独・上院議会Bundesrat 福祉改革を承認し、原子力発電延長4月までを承認

Under the compromise, benefits could be cut during a six-month "trust period" if an unemployed person is deemed to not be looking hard enough for work.

、、、The change also is an attempt to mitigate the shortage of skilled workers Germany is currently experiencing.

>>マジちゃんと職探ししないと給付しないよと。インフレもあるから給付金額を上げたのだな。職訓練ねぇ、、、何処まで効果あるんやろか? 

政治家の言い訳、宣伝ポイントにしてるが、現実とあっているんやろか?

職業訓練で、金儲けできるほど身につくとも思えんが。

 

The expansion to the law means 1.4 million households are eligible for the payments, as opposed to the current 600,000 households that qualify.

>>低所得者層への補助金対象を2倍い所にするのだな。60万→140万へと。

2000億€をばら撒くらしいから、これはまだ少ないのかな?

 

来年1月1日からか。。。

年内は、それでも、個人で何とかしろという。

12月に清算Billが来たらどっきりだろうな。

 

 

 

国破れて、環境あり

パイプライン春にして、草木深し

Billに感じては、花にも涙を濺ぎ

ウクライナを恨んで 鳥にも心を驚かす

エネルギー危機 四月に連なり

ロシアのガス 萬金に抵る

備蓄95%にして 更に短かし
原発稼働延長に 勝えざらんと欲す

by しょるつ

アマジャーナルB@ドスベり坂46@amajaamajaaanal·10月19日
英国 ガス代 年間100万円
独国 電気代 1kwh100円
日本 ガス代 月平均5000円
→年間60000円
日本 電気代 1kwh27円
時給だけじゃなくこういうのも安いねえ(  ゚ω ゚)

悪い数字ばかりでなく、良い数字も並べないと不公平だ と言いたくはなりますね。もちろん、悪い数字であることを否定はしませんが、良い数字も見なきゃダメよ。

Germany approves welfare reform, extends nuclear power

November 25, 2022

Germany's upper house of parliament approved measures aimed at helping people hit hard by high energy prices and the high cost of living. The country's nuclear power extension will also take effect immediately.

 ドイツ連邦議会の上院は、エネルギー価格の高騰と生活費の高騰に苦しむ人々を支援することを目的とした措置を承認した。国の原子力発電の拡張もすぐに実施されます。

The upper house of Germany's parliament, the Bundesrat, approved extending the use of three nuclear power plants, overhauling unemployment benefits and other major legislation on Friday after heated debate among lawmakers.

After receiving approval from the Bundesrat, the measures will soon enter into law. DW breaks down what's set to change in 2023.

  ドイツ連邦議会の上院である連邦参議院は、金曜日、議員間の激しい議論の末、3 つの原子力発電所の使用を延長し、失業給付やその他の主要な法律を徹底的に見直すことを承認した。

連邦参議院の承認を得た後、この措置はまもなく法制化される予定です。DW は、2023 年に変更される予定の内容を分析します。

Nuclear power extension

The Bundesrat signed off on the extension of three nuclear power plants after the lower house, the Bundestag, approved the move earlier this month.

The nuclear plants — Isar 2, Neckarwestheim 2 and Emsland — will remain operational until April 2023 to provide enough power through the winter. The facilities had been slated to close at the end of this year under Germany's nuclear phaseout plans.

Chancellor Olaf Scholz decided to extend the life of the nuclear plants after Germany found itself facing a severe energy shortage. Russia turned off supplies of gas in response to the backlash over Moscow's invasion of Ukraine.

The extension was bitterly debated among Scholz's center-left Social Democrats (SPD), the environmentalist Greens and the pro-free market Free Democrats (FDP).

With Friday's approval from the upper house, the nuclear power plant extension will take effect immediately.

  下院である連邦議会が今月初めにこの動きを承認した後、連邦参議院は 3 つの原子力発電所の拡張を承認した。
原子力発電所 - イザール 2、ネッカーヴェストハイム 2、エムスランド - は 2023 年 4 月まで稼働し続け、冬の間十分な電力を供給します。これらの施設は、ドイツの原子力段階的廃止計画の下で、今年末に閉鎖される予定でした。
  オラフ・ショルツ首相は、ドイツが深刻なエネルギー不足に直面していることに気付いた後、原子力発電所の寿命を延ばすことを決定しました。ロシアは、モスクワのウクライナ侵攻に対する反発を受けて、ガスの供給を停止した。
 延長は、ショルツの中道左派社会民主党 (SPD)、環境保護主義者の緑の党、自由市場を支持する自由民主党 (FDP) の間で激しく議論された。
金曜日の参議院の承認により、原子力発電所の拡張は直ちに実施されます。

 

>>何とか春まで、4月まで延長を合意できたわけだな。その時の電気代やガス代志田氏でさらなる延長もあり得るのかな? 政権は1クォーターごとに判断は、しんどいな。

しかし、来年4月にロシアからエネルギーが供給されるわけではないので、そして、ノルドストリーム1,2も壊れてしまったので、ウクライナポーランド経由しか無理だな。 何なら、パイプラインの石油輸送も止まりかねんけどね。

Unemployment reform

Germany is set for a major welfare overhaul after the Bundesrat signed off on a compromise to reform unemployment benefits.

The changes will go into effect as of January 1, 2023, replacing the current and frequently criticized "Harz IV" unemployment benefits system that has been in place since 2005.

Under the new "Bürgergeld" system (which means "citizen's money"), those who are unemployed will get higher benefits and better vocational skills training.

 The initial proposal by Scholz's government was rejected by conservative lawmakers in the Christian Democrats (CDU/CSU) bloc. Under the compromise, benefits could be cut during a six-month "trust period" if an unemployed person is deemed to not be looking hard enough for work.

 According to the plans, those receiving benefits will also get more support in job training programs to prepare for permanent employment. The change also is an attempt to mitigate the shortage of skilled workers Germany is currently experiencing.

"This reform is a milestone of social policy in Germany," Scholz told the magazine Focus on Friday after the votes. "This reform put assistance for untrained people who belong to the long-term jobless front and center."

The measure must still be signed by German President Frank-Walter Steinmeier, although nearly all measures approved by the Bundesrat are signed-off by the president.

  連邦参議院が失業給付改革の妥協案を承認した後、ドイツは大規模な福祉改革の準備が整った。

この変更は 2023 年 1 月 1 日に発効し、2005 年から実施されている現在の頻繁に批判されている「Harz IV」失業給付制度に取って代わります。

新しい「Bürgergeld」システム (「市民のお金」を意味する) の下では、失業者はより高い給付とより優れた職業訓練を受けることができます。

ショルツ政権による当初の提案は、キリスト教民主党 (CDU/CSU) の保守派議員によって拒否されました。妥協の下では、失業者が仕事に十分な努力をしていないと見なされた場合、6か月の「信頼期間」の間、給付が削減される可能性があります。

計画によると、受給者はまた、正規雇用に備えるための職業訓練プログラムでより多くのサポートを受けることができます。この変更は、ドイツが現在経験している熟練労働者の不足を緩和する試みでもあります。

「この改革は、ドイツの社会政策の画期的な出来事です」と、ショルツ氏は投票後、金曜日にフォーカス誌に語った. 「この改革は、長期失業の前線と中心に属する訓練を受けていない人々への支援を置きました。」

この法案は、連邦参議院で承認されたほぼすべての法案が大統領によって承認されるものの、依然としてドイツ大統領フランク=ヴァルター・シュタインマイヤーの署名が必要です。

 

Tax relief, higher child benefits

With inflation hitting consumers hard, lawmakers approved measures aimed at softening the blow.

The upper house approved legislation that would help people who receive pay raises that adjust for inflation. The new measures would prevent people having to pay more taxes due to pay raises.

Starting in January 2023, child benefit payments will also be raised. Families will now receive €250 ($260) per month for each child in the household.

The change is a big jump from the current system, which saw parents receive €219 per month for their first and second child, €225 per month for a third child, and €250 for each additional child.

  インフレが消費者に大きな打撃を与える中、議員は打撃を和らげることを目的とした措置を承認しました。

上院は、インフレに合わせて昇給を受ける人々を支援する法律を承認しました。新しい措置は、人々が昇給によってより多くの税金を払わなければならなくなるのを防ぐだろう.

2023 年 1 月からは、児童手当も引き上げられます。家族は、世帯内の子供一人につき月額 250 ユーロ (260 ドル) を受け取ります。

この変更は、両親が第 1 子と第 2 子に対して月額 219 ユーロ、第 3 子に対して月額 225 ユーロ、追加の子供ごとに 250 ユーロを受け取る現在のシステムからの大きな飛躍です。

 

>>ドイツでの子供手当、それほど多くないな。

月それでは賄えんやろ。第3子以降の細かい上昇なんなん?

イスラム系ドイツ人家庭ががっぽり儲けそうだな。

More support for renters

The upper house of parliament also greenlit a law that seeks to help renters deal with skyrocketing heating costs.

Starting from January 1, renters will no longer have to shoulder the costs of heating with oil and natural gas — landlords and property owners will have to chip-in as well.

 For buildings that are not energy efficient and produce a high proportion of CO2 emissions, landlords will need to pay more — and not the renters.

In addition, more people in low-income households will receive a housing allowance from the government. The expansion to the law means 1.4 million households are eligible for the payments, as opposed to the current 600,000 households that qualify.

  議会の上院はまた、賃借人が急騰する暖房費に対処するのを助けることを求める法律に青信号を出した.

1 月 1 日以降、賃借人は石油や天然ガスによる暖房費を負担する必要がなくなります。家主や不動産所有者がその負担する必要があります。

エネルギー効率が悪く、CO2 排出量の割合が高い建物の場合、賃借人ではなく、家主がより多くの費用を支払う必要があります。

さらに、政府から住宅手当を受け取る低所得世帯が増える。法律への拡大は、現在の 600,000 世帯が対象となるのとは対照的に、140 万世帯が支払いの対象となることを意味します。

 

>>ええ、、、オーナーや家主が払うん?

政府からの補助金先が2倍以上に増えるんか。支えるね。

野党も、反対しにくいなぁ。

 

While you're here: Every Tuesday, DW editors round up what is happening in German politics and society. You can sign up here for the weekly email newsletter Berlin Briefing.

rs/ar (dpa, KNA, epd)