Zaporizhzhia 事故が起きたらどうなりますか? Clare Roth

DWはこの間は、ウクライナ核兵器が使用されたらって、記事を書いたけど。

今度はザッポリーニ原発で事故が起きたら、、、というわけか。

チェルノブイリ原発事故の再現になるか?

それよりは少しはましか??

>>ロシアのリストカット攻撃やな。誰も得しない。

 

"I think the likelihood of another Chernobyl-like event affecting Germany is lower," he said. "There would probably be measurable impacts, but not as great as what was experienced in 1986."

>>題でどうなるかと聞かれて、チェルノブイリと福島の事故の間って答えは、ましな答えなのかな?そして、かつてのようにドイツにまで影響はないという。ドイツ人は、放射能が振ってくることを恐れている??

"There are three other nuclear plants in Ukraine that are actually closer to the Western border. So they're away from the front, but they're still within range of Russian rocket fire or drones," he said.

>>まさにこの心配は大きいわな。原発の周囲に防空システムが必要になるわな。

ザッポリーニ原発より古くて、攻撃に弱い軽水炉原発

 

ロブノにある2基が古い奴なのだな。VVER-440

http://www.ati.ac.at/fileadmin/files/research_areas/ssnm/nmkt/04_WWER_Overview.pdf

 

 

>>なるほど、古い原発は大きなコンクリート製格納庫がないんだな。

これは、砲撃に弱そうだ!

 

 

Zaporizhzhia: What would happen if there was an accident?

Clare Roth

Although it's impossible to say for sure what consequences an accident at Ukraine's Zaporizhzhia nuclear power plant might have on human health in the environment nearby, experts can make some predictions.

 ウクライナザポリージャ原子力発電所での事故が、近くの環境で人間の健康にどのような影響を与えるかを確実に言うことは不可能ですが、専門家はいくつかの予測を立てることができます.

>>ふむ。

When people think about nuclear threats and the war in Ukraine, most consider two possibilities: What would happen if an accident occurred at a Ukrainian nuclear plant? And what would happen if a nuclear weapon were deployed?

For this article, we talked to experts about the health impact the Fukushima and Chernobyl disasters had on surrounding populations, and asked them to explain the degree to which those disasters might provide a framework for our current understanding of risk at Zaporizhzhia.

In the next article in this series, we'll explain the health effects linked to the detonation of nuclear weapons at Hiroshima and Nagasaki, and also look at what could happen if nuclear weapons were detonated in today's world.

  核の脅威とウクライナでの戦争について考えるとき、ほとんどの人は次の 2 つの可能性を考えます。ウクライナ原子力発電所で事故が起きたらどうなるでしょうか。そして、核兵器が配備されたらどうなるでしょうか?

この記事では、福島とチェルノブイリの災害が周辺住民に与えた健康への影響について専門家に話を聞き、それらの災害がザポリージャのリスクに関する現在の理解の枠組みを提供する程度を説明するよう依頼しました。

このシリーズの次の記事では、広島と長崎での核兵器の爆発に関連する健康への影響について説明し、今日の世界で核兵器が爆発した場合に何が起こるかを見ていきます。

>>フム。

The city of Pripyat, located a few kilometers from the Chernobyl nuclear power plant, before 1986.Image: Sean Gallup/Getty Images

Zaporizhzhia under occupation

Ukraine's Zaporizhzhia power plant is located not far from the country's southern border. This year it became the first active nuclear plant in history to continue operations in the midst of a war.

Since occupying forces seized the plant in March, many across Europe have been wondering how a potential accident there would compare with the 1986 Chernobyl disaster — an event that for decades marked the worst nuclear power accident in history. The Chernobyl meltdown released radiation across Europe and tainted humans, plants and animals throughout the region.

Over 30 plant workers died in the three months following the disaster at the Soviet power station as a direct result of the meltdown. A report published by the Chernobyl Forum, a group of UN agencies formed in 2003 to assess the health and environmental consequences of the accident, suggested in 2006 that it will cause at least 4,000 cancer deaths in the long term, although that estimate is hotly debated.

  ウクライナザポリージャ発電所は、国の南の国境からそう遠くない場所にあります。今年、戦争の真っ只中に運転を継続した史上初のアクティブな原子力発電所になりました。

占領軍が 3 月に原発を占拠して以来欧州中の多くの人々が、そこで起こりうる事故が 1986 年のチェルノブイリ原発事故と比べてどうなるのか疑問に思っていました。この事故は、何十年にもわたって史上最悪の原発事故でした。チェルノブイリメルトダウンはヨーロッパ中に放射線を放出し、地域全体で人間、植物、動物を汚染しました。

メルトダウンの直接的な結果として、ソ連発電所での災害から 3 か月で 30 人以上のプラント労働者が死亡しました。2003 年に設立された、事故の健康と環境への影響を評価する国連機関のグループであるチェルノブイリ フォーラムによって発行された報告書は、2006 年に、長期的には少なくとも 4,000 人の癌による死亡を引き起こすと示唆しましたが、その見積もりは激しく議論されています。 .

 

>>長期的で4000人か。

知らされずに、被爆して亡くなった数はもっといそうだけど。

Understanding of Chernobyl's health effects contested

Some experts say the actual impact of the disaster was concealed by Soviet officials in an attempt to downplay its severity. One of them is Massachusetts Institute of Technology (MIT) professor Kate Brown. She has conducted extensive research on the impact radiation has had on people's health in Ukraine and surrounding countries since the 1986 accident.

In a Greenpeace report published in 2006, researchers estimated the predicted death toll at around 90,000 — nearly 23 times the number suggested by the Chernobyl Forum report.

Edwin Lyman, a physicist and director of Nuclear Power Safety with the US-based Union of Concerned Scientists, said he, "doesn't consider the Chernobyl Forum report to be authoritative."

Lyman said the Forum's report based its cancer death predictions only on cases within the former Soviet Union, ignoring exposure to populations in other parts of Europe and the Northern Hemisphere. The original Chernobyl health impact report conducted by UN agencies and published in 1988, did address the global exposure to radiation in response to the accident, and estimated it would ultimately correspond to 30,000 or more cancer deaths, Lyman said.

"The fundamental issue is whether one believes that low-level exposures will cause cancer or notand the worldwide expert consensus is that they do. The Chernobyl Forum essentially assumed otherwise," he said, calling the study a "highly political document with conclusions that were carefully massaged to minimize the impacts of the accident."

  一部の専門家は、災害の実際の影響は、その深刻さを軽視するためにソビエト当局によって隠蔽されたと述べています。そのうちの 1 人は、マサチューセッツ工科大学 (MIT) のケイト ブラウン教授です。彼女は、1986 年の事故以来、放射線ウクライナとその周辺国の人々の健康に与えた影響について広範な研究を行ってきました。

2006 年に発行されたグリーンピースの報告書では、研究者は予測される死亡者数を約 90,000 人と推定しました。

物理学者であり、米国を本拠地とする憂慮する科学者連合の原子力安全担当ディレクターであるエドウィン・ライマン氏は、「チェルノブイリ・フォーラムの報告書が信頼できるものであるとは考えていない」と述べた。

ライマン氏は、フォーラムの報告書は、旧ソビエト連邦内の症例のみに基づく癌死亡予測に基づいており、ヨーロッパの他の地域や北半球の人々への暴露を無視していると述べた. 国連機関が実施し、1988 年に発行された元のチェルノブイリの健康影響報告書は、事故に対応した世界的な放射線被ばくに言及しており、最終的には 30,000 人以上のがんによる死亡に相当すると推定した、とライマンは述べた。

「基本的な問題は、低レベルの被ばくががんを引き起こすと信じているかどうかであり、世界中の専門家のコンセンサスは、そうであるということです。チェルノブイリフォーラムは、本質的にそうではないと想定していました」と彼は述べ、この研究を「結論を伴う非常に政治的な文書」と呼びました。事故の影響を最小限に抑えるために慎重にマッサージされました。」

 

>>マッサージね。

Frogs found in the area near the Chernobyl nuclear power plant have turned black due to radiationImage: CC-by-Germán Orizaola/Pablo Burraco

 

Studies following the survivors of the Chernobyl disaster have shown an increase in cases of thyroid cancer. In the decades following the accident, researchers detected rates of that particular condition in young people in the former Soviet Union that were around three times higher than expected. This increase is partly attributed to the consumption of tainted milk, studies reported.

 However, according to Lyman, the large studies outlining overall cancer risk were published in the early 2000s, at a time when many cancers that could have been triggered by the Chernobyl disaster may not yet have started showing up. And nearly 20 years later, there hasn't been any comprehensive follow-up to these reports.

Reports on the disaster's health impact also note high rates of depression and anxiety in the surrounding population.

  チェルノブイリ事故の生存者を追った調査では、甲状腺がんの症例が増加していることが示されています。事故後の数十年間、研究者たちは、旧ソ連の若者にその特定の状態が予想されるよりも約3倍高い率であることを発見しました. この増加の一部は、汚染された牛乳の消費に起因すると報告されています。

しかし、Lyman によると、全体的ながんのリスクを概説する大規模な研究が発表されたのは 2000 年代初頭で、当時はチェルノブイリ事故によって引き起こされた可能性のある多くのがんがまだ現れていなかった可能性があります。そして 20 年近く経った今でも、これらのレポートに対する包括的なフォローアップは行われていません。

災害の健康への影響に関する報告では、周辺住民のうつ病や不安症の割合が高いことも指摘されています。

 

>>牛乳で濃縮されそうだ。

Fukushima — a better comparison

According to Lyman, any fallout from a possible accident at the Zaporizhzhia power plant would likely have more in common with the fallout of the 2011 Fukushima nuclear disaster in Japan.

"The consequences that led to such a large and wide dispersal of radioactive activity [at Chernobyl] are probably less likely to occur at the reactors at Zaporizhzhia, which are light water reactors more similar to the reactors in Germany or elsewhere in the West," he said.

The nuclear accident in Fukushima marks the only other disaster at a plant that has been rated a 'seven' on the International Atomic Energy Agency (IAEA)'s International Nuclear Event Scale. It was generated by a powerful tsunami and earthquake that caused the plant to lose power, prompting three nuclear meltdowns, hydrogen explosions and extensive releases of radiation from the facility.

Official reports have concluded that although many people died in the tsunami and earthquake, none died in direct response to the nuclear incident. Aside from radiation sickness experienced by people in the direct vicinity, they say, the biggest health impact has been the psychological stress people nearby experienced when they were evacuated.

 Today, researchers say the Fukushima incident has left only a negligible mark on the surrounding environment, because much of the radiation was released into the nearby sea.

"Zaporizhzhia is obviously landlocked, so that wouldn't be the case. But still, you would expect probably less radioactive material released and dispersed less widely," Lyman said.

Lyman added that the level of radiation a potential accident at Zaporizhzhia could release would depend on whether the accident was technical (i.e., a response to the facility losing power for multiple days) or related to combat, in which case the radiation would be released more quickly. In a situation like that, the severity of any consequences would probably fall somewhere in between of what happened at Chernobyl and what happened at Fukushima, he said.

"I think the likelihood of another Chernobyl-like event affecting Germany is lower," he said. "There would probably be measurable impacts, but not as great as what was experienced in 1986."

  ライマン氏によると、ザポリージャ発電所で発生する可能性のある事故による放射性降下物は、2011 年に日本で発生した福島原発事故の放射性降下物と共通する可能性が高いとのことです。

「(チェルノブイリでの)放射能のこのような大規模かつ広範囲な拡散につながった結果は、ドイツや西側の他の場所の原子炉に似た軽水炉であるザポリージャの原子炉ではおそらく起こりそうにない。」彼は言った。

福島の原子力事故は、国際原子力機関 (IAEA) の国際原子力事象評価尺度で「7」と評価されたプラントでの唯一の他の災害を示しています。それは強力な津波地震によって発生し、発電所の電源が失われ、3 つの核メルトダウン、水素爆発、および施設からの大量の放射線放出が引き起こされました。

公式報告によると、津波地震で多くの人が死亡したが、原発事故に直接反応して死亡した人は一人もいない. 近くに住む人々が経験した放射線障害を除けば、最大の健康への影響は、近くの人々が避難したときに経験した心理的ストレスであると彼らは言います。

今日、研究者たちは、放射能の多くが近くの海に放出されたため、福島の事故が周囲の環境に残した痕跡はごくわずかであると述べています。

「ザポリージアは明らかに内陸にあるので、そうではないだろう。しかし、放射性物質の放出や拡散が少ないと予想されるだろう」とライマン氏は述べた.

ライマン氏は、ザポリージャでの潜在的な事故が放出する可能性のある放射線のレベルは、事故が技術的なもの(つまり、施設の電源が数日間失われたことへの対応)によるものか、戦闘に関連するものかによって異なり、その場合、放射線はより多く放出される.早く。そのような状況では、結果の重大性はおそらくチェルノブイリで起こったことと福島で起こったことの間のどこかにあるだろうと彼は言った.

チェルノブイリのような出来事が再びドイツに影響を与える可能性は低いと思います」と彼は言いました。「おそらく測定可能な影響があるだろうが、1986年に経験したほど大きくはないだろう.」

 

>>ロシアが故意にそうするのでなければ、チェルノブイリのような被害にはならないのではないかな。あれは、核爆発だからね。メルトダウンでもなく。そら炉心が剥き出しになって、もくもく外にまき散らすようなことになれば、そうなるだろうに。

A man mourns family lost in the 2011 tsunami that caused the Fukushima nuclear power plant disasterImage: Yuichi Yamazaki/Getty Images

 

Ukraine's other reactors also present a risk

Zaporizhzhia has drawn a lot of attention because it's currently the only Ukrainian nuclear plant under direct Russian control. But Lyman said he is also concerned about the other plants in Ukraine, which are older. That makes them even more susceptible to catastrophic failure in the event of an accident.

"There are three other nuclear plants in Ukraine that are actually closer to the Western border. So they're away from the front, but they're still within range of Russian rocket fire or drones," he said.

He said that although none of those reactors are the same model as those at Chernobyl, some are older Soviet light-water reactors that wouldn't be as resistant to an attack as the plant at Zaporizhzhia.

"If things unravel, and they become more affordable to attack, that could be a greater concern to Western Europe," he said.

  ザポリージャは、現在ロシアの直接管理下にある唯一のウクライナ原子力発電所であるため、多くの注目を集めています。しかし、ライマン氏は、ウクライナにある他の古い工場についても懸念していると述べた。そのため、事故が発生した場合に壊滅的な障害が発生する可能性がさらに高くなります。

「実際には西側の国境に近いウクライナには他に3つの原子力発電所があります。それらは前線から離れていますが、それでもロシアのロケット弾やドローンの射程内にあります」と彼は言いました。

彼は、これらの原子炉はどれもチェルノブイリのものと同じモデルではありませんが、一部はザポリージャのプラントほど攻撃に耐えられない古いソビエト軽水炉であると述べました.

「状況が解明され、攻撃できるようになった場合、西ヨーロッパにとってより大きな懸念となる可能性がある」と彼は述べた。

 

 

Edited by: Derrick Williams

This article was originally published on November 8, 2022, and updated on November 22, 2022 in light of current events in Ukraine.