ドイツ、イランへの国外追放を禁止へ Christoph Hasselbach

"Nobody should be put at risk of danger to life and limb [if deported], but there should also not be any free rides."

>>ドイツで犯罪を犯しておいて、追放は嫌だはダメだろう。

軽犯罪でもあるまいし。

公共の安全を脅かしたり、治安の脅威となる犯罪者を追放する権限を残そうとするのは、当たり前かな。日本ではそれができてないのだが。反日野党は一生懸命ご都合主義で邪魔するからな。

 

According to Interior Ministry figures from October, about 12,000 Iranians who are facing deportation are currently living in Germany. In the first eight months of this year, however, only 31 were sent back to Iran. In all of 2021, that number was 28, mostly people who had committed crimes.

According to the Interior Ministry, these so-called repatriations are still possible in theory, but difficult in practice.

>>宙ぶらりんのイラン人犯罪者が1.2万人いるのか。

今年になって31名だけ、去年は28名しか追放してないと。強制国外追放はそれなりに重犯罪の場合なのだろう。書いてないけど。結局、理屈的には追放でいるが、実践するのが難しくなっているとな。無駄にマウント取ってくるんだろう。 

 犯罪者の国外追放は、その国で将来拷問がないと保証しろとまで言う。それはむりよん。知らんがなと、、、ドイツがそこまで犯罪者のためにしてやる義理ないけどね。文字通り犯罪者なのだから。ドイツで裁判を受けてからとかいう注文も、どうかな。

 

日本も法的に上手くできないようになっているからな。

修正するのは、反日野党が邪魔するし。マスメディアも!

 

Germany set to ban deportations to Iran

Christoph Hasselbach

2022.12.01

In Germany, the interior minister, some regional governments and refugee organizations want Iranian asylum-seekers to be exempt from deportation. But the conservative opposition argues that criminals must be sent back.

 ドイツでは、内務大臣、一部の地方政府、および難民団体が、イラン人の亡命希望者の強制送還を免除することを望んでいます。しかし保守野党は、犯罪者は送り返さなければならないと主張している。

>>ちょうど今イラン全土で抗議デモ運動が広まっている中で、国内の犯罪者を国外追放することから、イランを例外にするとな? 野党のCDUは反対と。

まあ、抗議活動をする前にも追放していたのではないんかな??

No Iranian citizen seeking refuge in Germany should be deported — that is the view of German Interior Minister Nancy Faeser. The Social Democrat (SPD) lawmaker sees no other choice; given the violent crackdown on demonstrators by the government in Tehran, she believes anything else would be irresponsible. 

The protests in Iran were sparked in September when 22-year-old Kurdish woman Jina Mahsa Amini died after she was arrested by the morality police for not wearing the hijab, as prescribed.

Some of Germany's 16 states have already decided to halt deportations due to the current situation in Iran — Lower Saxony, North Rhine-Westphalia, Schleswig-Holstein, Bremen and Mecklenburg-Western Pomerania —  and Faeser has called for the rest of the states to follow their example.

  ドイツに避難を求めているイラン市民は強制送還されるべきではありません - それはドイツ内務大臣ナンシー・フェーザーの見解です. 社会民主党 (SPD)の議員は他に選択肢がないと考えています。テヘラン政府によるデモ参加者に対する暴力的な取り締まりを考えると、彼女はそれ以外のことは無責任だと考えています。 
イランでの抗議活動は、22 歳のクルド人女性ジナ・マーサ・アミニが、規定どおりにヒジャブを着用していなかったとして道徳警察に逮捕された後、9 月に死亡したときに火がついた。
ニーダーザクセン、ノルトライン ヴェストファーレン、シュレスヴィヒ ホルシュタインブレーメン、メクレンブルク 西ポメラニアなど、ドイツの 16 の州の一部は、イランの現在の状況を理由に国外追放を停止することを既に決定しており、フェーザーは残りの州にも彼らの例にならって追随するよう求めています。

>>ほほ。。。

Demonstrators in Germany have taken to the streets in support of solidarity with protests in IranImage: Christoph Strack/DW

 

"The human rights situation is catastrophic, and the situation is becoming more dramatic by the day," said Lower Saxony Interior Minister Boris Pistorius.

Aminata Toure, the minister for Social Affairs, Youth, Family, Seniors and Equality in the northern state of Schleswig-Holstein, recently told the state parliament in Kiel that "people from Iran, who are living here, are desperate." She called for their "legal challenges with regards to residency status" to be "reassessed." For the Green Party politician, this can only mean a blanket ban on deportations.

 ニーダー ザクセン州のボリス ピストリウス内相は、「人権状況は壊滅的であり、状況は日に日に劇的になっています。

シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州北部の社会問題、青少年、家族、高齢者、平等を担当するアミナタ・トゥーレ大臣は最近、キールの州議会で、「ここに住んでいるイラン人は絶望的だ」と語った。彼女は、彼らの「在留資格に関する法的異議」​​を「再評価」するよう求めた。緑の党の政治家にとって、これは国外追放の全面禁止を意味するだけです。

>>抗議活動中のイランと、保守強行派のライス大統領が当選したイランは、別に変らんけどね。ライス大統領が当選してより取り締まりの厳しい社会になってしまったので、今抗議活動が国中で広まったわけだ。だから追放しませんというのは、どうなんかな。シリアが戦争・紛争状態なので国外追放できないというのはわかるが。

Opposition: 'No free rides' for criminals

But this is by no means a unanimous opinion. Many states are governed by the conservative parties, the Christian Democratic Union and in Bavaria, the Christian Social Union, and politicians from these parties are opposed to the idea.

CSU politician Andrea Lindholz explained her objections to DW. "I take a critical view of a general ban on deportation because criminal offenders and people who pose a threat to public safety would also benefit from it," she said. "Nobody should be put at risk of danger to life and limb [if deported], but there should also not be any free rides."

The CSU-led state of Bavaria wants to retain the ability to deport people who commit criminal offenses or who pose a risk to public safety. The situation is the same in CDU-led Saxony.

Lindholz's fellow conservative in the German Bundestag parliament, Christoph de Vries, added in a written response to DW that in asylum procedures, "the assessment of the danger each individual asylum-seeker could face in the event of deportation plays a decisive role … even without issuing a blanket ban on deportations." Therefore, "government opponents, women and homosexuals currently have no need to fear being deported."

  しかし、これは決して全会一致の意見ではありません。多くの州は保守政党キリスト教民主同盟 とバイエルン州キリスト教社会同盟によって統治されており、これらの政党の政治家はこの考えに反対しています。

 CSU の政治家アンドレア・リンドホルツは、DW に対する彼女の異議を説明しました。「犯罪者や公共の安全に脅威を与える人々も恩恵を受けるため、強制送還の一般的な禁止には批判的な見方をしています」と彼女は言いました. 「(国外追放された場合)誰も生命や手足の危険にさらされるべきではありませんが、ただ乗りであってはなりません。」

 CSU が主導するバイエルン州は、犯罪を犯したり、公共の安全に危険を及ぼす人々を強制送還する権限を保持したいと考えています。状況は、CDU が率いるザクセン州でも同じです。

ドイツ連邦議会でリンドホルツの仲間の保守派であるクリストフ・ド・フリースは、DW への書面による回答の中で、亡命手続きにおいて、「個々の亡命希望者が国外追放の場合に直面する可能性のある危険の評価は、決定的な役割を果たす…国外追放を全面的に禁止する」と述べた。したがって、「政府の反対者、女性、同性愛者は現在、国外追放を恐れる必要はない」。

 

>>みな、犯罪者は同性愛者だと言い出すだろう。自己申告でゲイでもレズでもなれるからな。それで追放されないなら、弁護士はそうアドバイスするだろう。

Mullah Soleiman Mousavifar left Germany in November, following a deportation orderImage: hawzahnews

 

However, when it came to "people who traveled to Germany illegally for economic reasons," sending them back needs to be just as possible as it would be for people who had committed crimes.

"In the case of a general ban, it would not be possible, for example, to deport someone like the deputy leader of the Hamburg Islamic Center (IZH) to Iran," he said, referring to the case of Mullah Soleiman Mousavifar. "This person has had contact with terrorist organizations and would have absolutely nothing to fear in Iran because the IZH receives direct instructions from the mullah regime."

 しかし、「経済的理由でドイツに不法渡航した者」については、犯罪を犯した者と同様に可能な限り送り返さなければならない。

「一般的な禁止の場合、たとえば、ハンブルグイスラム・センター(IZH)の副リーダーのような人物をイランに強制送還することはできないだろう」「この人物はテロ組織と接触しており、IZHはムッラー政権から直接指示を受けているため、イランでは恐れる必要はまったくありません。」

 

>>どえらい組織が、ドイツにはびこっているのだな。まあ、朝鮮総連という組織が日本にもあるが。

Pro Asyl says deportees threatened by torture

While opposition politicians want the Foreign Ministry to produce a new report on the situation in Iran, refugee aid organizations maintain there is already enough relevant information. The organization Pro Asyl wrote to DW: "In the case of deportation to a country like Iran, which is known to commit torture, Germany cannot, in our view, ensure that there is no threat of torture there."

Germany must be able to ensure that the people it deports are not tortured upon their return. Pro Asyl also sees no room for exceptions. "This is a universal human right," it wrote. "That means it also applies to criminals and so-called dangerous people." Whoever commits an offense in Germany should "also be brought before the courts and punished in Germany," the aid group added.

Amnesty International takes a similar position, telling DW: "We consider exceptions to a general ban on deportations to be unjustifiable. A halt on deportations applies in principle to all people."

  野党政治家は、外務省がイランの状況に関する新しい報告書を作成することを望んでいますが、難民支援組織は、関連情報はすでに十分にあると主張しています。Pro Asyl は DW に次のように書いています。

ドイツは、強制送還した人々が帰国後に拷問を受けないようにすることができなければなりません。Pro Asyl も、例外の余地はないと考えています。「これは普遍的な人権です」と書かれています。「つまり、犯罪者やいわゆる危険人物にも適用されるということです」ドイツで犯罪を犯した者は誰であれ、「ドイツでも法廷に出廷し、罰せられるべきである」と、援助団体は付け加えた。

アムネスティ・インターナショナルも同様の立場をとっており、DW に対して次のように述べている。「私たちは、強制送還の一般的な禁止に対する例外は正当化できないと考える。強制送還の停止は、原則としてすべての人に適用される。」

 

>>ありゃ、アムネスティインターナショナルの言い分だと、どっちの側にも都合よく解釈されてしまうな。イランだからと例外にするなといいい、一方、イラン同様どこにも追放するなと。ドイツ人と同じ扱いにしろと。

 傾向として、ドイツはもう移民を受け入れたくはないし、犯罪者は追放したいと思っているな。皆そうだけどね。死刑制度廃止などと言ったマウントを、不法移民の犯罪者にまで適用しようとして、やりすぎだと反発が起きているのが現状か。

Hardly any Iranians are currently being deported

But how many people are we talking about? According to Interior Ministry figures from October, about 12,000 Iranians who are facing deportation are currently living in Germany. In the first eight months of this year, however, only 31 were sent back to Iran. In all of 2021, that number was 28, mostly people who had committed crimes.

According to the Interior Ministry, these so-called repatriations are still possible in theory, but difficult in practice.

But CSU politician Andrea Lindholz is hoping for a European approach. "It would be helpful if the federal government would ensure a uniform and coordinated approach by the European Union states. But it hasn't done that so far, and I think that is wrong."

Reaching agreements at the European level on matters of asylum and residency is notoriously difficult. Even within Germany, it remains unclear what the states' interior ministers will decide when it comes to the question of halting all deportations to Iran.

しかし、私たちが話しているのは何人の人ですか?10 月の内務省の統計によると、国外追放に直面している約 12,000 人のイラン人が現在ドイツに住んでいます。しかし、今年の最初の 8 か月で、イランに送り返されたのは 31 人だけでした。2021 年全体でその数は 28 人で、そのほとんどが犯罪を犯した人です。

内務省によると、これらのいわゆる本国送還は理論上は依然として可能ですが、実際には困難です。

しかし、CSU の政治家アンドレア・リンドホルツは、ヨーロッパのアプローチを望んでいます。「連邦政府欧州連合諸国による統一的かつ協調的なアプローチを確保することは有益だろう。しかし、これまでのところそれは行われておらず、それは間違っていると思う」

亡命と居住の問題について欧州レベルで合意に達することは、非常に難しいことで知られています。ドイツ国内でさえ、イランへのすべての強制送還を停止するという問題に関して、州の内務大臣が何を決定するかは不明のままです。

 

>>移民問題は、ホント西側諸国にとって扱いにくい問題だわな。弱点だわい。

 

This article was originally written in German.

While you're here: Every Tuesday, DW editors round up what is happening in German politics and society. You can sign up here for the weekly email newsletter Berlin Briefing.