ネパール 中東に多くの出稼ぎ労働者を送り込む理由 Diwakar Rai

The system is in force in all Arab Gulf countries, except Iraq, as well as in Jordan and Lebanon.

>>イラク、ヨルダン、レバノン以外って。レバノンが不景気になって、ケニア人メイドへの金が払えなくなった人が、突然金も払わず解雇して、メイドをケニア大使館の前に捨てるシーンが報道されていたけどね。オーナーは拳銃で脅していたしな。

 

 

Last year alone, over 620,000 Nepali workers moved to the region.

Many workers then send remittances home, which now account for as much as 25% of the nation's total economic output. Nepal is currently the fifth most remittance-dependent economy in the world.

>>昨年だけでネパールは63万人以上が湾岸ショックへ向かい、国民総生産の25%が仕送りだという。

 あれ、62万と43.2万は合わないな。The regionは湾岸諸国以外も含まれるんか?インドにも行ってそうだけどね。

 台湾旅行したと木、日曜日に台北駅の地下にフィリピンメイドが集まっていたな。数少ないお休みの日、同国出身のメイドが集まって情報交換しているんだろう。香港もそうだったな。シンガポールとか多そうだな。英語だし。個人的にアジアの方が安くても、中東よりは安全かな。

 

Of the nearly 2.7 million people living in the Gulf country, Nepalis account for about 432,000 – or 16% of the total population

>>湾岸諸国への外国人労働者がほぼ270万人で、そのうちネパール人は43.2万人、全人口の16%を占めるわけだ。 こういう海外労働者同士では、派閥ができて、より楽になろうと小さいいさかいが起きていそうだなぁ。

 

With many husbands working abroad for long periods of time, the divorce rate has gone up.

It has also accelerated a shift from traditional joint families toward nuclear families, resulting in many of the elderly, particularly in rural areas, being left without any caregivers.

>>長い間旦那だけ海外で働いて帰国しないと、愛情も感じられなくなるかな。離婚率が上がって、核家族、高齢者のケア―する人もいないと。伝統的な共同体社会や大家族が減ってしまうわけだね。それはネパール社会の変化でもあるが。しわ寄せはいつも弱者だからな。

 

今ワールドカップをしているわけだが、これが終われば、こういう記事も出てこないか。そもそも建設ラッシュが開催前に負わて、帰国することになったのでは? 仕事激減だろうに。

 

 

>>素直にどこの国も、武漢肺炎パンデミックの後で、インフレ、エネルギー価格の上昇でリセッションだろう。ネパールならなおさら!! 米国が金利を上げるのでなおさらだよ。

 

 

 

 

Why Nepal sends so many migrant workers to the Middle East

Diwakar Rai

2022.11.01

Despite the potential for abuse and exploitation, Middle Eastern countries continue to attract hundreds of thousands of Nepali migrant workers every year.

 虐待や搾取の可能性があるにもかかわらず、中東諸国は毎年何十万人ものネパール人出稼ぎ労働者を惹きつけ続けています。

>>インド人や東南アジア人メイドとか呼び寄せるな。

Kumar Thapa, a 41-year-old migrant worker, returned to Nepal in 2018 after laboring for nine years in the Middle East.

Working for a construction company in Saudi Arabia, he used to save enough to send the equivalent of about €100 ($98) to his family back home. The money was spent on his children's education as well as on building a small house in their hometown in Sindhupalchowk district.

All in all, Thapa's family was able to afford a comfortable life with the income he earned in the Middle East.

But his story is more of an exception than a rule.

Many Nepalis who move to the region in search of work encounter widespread abuse and exploitation.

Some even end up losing their lives.

At least 7,467 migrant workers have died abroad since 2008, according to figures from the government's Labor Migration Report, with 750 of those deaths reported between 2018 and 2019.

These figures exclude workers who migrate through unauthorized channels as well as laborers who work in India.

  41 歳の出稼ぎ労働者である Kumar Thapa は、中東で 9 年間働いた後、2018 年にネパールに戻りました。

サウジアラビアの建設会社で働いていた彼は、故郷の家族に約 100 ユーロ (98 ドル) 相当を送金するのに十分な貯金をしていました。そのお金は、彼の子供たちの教育費と、故郷のシンドゥパルチョーク地区に小さな家を建てるために使われました。

全体として、タパの家族は中東で得た収入で快適な生活を送ることができました。

しかし、彼の話は規則というよりも例外です。

仕事を求めてこの地域に移住した多くのネパール人は、広範囲にわたる虐待と搾取に遭遇しています。

中には命を落としてしまう人もいます。

政府の労働移動報告書の数字によると、2008 年以降、少なくとも 7,467 人の移民労働者が国外で死亡しており、そのうち 750 人が 2018 年から 2019 年の間に報告されています。

これらの数字には、インドで働く労働者だけでなく、許可されていない経路を通って移動する労働者も含まれていません。

 

>>一握りの成功者の陰で、7467人の外国人労働者がなくなっているのか。劣悪労働環境だし、人は余っているからな。

'Kafala system' ensures widespread abuse

Recruitment agencies often deploy intermediaries to find potential migrant workers. They regularly use deception or coercion to hire workers and promise them lucrative jobs.

While host countries usually require employers to pay recruitment fees, they often pass on the costs to workers, who take out loans to pay back the costs.

The workers then face a heavy debt burden amounting to thousands of euros even before they leave their country of origin.

From the time they land in their host country, they are subject to stringent restrictions on their movement and freedoms, as part of the "Kafala" — or sponsorship — system, which gives employers total control over migrant workers' employment and immigration status.

The system is in force in all Arab Gulf countries, except Iraq, as well as in Jordan and Lebanon.

Employers regularly seize workers' passports, visas and phones, and sometimes also reduce or withhold their wages. While domestic workers are confined to their homes, laborers toiling at construction and industrial sites are relegated to tiny and overcrowded dorms. 

Gender-based discrimination is rampant with many female domestic workers experiencing abuse, including sexual violence.

  人材紹介会社は、潜在的な移民労働者を見つけるために仲介者を配置することがよくあります。彼らは定期的に欺瞞や強制を使って労働者を雇い、彼らに有利な仕事を約束します。

受け入れ国は通常、雇用主に斡旋料の支払いを要求しますが、その費用を労働者に転嫁することが多く、労働者は費用を返済するためにローンを組んでいます。

労働者は、出身国を離れる前に、数千ユーロにも及ぶ重い債務負担に直面します。

彼らが受け入れ国に上陸したときから、雇用主は移民労働者の雇用と移民ステータスを完全に管理できる「カファラ」(またはスポンサーシップ)システムの一環として、彼らの移動と自由に厳しい制限が課せられます。

このシステムは、ヨルダンとレバノンだけでなく、イラクを除くすべてのアラブ湾岸諸国で実施されています。

雇用主は定期的に労働者のパスポート、ビザ、電話を押収し、時には賃金を減額または差し控えます。家事労働者は自宅に閉じ込められているが、建設現場や工業現場で働く労働者は、狭く過密な寮に追いやられている。 

ジェンダーに基づく差別は横行しており、多くの女性の家事労働者が性的暴力を含む虐待を受けています。

 

>>ほんと恐ろしいわい、中東で働くのは。

インドネシア人メイドがサウジで公開処刑されたりしても、ジョコ大統領はサウジに文句を言えなかったな。家族にも連絡ないまま処刑されていたし。

 

Nepal's economy relies on remittances

Despite the risks and potential for exploitation, Middle Eastern countries continue to attract hundreds of thousands of Nepali migrant labor every year. Last year alone, over 620,000 Nepali workers moved to the region.

That's because these jobs often offer higher pay than jobs in Nepal.

Many workers then send remittances home, which now account for as much as 25% of the nation's total economic output. Nepal is currently the fifth most remittance-dependent economy in the world.

The remittances have lifted a significant number of households out of poverty.

This influx of outside cash has been keeping the economy afloat for a long time now, despite the country suffering bouts of political instability over the past decade.

The high reliance on remittances means that the government has been wary of taking measures that could hurt migration to these countries, and, in turn, the flow of cash into Nepal.

Recruitment agencies also lobby the Nepali government to ensure their activities aren't restricted.

"The Foreign Employment Act states that the recruiters' businesses are protected. Those companies don't care whether workers' rights are respected or not, or when workers are offered different, low-paying jobs than what was mentioned in their contracts," Kul Prasad Karki, chairperson of Pravasi Nepali Coordination Committee (PNCC), an NGO working for the rights of migrant workers, told DW.

  搾取のリスクと可能性にもかかわらず、中東諸国は毎年何十万人ものネパール人移民労働者を惹きつけ続けています。昨年だけで、620,000 人を超えるネパール人労働者がこの地域に移動しました。

これは、これらの仕事がネパールでの仕事よりも高い賃金を提供することが多いためです。

その後、多くの労働者が送金を家に送り、それは現在、国の総経済生産の 25% を占めています。ネパールは現在、世界で 5 番目に送金依存度の高い経済です。

送金により、かなりの数の世帯が貧困から抜け出しました。

この国外からの現金の流入は、過去 10 年間にわたって政治的不安定に苦しんでいたにもかかわらず、経済を長い間維持してきました。

送金への依存度が高いということは、政府がこれらの国への移民を傷つけ、ひいてはネパールへの現金の流れを損なう可能性のある措置を講じることに慎重になっていることを意味します。

人材紹介会社はまた、活動が制限されないようにネパール政府に働きかけています。

「外国人雇用法は、採用担当者のビジネスが保護されていると述べています。これらの会社は、労働者の権利が尊重されているかどうか、または労働者が契約に記載されていたものとは異なる低賃金の仕事を提供されているかどうかを気にしません」とクル氏は述べています。移民労働者の権利のために活動するNGO、プラヴァシ・ネパール調整委員会(PNCC)の議長であるプラサド・カルキ氏はDWに語った。

 

>>建設業で人で不足を補ったのかな? インド人じゃダメなんか??

ネパール人も入れて、人種的るつぼで争わせるようにしているのかな??

人種的職業区分けが出来上がってそうだな。

インド人が嫌がることは、他の民族がやるとかね。

Workers' rights in the spotlight

The issue of migrant worker abuses has been back in international focus as Qatar prepares to host the 2022 FIFA World Cup this month.

Reports suggest that many of the thousands of workers who toiled under scorching conditions to build the infrastructure needed for the tournament — including stadiums, roads and hotels — have suffered from heat-related deaths and injuries.

Nepali workers have formed a sizable contingent of the workforce employed in Qatar.

Of the nearly 2.7 million people living in the Gulf country, Nepalis account for about 432,000 – or 16% of the total population, according to UN data from July 2022. Most of them are employed at construction sites.

Amid growing global scrutiny, some Gulf countries have started implementing limited reforms to the system, like allowing workers to transfer jobs after a certain period and easing restrictions on returning to their home country.

Still, workers and rights groups say many who want to change jobs face threats from employers and bureaucratic delays, and the measures do little to protect domestic workers.

  カタールが今月2022 FIFA ワールド カップの開催に向けて準備を進めているため、移民労働者の虐待の問題が再び国際的な注目を集めています。
報告によると、スタジアム、道路、ホテルなど、トーナメントに必要なインフラストラクチャを構築するために灼熱の条件下で苦労した何千人もの労働者の多くが、熱に関連した死傷に苦しんでいる.
ネパール人労働者は、カタールで雇用されている労働力のかなりの数を形成しています。
2022 年 7 月の国連のデータによると、湾岸諸国に住む約 270 万人のうち、ネパール人は約 432,000 人、つまり総人口の 16% を占めています。彼らのほとんどは建設現場で働いています。
世界的な監視が強まる中、一部の湾岸諸国は、一定期間後に労働者が転勤できるようにしたり、母国への帰国の制限を緩和したりするなど、システムに限定的な改革を実施し始めました。
それでも、労働者と権利団体は、転職を希望する多くの人が雇用主からの脅迫や官僚的な遅れに直面しており、これらの措置は家事労働者を保護するのにほとんど役立たないと述べています。

 

>>こういう西側からの批判も、ワールドカップが終われば亡くなってしまうだろう。そもそもカタールでワールドカップの建設ラッシュが起きている間しか、ちらっと批判しなかったし、いざ開催されると、無視だわな。 ドイツは、建設からドイツ企業が撤退したり、リベラルなマウントを取っていたけどな。

A huge human cost

For Nepal, the massive outward migration and the remittance-reliant economy — notwithstanding their socioeconomic benefits — have come with a huge human cost, with concerns that the system is disrupting the nation's social fabric. 

With many husbands working abroad for long periods of time, the divorce rate has gone up.

It has also accelerated a shift from traditional joint families toward nuclear families, resulting in many of the elderly, particularly in rural areas, being left without any caregivers.

"Migration is a natural process and it is a choice," said Manju Gurung, co-founder of POURAKHI Nepal, an organization working for the betterment of migrant workers. "But everyone should be informed about what it brings to an individual's life."

Edited by: Srinivas Mazumdaru

  ネパールにとって、大規模な国外への移住と送金に依存する経済は、その社会経済的利益にもかかわらず、システムが国の社会構造を混乱させているという懸念とともに、莫大な人的損失をもたらしています. 

海外で長期勤務する夫が多く、離婚率が上昇している。

また、従来の共同家族から核家族への移行も加速しており、特に地方では多くの高齢者が介護者を失っています。

「移住は自然なプロセスであり、選択です」と、移住労働者の改善のために活動する組織、POURAKHIネパールの共同創設者であるManju Gurungは述べました。「しかし、それが個人の生活に何をもたらすかについて、誰もが知らされるべきです。」

 

>>まるで、中国の農民工みたいやな。都会に両親が出ていき、子供は年老いたおじいちゃんおばあちゃんに育てられるみたいな。年に1回しか戻れないので、反抗期には対応できんしね。出稼ぎに行ったら、精神的に参ってしまい、仕送りもしなくなると、離婚するわな。どっちも不幸になるばかり。

搾取は多かろう。まじめな湾岸諸国の雇用主を想像できんしな。

めちゃくくちゃ虐めてそうだし。