ポーランドのパトリオット ミサイル その目的は何ですか? William Noah

The biggest challenge to the Patriot may not be keeping up with enemy technology, but the cost of doing so. Poland's first Patriot procurement was reported to have cost $4.75 billion (€4.63 billion)more than one-quarter of the country's proposed 2023 defense budget. A single interceptor test, according to RAND, a US-based defense research group, can cost up to $100 million.

>>ポーランドは前からパトリオットミサイルシステムを買いたいと言っていたのか。

が、国防予算の25%もするとな。

そら無理だわな。

ドイツのような金持ち国が20個も持つわけだね。

1発1億ドル!高すぎないか? F-35よりちょっと安いだけ。

トマホークは1億円だったはず。

アメリカはトランプがいっぱいセールスしたら、

バイデンがいっぱい売ることになったな。

 

しかし、イラクカミカゼドローンには、迎撃できてもコスト的にわりに合わんわな。中国はカミカゼドローンを大量に作りそうだな。台湾海峡を超える程度のものを。

パトリオットは必要だけど、カミカゼドローン用の安い迎撃システムもまた必要だな。こっちはスピードが遅いけど小さいわな。


Patriot missiles for Poland: What purpose do they serve?

William Noah Glucroft

2022.11.22

The air defense system is meant to add a layer of security to Poland, which shares a border with Ukraine. Patriots are designed to confront an array of airborne threats

  防空システムは、ウクライナと国境を接するポーランドにセキュリティ層を追加することを目的としています。パトリオットは、一連の空中の脅威に立ち向かうように設計されています

 

Since Russia's invasion of Ukraine earlier this year, NATO members have engaged in a sort of musical chairs of military hardware. This is often the case when one ally sends weapons to Ukraine, a process known as backfilling, but also within the Western alliance itself.

Germany's announcement this week that it has offered its own Patriot missiles to Poland is the latest in that shifting of NATO resources, largely towards its Russia-facing eastern flank.

"Poland is our friend, ally and, as a neighbor of Ukraine, especially exposed," German Defense Minister Christine Lambrecht said on Monday, following a call with her Polish counterpart.

  今年初めにロシアがウクライナに侵攻して以来、NATO加盟国は軍備の椅子取りゲームのようなことを行っている。これは、1 つの同盟国がウクライナに武器を送る場合によく見られます。これはバックフィルと呼ばれるプロセスですが、西側同盟自体の内部でも行われます。

ドイツが 今週、自国のパトリオット ミサイルをポーランドに提供したという発表は、主にロシアに面した東側の側面に向けた NATO 資源の移行の最新のものです

ポーランドは私たちの友人であり、同盟国であり、ウクライナの隣国として特に危険にさらされている」と、ドイツのクリスティーヌ・ランブレヒト防相は月曜日、ポーランドの防衛相との電話に続いて語った。

 

>>ドイツは、ポーランドに良かれと思って提供を申し出たわけです。自分のパトリオットシステムをね。玉突き援助でドイツ戦車の納期も仕様もはっきりしないまま、待ちぼうけをくらわしているポーランドに。騙されたとポーランドは韓国製に乗り換えてしまったけど。そういう不満の中で、今回提供を申し出たドイツなのだな。

 

Patriots: one-stop air defense

Poland's exposure to the war made itself felt earlier this month, when a missile landed just inside its borders. It was likely a Ukrainian one gone astray, not a Russian-launched projectile, Polish and other NATO officials have said. But the incident, which killed two people, marks the first time that weapons used in the nine-month conflict struck a third country.

 Depending on the type and trajectory of the missile that landed, the Patriot air defense system could have stood a chance at intercepting it.

The Patriot has a long history. It was conceived in the early 1960s, but took its current name and shape a decade later. The US Army began to deploy the system — a collection of radars, command-and-control units, and various missile interceptors — in the 1980s.

 The US weapons giant, Raytheon, produces the Patriot and has upgraded its capabilities several times since. The company says it plans to keep up with technical developments through at least 2048. In its current iteration, the Patriot can defend against tactical ballistic missiles, cruise missiles, drones, aircraft and "other threats" that Raytheon does not specify.

 These are some of the airborne objects that Russia targets Ukraine with, and the ones NATO worries about in regards to its own territory. However, Russian forces also use smaller devices, such as mini drones that keep closer to the ground, which are more difficult for the Patriot system to track and intercept.

The system covers an area of around 68 kilometers (42 miles), according to the German military. Its radar can track up to 50 targets, and engage five of them at once. Depending on the version in use, the interceptor missiles can reach an altitude of more than two kilometers and hit targets up to 160 kilometers away.

Each unit requires about 90 troops to operate, according to the Center for Strategic and International Studies, a US think tank.

  ポーランドが戦争にさらされたことは、今月初めにミサイルが国境のすぐ内側に着陸したときに感じられました。ポーランドやその他のNATO当局者は、それはロシアが発射した発射体ではなく、ウクライナのものである可能性が高いと述べた. しかし、2 人が死亡したこの事件は、9 か月にわたる内戦で使用された武器が第三国を攻撃した初めての例です。

着弾したミサイルの種類と弾道によっては、パトリオット防空システムがそれを迎撃する可能性があった。

パトリオットには長い歴史があります。1960 年代初頭に考案されましたが、10 年後に現在の名前と形になりました。米陸軍は、1980 年代にこのシステム (レーダー、指揮統制装置、さまざまなミサイル迎撃装置の集合体) の配備を開始しました。

米国の兵器大手であるレイセオンは、パトリオットを生産し、それ以来、その機能を数回アップグレードしてきました。同社は、少なくとも2048年までは技術開発に遅れずについていく計画だと述べている。現在のイテレーションでは、パトリオットは戦術弾道ミサイル巡航ミサイル、ドローン、航空機、およびレイセオンが指定していない「その他の脅威」を防御できる。

これらは、ロシアがウクライナを標的とする空中物体の一部であり、NATO が自国の領土に関して懸念しているものです。ただし、 ロシア軍は、パトリオット システムが追跡して迎撃するのがより困難な、地面に近づくミニ ドローンなどの小型のデバイスも使用しています。

ドイツ軍によると、このシステムは約 68 キロメートル (42 マイル) の範囲をカバーしています。レーダーは最大 50 のターゲットを追跡でき、一度に 5 つのターゲットと交戦できます。使用しているバージョンによっては、迎撃ミサイルは 2 キロメートル以上の高度に到達し、最大 160 キロメートル離れた標的を攻撃することができます。

米国のシンクタンクである戦略国際問題研究所によると、各ユニットの運用には約90人の部隊が必要です。

 

>>まあ、68㎞の範囲をカバーするのに、どうして160㎞離れた標的を攻撃できるのかという疑問はあるが。68㎞圏内から逃げ出しても160㎞まで追いかけるという意味?

>>運用には90名、3交代で30名ずつ?

>>イラン製のカミカゼドローンは対応できんな。イスラエルアイアンドームはできるんやろか?

A battle-tested system

Poland is no stranger to the Patriot. It is one of 18 countries using or looking to acquire the air defense system. The United States delivered units to Poland shortly after Russia's invasion of Ukraine, and Poland has requested to buy more.

Germany has 12 such units, according to media reports, and has stationed two of them in Slovakia. The specifics of the Poland deployment are up to the two countries' defense ministries.

The Patriot has seen combat. Its first real-life use was in 1991, when defending US and coalition troops, as well as populated areas in Israel, against Iraqi Scud missiles during Operation Desert Storm. At the time, US and Raytheon officials touted the Patriot's efficacy. Outside research later questioned those claims.

In the deadliest incident, a Scud attack killed 28 US troops in their barracks in Saudi Arabia when the Patriots protecting them failed to intercept the incoming missile.

Subsequent upgrades have improved the system's usefulness. It was deployed, to greater effect, again to Iraq in 2003 during the US-led war there. A number of test launches since have resulted in successful interceptions, although multiple Patriot interceptors are often needed to stop a single incoming threat.

The biggest challenge to the Patriot may not be keeping up with enemy technology, but the cost of doing so. Poland's first Patriot procurement was reported to have cost $4.75 billion (€4.63 billion)more than one-quarter of the country's proposed 2023 defense budget. A single interceptor test, according to RAND, a US-based defense research group, can cost up to $100 million.

Many of the threats the Patriot faces, such as drones, cost a small fraction of that. To help spread costs, some NATO allies agreed in October to jointly address their air-defense needs, including the purchase of more Patriot units.

Edited by: Rob Mudge

  ポーランドパトリオットにとって見知らぬ人ではありません。防空システムを使用している、または取得しようとしている 18 か国の 1 つです。米国は、ロシアのウクライナ侵攻直後にポーランドにユニットを引き渡し、ポーランドは追加の購入を要求しました。

メディアの報道によると、ドイツにはそのような部隊が 12 あり、そのうちの 2 つはスロバキアに駐留している。ポーランド配備の詳細は、両国の国防省に委ねられています。

愛国者は戦闘を見てきました。1991 年に実際に使用されたのは、砂漠の嵐作戦中にイラクスカッド ミサイルから米国と連合軍、およびイスラエルの人口密集地域を防衛したときでした。当時、米国とレイセオンの関係者は、パトリオットの有効性を宣伝していました。外部の研究は後に、これらの主張に疑問を呈しました。

最も致命的な事件では、スカッド攻撃により、サウジアラビアの兵舎で 28 人の米軍兵士が死亡しました。彼らを保護している愛国者は、入ってくるミサイルを迎撃できませんでした。

 その後のアップグレードにより、システムの有用性が向上しました。それは、2003 年に米国主導の戦争中に再びイラクに配備され、より大きな効果をもたらしました。それ以来、多数の試験発射が迎撃に成功しましたが、1 つの脅威を阻止するには複数のパトリオット迎撃機が必要になることがよくあります。

 パトリオットにとっての最大の課題は、敵の技術についていくことではなく、そのためのコストです。ポーランドの最初のパトリオット調達には 47 億 5000 万ドル (46 億 3000 万ユーロ) かかったと報告されており、これは同国の 2023 年の国防予算案の 4 分の 1 以上に相当します。米国を拠点とする防衛研究グループである RAND によると、1 回の迎撃テストには最大 1 億ドルの費用がかかる可能性があります。

ドローンなど、パトリオットが直面する脅威の多くは、そのわずかな費用で済みます。コストを分散させるために、一部の NATO 同盟国は 10 月に、より多くのパトリオット ユニットの購入を含む防空ニーズに共同で対処することに合意しました。

編集:ロブ・マッジ

 

>>サウジへの攻撃では、完全には迎撃できず、被弾したんか。

迎撃に金がかかりすぎて、コスト的に厳しいわな。