ポーランド ドイツにパトリオットミサイルをウクライナに送るよう要請

ドイツとしては、頑張ってポーランドで手を差し伸べたんだけどね。

仲悪いなぁ。

やはり、戦争加害者が戦争被害者より豊かな金持ち国となったせいでもあるわな。

おまけに賠償しないから。

何事につけても、奥歯に物が挟まって話すことになる。

 

ポーランドは、こうやってドイツに断らせておいて、

借りるわけだ。

借りは作らない感じで?

 

ドイツのパトリオット システムをウクライナに送るというポーランドの考えについて尋ねられたドイツのラムブレヒト防相は、すべてのメンバーが承認した場合にのみ防空システムをウクライナに移管できると述べました。 NATOのストルテンベルグ事務総長は、それは事実ではなく、ドイツの選択であると言います

 

The NATO chief added that Ukrainian troops would have to be trained on the Patriot missile defense system in a NATO state in such a scenario. He ruled out the thought of NATO soldiers manning Patriot systems in Ukraine.

NATO長官は、そのようなシナリオでは、ウクライナ軍はNATO国家でパトリオットミサイル防衛システムの訓練を受ける必要があるだろうと付け加えた。 彼は、NATO 兵士がウクライナパトリオット システムに配属されているという考えを否定しました。

 

MC@seniorJAX
Exactly the same story as with the German Leopard tanks.
It's solely Germany's decision.
Germany keeps saying that the criticism is meant to split the EU when actually their half-truths is deepening the rift between them and the Central and Eastern Europe countries.

ドイツのヒョウ戦車とまったく同じ話です。 あくまでドイツの判断です。 ドイツは、批判はEUを分割するためのものだと言い続けているが、実際には、彼らの半分の真実が彼らと中央および東ヨーロッパ諸国との間の亀裂を深めている。

 
JSF@rockfish31
ウクライナへのパトリオット配備はドイツ次第 NATO総長:AFP https://afpbb.com/articles/-/3440576 無茶振りのパス回しが来ましたよ。サッカーかな?

 

Hirano Takashi 🍉 平野高志@hiranotakasi·11月26日
ドイツがポーランドパトリオット配備すると言ったら、ポーランドがもうちょい東のウクライナ領内西端に配備するというのはどうかね🧐と提案し、ドイツがNATO同盟国の同意が要ると言うと、ストルテンベルグはいや、独が決めよと返した件、ドゥダも独が決めることとコメント。

ウクライナへのパトリオット配備はドイツ次第 NATO総長

【11月25日 AFP】ポーランドがドイツに対し、地上配備型迎撃ミサイルシステム「パトリオット(Patriot)」をウクライナに送るよう要請したことについて、北大西洋条約機構NATO)のイエンス・ストルテンベルグ(Jens Stoltenberg)事務総長は25日、ドイツが決定することだとの見解を示した。
 ドイツは先週、ウクライナ国境に近いポーランド東部の村にミサイルが着弾し2人が死亡したことを受け、ポーランドに米国製パトリオットの配備を提案していた。これに対しポーランドは、ロシア軍の攻撃からウクライナが自衛できるよう、同国に送ることをドイツ側に要請した。
 ストルテンベルグ氏は、「パトリオット砲を配備してポーランドの防空を強化するというドイツの申し出を歓迎する」と表明。他方で同氏は、ウクライナに特定の武器を送る計画は「国家による決定」だと強調した。
 ドイツのクリスティーネ・ランブレヒト(Christine Lambrecht)国防相は24日、ポーランドからの提案については、NATOと協議する必要があると述べていた。また独政府報道官は25日、ポーランドの立場を考慮しつつ、同国の提案にどう対処するか、現在同盟諸国と協議中だと説明した。
 米国はすでにポーランドパトリオットを配備し、ドイツはスロバキアに配備するなど、同システムはNATOの東側の防空に重要な役割を担っている。だが、米国をはじめとするNATO加盟国はこれまで、同システムをウクライナに送ることは避けてきた。(c)AFP

Poland asks Germany to send Patriot missiles to Ukraine

2022.11.24

Warsaw was promised Germany's missile defenses but Polish officials now urge Berlin to send them to Ukraine instead. Berlin says their Patriot missiles are for NATO deployment only.

 ワルシャワはドイツのミサイル防衛を約束されていたが、ポーランドの当局者はベルリンに対し、代わりにそれらをウクライナに送るよう要請している。ベルリンは、彼らのパトリオット ミサイルは NATO 配備専用であると述べています。

>>ほほ、、、ポーランドがね。ドイツに断らせるな。

Polish Defense Minister Mariusz Blaszczak has asked the German government to deliver US Patriot missiles destined for Poland to Ukraine instead.

"I have asked Germany to have the proposed Polish Patriot batteries transferred to Ukraine and deployed at the western border," wrote Blaszczak on Twitter Wednesday. 

  ポーランドのマリウス・ブラシュチャク国防相は、ドイツ政府に対し、ポーランド向けのアメリカのパトリオット・ミサイルを代わりにウクライナに届けるよう要請した。

「提案されたポーランド愛国者の砲台をウクライナに移し、西側の国境に配備するようドイツに要請した」と、ブラシュチャクは水曜日にツイッターに書いた。 

 

>>ウクライナの地対空ミサイルソ連製のS-300が誤ってポーランド領内に落下して2名亡くなったので、ドイツが気を利かせてドイツの米国製パトリオット対空システムを貸すといったら、それをそのままウクライナに送ってやれと、婉曲的拒否をしたわけだね。で、ドイツは拒否したわけだ。 ドイツ悪玉を強調するな。

 ドイツの良かれと貸そうとした行為を、払いのけられた感じだな。アメリカが送れと言ったのかどうかは知らんが。

 

But Berlin insisted the missiles are only to be deployed within NATO.

Germany had offered Poland, a neighbor and NATO partner, the US-made surface-to-air missile (SAM) defense system after a stray rocket struck a Polish village 6 kilometers (4 miles) from the Ukrainian border last week, killing two people. 

Following Blaszczak's tweet, Berlin said the missiles are strictly intended for Poland, with German Defense Minister Christine Lambrecht emphasizing, "Patriots are part of NATO's integrated air defense, meaning they are intended to be deployed on NATO territory."

"Any use outside NATO territory," said Lambrecht, "would require prior discussions with NATO and the allies."

Germany, which owns 12 batteries of Patriots, has two units deployed to Slovakia and offered Warsaw another in an effort to step up air-protection there.

Ukraine, though it aspires to join NATO, is currently not a member of the military alliance.

  しかしベルリンは、ミサイルはNATO内にのみ配備されると主張した。

ドイツは、隣国であり NATO のパートナーであるポーランドに、米国製の地対空ミサイル (SAM) 防衛システムを提供することを提案した. 

ブラシュチャクのツイートに続いて、ベルリンは、ミサイルは厳密にポーランド向けであると述べ、ドイツ国防相クリスティーヌ・ランブレヒトは、「パトリオットNATOの統合防空システムの一部であり、NATO領土に配備されることを意図している」と強調した。

NATO領域外での使用には、NATOおよび同盟国との事前の話し合いが必要になるだろう」とランブレヒトは述べた。

パトリオットの 12 個のバッテリーを所有するドイツは、スロバキアに 2 つのユニットを配備し、そこでの防空を強化するためにワルシャワにもう 1 つを提供しました。

ウクライナNATOへの加盟を熱望しているが、現在軍事同盟には加盟していない。

 

>>ドイツの独りよがりっぽさが、露呈する感じ、イメージ悪い宣伝になったな。

ウクライナには貸さない!って。

ポーランドはいい奴イメージ戦略。

NATO members should agree on a solution: Estonia's defense minister

In an interview with DW, Estonia's Defense Minister Hanno Pevkur maintained that all NATO members must reach a solution together on the issue.  

Pevkur agreed with Lambrecht and appealed for unity among NATO members, arguing that "Russia wants to divide us."

Asked whether the recent missile crash in Poland was a wake-up call, he said: "We don't need a wake-up [call]. We are awake already." 

Pevkur also hailed Germany's contribution of the Iris-T system to Ukraine - a system Germany doesn't "even have themselves." 

  DW とのインタビューで、エストニアのハンノ・ペヴクル国防相は、すべての NATO 加盟国がこの問題について一緒に解決に到達しなければならないと主張しました。  

Pevkur は Lambrecht に同意し、「ロシアは私たちを分割したい」と主張して、NATO メンバー間の団結を訴えた。

ポーランドでの最近のミサイル墜落は警鐘だったのかという質問に対し、彼は次のように述べた。 

Pevkur はまた、ドイツが Iris-T システムをウクライナに貢献したことを称賛しました。 

>>バルト三国はドイツに従順だわな。

気持ちはポーランドに寄り添うが。

ポーランドはドイツの神経逆撫でるね。

ま、これであまりドイツに感謝せずに済むわけです。そういう意味なのかな?

NATO partners share US military hardware while aiding Ukraine

The Patriot system is made by US arms manufacturer Raytheon, which says it will continue to update the nearly 40-year-old system until at least 2048.

The system is based on a collection of radars, command-and-control units, and various missile interceptors, covering a large area. Its radar can track up to 50 targets, and engage five of them at once. Depending on the version in use, the interceptor missiles can reach an altitude of more than two kilometers and hit targets up to 160 kilometers away.

 Each unit requires about 90 troops to operate, according to the Center for Strategic and International Studies, a US think tank.

Patriots can defend against tactical ballistic missiles, cruise missiles, drones, aircraft and "other threats" according to Raytheon.

 Russia, however, has increasingly made use of cheap Iranian drones that are much more difficult for the Patriot to detect and intercept.

On Monday, German Defense Minister Lambrecht said Berlin wants to lend Warsaw the system because, "Poland is our friend, our ally, and, as a neighbor of Ukraine, especially exposed."

js/dj (AFP, Reuters)

  パトリオット システムは、米国の武器メーカー Raytheon によって作成されており、40 年近く前のシステムを少なくとも 2048 年まで更新し続けると述べています。

このシステムは、レーダー、指揮統制ユニット、およびさまざまなミサイル迎撃機のコレクションに基づいており、広い範囲をカバーしています。レーダーは最大 50 のターゲットを追跡でき、一度に 5 つのターゲットと交戦できます。使用しているバージョンによっては、迎撃ミサイルは 2 キロメートル以上の高度に到達し、最大 160 キロメートル離れた標的を攻撃することができます。

米国のシンクタンクである戦略国際問題研究所によると、各ユニットの運用には約90人の部隊が必要です。

レイセオンによれば、愛国者は戦術弾道ミサイル巡航ミサイル、ドローン、航空機、および「その他の脅威」から防御できます。

しかし、ロシアは、パトリオットが検出して傍受するのがはるかに難しい安価なイランの無人偵察機をますます利用しています。

月曜日、ドイツのランブレヒト防相は、ベルリンがワルシャワにシステムを貸与したいと考えていると述べた。「ポーランドは私たちの友人であり、同盟国であり、ウクライナの隣国として特に危険にさらされているからだ」.