サンタクロースはノルウェーの新しい広告では同性愛者です Brenda Haas

スーパーマンもゲイになっていたから、

サンタクロースのおじいさんがゲイでもいいのかな。

まあ、キスシーンは気持ち悪いと思う感情は、正当なものでもあるけどね。

おっさんとおじいさんのKissシーンは気持ち悪いけどな。

ポリコレはこれを否定するからおかしくなる。

 

別に広告しようがそういう設定をする自由を否定しないが、

強制されたり、マジョリティーを主張するのはおかしいわな。

いつものリベラル左翼のマウンティングファッションだね。

流行だな。

 

Santa Claus is gay in new Norwegian ad

Brenda Haas

November 26, 2021

A Christmas ad depicts a romance between Santa Claus and a man called Harry, marking 50 years since homosexuality was decriminalized in Norway.

 クリスマス広告は、ノルウェーで同性愛が非犯罪化されてから 50 年を記念して、サンタクロースとハリーという男性のロマンスを描いています。

It is a relationship that developed over the years, where the protagonists meet only every Christmas Eve  and very briefly at that, as one of them always has to rush off to work.

In "When Harry met Santa..." — a nod to the 1989 romantic comedy "When Harry met Sally..." starring Billy Crystal and Meg Ryan — a romance blossoms between a man called Harry and Santa Claus.

  それは何年にもわたって発展した関係であり、主人公は毎年クリスマスイブ  にしか会わず、そのときは非常に短い時間しか会いません。

ビリー・クリスタルメグ・ライアン主演の 1989 年のロマンティック・コメディー「ハリーがサリーに会ったとき...」に敬意を表した「ハリーが サンタに会ったとき...」では、ハリーと呼ばれる男とサンタクロースの間でロマンスが花開きます。

 

>>まるで七夕まつりのように描くな。

The infamous scene from 'When Harry Met Sally,' where Meg Ryan's character fakes an orgasm for Harry (Billy Crystal)Image: picture-alliance/dpa

 

This year's Christmas campaign by Norway's state-owned postal service, Posten, aims not only to mark the 50th anniversary of the decriminalization of homosexuality in Norway but also underscores Posten's commitment to a diverse workplace.

In the nearly four-minute ad, Harry bumps into Santa Claus delivering gifts to his home one year. They lock eyes and there is an immediate attraction.

A bond grows between the two over several Christmases, but their encounters are always fleeting, as Santa has a tight deadline to deliver gifts. That is, until he enlists Posten's services to help with the deliveries, leaving the two more time together, so they can finally kiss in the last scene.

ノルウェーの国営郵便局であるポステンによる今年のクリスマス キャンペーンは、ノルウェーにおける同性愛の非犯罪化の 50 周年を記念するだけでなく、多様な職場に対するポステンの取り組みを強調することを目的としています。

約 4 分間の広告で、ハリーは 1 年ぶりに自宅にプレゼントを届けるサンタクロースに出くわします。彼らは目をロックし、すぐに魅力があります。

数回のクリスマスを経て 2 人の絆は深まりますが、サンタはプレゼントを届ける締め切りが迫っているため、2 人の出会いはいつもつかの間です。つまり、彼がポステンのサービスに配達を手伝ってもらい、さらに2つの時間を一緒に残して、最後のシーンで最終的にキスできるようになるまで.

 

 

The spot ends with the message: "In 2022, it will have been 50 years since it became legal in Norway to love whoever you want."

"Diversity is important for Posten, and truly a matter of the heart," Monica Solberg, marketing director at Posten, told the news magazine LGBTQ Nation. "Everyone should feel welcome, seen, heard, and included. This year's Christmas ad embraces this.

"And what better way to follow up last year's angry Santa than with pure love this year?" added Solberg, referring to last year's "Angry White Man" Santa advertisement by the postal service, which was a sly dig at former US President Donald Trump.

The ad portrayed Santa as a climate change denier who dismissed rising temperatures at the North Pole as "completely natural."

Solberg pointed out that Posten was creating a new tradition by commenting on current events through their Christmas campaigns.

  スポットは、「2022年、ノルウェーで好きな人を愛することが合法になってから50年になります」というメッセージで終わります。

「多様性はポステンにとって重要であり、本当に心の問題です」と、ポステンのマーケティング ディレクターであるモニカ ソルバーグは、ニュース マガジン LGBTQ ネイションに語りました。「誰もが歓迎され、見られ、聞かれ、含まれていると感じるべきです。今年のクリスマス広告はこれを取り入れています。

「そして、昨年の怒ったサンタを今年は純粋な愛でフォローアップするよりも良い方法はありますか?」Solberg 氏は、昨年の郵便局による「Angry White Man」サンタの広告について言及し、ドナルド・トランプ前大統領を巧妙に掘り下げたと付け加えた。

この広告は 、北極での気温上昇を「完全に自然なこと」として片付けた、気候変動否定論 者 としてサンタを描いた.

Solberg 氏は、Posten がクリスマス キャンペーンを通じて現在の出来事についてコメントすることで、新しい伝統を生み出していると指摘しました。

 

>>広告が滅茶苦茶政治的なものだということだな。郵政は中立であるべきだが。リベラル左翼がいきっているとしか思えん。去年はトランプを揶揄してたし。

Positive reactions — with some concern for Mrs. Claus

Not surprisingly, the ad has been trending on Twitter, with overwhelmingly positive reactions for its core messages of freedom to love and inclusivity at the workplace, with teary-eyed emojis or crying memes accompanying some tweets.

One person tweeted: "This is our new favorite rom-com."

Among those who commented publicly was former US ambassador to Denmark Rufus Gifford, who is gay.

"Oh man I love Scandinavia. Imagine if the US Post Office put out an ad like this," he tweeted.

Others had more tongue-in-cheek reactions with one Twitter user saying, "Okay no big deal if Santa likes guys. But stepping out on Mrs. Claus. Christmas is canceled in the North Pole. Haha!"

Edited by: Elizabeth Grenier

  当然のことながら、この広告は Twitter でトレンド入りしており、恋愛の自由と職場での包括性という核となるメッセージに対して圧倒的に肯定的な反応があり、いくつかのツイートには涙目の絵文字や泣き顔のミームが添えられていました。

1人 ツイートした:「これは私たちの新しいお気に入りのロムコムです。」

公にコメントした人の中には、同性愛者である元駐デンマーク米国大使ルーファス・ギフォードがいた。

「ああ、私はスカンジナビアが大好きです。米国の郵便局がこのような広告を出したと想像してみてください」と彼はツイートした.

他の人は、あるTwitterユーザーに、「サンタが男が好きなら大したことはない。でもミセス・クラウスに踏み出す。北極ではクリスマスはキャンセルされる.ハハ!」と言って、より冗談めかした反応をした.

 

>>LGBTQ運動を見れば、いずれサンタクロースが男性限定は差別だと言いがかりをつけて、多様性を持ちこむだろうねぇ。