独とノルウェー、ベルリン安全保障会議BSCで海底インフラでNATOの役割を模索 M.Hallam

"We have 90 platforms out there on the shelf and we have about 9,000 kilometers of pipelines.

EUのガス生産国ノルウェー、個々が音頭を取っているわけだね。

ここから海底パイプラインが幾重にも伸びて、各国とつながっているからね。

 

"As long as states like Russia possesses nuclear weapons as part of their arsenal of threats, NATO of course requires a credible deterrence potential. Anything else would mean making us susceptible to blackmail," Scholz said. 

"For that reason, we have decided to acquire 35 fighter jets in the coming years and to continue a German contribution towards the nuclear capabilities of the Alliance in the future. That is a message for national, European and transatlantic security, and a contribution towards burden sharing in the Alliance," Scholz said. 

>>題とは違て、ドイツの安全保障の話になっているな。ベルリン安全保障会議が、ルーマニアでのNATO会議の後引き続くようだからね。

 ドイツはF-35を35機買う決定をしたんか。まあ、米国製の核弾頭を運ぶ戦闘機だけどね。運ぶだけだわな。日本よりはましだけど。

 

have been lukewarm on or even opposed to the idea of so-called nuclear sharing. 

Scholz said he wanted to seal the first contracts for F-35s and for other defense spending plans like retrofitting Puma infantry fighting vehicles inked in the coming year.

>>まあ、その時が来たら、意外に緑の党はまたマウントを取って、核兵器に積極的になるかもしれないな。ウクライナへの軍事支援で積極的になっているし。基本、マウント取ること自体が目的の党みたいな感じだわい。

 で、ショルツ首相はGDP2%まで上げるとぶち上げたけど、選定は秘密にしたいとな。F-35を買うだけでなく、歩兵戦闘車のレトロフィットを実施する計画もあるんか。

He also alluded to the major fossil fuel exporter looking into ways to help less resource-rich European countries deal with the rising prices caused in no small part by Russia's invasion. 

"It is right that Norway is in the favorable position of being an energy exporter at the moment, and that is why it gives us an extra incentive of leading in the way we assist Ukraine in coming through not only this first year, but the coming four or five years," Store said

>>すごいね。エネルギーで稼いだ金でウクライナを4,5年援助するという。ワイも戦争は大体4,5年続けると終わるか、停戦状態になるとみているけどね。その間を支援すると宣言することは、すごいね。

 ノルウェーがドイツに少し安い価格で売る? それは長期契約という意味なのかな?? ドイツ的にもロシアからもう買えないとなると、他から買わねばいけないわけだからね。 これはドイツの足元を見たうえでの、余裕な発言なのかな?

 ちょうどカタールとの長期契約を結んだばかりだし。高値での長期契約をノルウェーが持ちかけているんかな? 知らんけど。

 

 

 

ランブレヒト防相#berlinsecurityconferenceウクライナの持久力を強化しなければならないと強調した。 彼女は、東側の側面でウクライナNATO同盟国への継続的な支援を繰り返した。

Norwegian Prime Minister: 'Safeguarding infrastructure is also a NATO issue' | DW News

>>ノルウェーのPMだね。

>>立ったままインタビューやったな。

 

Hans von der Burchard@vonderburchard
"Russia cannot and will not win this war anymore on the battlefield," Olaf Scholz told Berlin Security Conference.
Russia's missile attacks on Ukrainian energy infrastructure are a "desperate scorched earth strategy." Germany will deliver more support, "especially air defense."


British Army Staff Germany@BritishArmyDEU
Alongside the head of the @Bundeswehr Cyber and Information Service, DComd @UKStratCom attended the #berlinsecurityconference.  Cyber is increasingly important and getting it right is all about #coherence, #collaboration, #integration, #resilience and #adaptability.

Bianca Bizdrigheanu@bbiancatania
Full 1st day at Berlin Security Conference.  
- Keynote speeches by @Bundeskanzler  and @jonasgahrstore
- Support  for 🇺🇦 was highlighted throughout the day
- strong focus on strengthening european defence
ベルリン安全保障会議の初日。

- @Bundeskanzlerと@jonasgahrstoreによる基調講演
- 🇺🇦のサポートは 1 日を通して強調されました
- 欧州防衛の強化に重点を置く

    

 

 

Germany, Norway seek NATO role in undersea infrastructure

Mark Hallam

2022.12.01

The leaders of Germany and Norway have said they will propose that NATO plays a role in protecting undersea infrastructure like gas pipelines or fiber optic cables. This follows the sabotage of the Nord Stream pipelines.

 ドイツとノルウェーの首脳は、ガスパイプラインや光ファイバーケーブルなどの海底インフラを保護する役割をNATOが果たすことを提案すると述べた。これは、Nord Stream パイプラインの妨害行為に続くものです。

>>海底施設の保護もNATOの役割とな。

German Chancellor Olaf Scholz and Norwegian Prime Minister Jonas Gahr Store said on Wednesday that they would be speaking with the head of NATO about involving the alliance in future operations to protect critical undersea infrastructure like gas pipelines or fiber optic cables. 

Store said Norway had already increased vigilance at such sites in light of Russia's invasion of Ukraine, and even more so after the sabotage of the Nord Stream gas pipelines.

Store was visiting the German capital on Wednesday for bilateral talks and to attend the Berlin Security Conference with Scholz.

  ドイツのオラフ・ショルツ首相とノルウェーのジョナス・ガール・ストレ首相は水曜日、ガスパイプラインや光ファイバーケーブルなどの重要な海底インフラを保護するための将来の作戦に同盟を関与させることについて、NATO の首脳と話し合う予定であると述べた。 
ストア氏によると、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、ノルウェーはすでにそのような場所での警戒を強化しており、ノルド ストリーム ガス パイプラインの破壊工作の後はなおさらだ という。
ストアは水曜日、二国間協議とショルツとのベルリン安全保障会議に出席するためにドイツの首都を訪れていた.

>>NATO、外相会談がルーマニアで開催された後で、ベルリンで安全保障会議

Store was visiting Berlin on Wednesday for bilateral talks and to attend the Berlin Security Conference with ScholzImage: Kay Nietfeld/dpa/picture alliance

 

"The chancellor and I have agreed to propose an informal initiative to enhance security of undersea infrastructure — can be pipelines, can be fiber, can be telecommunications," Store said at the Berlin Security Conference.  

"This is really the blood, [the] circulation of a modern economy. And we will raise later today with the secretary general of NATO: how we can enhance military and civil and police coordination to do this? We want to take it forward. NATO is relevant. How can we work with the private sector? We believe this is the right thing to do."

Store also discussed the proposal with DW on Wednesday, saying that some European partners had already offered closer cooperation with Norway. In 2021, Norway was the second-largest supplier of natural gas in the EU after Russia, but the 27-member bloc's Russian gas imports have dramatically declined in 2022 after Moscow invaded Ukraine in February.

"We have 90 platforms out there on the shelf and we have about 9,000 kilometers of pipelines. But I can assure you we look after them pretty closely, and we do that also now with our allies. So alongside, for example, Germany, United Kingdom, France, Netherlands, we [now] sail more actively together," Store told DW.

The proposal to NATO is designed to explore how to expand existing operations and to look at a potential coordinating role for the alliance. 

  「首相と私は、海底インフラのセキュリティを強化するための非公式のイニシアチブを提案することに同意した.  

「これは本当に血であり、現代経済の循環です。そして、今日遅くにNATOの事務総長と一緒に提起します:これを行うために軍と市民と警察の調整をどのように強化できるか? 私たちはそれを前進させたい. NATO は関連性があります。民間部門とどのように協力できるでしょうか?これは正しいことだと信じています。」

Store はまた、水曜日に DW とこの提案について話し合い、一部のヨーロッパのパートナーはすでにノルウェーとのより緊密な協力を申し出ていると述べた。2021年、ノルウェーは ロシアに次ぐEUで2番目に大きな天然ガス供給国でしたが、2月にロシアがウクライナに侵攻した後、27の加盟国によるロシアのガス輸入は2022年に劇的に減少しました.

「私たちは棚に90のプラットフォームを持っており、約9,000キロメートルのパイプラインがあります。しかし、私たちはそれらをかなり注意深く管理しており、同盟国と一緒にそれを行っていることを保証できます。たとえば、ドイツ、ユナイテッドと並んで王国、フランス、オランダ、私たちは [現在] より積極的に一緒に航海しています」とストアは DW に語った。

NATO への提案は、既存の作戦を拡大する方法を探り、同盟の潜在的な調整の役割を検討するように設計されています。 

 

>>領海のスウェーデンデンマークではなく、ノルウェーが音頭を取るのだな。

NATO welcomes idea, more talks on Thursday

NATO Secretary-General Jens Stoltenberg traveled to Berlin for the conference and will hold further talks with Scholz on Thursday. In an emailed statement to Reuters news agency, Stoltenberg said he welcomed the proposal. 

"We have stepped up our efforts after the recent sabotage of the Nord Stream pipelines, and it is vital to do even more to ensure that our offshore infrastructure remains safe from future destructive acts," he said.

Russia denies involvement in the sabotage of the Nord Stream pipelines and has tried to blame Britain, which in turn says it was not involved. 

  NATO事務総長イェンス・ストルテンベルグは会議のためにベルリンを訪れ、木曜日にショルツとさらに会談する予定です。ロイター通信に電子メールで送った声明の中で、ストルテンベルグ氏はこの提案を歓迎すると述べた。 

「最近のノードストリームパイプラインの妨害行為の後、私たちは取り組みを強化しており、オフショアインフラストラクチャが将来の破壊行為から安全に保たれるようにするために、さらに多くのことを行うことが不可欠です」と彼は言いました.

ロシアはノルド ストリーム パイプラインの妨害行為への関与を否定し、英国を非難しようとしたが、英国は関与していないと主張している。

>>イギリスは、とばっちりだね。

Scholz: Russia cannot win militarily in Ukraine

Scholz and Store both condemned Russia's aggression in Ukraine at the Berlin Security Conference. 

"Russia, I am convinced of this, cannot and will not win this war on the battlefield any more. The merciless attacks on critical infrastructure, on water and energy pipelines, on cities and towns, they are an awful and simultaneously desperate strategy of scorched earth," Scholz said. 

"Russia must realize, we will support Ukraine for as long as it takes," Scholz said, switching to English for that last phrase. "Economically, financially, with humanitarian aid, rebuilding destroyed energy infrastructure just at the moment, and also with weapons."

  ショルツとストアはともに、ベルリン安全保障会議でロシアのウクライナ侵略を非難した。 

「ロシア、私はこれを確信しており、これ以上戦場でこの戦争に勝つことはできませんし、勝つこともありません。重要なインフラ、水やエネルギーのパイプライン、都市や町に対する無慈悲な攻撃は、ひどいものであると同時に、焦土と化す絶望的な戦略である。」とショルツ氏は語った。 

「ロシアは認識しなければならない。我々は必要な限りウクライナを支援する」とショルツ氏は言い、最後のフレーズを英語に切り替えた. 「経済的、財政的、人道的援助、破壊されたエネルギーインフラの再建、そして武器を使って」

 

Store, meanwhile, told the defense analysts and reporters gathered in the German capital that Russia was "losing the ground war and ... hitting back by terrorizing from the air. We need to help Ukraine in that situation."

He said the war must stop, but that only one side really had the power to ensure this.

"I think it has been well put: If Russia stops the war, the war stops. If Ukraine stops the war, Ukraine disappears. And we cannot let that happen and that's why this is critically important for Ukraine, but it's a critical value issue for every free nation in Europe," Store said. "And Norway is aware of this and we will face that challenge alongside Germany."

  一方、ストアは、ドイツの首都に集まった防衛アナリストや記者に、ロシアは「地上戦に敗れ、空からの恐怖で反撃している。その状況でウクライナを助ける必要がある」と語った。

彼は、戦争は止めなければならないが、これを確実にする力を本当に持っているのは一方の側だけだと言った。

「ロシアが戦争を止めれば、戦争は止まる。ウクライナが戦争を止めれば、ウクライナは消滅する。そして、私たちはそれを起こしてはならない。だからこそ、これはウクライナにとって非常に重要であるが、それは非常に重要な問題である。ヨーロッパのすべての自由国家のために」とストア氏は語った。「そしてノルウェーはこれを認識しており、我々はドイツと共にその挑戦に立ち向かうだろう」

Germany to seek nuclear-capable F-35s as part of NATO deterrent

Both leaders alluded to the major changes in defense spending and policy triggered by the conflict. 

Scholz said that part of this would be Germany's major boost in defense spending. 

He said that while Berlin took the "irresponsible nuclear rhetoric" coming out of Moscow "very seriously," it would not be "intimidated by it." 

He said Germany's response was to stick to the red line of never allowing a nuclear war to become a reality. He said he was pleased that Chinese President Xi Jinping agreed on this principle during Scholz's contentious visit to Beijing at the start of the month. He also welcomed including a mention of this commitment never to launch a nuclear war in the recent G20 summit declaration. 

 "As long as states like Russia possesses nuclear weapons as part of their arsenal of threats, NATO of course requires a credible deterrence potential. Anything else would mean making us susceptible to blackmail," Scholz said. 

"For that reason, we have decided to acquire 35 fighter jets in the coming years and to continue a German contribution towards the nuclear capabilities of the Alliance in the future. That is a message for national, European and transatlantic security, and a contribution towards burden sharing in the Alliance," Scholz said. 

Purchasing the new nuclear-capable F-35s, which German pilots could fly carrying US nuclear weapons stored in Germany in the event of a nuclear conflict, has been a sensitive issue for successive German governments and particularly Scholz's coalition. 

 Although Germany is not a nuclear power, critics say its ability to deliver US warheads makes it one in all but name. Traditionally, the Green party in particular, but also elements of Scholz's Social Democrats, have been lukewarm on or even opposed to the idea of so-called nuclear sharing. 

Scholz said he wanted to seal the first contracts for F-35s and for other defense spending plans like retrofitting Puma infantry fighting vehicles inked in the coming year.

  両首脳は、紛争によって引き起こされた 防衛費と政策の大きな変化をほのめかした.

ショルツ氏は、この一部がドイツの国防費の大幅な増加になると述べた。 

彼は、ベルリンはモスクワから出てきた「無責任な核のレトリック」を「非常に真剣に」受け止めているが、「それによって脅かされる」ことはないだろうと述べた。 

彼は、ドイツの対応は、核戦争が現実になることを決して許さないというレッドラインに固執することだと述べた。彼は、中国の習近平国家主席が月初にショルツの北京への物議を醸す訪問中にこの原則に同意したことを喜んでいると述べた. 彼はまた、最近のG20サミット宣言に、核戦争を決して開始しないというこのコミットメントへの言及を含めることを歓迎しました。 

「ロシアのような国家が脅威の武器庫の一部として核兵器保有している限り、NATOはもちろん信頼できる抑止能力を必要とする.それ以外の場合、私たちは恐喝の影響を受けやすくなる.」とショルツは述べた. 

「そのため、今後数年間で35機の戦闘機を取得し、将来的に同盟の核能力に対するドイツの貢献を継続することを決定しました。これは、国家、ヨーロッパ、および大西洋横断の安全保障に対するメッセージであり、アライアンスで負担を分担する」とショルツ氏は語った。 

核戦争が発生した場合にドイツのパイロットがドイツに保管されている米国の核兵器を搭載して飛行 できる新しい核対応のF-35を購入することは、歴代のドイツ政府、特にショルツの連合にとってデリケートな問題でした.

ドイツは核保有国ではありませんが、批評家は、米国の弾頭を提供する能力は、ドイツを名ばかりにしていると言います。伝統的に、特に緑の党だけでなく、ショルツの社会民主党の要素も、いわゆる核共有の考えに生ぬるい、または反対さえしてきました。 

Scholz は、F-35 や、来年に調印された Puma 歩兵戦闘車の改造などの防衛支出計画の最初の契約を締結したいと述べた。

 

>>記事の題とは打って変わって、ドイツの安全保障の大事な話になっている。

Norway planning more Ukraine aid, and broader energy relief 

Norway's Store said during his trip to Berlin that his coalition government in Oslo would be announcing a major package of longer-term financial aid for Ukraine as part of its 2023 budget. 

He also alluded to the major fossil fuel exporter looking into ways to help less resource-rich European countries deal with the rising prices caused in no small part by Russia's invasion. 

"It is right that Norway is in the favorable position of being an energy exporter at the moment, and that is why it gives us an extra incentive of leading in the way we assist Ukraine in coming through not only this first year, but the coming four or five years," Store said. "And the package we will propose to parliament will consist of support to Ukraine, substantially, but will also be an element of supporting those countries beyond Ukraine that are now be being hit by food prices and energy prices."

The visiting prime minister also discussed this issue with DW earlier on Wednesday, saying it was a "very fair request to hope for lower prices of energy" and saying "I can tell you it is not in Norway's interest that you have high and volatile energy prices in Europe."

Store also told the audience in Berlin that with reduced gas imports from Russia, Norway had become Germany's single largest supplier since the war began.

Edited by: Sean Sinico

 ノルウェーのストアは、ベルリンへの訪問中に、オスロの彼の連立政権が2023年の予算の一部として、ウクライナに対する長期的な財政援助の主要なパッケージを発表すると述べた. 

彼はまた、主要な化石燃料輸出国が、ロシアの侵略によって少なからず引き起こされた価格の上昇に資源の少ないヨーロッパ諸国が対処するのを助ける方法を模索していることをほのめかした。 

ノルウェーが現時点でエネルギー輸出国として有利な立場にあることは正しいことであり、それが、ウクライナがこの最初の年だけでなく、次の年を乗り切るのを支援する方法を主導する特別なインセンティブを与える理由でもあります。 4 年か 5 年です」と Store 氏は言います。「我々が議会に提案するパッケージは、実質的にはウクライナへの支援からなるが、現在食料価格とエネルギー価格に打撃を受けているウクライナ以外の国々を支援する要素にもなるだろう」

訪問している首相はまた、水曜日の早い段階でこの問題についてDWと話し合い、「エネルギーの価格低下を期待することは非常に公正な要求である」と述べ、「あなたが高くて不安定なエネルギーを持っていることはノルウェーの利益にならないと言うことができます.ヨーロッパの価格。」

ストアはベルリンの聴衆に、ロシアからのガス輸入が減少したことで、戦争が始まって以来、ノルウェーがドイツにとって唯一最大の供給国になったと語った。

市場価格で普通に取引しましょうではないんかい?
>>それより、ウクライナへの支援を、4,5年間続けるという提案は素晴らしいな。
ロシアへの大きな打撃だろう。