ホロドモール生存者Yarosh102歳 「この勝利を見届けたい」 Iryna Ukhina

ふぅ~ですな。

 

カモフラージュのネットをこれまで9つ縫って、戦場に送っているという。

ウクライナが勝つまで生き抜いて、勝利を見届けてほしいものだわい。

いい記事だな。

 

Holodomor survivor: 'I want to witness this victory'

Iryna Ukhina

2022.11.30

Liubov Yarosh survived Soviet dispossession, the Holodomor famine and World War II. At 102, she is living through war once again, supporting Ukrainian troops in their fight against Russia's war of aggression.

 リュボフ・ヤロシュは、ソ連の没収、ホロドモール飢饉、第二次世界大戦を生き延びた。102 歳の彼女は、再び戦争を経験し、ロシアの侵略戦争と戦うウクライナ軍を支援しています

 

>>ウクライナには高齢のホロコーストサバイバーがいたけど、ロシアの攻撃で亡くなった人がいたなぁ。ホロドモールの生存者もいるのだね。

>>この間、スペインだったか、スペイン風邪を生き残り、武漢肺炎も生き残った高齢おばあさんがいたなぁ。

She sits on a sofa in her house, unravelling one thread after another. While she may have trouble seeing and hearing, Liubov Yarosh is full of energy, tirelessly weaving camouflage nets for the Ukrainian soldiers fighting against Russia's war of aggression. The 102-year-old lives in the village of Khodorkiv. She was born in 1920 in the neighboring village of Pustelnyky in the northern Zhytomyr region.

Yarosh's family was quite prosperous at that time, as they had chickens, pigs, cows and horses. But their livestock and household items were all confiscated by the Soviet Union and taken to the collective farm, as the communist regime's large agricultural enterprises managed by the "socialist collective" of members were called.

When the Holodomor famine began, Yarosh was just 13 years old. The intentionally induced mass famine was organized in Ukraine in 1932-33 by the Soviet leadership to force Ukrainian peasants into collective farms and crush the national resistance movement.

 As early as 1931, tens of thousands of intellectuals were also deported to Siberia, among them the country's most important poets, writers and artists. It wasn't until the Soviet Union collapsed in the 1990s that public discussion about this persecution and the Holodomor could begin.

 In 2006, the Ukrainian parliament classified Holodomor as a genocide against the country's people. According to Ukrainian historians, nearly 4 million people perished in the 1930s as a result of the famine.

On November 30, Germany's parliament, the Bundestag, is scheduled to recognize Holodomor as a genocide at the request of four parliamentary groups.

  彼女は自宅のソファに座って、糸を次々と解いていきます。彼女は視覚と聴覚に問題があるかもしれませんが、Liubov Yarosh はエネルギーに満ちており、ロシアの侵略戦争と戦っているウクライナの兵士のためにカモフラージュ ネットを精力的に織り上げています。ホドルキウ村に住む102歳。彼女は1920年ジトームィル地方北部の近隣の村プステルニキで生まれました。

ヤロシュの家族は当時、ニワトリ、ブタ、ウシ、ウマを飼っていて、とても裕福でした。しかし、メンバーの「社会主義集団」によって管理されている共産主義政権の大規模な農業企業が呼び出されたため、彼らの家畜と家財道具はすべてソビエト連邦によって没収され、集団農場に運ばれました。

ホロドモールの飢饉が始まったとき、ヤロシュはわずか 13 歳でした。意図的に引き起こされた大規模な飢饉は、ウクライナの農民を集団農場に強制し、国家の抵抗運動を鎮圧するために、1932年から33年にかけてソビエト指導部によってウクライナで組織されました。

1931 年という早い時期に、何万人もの知識人がシベリアに強制送還されました。その中には、この国の最も重要な詩人、作家、芸術家が含まれていました。1990 年代にソビエト連邦が崩壊して初めて、この迫害とホロドモールに関する公の議論が始まりました。

2006 年、ウクライナ議会はホロドモールを国民に対するジェノサイドと分類した。ウクライナの歴史家によると、飢饉の結果、1930 年代に約 400 万人が死亡しました。

 11 月 30 日、ドイツ連邦議会は、4 つの議会グループの要請により、ホロドモールをジェノサイドとして認定する予定です。

 

>>中国も、チベットウイグルで同じことをや停るのかもしれんね。

やってないはずないしね。

The Holodomor Genocide Memorial in Kyiv is dedicated to the millions who died during the systematic famine engineered by the Soviet UnionImage: Bryan Smith/ZUMA Press/picture alliance

‘There was nothing to eat'

"The old bread wasn't enough and there was no new bread. Those who had potatoes peeled them so that the sprouts were left intact. These peels were then planted so that there would be potatoes. That's how we tried to grow potatoes," Yarosh recalled with sadness. "There was nothing to eat."

To survive, people picked linden blossoms and nettles, ground them up and baked cookies from them. Tea was made from turnips. "We ground up a little wheat and made a thin soup out of it, sipped it just to ingest something and laid back down," she said.

The sustained malnutrition caused Yarosh's hands and feet to swell. "I had bad, painful sores and couldn't walk. My father carried me outside," she said. At night, she had hallucinations and her parents feared she wouldn't survive.

 「古いパンでは足りず、新しいパンもありませんでした。じゃがいもを持っていた人は、もやしが残るように皮をむきました。その皮を植えて、じゃがいもができるようにしました。そうやってじゃがいもを育てようとしました」ヤロシュは悲しそうに思い出した。「食べるものは何もありませんでした。」

生き残るために、人々はシナノキの花やイラクサを摘み、すりつぶしてクッキーを焼きました。お茶はカブから作られました。「私たちは少量の小麦をすりつぶして薄いスープを作り、何かを摂取するためだけにそれをすすり、横になりました」と彼女は言いました.

持続的な栄養失調により、ヤロシュの手と足はむくみました。「ひどく痛みを伴うただれがあり、歩くことができませんでした。父が私を外に連れ出しました」と彼女は言いました。夜になると彼女は幻覚に見舞われ、両親は彼女が生きていけないのではないかと恐れた。

>>フム、フム。

'Children were dying in the houses'

Yarosh said many children died of starvation. "Children were dying in the houses. Men who still had some strength went from home to home and saw that some of them were lying on the stove, some elsewhere. They gathered them up, put them on a cart, then dug a big hole. There were 10 or even more children. They were all buried in this way."

Yarosh grew up with five siblings. Her older brother Michaylo was caught by a patrol and beaten to death when he went to another village to look for turnips for his family. And their younger sister Olya died of hunger.

Yarosh's father had to bury his children alone. "We had a cemetery very close nearby. My father took his oldest son there and buried him," she said, adding tearfully that her brother and 4-year-old sister were buried naked, without coffins. "My mother then found another cloth to wrap Olya in."

  ヤロシュは、多くの子供たちが飢えで亡くなったと言いました。「家の中で子供たちが死にかけていました。まだいくらか力が残っている男性が家から家へと行き、何人かはストーブの上に、何人かは別の場所に横たわっているのを見ました。彼らは子供たちを集めて荷車に乗せ、大きな穴を掘りました」 ……10人かそれ以上の子供がいた。全員がこのように埋葬された」

Yarosh は 5 人の兄弟で育ちました。彼女の兄のミハイロは、家族のためにカブを探しに別の村に行ったときに、パトロールに捕まり、殴打されて死にました。そして、妹のオリヤは飢えで亡くなりました。

ヤロシュの父親は子供たちを一人で埋葬しなければなりませんでした。「すぐ近くに墓地がありました。父はそこに長男を連れて行き、兄と4歳の妹が棺桶もなく裸で埋葬された、その後、母はオリアを包む別の布を見つけました。」と、涙ながらに語りました。

Yarosh hopes her three grandsons fighting for Ukraine will return safelyImage: DW

 

Yarosh said all the cows died in the collective farms at that time because no one could lead them to the fields. But people were not allowed to take the meat from the dead cattle, either. It was even deliberately poisoned by the communists, she said.

"[The poison] was in bottles and was called creolin. They slit open the cows and doused them with it." For decades, Ukrainians didn't dare speak about these horrors, for fear of ending up behind bars, she added.

  ヤロシュ氏によると、その当時、集団農場の牛は誰も畑に連れて行ってくれなかったため、すべての牛が死亡したという。しかし、人々は死んだ牛の肉を取ることも許されませんでした。共産主義者によって故意に毒殺された、と彼女は言った。

「[毒]は瓶に入っていて、クレオリンと呼ばれていました。彼らは牛を切り開いて、それをぶつけました。」何十年もの間、ウクライナ人は刑務所に入れられることを恐れて、これらの恐怖について話す勇気がなかったと彼女は付け加えた.

 

>>家畜を殺しておいて、腐らせるに任せたのか。

やはりおそロシアですな。鬼畜の仕業。今も変わらないようだし。中国はもっと変わってなさそうだし。

Holodomor, World War II, and now Russia's war

Yarosh survived Holodomor, but World War II soon followed. Twice the Nazis tried to deport her to Germany as a forced laborer. But she managed to escape both times.

"They took me to Germany, but I ran away. When they tried to take me away from home again, I took a knife, wounded my hands and chest and put salt in the wounds. I inflicted such wounds on myself," she said. The injuries prevented her from being taken by the Nazis.

When World War II began, Yarosh was a young woman. She worked in a collective farm and a sawmill, even learning how to cultivate the fields with a tractor because all of the men in the Soviet Union had been drafted to fight Nazi Germany.

Now, at her very advanced age, she is experiencing war yet again — this time an all-out war by Russia against Ukraine. "This is the worst war," she said. "God forbid, such a war shouldn't be wished on anyone."

  Yarosh は Holodomor を生き延びましたが、すぐに第二次世界大戦が続きました。ナチスは彼女を強制労働者としてドイツに強制送還しようと 2 度試みました。しかし、彼女は2回とも逃げることができました。

「彼らは私をドイツに連れて行きましたが、私は逃げました。彼らが私を再び家から連れ去ろうとしたとき、私はナイフを取り、手と胸を傷つけ、傷口に塩を塗りました。私はそのような傷を自分自身に負わせました」と彼女は言いました。 . 負傷により、彼女はナチスに連れて行かれることができませんでした。

第二次世界大戦が始まったとき、ヤロシュは若い女性でした。彼女は集団農場と製材所で働き、ソビエト連邦のすべての男性がナチスドイツと戦うために徴兵されたため、トラクターで畑を耕す方法さえ学びました.

現在、彼女は非常に高齢になり、再び戦争を経験しています。今回は、ロシアによるウクライナに対する全面戦争です。「これは最悪の戦争です」と彼女は言いました。「神は禁じます、そのような戦争は誰にも望まれるべきではありません。」

 

>>ロシアの徴兵を拒否するために脚を折ろうとした動画が出ていたけど、あちらの世界では仕方がない感じなのかな。

>>生き延びたのだなぁ。。。

Three grandsons on the front

Three of Yarosh's grandsons have volunteered to serve on the front lines. Meanwhile, their grandmother weaves camouflage nets with her daughter. They've already sent nine nets to the Ukrainian military. "The boys hide underneath so that no one can hit them," she said.

Each day, the 102-year-old listens to the news and hopes that the soldiers return home alive. She also hopes to survive long enough to see a Ukrainian victory.

"We have already been through so much — hunger and cold. And we must suffer still," she said. "We are still waiting for a victory, but I want to witness this victory."

Yarosh の孫のうち 3 人が最前線での奉仕を志願しました。一方、祖母は娘と迷彩ネットを編んでいます。彼らはすでに9つのネットをウクライナ軍に送っています. 「男の子たちは、だれにもぶつけられないように下に隠れています」と彼女は言いました。

102 歳の彼は毎日ニュースに耳を傾け、兵士たちが生きて帰ってくることを願っています。彼女はまた、ウクライナの勝利を見るのに十分長く生き残ることを望んでいます.

「私たちはすでに多くのことを経験してきました。飢えと寒さです。そして、私たちはまだ苦しまなければならない」と彼女は言いました。「私たちはまだ勝利を待っていますが、この勝利を目撃したいです。」

 

This article was originally written in Ukrainian.

>>生きて勝利を見届けてほしいワイ。