ナミビア ドイツによる植民地時代の象徴、Curt von Francois像を解体→独立博物館へ

先に、彫像を降ろしてしまうのだな。

 

結局ドイツの公式な賠償ではない、援助名目のお金でまた揉めてしまったようだ。

ナミビアは再交渉を要求するが、ドイツは拒否しているようだ。

目先の金が欲しい腐敗してた指導部と交渉し、ケリを付けようとしているな。

 ドイツはユダヤ人以外に公式に謝罪してないんじゃないの? 賠償金をすぐ要求されるので、恐れて一切拒否やな。

ドイツが再興して金持ちになったせいで、謝っているのか、バカにしているのかわからんな。

 

Von Francois' great-grandson said that his ancestor was married to his great-Grandmother — Amalia ǃGawaxas, who was a Damara princess — and that as the founder of Windhoek he "has done a lot for this country."

>>現地の王女と結婚し、その子孫が今もいるのだね。

現地女性と結婚とは知らんかったな。

 

>>ツイッターは記事にない動画を見つけることができるね。

>>ケニアは英語。

 

Blok C's finest@Jemaihma
Curt von Francois is falling today after much protests from Namibian youth especially @aafrobeat whose petition gave the final shove, pushing the City of Windhoek to resolve to remove the statue.

    

>>まずはプレートをは剝がすところからか。

 

  

Namibia: Statue of German colonial ruler removed

2022.11.23

A statue of German colonial official, Curt von Francois, was moved from its pedestal in Namibia's capital Windhoek to a museum after activists criticized it as a symbol of oppression.

 ナミビアの首都ウィントフックにあるドイツ植民地政府の役人、クルト・フォン・フランソワの銅像が、抑圧の象徴であると活動家から批判されたため、博物館に移された。

>>馬に乗った彫像もあるみたいやね。

Authorities in the Namibian capital Windhoek on Wednesday removed a statue of a German colonial governor following a campaign to have it taken down.

Windhoek city spokesman Harold Akwenya told German news agency DPA that the statue of Curt von Francois — considered by many to be the city's founder — would be moved to the Independence Museum for safekeeping.

  水曜日、ナミビアの首都ウィントフックの当局は、撤去を求めるキャンペーンの後、ドイツ植民地総督の銅像を撤去した。

ウィントフック市のスポークスマン、ハロルド・アクウェンヤ氏はドイツ通信社DPAに対し、多くの人が市の創設者と考えているクルト・フォン・フランソワ像は、保管のために独立博物館に移されると語った.

>>独立博物館か、妥当だね。

The statue of Curt von Francois will be moved to the Independence Museum with a decision yet to be made on what should replace it

Francois' descendent slams removal of statue

The statue of von Francois had been standing since 1965. However, a petition to have it removed because of what it represents to many Namibians was started in 2020 by activist Hildegard Titus.

Former mayor of Windhoek Job Amupanda told DPA that the statue's removal was "the beginning of a process to decolonize Windhoek."

 However, not all Namibians are happy to see the removal of von Francois' statue. Local publication, The Namibian, spoke to von Francois' great-grandson Ruprecht von Francois, who told the publication that the move was a slight on von Francois' legacy and amounted to discrimination against Damara history.

Von Francois' great-grandson said that his ancestor was married to his great-Grandmother — Amalia ǃGawaxas, who was a Damara princess — and that as the founder of Windhoek he "has done a lot for this country."

  フォン フランソワの像は 1965 年から立っていました。しかし、活動家のヒルデガルト ティトゥスは 2020 年に、多くのナミビア人にとって銅像が象徴的なものであるため、撤去を求める請願を開始しました。

ウィントフックのジョブ・アムパンダ元市長は、銅像の撤去は「ウィントフックの非植民地化プロセスの始まり」であると DPA に語った。

しかし、すべてのナミビア人がフォン・フランソワ像の撤去を喜んでいるわけではありません。地元の出版物であるナミビアは、フォン・フランソワのひ孫であるルプレヒト・フォン・フランソワに、この動きはフォン・フランソワの遺産を軽視するものであり、ダマラの歴史に対する差別に相当すると語った.

フォン・フランソワの曾孫は、彼の先祖は彼の曾祖母、アマリア・ガワクサスと結婚しており、彼女はダマラ王女であり、ウィントフックの創設者として「この国のために多くのことをしてきた」と語った.

 

>>お!、何気に地元の王女と結婚し、地元民化したんだな。驚き。

 

Von Francois was a senior officer in the German colonial forces and according to colonial history, founded Windhoek in 1890.

In 1893, there were skirmishes between German soldiers sent to protect German settlers and local clans including the Herero and Nama. Von Francois ordered an attack on Nama Chief Hendrik Witbooi and the village of Hornkranz during which women, children and the elderly were massacred.

The German colonial forces, like others on the African continent, brutally suppressed any attempt at insurrection. In 1904 to 1907, mass murder took place and this period of history is now widely accepted as the 20th century's first genocide. 

In May 2021, the German government recognized the atrocities committed against the Herero and Nama as genocide and pledged to spend €1.1 billion ($1.3 billion) over 30 years for infrastructure and development aid. 

The aid did not include official reparations. Herero and Nama leaders derided the payments as "unacceptable." 

Berlin has rejected demands for new negotiations and insists on implementing the controversial deal.

  フォン フランソワはドイツ植民地軍の上級将校であり、植民地の歴史によれば、1890 年にウィントフックを設立しました。

1893 年、ドイツ人入植者を保護するために派遣されたドイツ兵と、ヘレロ族やナマ族などの地元の一族との間で小競り合いがありました。フォン・フランソワは、ナマの族長ヘンドリック・ウィットブーイとホルンクランツの村への攻撃を命じ、その間に女性、子供、老人が虐殺されました。

ドイツの植民地軍は、アフリカ大陸の他の軍と同様に、反乱の試みを残忍に鎮圧しました。1904 年から 1907 年にかけて大量殺戮が行われ、この時期は20 世紀初のジェノサイド として広く受け入れられています。

2021 年 5 月、ドイツ政府はヘレロ族とナマ族に対する残虐行為を大量虐殺と認め、インフラストラクチャーと開発援助のために 30 年間で 11 億ユーロ (13 億ドル) を費やすことを約束しました。 

援助には公式の賠償金は含まれていませんでした。ヘレロとナマの指導者たちは、支払いを「容認できない」と嘲笑した。 

ベルリンは新たな交渉の要求を拒否し、物議を醸す協定の実施を主張している。

 

kb/dj (dpa,KNA)

 

>>ドイツは、公式な謝罪はユダヤ人、イスラエルにしかしないようだ。

なので、お金の支払いは賠償金ではない。

援助という別の目的で支払う代わりに、過去の虐殺は見逃してねというわけだ。

目先のお金に目がくらんで、贖罪をスルーしようとするドイツのやり口。

虐殺しておいて、貧乏なナムビアをまたコケにしようとしているな。