ポーランド:大麻は誰にでも? Lukasz Grajewski

DWは酷い写真を使うな。

"Rules for medical cannabis are very liberal, not because politicians designed them that way but because of their amateurism." 

>>ドイツはすぐにバカにするな。

 

Poland, however, has neither a catalog of illnesses, nor limits concerning patient age, gram amounts prescribed, or relating to vehicle operation. "As a result, one could theoretically prescribe a half ton of cannabis to a child with a toothache all legally," according to Dolecki.

>>まあ、バカにして当然かな( ´艸`)。

おかしな親なら、、、自分で使うために子供を出しにしそうだな。

PiS党でしょう、与党の。保守派・右派は意外に寛大? 金目当てか??

 

今度は、ドイツ流の基準に修正しようとしていが、与党が賛成しないとみられているそうな。 2024年の総選挙を待つしかないとね。

 

しかし、Onlineで記入し、ビデオ診断でOKなら、ほぼOKなのだろうが、それで薬局で買えてしまうのだなぁ。厳しい所持違反の法律がある一方で。

 なんだか、みな利権で入り組んでしまっている感じもするが。そこに道徳はないと。

Poland: Cannabis for everyone?

Lukasz Grajewski

2022.11.23

Poland has some of Europe's most restrictive drug laws. But lax medical marijuana rules have healthy people lining up for prescriptions.

ポーランドには、ヨーロッパで最も規制の厳しい薬物法があります。しかし、医療用マリファナの規則が緩いため、健康な人々が処方箋を求めて並んでいます。

When asked where he gets his cannabis, Piotr grins and asks if DW wants the official or the unofficial version. He says he'll only tell the unofficial — that is the real — version, under a pseudonym. Hence, Piotr is not the man's real name. He says he needs to be careful: "I've waited so long to be able to smoke legally, I don't want to risk it."

 Since 2000, Poland's drug laws have been some of the most restrictive in Europe. Individuals possessing marijuana — the dried bud of the hemp plant — risk arrest, prosecution, and conviction. Piotr says it is very liberating for him to now be able to buy cannabis legally.

 A friend referred him to one of several clinics in Poland specialized in the use of medical marijuana. Piotr described a number of purported health problems when filling out his first online form: headaches, migraines, backache, insomnia, work-related stress. Asked if he is really ill, Piotr responds with a laugh: "Sometimes I get headaches, but I don't think they are chronic migraines."

 After filling out his form, Piotr had a video appointment with a doctor who gave him a prescription for medical marijuana and explained how the drug was to be taken: With a vaporizer, at a specific temperature — so as not to release carcinogens but only properties beneficial to patient health.

 Piotr listened quietly to the doctor's advice. Yet as soon as his prescription for 10 grams of medical marijuana was filled at the pharmacy, he was back home smoking it like he always had, as a way to relax. He admits that the cannabis from the pharmacy is "better than what I used to buy."

  大麻をどこで手に入れるか尋ねられたとき、ピオトルはにやにや笑って、DWが公式版と非公式版のどちらを望んでいるのか尋ねました。彼は、仮名の下で、非公式のバージョン、つまり本物のバージョンだけを伝えると言います. したがって、ピョートルは男の本名ではありません。彼は注意する必要があると言います:「私は合法的に喫煙できるようになるまで長い間待っていました.私はそれを危険にさらしたくありません.

2000 年以来、ポーランドの麻薬法はヨーロッパで最も規制が厳しいものの 1 つです。大麻草の乾燥した芽であるマリファナを所持している個人は、逮捕、訴追、有罪判決を受ける危険があります。ピオトルは、大麻を合法的に購入できるようになったことで、非常に自由になったと語っています。

友人は、医療用マリファナの使用を専門とするポーランドのいくつかの診療所の 1 つに彼を紹介しました。Piotr は、最初のオンライン フォームに記入したときに、頭痛、片頭痛、背中の痛み、不眠症、仕事関連のストレスなど、多くの健康上の問題があるとされていることを説明しました。本当に病気なのかと聞かれると、ピョートルは笑いながら答えた。「時々、頭痛がしますが、慢性的な偏頭痛ではないと思います。」

フォームに記入した後、ピオトルは医師とビデオ予約をし、医療用マリファナの処方箋を渡し、薬の服用方法を説明しました。患者の健康に有益です。

ピョートルは医者の忠告に静かに耳を傾けた。しかし、薬局で 10 グラムの医療用マリファナの処方箋が調剤されるとすぐに、彼はリラックスする方法として、いつものようにそれを吸って家に帰りました。彼は、薬局の大麻が「以前購入したものよりも優れている」ことを認めています。

 

>>へぇ~。合法的になったといって、いきなりOnline診断でOKなんか。日本は、急性避妊薬を薬局で買うのですら、問題となり、ドラッグストアに薬剤師を置かないといけないのに。

The bud of a cannabis plantImage: picture alliance/NurPhoto

Poland's liberalization of drug laws just a coincidence

The distribution and use of cannabis for medical purposes became legal in Poland in 2017. By 2021, doctors across Poland were writing roughly 3,000 marijuana prescriptions a month.

But how many monthly prescriptions go to patients who really need medical marijuana, and how many to others faking illness in order to gain access to cannabis?

"That's hard to say," explains Andrzej Dolecki, chairman of the Free Hemp movement, one of the oldest organizations in the fight for the decriminalization and legalization of marijuana in Poland. "Rules for medical cannabis are very liberal, not because politicians designed them that way but because of their amateurism." 

 In Germany, there are a number of criteria one has to meet before getting a prescription for cannabis as there are in the Czech Republic. Poland, however, has neither a catalog of illnesses, nor limits concerning patient age, gram amounts prescribed, or relating to vehicle operation. "As a result, one could theoretically prescribe a half ton of cannabis to a child with a toothache — all legally," according to Dolecki.

Nevertheless, a quick internet search shows Polish doctors do indeed look at a number of factors such as psychological illness or age before prescribing medical marijuana.

  医療目的での大麻の配布と使用は、2017 年にポーランドで合法化されました。2021 年までに、ポーランド中の医師は、月におよそ 3,000 件のマリファナの処方箋を書いていました。

しかし、医療用マリファナを本当に必要としている患者には毎月何回の処方箋が送られ、大麻へのアクセスを得るために病気を偽装している他の患者にはどれくらいの処方箋が送られますか?

「それを言うのは難しいです」と、ポーランドマリファナの非犯罪化と合法化を求めて戦っている最も古い組織の 1 つである Free Hemp 運動の議長である Andrzej Dolecki 氏は説明します。「医療大麻のルールは、政治家がそのように設計したからではなく、彼らのアマチュアリズムのために非常に自由です。」 

ドイツでは、チェコ共和国と同様に 、大麻の処方箋を得る前に満たさなければならない基準がいくつかあります。ただし、ポーランドには、病気のカタログも、患者の年齢、処方されたグラム量、または車両の操作に関する制限もありません 。「その結果、理論的には、歯痛のある子供に 0.5 トンの大麻を処方することができます。すべて合法です」と Dolecki 氏は述べています。

 それにもかかわらず、簡単なインターネット検索は、ポーランドの医師が医療用マリファナを処方する前に、精神疾患や年齢などの多くの要因を実際に調べていることを示しています.

 

>>歯痛の子供にまでは、どうなんだろう? おかしな親ならやりかねない?歯医者に行くより安けりゃ、痛み止めでごまかそうとするやろか?

Demonstrators have been calling for the legalization of cannabis for yearsImage: Artur Widak/picture alliance/NurPhoto

Widespread cannabis use in Poland

In a 2020 poll conducted for the National Bureau for Drug Prevention, 7.8% of Poles under the age of 34 said they had consumed cannabis at least once over the past 12 months. That number could be higher considering the fact that the strict illegality of marijuana possession in Poland may make some people less likely to admit use.

 Polish police data published in 2018 showed that 89% of all drug cases dealt with low-level possession. Further analysis of that data by Krzysztof Krajewski, professor of criminology at Jagiellonen University in Krakow, found that 79% of all arrests were for possession of three grams of cannabis or less. According to Dolecki, Polish judges have handed down roughly one million drug possession convictions since introducing stricter laws in 2000.

 Police, it appears, are clearly not so much focused on arresting dealers or breaking-up criminal gangs but more on going after people who purchase cannabis illegally for personal consumption. If convicted, such individuals face trouble finding work or traveling abroad due to their criminal record.

  国家薬物防止局のために実施された 2020 年の世論調査では、34 歳未満のポーランド人の 7.8% が、過去 12 か月間に少なくとも 1 回は大麻を摂取したと述べています。ポーランドではマリファナの所持が厳格に違法であるため、使用を認めにくい人がいる可能性があるという事実を考慮すると、その数はさらに増える可能性があります。

2018 年に公開されたポーランド警察のデータによると、すべての薬物事件の 89% が低レベルの薬物所持に対処していました。クラクフのヤギエロネン大学の犯罪学教授であるクシシュトフ・クライェフスキーによるそのデータのさらなる分析は、すべての逮捕の79%が3グラム以下の大麻の所持によるものであることを発見しました。Dolecki によると、2000 年に厳格な法律が導入されて以来、ポーランドの裁判官は約 100 万件の薬物所持の有罪判決を言い渡しました。

どうやら警察は明らかに、ディーラーの逮捕や犯罪集団の解体に重点を置いているのではなく、個人消費のために大麻を違法に購入した人々を追跡することに重点を置いているようです。有罪判決を受けた場合、そのような個人は前科のために仕事を見つけたり、海外旅行をしたりするのに苦労します。

 

>>なるほどね。しかし、所持でそれだけ厳しいと、冤罪・捏造事件も多そうだけどね。こっそりやれば、すぐ有罪で首になってしまう。

1度はやったことがあるとはね。

The image of cannabis has actually been changing for years. Products made of natural hemp — such as oils, creams and teas — are ever more popular. These have very low levels of psychoactive THC and are rich in legal cannabidiol (CBD). They are often seen packaged in neatly designed little boxes at the pharmacy, and it has become impossible to imagine an organic goods trade fair that doesn't feature hemp products.

Possession of cannabis for personal consumption also enjoys the backing of a majority of Polish citizens. In two large nationwide polls in 2020, some 60% of citizens said they were in favor of decriminalization.

  大麻のイメージは、実は何年も前から変化しています。オイル、クリーム、お茶など、天然ヘンプで作られた製品の人気はますます高まっています。これらは精神活性THCのレベルが非常に低く、合法的なカンナビジオール(CBD)が豊富です. 薬局ではきちんとしたデザインの小さな箱にパッケージされているのがよく見られ、ヘンプ製品のないオーガニック商品の見本市は想像できなくなりました.

個人消費のための大麻の所持も、ポーランド国民の大多数の支持を得ています。2020 年の 2 つの大規模な全国世論調査では、約 60% の市民が非犯罪化に賛成だと答えました。

 

>>今ロシアで逮捕された米国の女子バスケ選手は、大麻入りクリーム?の所持で捕まっていたな。懲役確定で刑務所行きだ。

>>大麻の合法化は、国民に膾炙してしまったのだねぇ。

Hemp was first planted at the Lublin Regional Museum in 2021Image: Wojtek Jargilo/PAP/picture alliance

Germany as a role model for Poland?

In Poland's parliament, the Sejm, there is now a working group for the legalization of cannabis. It has drafted legislation containing changes similar to those currently being proposed in Germany. But at the moment there is little hope they will ever be passed, for not one member of the group is from the ruling national conservative Law and Justice (PiS) party.

That situation could potentially change after the 2024 parliamentary election. Legalization proponent Andrzej Dolecki  says that the most important thing is that Polish leaders understand that cannabis dependency and excessive consumption pertain to "social health" and are not "criminal" issues. As an example of how to tackle the problem, he points to the Netherlands, where tax revenue from cannabis sales is reinvested in education and prevention programs.

This article was translated from German by Jon Shelton. 

  ポーランドの議会であるSejmには、大麻の合法化のためのワーキンググループがあります。現在ドイツで提案されているものと同様の変更を含む法案を起草しました。しかし、与党である保守政党「法と正義」(PiS)のメンバーがグループの 1 人もいないため、現時点では法案が可決される見込みはほとんどありません。

 この状況は、2024 年の議会選挙後に変わる可能性があります。合法化の支持者であるアンジェイ・ドレツキ氏は、最も重要なことは、ポーランドの指導者が、大麻への依存と過度の消費は「社会的健康」に関係するものであり、「犯罪」の問題ではないことを理解することだと述べています. この問題に取り組む方法の例として、彼は大麻の販売からの税収が教育と予防プログラムに再投資されているオランダを挙げています。

 

>>大麻の合法化は、リベラル左翼が大好きな法案だけどね。若者の票欲しさに。

ポーランドでは、ドイツのような基準ある仕様にすることを、保守派・右翼が乗り気ではないのだな。利権が絡んでいそうだな。 これは、厳しい中絶禁止の裏返しなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>NZでは否決と。