ドイツが計画している移民制度改革とは? Ben Knight

"Germany is a diverse immigration country," insisted Interior Minister Nancy Faeser in an opinion piece written for the Tagesspiegel newspaper on Monday.

>>ほんまか? 信じられん。アメリカのような国になるつもりは一切ない気がするけど。多様化とは、低賃金労働者の多様化という意味だろうに。

 

"Those who live and work here permanently should also be able to vote and be elected, they should be part of our country," promised Chancellor Olaf Scholz in a speech on Monday, introducing the government's plans on extending citizenship rights.

>>ドイツ、選挙権には触れないでいたのに。エサで釣るなぁ。得意の宣伝だわい。

むしろ、市民権を与えても選挙権は与えないのがドイツだろうに。

 

has warned that the government was facilitating "immigration into the social welfare systems."、、、"There has been no progress at all in countering or combating illegal immigration," Djir-Sarai told the newspaper, before adding that citizenship "should not be at the start of the integration process."

>>日本も同じやからな。すぐに与えてたら、同化しないわな。

ただでさえ同化しにくいのに。

 

This move is aimed at helping to integrate Germany's large population with Turkish roots, many of whom say that giving up their original nationality is the biggest hurdle to taking on German citizenship.

>>ドイツも日本同様、帰化するには元の国籍を放棄しないといけないのか。それがトルコ系住民にとって、一番の考え処か。

 受け入れられているとは思えないドイツにいて、いざという時どうすると? 育ての継母ドイツより、知らない産みの母トルコに郷愁を感じ続けるドイツ在住のトルコ人たちだな。アイデンティティが、なぜかドイツにないのだろう。二重国籍になっても、アインデンティティが、そのまま、トルコ&ドイツの中途半端なままということなんだろう。

 

Due to the lack of clear legislation, dual citizenship has de facto already become more than an exception

>>え?ドイツらしからぬ。

 

But the government now plans to allow immigration for some professions even without German recognition of their degree.

>>ほほ、、、すごいね。

 

 

 

 

 

What are Germany's planned immigration reforms?

Andrea Grunau | Ben Knight

2022.11.30

Germany needs hundreds of thousands of new skilled workers, and Olaf Scholz's government is planning a host of reforms to make it easier for them to come. But the political debate will be tough.

  ドイツは何十万人もの新しい熟練労働者を必要としており、Olaf Scholz の政府は彼らが簡単に来ることができるようにするための多くの改革を計画しています。しかし、政治的な議論は難しいでしょう。

 

>>ヨーロッパで高い給与で優秀な人材を吸い上げているのだろう、ドイツ。本当に優秀だとアメリカに行っちゃうようだけど。

"We need you," Economy Minister Robert Habeck declared in an English video message on YouTube aimed at foreign workers around the world.

"Germany is a diverse immigration country," insisted Interior Minister Nancy Faeser in an opinion piece written for the Tagesspiegel newspaper on Monday.

"Those who live and work here permanently should also be able to vote and be elected, they should be part of our country," promised Chancellor Olaf Scholz in a speech on Monday, introducing the government's plans on extending citizenship rights.

 Germany has been struggling with an acute shortage of skilled workers, especially in technology and the skilled trades, catering, logistics, education and nursing, a shortage that some industry associations say is slowing down the economy. "For many companies, the search for skilled workers is already an existential issue," warned Labor Minister Hubertus Heil at the government's recent skilled workers' summit.

 Scholz's government, made up of the center-left Social Democrats (SPD), the Greens and the neoliberal Free Democrats (FDP), has come up with a swath of measures meant to modernize Germany's immigration law, following through on plans announced when they took office one year ago.

The ideas include plans to lower the bureaucratic obstacles in the asylum system, make it easier for immigrants with so-called "tolerated status" to get permanent residency and offer citizenship to people who have lived in Germany for a long time.

  ロバート・ハベック経済相は、世界中の外国人労働者に向けたYouTubeの英語のビデオメッセージで、「私たちはあなたを必要としています。
「ドイツは多様な移民の国である」とナンシー・フェーザー内相は月曜日にタゲシュピーゲル紙のために書かれた意見記事で主張した.
オラフ・ショルツ首相は月曜日の演説で、市民権を拡大する政府の計画を紹介し、「ここに永久に住み、働く人々も投票して選出されることができるべきです。彼らは私たちの国の一部であるべきです」と約束した.
ドイツは熟練労働者の深刻な不足に苦しんでおり、特にテクノロジーや熟練労働、ケータリング、ロジスティクス、教育、看護などの分野で、この不足が経済の減速につながっていると一部の業界団体は指摘しています。「多くの企業にとって、熟練労働者を探すことはすでに実存的な問題です」と、政府の最近の熟練労働者サミットで労働大臣のフーベルトゥス・ハイルは警告しました。
中道左派社会民主党 (SPD)、緑の党 、ネオリベラルな自由民主党 (FDP)で構成されたショルツ政権は、ドイツの移民法を近代化するための一連の措置を打ち出し、その際に発表された計画に従っている。事務所一年前。
イデアには、亡命制度における官僚的な障害を減らし、いわゆる「容認された地位」を持つ移民が永住権を取得しやすくし、ドイツに長く住んでいる人々に市民権を提供する計画が含まれています。

 

>>まるでいいことずくめだな。リベラル左翼の移民政策は、性善説だな。すでに、相ではないことを母国で経験しているだろうに。

Welcome to Germany!

>>行きたいとは思わんけどね。ガラスの壁があるし。

 

Objections and warnings from the opposition

But the opposition parties have raised objections to the plansFriedrich Merz, leader of the conservative Christian Democratic Union (CDU), has warned that the government was facilitating "immigration into the social welfare systems."

Awkwardly, some in the FDP — one of the chancellor's own coalition partners — have also voiced criticism. FDP General Secretary Bijan Djir-Sarai told the Rheinische Post, a regional daily, that it was too soon to change Germany's citizenship law.

"There has been no progress at all in countering or combating illegal immigration," Djir-Sarai told the newspaper, before adding that citizenship "should not be at the start of the integration process."

しかし、野党はその計画に異議を唱えている。保守派のキリスト教民主同盟 (CDU)のリーダーであるフリードリヒ・メルツ氏は、政府が「社会福祉制度への移民」を助長していると警告した。

厄介なことに、首相自身の連立パートナーの 1 つである FDP の一部も批判を表明しています。FDPの総書記であるBijan Djir-Saraiは、地方日刊紙であるRheinische Postに、ドイツの市民権法を変更するのは時期尚早だと語った。

Djir-Sarai は、「不法移民への対抗や闘いにおいて、まったく進歩が見られなかった」と述べた後、市民権は「統合プロセスの開始点であってはならない」と付け加えた。

 

>>おっしゃる通りやね。

FDPでも意義を唱える人が出て来たか。ま、保守層の発想だしね。市民権をすぐに与えれば、同化しようというイニシアティブはなくなるわな。異なる言語、異なる宗教のママで同じ民族が固まって、同化を拒否するグループすら出てくるだろうに。すでにそういう集団がマフィア化し、異なる民族同士でドイツを無視して抗争しているのに。 左翼のショルツ政権、マジヤバだわい。

Here's a rundown of the main changes:

Dual citizenship

Germany's citizenship law is to be reformed to allow dual citizenship with countries outside the European Union and Switzerland, and to allow foreigners in Germany to apply for citizenship after five years rather than eight — as long as they fulfill certain integration criteria. This move is aimed at helping to integrate Germany's large population with Turkish roots, many of whom say that giving up their original nationality is the biggest hurdle to taking on German citizenship.

Due to the lack of clear legislation, dual citizenship has de facto already become more than an exception. According to the Federal Interior Ministry, in 2021 the so-called multi-state rate of naturalizations was 69%.

"Many countries around the world have dual citizenship, but we in Germany only have it for certain cases. We want to change this," SPD deputy parliamentary party leader Dirk Wiese told DW.

"These will not be easy political talks," said Wiese. "There have been campaigns against dual citizenship from right-wing conservatives like CDU in the past."

 ドイツの市民権法が改正され、欧州連合とスイス以外の国との二重国籍が認められ、ドイツに滞在する外国人は、特定の統合基準を満たしていれば、8 年ではなく 5 年後に市民権を申請できるようになります。この動きは、ドイツの多数の人口をトルコのルーツと統合するのを助けることを目的としています.彼らの多くは、元の国籍を放棄することがドイツの市民権を取得するための最大のハードルであると言っています.

明確な法律がないため、二重国籍は事実上、すでに例外以上のものになっています。連邦内務省によると、2021 年のいわゆる複数国への帰化率は 69% でした。

「世界中の多くの国が二重国籍を持っていますが、ドイツでは特定の場合にしか二重国籍を持っていません。私たちはこれを変えたいと思っています」と SPD の副党首 Dirk Wiese は DW に語った。

「これらは簡単な政治的交渉ではないだろう」とヴィーゼは言った。「過去に、CDUのような右翼保守派による二重国籍反対運動がありました。」

 

>>日本は反対だな。反日国に囲まれて利用さることは間違いないし、そもそも同化しないまま反日活動し、国家議員にまでなっているのだから。日本語を話すけれども、頭の中は完全に反日で凝り固まっている。

おっとろしいワイ。

 

Restrictions on dual nationality can prevent potential applicants from applying for a German passportImage: Winfried Rothermel/picture alliance

 

Residency rights for 'tolerated' people

At the end of last year, some 240,000 people were living in Germany with so-called "tolerated" status. That means their asylum application has been rejected, but their deportation has also been suspended — for example, because of a threat in their home country, serious illness or lack of travel documents.

Many people have been living in Germany in this limbo for several years, and some have raised children here and found work in areas where the country needs them — especially in the care sector.

The government is now planning to offer anyone who has spent five years in tolerated status in Germany as of October 1, 2022, a one-year "opportunity residency" — a year they can use to fulfill the necessary criteria to apply for permanent residency. Around 136,000 people are thought to be eligible. A residency status allows people more freedom of movement within Germany and removes the constant threat of deportation, something that makes them more employable.

  昨年末の時点で、約 240,000 人がいわゆる「容認」状態でドイツに住んでいました。つまり、彼らの亡命申請は却下されましたが、強制送還も一時停止されました。たとえば、母国での脅威、深刻な病気、渡航書類の不足などが理由です。

多くの人々がドイツで数年間この辺境の中で生活しており、ここで子供を育て、国が子供たちを必要としている地域、特に介護部門で仕事を見つけた人もいます.

政府は現在、2022 年 10 月 1 日の時点で、ドイツで 5 年間容認された状態で過ごしたすべての人に、1 年間の「居住機会」を提供することを計画しています。約136,000人が資格があると考えられています。在留資格により、人々はドイツ国内でより自由に移動できるようになり、強制送還の絶え間ない脅威が取り除かれ、より雇用されやすくなります。

 

>>雇いやすくなる? 違法に低賃金で雇えなくなるという意味でもあるが。

まあ、日本も似ているけどな。

Integration courses for all

All asylum-seekers are to be given access to integration and vocational language courses from the outset of their arrival in Germany, regardless of their prospects of staying in the country. The government has said this will promote participation and social cohesion.

 すべての亡命希望者は、ドイツに滞在する見込みに関係なく、ドイツに到着した当初から統合および職業言語コースへのアクセスが与えられます。政府は、これにより参加と社会的結束が促進されると述べています。

 

>>お金持ちのドイツだからね。移民にとってはありがたい。

Last year,11,982 people were deported from Germany, most of them to their countries of originImage: Michael Kappeler/dpa/picture alliance

>>これは、ほとんどトルコという意味かな? さっきのイランへの追放の話では30人レベルやったからな。

Deportations

The other side of the coin: The repatriation of people who cannot stay here is to be enforced more consistently than before, according to the Interior Ministry, particularly for criminals and those considered to be dangerous. For them, deportation and detention pending deportation will be made easier.

  コインの反対側:内務省によると、ここに滞在できない人々、特に犯罪者や危険と見なされる人々の本国送還は、以前よりも一貫して実施される予定です。彼らにとって、強制送還と強制送還保留中の収容が容易になります。

>>そらそうだろうね。

Easier family reunification for skilled workers

To make Germany more attractive for skilled workers from non-EU countries, the government is planning to make it easier for them to bring their families along. Close relatives will no longer have to provide proof of language skills before entering the country.

 非 EU 諸国の熟練労働者にとってドイツをより魅力的なものにするために、政府は、彼らが家族を連れてきやすくすることを計画しています。近親者は、入国前に語学力の証明を提供する必要がなくなります。

>>あらら。

Immigration of skilled workers

A second migration draft law is expected to deal specifically with skilled worker immigration, which is to present the following key points:

The Federal Labor Office has calculated that Germany needs as many as 400,000 workers from abroad every year. Most come from within the EU, but they are not enough to relieve the shortage — not least because most of the larger EU countries are facing similar demographic challenges.

A skilled labor immigration law has been in place since 2020, but the influx from non-EU countries to Germany has been limited, and it shrank further during the pandemicIn 2019, only 39,000 people from non-EU countries came to work in Germany, just 0.1% of the total number of workers in the country. In 2020, that figure dropped to just over 29,000. Business owners have complained of bureaucratic hurdles exacerbated by slow authorities averse to internet-based tools.

  移民法の第 2 草案は、特に熟練労働者の移民に対処することが期待されており、次の重要な点が示されています。

連邦労働局は、ドイツは毎年海外から40万人もの労働者を必要としていると計算しています。そのほとんどは EU 内から来ていますが、人口不足を解消するには十分ではありません。特に、EU の大部分の国が同様の人口問題に直面しているためです。

2020年から熟練労働者の移民法が施行されましたが、非EU諸国からドイツへの流入は制限されており、パンデミックの間にさらに縮小しました. 2019 年に、非 EU 諸国からドイツに働きに来たのはわずか 39,000 人で、ドイツの総労働者数のわずか 0.1% にすぎません。2020 年には、その数は 29,000 をわずかに超えるまで減少しました。事業主は、当局がインターネットベースのツールを嫌うため、官僚的なハードルが悪化していると不満を漏らしている。

 

>>まあ、移民を減らすには官僚的であるべきだからね。ビジネスオーナーからすると、不満になるだろうな。

EU Blue Card for academics

The EU-wide Blue Card for highly qualified specialists, analogous to the US Green Card, was introduced in Germany 10 years ago. This granted highly qualified people the right to enter Germany for employment without a priority check to see whether Germans or EU citizens were already available, and without language skills.

As things stand, they must be guaranteed a minimum income of €56,400 ($58,590) a year to rule out wage dumping. The government wants to lower these minimum salaries, something that already applies to occupations that are most short of people, including medicine, IT and engineering. In the future, lower minimum salaries will also apply to those starting out in their careers.

  米国のグリーン カードに類似した高度な資格を持つ専門家向けの EU 全体のブルー カードは、10 年前にドイツで導入されました。これにより、高度な資格を持つ人々は、ドイツ人または EU 市民がすでに採用可能かどうかを確認するための優先審査や、語学スキルなしで、雇用のためにドイツに入国する権利が与えられました。

現状では、賃金ダンピングを排除するために、年間56,400ユーロ(58,590ドル)の最低収入を保証する必要があります。政府はこれらの最低給与を引き下げたいと考えています。これは、医療、IT、エンジニアリングなど、最も人手不足の職業にすでに適用されています。将来的には、キャリアをスタートさせた人たちにも、より低い最低給与が適用されます。

 

>>日本より給与がいいわな。でも、ドイツでの生活はこの冬厳しそうだし、来年は更に高騰しインフレだろうしね。社会的な負担が大きいドイツでこれから働こうとする優秀な人は、、、最低賃金では難しかろうね。

Opportunity card

The new "opportunity card," based on a points system, will allow people to enter Germany to look for a job or a training position. The criteria for allocation include qualifications, age, language skills and work experience.

Holger Bonin, research director at the Institute of Labor Economics, is critical of the plans. "The opportunity card creates new hurdles," he told DW. "Before someone can sign an employment contract, they have to present evidence that they don't have to show in other countries."

  ポイントシステムに基づく新しい「オポチュニティカード」により、人々はドイツに入国して仕事やトレーニングポジションを探すことができます。配属の基準には、資格、年齢、語学力、実務経験が含まれます。

労働経済研究所の研究ディレクターであるホルガー・ボニンは、この計画に批判的です。「機会カードは新しいハードルを生み出します」と彼はDWに語った. 「誰かが雇用契約に署名する前に、他の国では示す必要がないという証拠を提示する必要があります。」

Skilled workers with vocational training

The government also plans to extend the benefits of the Blue Card to non-academic professions, including everything from cooks and construction experts to energy technicians and truck drivers.

Already now, in addition to the Blue Card, there is a residence permit for skilled workers with a professional qualification recognized in Germany. In the future, these skilled workers could be allowed to pursue a qualified occupation in another area — meaning a mechanic could also work in the logistics industry, for example.

  政府はまた、ブルーカードのメリットを、料理人や建設専門家からエネルギー技術者やトラック運転手まで、学問以外の職業にも拡大することを計画しています。

現在、ブルーカードに加えて、ドイツで認められている専門資格を持つ熟練労働者のための居住許可があります。将来的には、これらの熟練労働者は、別の分野で資格のある職業を追求することが許可される可能性があります。つまり、整備士は物流業界でも働くことができます。

 

>>それだけ分断されていたわけだね。

The government wants more people to come to Germany from abroad to study or train for a profession, and then work hereImage: picture-alliance/dpa/H. Schmidt

Soliciting students and trainees

Germany also wants more people to come from abroad to study or train for a profession, and then work here with the skills they learn. For that reason, the government is planning to eliminate the "priority check" for apprenticeships, and students will be allowed to work alongside their studies.

Students from non-EU countries with sufficient German language skills are to be able to do internships of up to six weeks without the approval of the Federal Employment Agency.

 ドイツはまた、より多くの人々が海外から勉強したり職業訓練を受けたりして、学んだスキルを使ってここで働くことを望んでいます。そのため、政府は見習い制度の「優先審査」を廃止することを計画しており、学生は学業と並行して働くことができるようになります。

十分なドイツ語能力を持つ非 EU 諸国出身の学生は、連邦雇用庁の承認なしに最大 6 週間のインターンシップを行うことができます。

 

>>見習い制度の優先審査があるのだね。そもそもが働きにくいな。学生をそのままドイツで働いてほしいとな。そらそうだろうけどね。

Western Balkans regulation

The Western Balkans regulation currently allows nationals from Albania, Bosnia-Herzegovina, Kosovo, North Macedonia, Montenegro and Serbia to work in Germany if they have a job offer from a German employer. Prior to approval, a priority check is carried out to determine whether workers from Germany or the EU are also available.

But that regulation was previously limited to the end of 2023. In the future, it is to apply indefinitely. Up until now, there has been a limit of 25,000 people per calendar year. The government would like to significantly increase the quota, and is considering extending it to other countries. The employers' association BDA has called for the quota to be abolished altogether.

 現在、西バルカン諸国の規制では、アルバニアボスニア ヘルツェゴビナコソボ北マケドニアモンテネグロセルビアの国民は、ドイツの雇用主からの求人がある場合、ドイツで働くことができます。承認の前に、ドイツまたは EU からの労働者も利用できるかどうかを判断するための優先チェックが行われます。

しかし、その規制は以前は 2023 年末までに限定されていました。将来的には無期限に適用されることになっています。これまでは、暦年あたり 25,000 人という制限がありました。政府は割り当てを大幅に増やしたいと考えており、それを他の国に拡大することを検討しています。使用者協会の BDA は、割り当てを完全に廃止するよう求めています。

>>ショルツ首相がEUを拡大したがっているわけだね。マクロンは反対しているが。

The construction industry is one of the sectors employing workers from the BalkansImage: Sebastian Gollnow/dpa/picture alliance

Foreign qualifications and work experience

Recognizing foreign qualifications has long been a bureaucratic sticking point. The government wants to make this process easier — for instance, by allowing documents to be submitted in English or other languages, rather than requiring a certified translation. But the government now plans to allow immigration for some professions even without German recognition of their degree.

The prerequisite would be at least two years of work experience and a degree that is recognized in the country of origin. The employer would then be responsible for checking language skills. However, this would not apply to regulated professions such as those in the medical and nursing sectors.

The minimum salary threshold is to be lowered for IT specialists. Employers would decide for themselves what language skills are required. Counseling services for all are to improve "protection against exploitative working conditions."

  外国の資格を認めることは、長い間、官僚的な問題でした。政府は、このプロセスをより簡単にしたいと考えています。たとえば、認証翻訳を要求するのではなく、英語または他の言語で文書を提出できるようにすることです。しかし政府は現在、ドイツが学位を認めていなくても、一部の職業については移民を許可する予定です。

前提条件は、少なくとも 2 年間の実務経験と、出身国で認められている学位です。雇用主は、言語スキルをチェックする責任があります。ただし、これは、医療や看護部門などの規制された専門職には適用されません。

IT スペシャリストの最低給与のしきい値が引き下げられます。雇用主は、どのような言語スキルが必要かを自分で決定します。すべての人のためのカウンセリング サービスは、「搾取的な労働条件に対する保護」を改善することです。

 

>>カウンセリングサービスはなにもしない、ただ聞き取るだけだな。やってますアピールの最たるもの。カウンセリングはカウンセリングしてますが仕事なので、外国人労働者を保護するとか、雇用主に改善のアドバイスをするとかないからね。

 

This article was originally written in German.

While you're here: Every Tuesday, DW editors round up what is happening in German politics and society. You can sign up here for the weekly email newsletter Berlin Briefing.