中国 2035年までに約1500発の核弾頭保有の可能性 米国報告書 米ロの核軍縮協議延期

 

 

 

中国 2035年までに約1500発の核弾頭保有の可能性 米国報告書

 中国 NHK

アメリカ国防総省は、中国が核戦力の増強を加速させていて、2035年までにおよそ1500発の核弾頭を保有する可能性があるなどとした報告書を公表し、警戒感を示しました。

アメリカ国防総省は29日、中国の軍事動向を分析した年次報告書を公表しました。

この中では中国が核戦力の近代化や多様化などを加速させ続けていると指摘し、運用可能な核弾頭の保有数は推定で400発を超えたと分析しています。
そのうえで、このまま増強が続けば2035年までに保有数がおよそ1500発にのぼる可能性があるという見通しを示しました。
また報告書では、人民解放軍が掲げる5年後に向けて軍の近代化を加速させる目標が実現すれば、中国が台湾統一を目指す際に、より確実な軍事的手段をとることができるようになるとしています。
そして台湾に対する軍事行動として、空域や海上の封鎖から沖合の島々や台湾全土の占拠まで、さまざまな選択肢を中国がとる可能性があると指摘しました。
国防総省の高官は「中国が自国の利益を追求するため軍を国家運営の手段の1つとして、ますます活用するようになっており、アメリカや同盟国などの利益や国際秩序に深刻な影響を与えている」と述べて、中国の軍備増強の動きに警戒感を示しました。

 

米ロの核軍縮協議延期 ロシア高官は年内の再開難しい認識示す

 米ロ関係 NHK

ロシア外務省の高官は、アメリカとロシアの核軍縮条約に基づく協議を延期した背景について、アメリカがロシアの優先課題に消極的だったことがあると主張しました。
ウクライナ侵攻を続けるロシアとしては、この条約に基づく協議にとどまらない形でアメリカとの交渉を模索していた可能性もあり、今後、協議が再開されるのかなどが焦点です。

アメリカとロシアは、両国の核軍縮条約「新START」に基づく関連施設への査察の再開に向けた協議をエジプトの首都カイロで29日から行うとしていましたが、アメリ国務省は28日、ロシア側から延期すると通知を受けたことを明らかにしました。
これについてロシア外務省のリャプコフ次官は29日、記者団に対し年内の協議再開は難しいという認識を示しました。
そのうえでリャプコフ次官は延期した背景について「アメリカは査察の再開にばかりこだわっていたが、われわれは他の課題が優先だった。しかしアメリカは、ロシアのシグナルを受け止めようとしなかった」と述べ、アメリカがロシアの優先課題に消極的だったと主張しました。
今回の協議についてアメリカ政府は、ウクライナ情勢ではなく核軍縮問題が話し合われるとしていました。
ただ、ウクライナ侵攻を続けるロシアとしては、この条約に基づく協議にとどまらない形でアメリカとの交渉を模索していた可能性もあり、今後、協議が再開されるのかなどが焦点です。