ドイツ カトリック教徒が教会の遅い改革をどのように推進したか Christoph Strack

It's an issue that affected the head doctor of a Catholic hospital, who was divorced and wanted to remarry; and the director of a church-run kindergarten, who entered into a same-sex partnership.

 Both were dismissed by their employer, the Catholic Church in Germany.

>>なるほど、こういう事例があってのことだったんだな。

それで裁判となって、首にできないとなったわけだ。

 

"The core area of private life, in particular relationship life and the intimate sphere, remains separate from legal evaluations," the announcement stated. In other words, what happens in employees' bedrooms is outside the Church's remit.

>>それは、カトリック施設の世俗化でもあるな。

破門しまくるしかなくなるなぁ。

 

活動家の意見ばかりやね。

130万人を雇用しているので、教会の聖職者より、教会の運営する施設や営利活動の従業員が多いんだろう。 もう、教会と切り離して、一般企業と同じ扱いにするしかないのかな? 

 

 

 

 

 

How German Catholics pushed Church's slow reforms

Christoph Strack

The Catholic Church in Germany is changing to allow gays and divorcees to join its workforce of 800,000. But the reform does not go far enough for everyone.

 ドイツのカトリック教会は、同性愛者と離婚者が 80 万人の労働力に加わることを許可するように変更しています。しかし、改革はすべての人にとって十分に進んでいるわけではありません。

 

It's an issue that affected the head doctor of a Catholic hospital, who was divorced and wanted to remarry; and the director of a church-run kindergarten, who entered into a same-sex partnership.

 Both were dismissed by their employer, the Catholic Church in Germany. That sparked outrage among many German Catholics, who felt the church line made it look hard-hearted and at odds with today's social norms.

Now, after repeated consultations, Catholic bishops in the country have decided to liberalize regulations covering the approximately 800,000 people who work for the Catholic Church in Germany.

"The core area of private life, in particular relationship life and the intimate sphere, remains separate from legal evaluations," the announcement stated. In other words, what happens in employees' bedrooms is outside the Church's remit.

  これは、離婚して再婚を望んでいたカトリック病院の主治医に影響を与えた問題です。そして、同性パートナーシップを結んだ教会運営の幼稚園の園長。
 どちらも雇用主であるドイツのカトリック教会によって解雇されました。これは多くのドイツのカトリック信者の間で怒りを巻き起こし、彼らは教会の路線が堅苦しく、今日の社会規範に反しているように見えると感じていた.
現在、ドイツのカトリック司教たちは、協議を重ねた結果、 ドイツのカトリック教会で働く約 80 万人を対象とする規制を緩和することを決定しました。
「私生活の中心的な領域、特に人間関係や親密な領域は、法的な評価とは別のままです」と発表は述べています。言い換えれば、従業員の寝室で起こっていることは、教会の管轄外です。

 

>>キリスト教会は、人の内面に介入しないんか。宗教の意味ないだろうに。キリスト教は、学校の教科レベルの話なんか?

Reforms in the Church have been driven by the churchgoers rather than politiciansImage: Sebastian Gollnow/dpa/picture alliance

More liberal labor laws

The two major churches in Germany, Catholic and Protestant, form the country's second largest employer after the public authorities. Together, they employ about 1.3 million people, and have their own church labor laws.

 But why does the Catholic Church have the right to set its own guidelines for employees in the first place? This is set out in Germany's constitution, the Basic Law, which grants religious and ideological communities extensive self-determination, including in service or labor law. In past decades, none of the major political parties in Germany wanted to restrict or abolish these provisions of the Basic Law.

That makes it noteworthy that the Catholic bishops are now changing important aspects of their labor laws of their own accord. The pressure came from employees and potential employees, for whom the Church had become an unattractive employer.

 Above all, pressure grew from the Church's base in Germany. Last year, Catholic Church workers caused a stir with an initiative entitled #OutInChurch, which earned support from many church organizations, politicians, and other social groups.

Church employees, including the clergy, came out as queer and pushed for recognition. Many risked losing their jobs, which is why some chose to remain anonymous. But the mood was changing. Some bishops also expressed respect for the initiative and announced that they would no longer fire anyone in their diocese because of their sexual orientation.

  ドイツの 2 つの主要な教会であるカトリックプロテスタントは、公的機関に次いで国内で 2 番目に大きな雇用主を形成しています。合わせて約 130 万人を雇用し、独自の教会労働法を制定しています。

しかし、なぜカトリック教会は従業員に対して独自のガイドラインを設定する権利を持っているのでしょうか? これは、ドイツの憲法である基本法に規定されており、宗教およびイデオロギーの共同体に、サービスまたは労働法を含む広範な自己決定権を付与しています。過去数十年間、ドイツの主要政党はいずれも、基本法のこれらの規定を制限または廃止することを望んでいませんでした。

そのため、カトリックの司教たちが自らの意思で労働法の重要な側面を変更していることは注目に値します。圧力は、教会が魅力のない雇用主になった従業員と潜在的な従業員から来ました。

とりわけ、ドイツにある教会の本拠地からの圧力が高まりました。昨年、カトリック教会の労働者は #OutInChurch というイニシアチブで物議を醸し、多くの教会組織、政治家、その他の社会団体から支持を得ました。

聖職者を含む教会の従業員は、クィアであることを明らかにし、認識を求めました。多くの人が職を失う危険にさらされていたため、匿名のままでいることを選択した人もいました。しかし、気分は変わりつつあった。一部の司教もこのイニシアチブに敬意を表し、性的指向を理由に教区内の誰も解雇しないと発表しました。

 

>>いやぁ、、、ますますやばくなってきたな。

宗教は、リベラル左翼のイデオロギーに犯されまくっているね。

リベラルなカトリックは、カトリックではないわな。教会以外の施設で稼ぐ際は、世俗のルールに合わせるしかなくなるわな。

 教会だけは、厳格であってほしいけどね。

The Church's 'reform engine'

The "synodal path," an assembly of lay people and bishops still working to confront abuse scandals and bring the Church closer to contemporary society, discussed the topic and made new demands regarding church labor law. Marc Frings, secretary general of the highest Catholic lay body, the Central Committee of German Catholics (ZdK), described the "synodal path" as "the engine of urgently needed reforms."

Now many in the Church are eager to see how implementation will take place. The Bishops' Conference can decide on a new labor law, and each individual bishop in the 27 dioceses is responsible for implementing — or ignoring — the rules in his diocese. Experts believe that several more conservative bishops might refrain from implementing it.

Among the dioceses that promptly announced they would stand behind the new labor law were Cardinal Rainer Maria Woelki's Archdiocese of Cologne and Bishop Stefan Oster's Diocese of Passau. Other dioceses, such as Regensburg and Augsburg in Bavaria, have been more reticent.

  虐待スキャンダルに立ち向かい、教会を現代社会に近づけるために今も活動している信徒と司教の集まりである「シノドスの道」は、このトピックについて議論し、教会の労働法に関する新しい要求をしました. カトリック信徒の最高機関であるドイツ・カトリック中央委員会(ZdK)の事務局長であるマーク・フリングスは、「シノドスの道」を「緊急に必要とされる改革の原動力」と表現した。

現在、教会の多くの人が、どのように実施されるかを知りたがっています。司教会議は新しい労働法を決定することができ、27 教区の個々の司教は、その教区の規則を実施する、または無視する責任があります。専門家は、より保守的な司教がそれを実施することを控える可能性があると考えています。

新しい労働法を支持すると即座に発表した教区の中には、ライナー・マリア・ヴェルキ枢機卿ケルン大司教区とステファン・オスター司教のパッサウ教区があった。バイエルン州レーゲンスブルクアウグスブルクなどの他の教区は、より寡黙です。

 

>>でしょうね。ローマ教皇様のご意見をうかがわないとね。

'Discrimination remains'

Not everyone has joined the jubilation over the bishops' change of heart. Würzburg University Pastor Burkhard Hose, for example, still sees "a lot of room for episcopal arbitrariness." The new labor law, for example, states that "anti-clerical behavior" can be grounds for dismissal, but it does not specify what this might mean, leaving each bishop to interpret it for himself.

  司教たちの心変わりに対する歓喜に誰もが加わったわけではありません。たとえば、ヴュルツブルク大学のバークハルト・ホーゼ牧師は、「司教の恣意性にはまだ多くの余地がある」と考えています。たとえば、新しい労働法は、「聖職者に反する行為」は解雇の理由になり得ると述べていますが、これが何を意味するのかは明記されておらず、各司教が自分で解釈することになっています.

 

>>聖職者に反する行為を判断するのは世俗のリベラルではないだろうに。

German Anti-discrimination Commissioner Ferda Ataman has also been calling for more reformsImage: Thomas Ino/photothek/picture alliance

 

Jens Ehebrecht-Zumsande, an employee in the Archdiocese of Hamburg and, along with Hose, one of the initiators of the #OutInChurch campaign, has criticized the fact that the new guidelines are based on a "binary gender model .... according to which there are only women and men." Trans or non-binary people have not been taken into account, he argued.

The German government's anti-discrimination commissioner, Ferda Ataman, also weighed in, calling for the abolition of all exemptions, except for the clergy. Only that, she said, would protect people like the doctor or the kindergarten teacher who, even under the new regulation, may be fired if they leave the Church.

In general, the federal government lets the actions of the churches pass with little comment.

For Marc Frings, the new labor law is an encouragement for the laity within the churches. He says it is evident from the new labor law "that change and reform come from below."

Without the #OutInChurch campaign and "engaged Catholic civil society," we would not be at the current stage of reform, he argues. "This is how we learn that our actions and discussions can have immediate consequences," he said.

Further reform issues are awaiting action in March 2023, when a final round of the "synodal path" will address, among other things, the demand for equal rights for men and women in the Church.

This article was originally written in German.

  ハンブルグ大司教区の職員であり、#OutInChurch キャンペーンの開始者の 1 人である Hose とともに、Jens Ehebrecht-Zumsande は、新しいガイドラインが「二元性モデル」に基づいているという事実を批判しました。そこには女性と男性しかいません。」トランスジェンダーやノンバイナリーの人々は考慮されていないと彼は主張した.

ドイツ政府の反差別コミッショナーであるフェルダ・アタマンも参加し、聖職者を除くすべての免除の廃止を求めました。それだけが、医師や幼稚園教諭のような人々を保護するだろうと彼女は言いました.

一般に、連邦政府は教会の行動をほとんどコメントせずに通過させます。

マルク・フリングスにとって、新労働法は教会内の信徒を励ますものである。彼は、新しい労働法から "変化と改革は下から来る "ことが明らかだと言う。

#OutInChurch キャンペーンと「熱心なカトリック市民社会」がなければ、私たちは改革の現在の段階にいないだろうと彼は主張します. 「これは、私たちの行動と議論がすぐに結果をもたらす可能性があることを学ぶ方法です」と彼は言いました.

2023 年 3 月にはさらなる改革の問題が待ち構えており、「シノドスの道」の最終ラウンドでは、とりわけ、教会における男女の平等な権利の要求に対処する予定です。

 

>>もしかして、教会内にLGBTQ活動家が入り込んでいるんじゃないの?

教会に抵抗運動して、内部から掘り崩しているようにも見えるわい。

おおいな、活動家。