップへの言及です。彼は、第二次世界大戦の勃発前に、ソ連との間で東ヨーロッパを分割する秘密協定に署名したことで最もよく知られています。第二次世界大戦を開始し、ホロコーストを可能にしたことで、ニュルンベルク裁判で有罪判決を受けた後、彼は絞首刑に処せられました。

 

 

"Germany is still in focus," Melnyk said after a winking-face emoji.

msh/sms (dpa, Reuters)

「ドイツはまだ注目されています」とメルニクはウインク顔の絵文字の後に言った.