「有刺鉄線のカーテン」:ポーランドがロシアとの国境を強化 Monika Sieradzka

the number of attempts to illegally cross the border has nosedived since then, dropping from 17,000 in October 2021 to just under 1,500 in October of this year.

>>壁ができても、今年の10月に1500人もベラルーシ側から入ってきたのか。

 

The Polish Border Guard agency only registered 11 cases between January and the end of September. Most of the people involved were tobacco smugglers, not migrants. Nevertheless, surveys suggest that two-thirds of Poles are in favor of the new border fence.

>>おいおい、捕まえてみたら、11名。1月から9月末までで。

しかもたばこの密輸業者って! ロシア人かい?

建設の理由と実態があってないが、世論は2/3が賛成か。

来てからでは遅いと。

そもそもロシアと森だけで隔てるのは心配ということか。

有刺鉄線ではなく、剃刀ワイヤーが主流なのだな、今。

 

ポーランドでは、対ロシアに対する恐怖心は国民等しく持っており、

いろいろ批判はあるが、国境に壁を作ることに範囲する奴はいないようだ。

ドイツとは違うな。

この共有は、絶対のようだね。

 

A 'barbed wire curtain': Poland fortifies border with Russia

Monika Sieradzka

2022.11.24

Poland has begun building a razor wire fence along its 210-km-long border with the Russian exclave of Kaliningrad to keep out migrants from the Middle East and North Africa and give locals a greater sense of security.

ポーランドは、中東と北アフリカからの移民を締め出し、地元住民により大きな安心感を与えるために、カリーニングラードのロシアの飛び地との 210 km の国境に沿ってかみそりの金網の建設を開始しました。

>>ポーランド側にフェンスを作ると、今度はリトアニア側に逃げ出しそうだな。それも駄目になったら、ボートで海に出て、遭難だと言い出しそうだな。

Krzysztof Zajaczkowski's farm is just 400 meters (437 yards) from the border separating Poland and Russia. From the window of his home, the mayor of the village of Wilkajcie can see the letters of a yellow sign that reads "National border" in Polish.

The spruce forest beyond the sign is on the territory of the Russian exclave of Kaliningrad. Until the end of November 2022, it will still be possible to walk across the grass right up to the actual borderline. After that, the route will be blocked by a barbed-wire fence made of razor wire on the Polish side of the frontier.

  Krzysztof Zajaczkowski の農場は、ポーランドとロシアを隔てる国境からわずか 400 m (437 ヤード) の場所にあります。Wilkajcie 村の市長は自宅の窓から、ポーランド語で「国境」と書かれた黄色い看板の文字を見ることができます。

看板の向こうにあるトウヒの森は、カリーニングラードのロシアの飛び地の領土にあります。2022年11月末までは、実際の境界線まで芝生の上を歩くことができます。その後、ルートは国境のポーランド側でかみそりのワイヤーで作られた有刺鉄線のフェンスによってブロックされます。

 

>>移民を使って送り込むことを、ハイブリッド戦争の一環とみるけど。ハイブリッドと最近言わなくなったな。戦争開始の頃はよく使われた言葉だけど。

Krzysztof Zajaczkowski, mayor of the village of Wilkajcie, says that the fence is "good and necessary when you live so close to Russia"Image: Monika Sieradzka/DW

 

Just a few kilometers further east, work on the fence has already begun. "This is good and necessary when you live so close to Russia," Zajaczkowski told DW.

He said that he did not feel at risk without the fence because the area was closely guarded by Polish border guards but was quick to add: "But when you look at what's happening in Ukraine today, you never know what might come from the Russian side."

  さらに東へ数キロ離れた場所では、フェンスの工事がすでに始まっています。「ロシアにとても近いところに住んでいるので、これは良いことであり、必要なことです」とザジャコウスキーはDWに語った.

彼は、この地域はポーランド国境警備隊によって厳重に守られていたため、フェンスがなくても危険を感じなかったと述べたが、すぐに付け加えた:「しかし、今日ウクライナで何が起こっているかを見ると、ロシア側から何が起こるかは決してわかりません。"

>>マジでそうだな。日本もそうなんだけど、マスメディアは反日だからな。日本を油断させることばかり宣伝する。

A 'watertight' border

"We want to make this border watertight," explained Poland's Defense Minister Mariusz Blaszczak when he announced the construction of a new border fence on November 2, 2022. The decision, he said, was related to "the flights between the Middle East and Kaliningrad." According to media reports, the airport in the Russian exclave has signed contracts with Syria, Belarus and Turkey.

  ポーランドのマリウス・ブラシュチャク国防相は、2022 年 11 月 2 日に新しい国境フェンスの建設を発表した際、「この国境を水密にしたい」と説明した。 ." メディアの報道によると、ロシアの飛び地にある空港は、シリア、ベラルーシ、トルコと契約を結んでいます。

 

>>西側、ヨーロッパの弱点は移民だな。マジでそうだ。そしてベラルーシのルカシェンコ大統領は賢かった。宣伝だけで、旅費を払って勝手にやってきて、国境まで送ってやると、勝手にヨーロッパへと突き進んでいった。あとは後ろからけしかけるだけ。コストのかからない、ハイブリッド戦術だな。戦争ではないわな。今度はロシアがまねているのか、ポーランドが先走っているのか?

 今度は海があるから、ボートで来られたとき、ギリシャのように海上で非人道的に追い返せれるのかどうか、、、気になる。

In 2021, thousands of people flew to Minsk, the capital of neighboring Belarus, with a view to traveling from there to the Polish border and crossing into the EU. There were violent clashes between migrants and members of the Polish security forces.

Poland then put up a barbed-wire fence along its eastern border with Belarus. The Polish Border Guard agency says that the number of attempts to illegally cross the border has nosedived since then, dropping from 17,000 in October 2021 to just under 1,500 in October of this year.

  2021年、何千人もの人々が隣国ベラルーシの首都ミンスクに飛び、そこからポーランドとの国境を越えてEUに入国しようとしました。移民とポーランドの治安部隊のメンバーとの間で激しい衝突がありました。

ポーランドはその後、ベラルーシとの東の国境に沿って有刺鉄線のフェンスを設置しました。ポーランド国境警備局によると、それ以来、国境を不法に横断しようとする試みの数は急激に減少し、2021 年 10 月の 17,000 件から今年の 10 月には 1,500 件をわずかに下回りました。

 

>>それでも1500人はいってきたんだな。

Cameras, tripwire and motion detectors

Now the intention is to protect the region bordering Kaliningrad on the country's northern frontier with a similar fence. The first five kilometers (3.1 miles) were finished by mid-November.

When completed, the barrier will be over 200 kilometers long, three meters wide and 2.5 meters high. To begin with, it will just be made of razor wire. Cameras, tripwires and underground seismic sensors will be installed later.

  現在の意図は、同国北部の国境にあるカリーニングラードと国境を接する地域を同様のフェンスで保護することです。最初の 5 km (3.1 マイル) は 11 月中旬までに完了しました。

完成すると、バリアは長さ 200 キロメートル以上、幅 3 メートル、高さ 2.5 メートルになります。まず、かみそりのワイヤーでできています。カメラ、トリップワイヤー、地下地震センサーは後で設置されます。

 

>>地下地震センサーね。歩行を検知するんだろう。

Urszula lives in the town of Goldap, close to the border with Kaliningrad, and is in favor of the border fence: "the greater the protection against Russia the better"Image: Monika Sieradzka/DW

 

To date, not many people have crossed the border from Kaliningrad illegally: The Polish Border Guard agency only registered 11 cases between January and the end of September. Most of the people involved were tobacco smugglers, not migrants. Nevertheless, surveys suggest that two-thirds of Poles are in favor of the new border fence.

 今日まで、カリーニングラードから不法に国境を越えた人は多くありません。ポーランドの国境警備局は、1 月から 9 月末までの間に 11 例しか登録していません。関係者のほとんどはタバコの密輸業者で、移民ではありませんでした。それにもかかわらず、調査によると、ポーランド人の 3 分の 2 が新しい国境フェンスに賛成しています。

>>なんじゃそら。捕まえてみたら、たばこの密輸業者だったとな。

あらら。

なに人かは書いてない。おそらくロシア人。

1月から9月末までで11人で、フェンス造り?

>>フェンス造りで賄賂が発生?

Fear of a Russian attack

"Migrants are not our biggest worry," explained Urszula, who lives in the town of Goldap (population 14,000), just four kilometers from the border. "At least, we haven't seen any here so far. But the greater the protection against Russia the better. Putin is a bandit," she said.

Another young man, who also spoke to DW, shared this sentiment, saying "someday, Russia will attack Poland too."

Urszula has absolutely no doubts that Poland needs the border fence. She is even considering leaving the country. "After 30 years in the USA, I came back to Poland when I reached retirement age," she said. "But now I feel so unsafe here that I'm thinking of going back to America."

  「移民は私たちの最大の心配事ではありません」と、国境からわずか 4 km の場所にあるゴルダプ (人口 14,000 人) の町に住むウルシュラは説明しました。「少なくとも、これまでのところ、ここで目撃したことはありません。しかし、ロシアに対する保護が強ければ強いほどよいのです。プーチンは盗賊です」と彼女は言いました。

同じくDWと話した別の若者は、「いつかロシアもポーランドを攻撃するだろう」と言って、この感情を共有しました.

 ウルシュラは、ポーランドが国境フェンスを必要としていることに疑いの余地はありません。彼女は国を離れることさえ考えています。「アメリカで 30 年間過ごした後、定年を迎えたときにポーランドに戻ってきました」と彼女は言いました。「でも今はここがとても危険だと感じているので、アメリカに戻ることを考えています。」

 

>>この感覚があるからこそ、ロシアはいつかエネルギーを止める、だからその時に備えて、エネルギー源の多角化を進めると言って、ドイツがバカにする中アメリカとLNGの長期契約をし、ノルウェーと海底ガスパイプラインをデンマーク経由で結んだわけだ。 ちょうど間に合った。もっと評価されていいが、ドイツはスルーだな。

 ドイツが、ポーランドウクライナの頭越しにロシアと手を結んでどんどんエネルギー依存することを批判してきたしな。ドイツの反省をDWでまだ読んでないわい。

Criticism of the border fence

But not everyone shares this view. "I don't know whether the barbed wire will stop refugees or whether it would not be better for Poland to finally implement a proper migration policy," said Zbigniew Sodol, who runs an oxygen therapy center in Goldap. "If Russia fires off its missiles, they'll fly a distance of 500 kilometers, right over our heads," he told DW. "There's no fence that can stop that."

しかし、誰もがこの見解を共有しているわけではありません。ゴルダプで酸素療法センターを運営するズビグニェフ・ソドル氏は、「有刺鉄線が難民を阻止するのか、それともポーランドが最終的に適切な移民政策を実施した方がよいのではないのか、私にはわかりません。「ロシアがミサイルを発射した場合、ミサイルは私たちの頭上を500キロも飛ばします」と彼はDWに語った. 「それを止めるフェンスはありません。」

>>ミサイルを飛ばせないNATO領内には、それこそ中国のような間接侵略、ロシアの言うハイブリッド戦争を仕掛けるはずだけどね。ウクライナを侵攻する際には、ヨーロッパ、とくにドイツへのエネルギー供給の制裁を仕掛けたしな。ポーランドにはべつの制裁を仕掛けるはず。

Sodol went on to say that what Putin was doing in Ukraine was "savage," but that there were  "normal people" in Russia too. He also pointed out that the people in Poland and Kaliningrad had benefited from the regular border traffic that existed until 2015.

The Polish opposition has also voiced criticism. Human rights activist and MEP Janina Ochojska from the Civic Platform (PO) took to Twitter to berate Poland's prime minister and government: "Have you lost your reason?" she tweeted. "You spent €350 million ($363 million) on a 'wall' on the Polish–Belarusian border, just to have loopholes for further violations of the law and for pushbacks, and now you want to build another one? Follow the laws and procedures. It's cheaper and more effective."

  ソドルは続けて、プーチンウクライナで行ったことは「野蛮」だったが、ロシアにも「普通の人」がいたと述べた. 彼はまた、ポーランドカリーニングラードの人々は、2015 年まで存在していた定期的な国境交通の恩恵を受けていたことを指摘しました。
  ポーランドの野党も批判を表明している。市民プラットフォーム (PO)の人権活動家で MEP Janina Ochojska は、ツイッターポーランドの首相と政府を非難しました。彼女はツイートした。「あなたはポーランドベラルーシの国境に3 億 5,000 万ユーロ (3 億 6,300 万ドル) を費やして『壁』を建設しました。これは、さらなる法律違反と反発のための抜け穴を作るためでした。そして今、もう 1 つ建設したいと考えていますか? 法律と手続きに従ってください。 . 安くて効果的です。」

 

>>安いのは壁だけどね。法律で移民は防げないから。

Protecting the EU's external frontier

But critical voices such as these are rare in Poland. When it comes to security, there is hardly any difference between the positions of the government and the opposition.

 しかし、ポーランドでは、このような批判的な声はめったにありません。安全保障に関しては、政府と野党の立場はほとんど変わらない。

>>DWは悪く書くけど、ロシアに対する一致した意見とみるべきだろう。

それがないと、国がロシアに分断されて、足を引っ張られることになるわな。

日本のように。

"The investment in security at the border with Kaliningrad is not only for the citizens of Poland, but also for those in all other countries that are part of the Schengen Area," says Dr. Paulina PiaseckaImage: Privat

 

This is no surprise, said Paulina Piasecka, director of the Terrorism Studies Centre at Collegium Civitas in Warsaw. "When we are reacting to a threat from the state that started the conflict with Ukraine just across our border, opposition is not to be expected."

She pointed out that Poland is also responsible for protecting part of the EU's external border. "The investment in security at the border with Kaliningrad is not only for the citizens of Poland, but also for those in all other countries that are part of the Schengen Area," Piasecka told DW, adding that the border fence also strengthens the sense of security felt by the people living in the region.

  ワルシャワのコレギウム・チヴィタスのテロリズム研究センターのディレクターであるパウリナ・ピアセッカは、これは驚くべきことではないと述べた。「国境を越えてウクライナとの紛争を開始した国からの脅威に対応している場合、反対は予想されません。」

彼女は、ポーランドEU の対外国境の一部を保護する責任があると指摘しました。「カリーニングラードとの国境でのセキュリティへの投資は、ポーランドの市民だけでなく、シェンゲン圏の一部である他のすべての国の市民のためでもあります」とピアセッカはDWに語り、国境フェンスはまた、地域に暮らす人々が感じる安心感。

 

>>その通りだと思う。

Getting ready for what may come

Krzysztof Zajaczkowski said that he and his family would feel safer when they can finally see the razor wire fence from their window. However, he feels that people shouldn't just sit back and wait for the state to do something. Like many families in Poland right now, the Zajaczkowskis have started stocking up on provisions and preparing a hideout.

Krzysztof Zajaczkowski さんは、窓からかみそりの金網が見えるようになったとき、彼と彼の家族がより安全に感じるだろうと言いました。しかし、彼は人々がただ座って国家が何かをするのを待っているべきではないと感じています. 現在、ポーランドの多くの家族と同様に、ザヤチュコフスキー夫妻も食料を蓄え、隠れ家を準備し始めています。

Like many in Poland, Krzysztof Zajaczkowski is preparing for all eventualities by stocking up on provisions and preparing a hideoutImage: Monika Sieradzka/DW

 

"We have a big cellar underneath the barn, where we could hide out for a while in the event of danger," said Zajaczkowski's 73-year-old mother Krystyna, who is already storing potatoes, honey and eggs from the farm there. "Whether there are hoards of migrants or a Russian attack, I'm not leaving my house."

This article has been translated from German.

「納屋の下に大きな地下室があり、危険が生じた場合にしばらく隠れることができました」と、農場からのジャガイモ、蜂蜜、卵をすでに保管しているザジャツコフスキーの73歳の母親クリスティナは語った. 「大量の移民やロシアの攻撃があったとしても、私は家を出ません。」

 

>>ウクライナの集合住宅をみても、地下に地下壕的な場所がある。

上海市か知らんが、見たところどこも地下駐車場とか、地下の部屋とかあるみたいだな。日本には全然ないが! 都市なら地下鉄に逃げるしかないわい。

 雨が良く降り、地下水溢れる日本では、地下室はカビの温床となってしまうからな。保存はむしろ古代から高床式だ。