駐独ウクライナ大使 「もっと多くのことをもっと速くできる」

10月30日の記事

 

メルニク大使と代わった新ウクライナ大使。

やはり、母国を背負ってドイツを蹴るようだな。

 

"When I look at Germany's actions in this war, I sometimes think: there's a German sports car driving down the autobahn at 30 km/h,"

>>いやぁ、、、、なかなか言うやん。

メルニク大使の跡だけに、承認されるまではおとなしくしていたんだろうね。この記事のあと、メルニク大使はウクライナ外務省の事務次官になったしな。Topだわい。よほどよかったんだろう。

 

explanations were given for weeks as to why Ukrainian demands could not be met. "You could do so much more, so much faster."

>>いかにもドイツだな。ウクライナがシュタインマイヤー大統領を拒否するのもよくわかる。ロシアがウクライナに攻め込んでも、いまだにロシアに気兼ねするのは、媚ロシア政治家が多いのだろう。ロシアとの東ドイツもとシュタージの政商もいるし。いろいろ政治家の弱みを握っているので、何もするなと言っているんだろう。

 まるで日本の媚朝鮮、媚中国議員のように。国防で動かない、賛成せず、足を引っ張ることばかりする。公明党もしかり。

 

The diplomat also warns against taking in Russian conscientious objectors. "There are young men fleeing who have no regrets, but still want to avoid military service and end up driving through German cities in car parades waving Russian flags." Makeyev sees above all a "security risk" - for Germany, but also for the refugees from Ukraine. "It would be wrong of Germany to take in Russian deserters."

>>媚ロシア政治家が動かないのなら、ウクライナ大使がののしっても言い返されないわな。動けないので、いつもはマウント取ることばかりに血眼になるドイツ人がだんまりに不満を鬱屈させているな。

 自ら招いたことだけに、より他人のせいにせずにはいられないだろうな。食えない人種だわい。

 なかなか皮肉が効いていて、ドイツ人はだんまりなんだろうな。兵役拒否大好きドイツ人なのに。

 

"For Russia this is a war of destruction, for us this is a war of survival. As long as they want to eliminate us as a state and nation, any agreements with Russia are doomed to failure."

>>まあ、これはロシアだけでなく、中国や朝鮮にも当てはまるわな。

最近、誰が味方か敵かはっきりしてきたなぁ。

北朝鮮がちょうど中国とロシア共通の飼い犬になって、吠えているな。

 

"We call on Russia not to jeopardise the safety of these ships and to honour its commitments to the international community again." Since the agreement came into force in the summer, grain prices on the world market had finally fallen to a tolerable level again, Baerbock stressed, referring to Ukraine.

>>穀物価格の推移は知らんかったわい。なるほど、落ちたんかい。

石油需要見通しが下がったら、原油価格も下がっているな。

 

1か月前の記事やったな。

 

Ukraine News: "You could do so much more, so much faster".
30.10.2022

The new Ukrainian ambassador in Berlin takes Germany to task. Kiev rules out negotiations with Moscow. And Biden is outraged by Russia's grain blockade. The overview.

 ベルリンの新しいウクライナ大使はドイツと対戦します。キエフは、モスクワとの交渉を否定している。そしてバイデンは、ロシアの穀物封鎖に激怒している。概要。

 

Oleksiy Makeyev is Ukraine's new ambassador to Berlin

The most important facts in brief:

  1. Ambassador Oleksiy Makeyev calls for more speed from Germany
  2. Kiev advisers optimistic about agreement on tank delivery 
  3. Selenskyi's chief of staff rules out negotiations with Russia
  4. Slovenia delivers 28 battle tanks to Ukraine
  5. Baerbock: Moscow must not jeopardise safety of grain ships

 

  1. オレクシー・マケーエフ大使、ドイツにさらなるスピードアップを要求
  2. キエフのアドバイザーは、戦車納入の合意について楽観的である。
  3. セレンスキー参謀、ロシアとの交渉に否定的
  4. スロベニアウクライナに戦闘戦車28両を納品
  5. バールボック:モスクワは穀物船の安全を脅かしてはならない


 The new Ukrainian ambassador to Germany, Oleksiy Makeyev, demands more speed from the German government in supporting his country. "When I look at Germany's actions in this war, I sometimes think: there's a German sports car driving down the autobahn at 30 km/h," Makeyev tells the weekly newspaper Bild am Sonntag (BamS). Instead of quickly delivering what would help in the fight against the Russians, he said, explanations were given for weeks as to why Ukrainian demands could not be met. "You could do so much more, so much faster."
  The diplomat also warns against taking in Russian conscientious objectors. "There are young men fleeing who have no regrets, but still want to avoid military service and end up driving through German cities in car parades waving Russian flags." Makeyev sees above all a "security risk" - for Germany, but also for the refugees from Ukraine. "It would be wrong of Germany to take in Russian deserters."

  ウクライナの新しい駐ドイツ大使であるOleksij Makejev は、連邦政府に対し、彼の国への支援を強化するよう求めています。「この戦争でのドイツの行動を見ると、ドイツのスポーツカーが時速30キロでアウトバーンを走っていると思うことがあります」とマケエフは週刊誌「Bild am Sonntag」(BamS)に語った 彼らは、ロシアとの闘いに役立つ迅速な配達の代わりに、ウクライナの要求が満たされなかった理由を説明するのに数週間を費やしました。「もっと多くのことをもっと速くできるはずです。」

外交官はまた、ロシアの良心的兵役拒否者を受け入れないよう警告している. 「後悔はしていないが、それでも兵役を避けたい若者は逃げ出し、最終的にはロシアの旗を振ってドイツの都市を車列で運転することになる.」何よりも、マケイェフは、ドイツだけでなく、ウクライナからの難民にとっても「安全保障上のリスク」だと考えています。「ドイツがロシアの脱走兵を受け入れるのは間違っているだろう。」

 

>>ウクライナ人からすれば、脱走兵とか兵役拒否で逃げ出したロシア人は、ウクライナ侵攻を否定しているわけではなく、自分に火の粉がかかって逃げ出しただけだからな。 まあ、ドイツのロシアからエネルギー制裁をされて、やっと動き出しただけで、もともと助けるつもりはなかったしな。今度もウクライナが負けて逃げ出せば、ロシアとつるんで、値き寝入りさせて、経済優先しようと思っていたはずだから。

 

Podolyak expects quick agreement on tanks
The adviser to Ukrainian President Volodymyr Selenskyj, Mychailo Podoljak, expects a quick agreement with the German government on the delivery of Western battle tanks and infantry fighting vehicles. "I think that we will find a consensus with our German partners for the tanks," Podoljak told the Welt am Sonntag. He said there was progress in talks between the two countries. "We are ready to pay any price for the security of Europe. But help us with weapons!" he appealed to the Germans.

  ウクライナ大統領ヴォロディミル・ゼレンスキーの顧問であるミハイロ・ポドリャクは、西側の戦闘車と歩兵戦闘車の引き渡しに関するドイツ政府との合意が迅速に達成されることを期待しています。ポドリャク氏は、「ドイツのパートナーとの間で、戦車に関するコンセンサスを見つけることができると思う」と語った。両国間の交渉は進展している。「我々はヨーロッパの安全のためにどんな代償を払っても構わない。しかし武器で我々を助けてくれ!」と彼はドイツ人に訴えた。

 

>>ほんと、ウクライナには頭が下がるな。武器を与えないドイツはクソ。評価が上がらないな、ホントに。アメリカ様様だけど。

Mychailo Podoljak: "I think that we will find a consensus with our German partners for the tanks".

 The recapture of further areas in the south and east of Ukraine also depends significantly on further deliveries of weapons, Podoljak added. Tanks in particular could ensure an acceleration on the battlefield and the liberation of places in the Kherson, Zaporizhzhya, Luhansk and Donetsk regions. "And Germany could optimally help us in this with the Leopard and Marder tanks." So far, the German government has refused to supply Western-designed tanks to Ukraine. 

  ウクライナ南部と東部の他の地域の奪還も、さらなる武器の提供に大きく依存していると、ポドリアクは付け加えた。戦場で加速し、ヘルソン、ザポリージャ、ルハンスク、ドネツク地域の場所を解放できるのは、まさに戦車です。「そして、ドイツはレオパルト戦車とマーダー戦車に関して可能な限り最善の支援をしてくれるでしょう。」連邦政府はこれまでのところ、ウクライナへの西洋式戦車の供給を拒否しています。 



Lithuania to repair German self-propelled howitzers 
 Lithuania has sent two more 2000 self-propelled howitzers back to Ukraine after they were repaired in the Baltic country. Two more howitzers are said to be on their way to Lithuania for repair, according to the Defence Ministry in Vilnius. 

 リトアニアは、バルト諸国で修理された後、2000 年にさらに 2 基の自走榴弾砲ウクライナに送り返しました。ビリニュス国防省によると、さらに 2 基の榴弾砲が修理のためにリトアニアに向かっています。 

>>バルト三国は、自腹を切って少ない兵器を送っているな。ロシアの脅威が身近だけに、必死だわい。

Apparently wears down quickly under high stress: a Bundeswehr Type 2000 howitzer.

The howitzers were delivered to Ukraine by Germany and the Netherlands. However, according to a report in the news magazine "Der Spiegel", a good third of the German guns are already in need of repair due to the high rate of firing in combat. According to the ministry in Vilnius, at least twelve howitzers need to be repaired in Lithuania.

  自走榴弾砲は、ドイツとオランダからウクライナに届けられました。ニュース雑誌 Der Spiegel の報告によると、戦闘での発砲率が高いため、ドイツの銃のかなりの 3 分の 1 がすでに修理を必要としています。ビリニュスの省によると、リトアニアでは少なくとも 12 基の榴弾砲を修理する必要があります。

 

>>打ちまくったら砲身を変えんと行けなくなるわな。

ロシアが昔なガラに打ち込みまくったせいだろうね。

それに対抗しようとするとそうだわな。

Slovenia delivers 28 battle tanks to Ukraine
Slovenia has delivered 28 battle tanks of the Soviet type M-55S to Ukraine. This was reported by the Slovenian news portal "24ur.com" with reference to the Ministry of Defence in the capital Ljubljana. The tanks were brought to Ukraine by rail via Poland.
  The EU and NATO partner country Slovenia will now receive 43 heavy military trucks from Germany in a so-called ring swap. Under such agreements, Central and Eastern European Allies supply Soviet-designed weapons to Ukraine and receive military equipment from Germany in return. The Soviet-made weapons are easier for Ukrainian soldiers to operate than Western-made equipment, which is new to them. Slovenia had already delivered 35 infantry fighting vehicles to Ukraine in July.
  The M-55S is a thoroughly modernised version of the Soviet T-55 main battle tank, equipped with a new, more efficient gun, an improved engine and state-of-the-art electronics for target acquisition. Experts speak of a completely different combat vehicle from the original T-55. Slovenia was once part of the former Yugoslavia, which relied heavily on Soviet weapon systems for its armament. Slovenia had begun to modernise the T-55 tanks it had secured from those stocks in the 1990s.

  スロベニアは、28 両のソ連の M-55S 主力戦車ウクライナに引き渡しました。これは、首都リュブリャナ国防省を引用して、スロベニアのニュースポータル「24ur.com」によって報告されています。戦車はポーランド経由で鉄道でウクライナに運ばれました。

EUNATO のパートナー国であるスロベニアは、いわゆるリング交換の一環として、ドイツから 43 台の大型軍用トラックを受け取ります。このような協定の下で、中央および東ヨーロッパの同盟国は、ソビエト製の武器をウクライナに提供し、見返りにドイツから軍事装備を受け取ります。ソビエト製の武器は、ウクライナの兵士にとって新しい西洋製の装備よりも使いやすい. スロベニアは、7 月にすでに 35 隻の装甲兵員輸送車をウクライナに引き渡した。

M-55S は、ソ連の T-55 主力戦車を徹底的に近代化したものです。より効率的な新しい主砲、改良されたエンジン、最先端の標的電子機器が装備されています。専門家は、元の T-55 とはまったく異なる戦闘車両について語っています。スロベニアはかつて旧ユーゴスラビアの一部であり、その兵器はソ連の兵器システムに大きく依存していました。スロベニアは、1990 年代にこれらの在庫から確保した T-55 戦車の近代化を開始しました。

 

>>玉突き援助とは、ドイツが裏で支えることなのだが、ちゃんと与えてない状態なんだろうね。近代化がどんどん進むことになる、東欧だな。

ドイツ製より米国製になってしまうのかな??

その点ずるくドイツは立ち回りそうだな。 かつてはドイツ国防相が東欧にドイツ製武器をセールスしに出かけていたしね。
Selenskyj's chief of staff: No negotiations with Russia
As long as there is war, the government in Kiev is not prepared to negotiate with Russia. Andriy Yermak, President Zelenskyy's chief of staff, wrote on Twitter: "For Russia this is a war of destruction, for us this is a war of survival. As long as they want to eliminate us as a state and nation, any agreements with Russia are doomed to failure."

  戦争が激しさを増している限り、キエフ政府はロシアとのさらなる交渉に入る準備ができていない. ゼレンスキー大統領の首席補佐官であるアンドリー・イェルマークは、  「ロシアにとって、これは破壊の戦争であり、私たちにとって、これは生存のための戦争です。彼らが私たちを国と国家として排除したい限り、ロシアとのいかなる取引も、失敗する運命にある。」

 

>>おっしゃる通りやね。もう口約束も、文章の約束も期待でいないわな。

交渉するつもりがないというと、ウクライナのせいで戦争継続しているとロシアに言わせてしまうので、記事の発言から今は変わっているようだ。

The atrocities in Butsha, a suburb of Kiev temporarily occupied by Russian soldiers, caused horror worldwide.

Ambassador Makeyev also sees no basis for talks in the BamS interview. "Our negotiations over the past eight years have led to a situation where not seven, but 20 per cent of our territory is under Russian occupation." Since negotiations began, he said, thousands of Ukrainians have been killed, raped and tortured by Russians. "How many more Buchas do we have to show the world before everyone realises that you can't talk to the Russians?"
  Makejew 大使も、BamS のインタビューで議論の根拠がないと見ています。「過去 8 年間の交渉の結果、領土の 7 パーセントではなく 20 パーセントがロシアの占領下に置かれることになりました。」交渉が始まって以来、何千人ものウクライナ人がロシア人によって殺害され、レイプされ、拷問されてきました。「ロシア人と話すことはできないと誰もが理解できるように、あと何回ブーチャを世界に見せなければなりませんか?」

>>何も言い返せないわな。


Outrage over grain blockade
Because of Moscow's new blockade of grain exports, the Ukrainian president has called for Russia to be expelled from the G20. "Why can a handful of people somewhere in the Kremlin decide whether there will be food on the tables of people in Egypt or Bangladesh?" asked Selenskyj in his daily video address. What is needed, he said, is a strong response from the United Nations, but also from the Group of Major Industrialised and Emerging Countries (G20). "Russia does not belong in the G20," Selenskyj said.

  モスクワによる穀物輸出の新たな封鎖のために、ウクライナ大統領は、ロシアがG20から追放されるよう要求した。「クレムリンのどこかの一握りの人々が、エジプトやバングラデシュの人々の食卓に食べ物を用意するかどうかを決定できるのはなぜですか?」ゼレンスキーは彼の毎日のビデオ演説で尋ねた. 国連だけでなく、重要な先進国および新興国グループ(G20)からの強い反応が必要です。「ロシアはG20に属していない」とゼレンスキーは語った。

 

>>プーチンは来なかったな。ラブロフ外相だけ。途中で帰ったし。

Ukrainian grain being transhipped in the port of Reni on the Danube (archive photo)

Baerbock: Moscow must not jeopardise safety of grain ships
German Foreign Minister Annalena Baerbock has called on Russia to honour its commitments under the agreement for Ukrainian grain exports across the Black Sea. "Millions of people in the world are starving, and Russia is once again putting the safety of grain ships at risk. This must stop," said the Green politician in Berlin. "Whether families in Lebanon, Niger or Bangladesh can pay for their next meal must not depend on the Russian president's war plans."

 ドイツのアナレナ・ベアボック外相は、ロシアに対し、黒海を越えたウクライナ穀物輸出に関する合意に基づく義務を履行するよう求めた。「世界では何百万人もの人々が飢餓に苦しんでおり、ロシアは再び穀物輸送船の安全を確保しようとしている。これは止めなければならない」とベルリンの緑の党の政治家は語った。レバノンニジェールバングラデシュの家族が次の食事代を払えるかどうかは、ロシア大統領の戦争計画に依存してはならない」

 

>>ベアボック外相ね。影が薄いな最近ずっと。ロシアの外相の影が薄いのは、リベラルな理想主義発言が、戦争には全然影響しないせいなのかな?

German Foreign Minister Annalena Baerbock

 Baerbock pointed out that dozens of ships were currently on their way to bring grain from Ukraine to other countries. "We call on Russia not to jeopardise the safety of these ships and to honour its commitments to the international community again." Since the agreement came into force in the summer, grain prices on the world market had finally fallen to a tolerable level again, Baerbock stressed, referring to Ukraine.
  On Saturday, Russia had announced the suspension of an agreement that had been concluded in July under the mediation of Turkey and the United Nations. It had ended the months-long blockade of Ukrainian grain exports via the Black Sea as a result of the Russian war of aggression. Russia justified the suspension with Ukrainian drone attacks on its Black Sea fleet on the Crimean peninsula, which Moscow has annexed since 2014 in violation of international law.

Baerbock 氏は、現在、ウクライナから他の国に穀物を運ぶために数十隻の船が航行中であると指摘した。「ロシアに対し、これらの船舶の安全を危険にさらすことなく、国際社会へのコミットメントに戻るよう求める」協定が夏に発効して以来、世界市場の穀物価格はようやく許容できるレベルに戻ったとベアボック氏はウクライナに言及して強調した。

土曜日、ロシアはトルコと国連を通じて7月に締結された合意の停止を発表した。それは、ロシアの侵略戦争に続いて、黒海を越えたウクライナ穀物輸出の数ヶ月にわたる封鎖を終わらせた. ロシアは、国際法に違反して2014年以来ロシアが併合しているクリミア半島黒海艦隊に対するウクライナのドローン攻撃で停止を正当化した.

 

>>そうだったな。でも、結局ウクライナは船団を組んで出航したな。そしたらまたロシアは合意に参加してきたね。ロシアの拒否は意味なかったと。

 

EU chief diplomat Borrell criticises renewed Russian grain blockade
EU foreign affairs chief Josep Borrell has criticised the renewed Russian blockade of Ukrainian grain exports across the Black Sea. The decision jeopardises "the most important export route for urgently needed grain and fertilisers to cope with the global food crisis caused by the war against Ukraine", the EU chief diplomat wrote on Twitter. The EU urged Moscow to reverse the decision.
  Earlier, US President Joe Biden had also condemned Russia's declared withdrawal from the grain agreement. The move was outrageous, Biden told journalists. Foreign Minister Antony Blinken criticised Russia for "once again using food as a weapon in the war it started". He called on the Russian government to resume compliance with the safe passage agreement for Ukrainian grain shipments.

  EU外交政策責任者であるJosep Borrellは、黒海を越えたウクライナ穀物輸出に対するロシアの繰り返しの封鎖を批判した。この決定は、「ウクライナとの戦争によって引き起こされた世界的な食糧危機に対処するために、緊急に必要とされる穀物と肥料の最も重要な輸出ルート」を危険にさらすものだと、EU首席外交官はツイッターに書いた。EU はモスクワに対し、決定を覆すよう要請している。

ジョー・バイデン米大統領は以前、ロシアの穀物協定からの離脱を非難していた。この動きはとんでもない、とバイデンは記者団に語った。アントニー・ブリンケン外相は、ロシアが「開始した戦争で再び食料を武器として使用している」と批判した。彼は、ロシア政府に対し、ウクライナからの穀物出荷の安全な通過に関する合意をもう一度尊重するよう求めた。

 

 

kle/hf/sti/AR/rb/fw (AFP, AP, dpa, epd, KNA, Reuters)
This article will be continuously updated on the day of its publication. Reports from combat zones cannot be independently verified.