トルコ:シリアからロケット弾が発射され、数人が死亡

エルドアン大統領にとって、国内の経済低迷、通貨暴落で人気ないのを、

これで来年夏まで持っていくつもりやろか?

フィンランドスウェーデンに対テロで強く出るのも、この被害を持ち出せば正当化できるわな。

 

しばらく報復合戦は止まらないのかもね。過激派が苦しい経済状況を利用して、互いにテロや報復を支持しちゃうんだろうし。トルコ側も、クルド側も。

 

エルドアン大統領は、地上軍も出すと言っているから、実質支配地域を更に拡大させるきっかけにもするのかな? トルコ経済圏に入れてしまうのかな??

 

A Syrian war monitor said that 25 strikes hit areas under control of the YPG Kurdish militia groupImage: North Press Agency via REUTERS

Turkey: Several killed after rockets fired from Syria

2022.11.21

Turkish officials have pledged to respond after three people, including a child, were killed in a rocket attack near the Syrian border. The attack comes a day after Turkey bombed Kurdish-held areas in Syria.

 トルコ当局は、シリア国境近くのロケット弾攻撃で子供を含む3人が死亡した後、対応することを約束した. この攻撃は、トルコがシリアのクルド人支配地域を爆撃した翌日に行われた。

Turkey reported on Monday that rockets fired from northern Syria landed in the Turkish border town of Karkamis, killing three people.

"Three of our citizens lost their lives. One of them is a child, another a teacher," Interior Minister Suleyman Soylu said during a live TV broadcast in which he also vowed a "strong response."

The country's Interior Ministry said the rockets had been fired by Kurdish militants who control large stretches of land along the Turkish border.

Turkey has recently restarted its bombing campaign of Kurdish-held regions in Syria as well as areas in northern Iraq.

Ankara has said the air strikes are in response to a terror attack in Istanbul on November 13. Turkish officials blamed the deadly bombing on militants from the Kurdish Workers' Party (PKK) based in Turkey and their allies, the People's Protection Units (YPG) in Syria.

The Kurdish groups have denied being behind the attack.

  トルコは月曜日、シリア北部から発射されたロケット弾がトルコ国境の町カルカミスに着陸し、3 人が死亡したと報告した。

レイマン・ソイル内相はテレビの生放送で、「3 人の市民が命を落とした。1 人は子供で、もう 1 人は教師だ」と述べ、「強力な対応」を誓った。

同国の内務省は、ロケットはトルコ国境沿いの広大な土地を支配するクルド人過激派によって発射されたと述べた。

トルコは最近、シリアのクルド人支配地域とイラク北部の地域への爆撃を再開した。

アンカラは、空爆は11月13日のイスタンブールでのテロ攻撃に対応していると述べ.シリアで。

クルド人グループは、攻撃の背後にいることを否定しています。

 

>>報復合戦になってきたな。

The strikes from Syria come a day after Turkey launched airstrikes in Derik, Syria (pictured above)Image: North Press Agency via REUTERS

 

Erdogan mulls land invasion

Turkish President Recep Tayyip Erdogan appeared to be considering a full ground invasion of northern Syria — similar to the Turkish operation in the northwest canton of Afrin in 2018 — in response to the rocket attacks.

"There is no question that this operation be limited to only an aerial operation," Erdogan told reporters after returning from watching the World Cup opening ceremony in Qatar.

"Competent authorities, our defense ministry and chief of staff will together decide the level of force that should be used by our ground forces," Erdogan said.

"We have already warned that we will make those who violate our territory pay," he added.

  トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、ロケット弾攻撃を受けて、2018年にアフリン北西部でトルコが行った作戦と同様に、シリア北部への全面侵攻を検討しているようだ。

エルドアン大統領は、カタールでのワールドカップ開会式を観戦した後、記者団に対し、「この作戦が空中作戦のみに限定されることに疑いの余地はない」と語った。

エルドアン大統領は、「管轄当局、国防省参謀総長が協力して、地上部隊が使用すべき戦力のレベルを決定する」と述べた。

「私たちは、私たちの領土を侵害する者には報酬を与えるとすでに警告しています」と彼は付け加えた。

 

Turkey's cross-border offensive

Turkish sources said that the strikes on Monday hit a high school and two houses in Karkamis as well as a truck near the border crossing with the Syrian town of Jarablus.

Another round of rocket fire from Syria on Sunday wounded six Turkish policemen at a border crossing.

Turkish air strikes, part of an offensive codenamed "Operation Claw-Sword," over the weekend killed at least 31 people, according to the UK-based Syrian Observatory for Human Rights.

The Kurdish city of Kobane was among those hit in the offensive. The city made headlines in 2014 when it fended off an onslaught from so-called "Islamic State" (IS) forces.

Turkey and its allies in Europe and North America consider the PKK a terrorist group, but are divided on the status of the Kurdish forces in Syria. The Kurdish combatants in the war-tor country receive support from Washington for their role in fighting Islamist insurgents in the region.

ab/dj (AFP, AP)

  トルコの情報筋によると、月曜日のストライキは、カルカミスの高校と 2 つの家屋、およびシリアの町ジャラブラスとの国境検問所近くのトラックを襲った。

日曜日のシリアからの別のラウンドのロケット弾は、国境検問所で6人のトルコの警官を負傷させた.

英国に本拠を置くシリア人権監視団によると、トルコの空爆は攻撃的なコードネーム「Operation Claw-Sword」の一部であり、週末に少なくとも 31 人が死亡した。

コバネのクルド人の都市は、攻撃で打撃を受けたものの中にありました。2014 年、いわゆる「イスラム国」(IS)軍による猛攻撃をかわしたとき、この都市はニュースの見出しを飾りました。

トルコとその同盟国であるヨーロッパと北アメリカは、PKK をテロリスト グループと見なしているが、シリアにおけるクルド軍の地位について意見が分かれている。戦争中の国にいるクルド人の戦闘員は、この地域でのイスラム主義反乱軍との戦いにおける彼らの役割について、ワシントンから支援を受けている。

クルド人武装組織側からトルコにロケット弾 21人死傷 応酬続く

トルコの最大都市イスタンブールで80人以上が死傷した爆発を受け、トルコ軍は報復措置として、隣国のシリアとイラククルド人武装組織の拠点を空爆した一方、クルド人武装組織側からは、ロケット弾によるトルコ南部への攻撃が相次いで子どもを含む21人が死傷し、応酬が続いています。

 

トルコ政府は、11月13日に最大都市イスタンブールの繁華街で87人が死傷した爆発をめぐり、トルコや欧米がテロ組織に指定するPKKクルド労働者党が企てたテロだと非難し、報復措置として、隣国のシリアとイラクにあるクルド人武装組織の拠点を空爆したと、20日発表しました。

一方、シリア北部に拠点を持つ、クルド人武装組織主体の「シリア民主軍」が「歴史的使命を全うし、強い意志をもって戦い続ける」として徹底抗戦の構えを示す中、21日、トルコ南部、シリアと国境を接する町カルカムシュにロケット弾や迫撃砲による攻撃が相次ぎ、住宅や学校の敷地にも着弾しました。

この攻撃で、子どもを含む2人が死亡し、19人がけがをしたということです。

これに対して、トルコ側も、シリアのクルド人武装組織側に砲撃を行うなど、応酬が続いています。

トルコメディアは、エルドアン大統領が「作戦は空だけで終わるわけではない」と述べ、地上部隊の投入も辞さない考えを示したと伝えていて、緊張がさらに高まることも予想されます。