ドイツの財務相クリスチャン・リンドナー 米国の貿易戦争を警告

The IRA provides $370 billion (€357 billion) for climate protection

The bill gives tax credits for each eligible renewable energy component produced in a US factory and a further 30% tax credit on the cost of new or upgraded factories that build green components.

>>米国の工場で、適格な再生可能エネルギー製品を作れば、税金3割カットしてあげるよと。工場を更に適格にすると更にカットという。

 これにケチをつけるドイツ。再生可能エネルギーを叫んでいたけど、それはドイツが儲かる場合だけという条件が付いていたんだね。

 

EU leaders say that €200 billion ($207 billion) out of the total is tied to provisions for domestic US manufacturing that potentially violate World Trade Organization (WTO) rules.

They note how EU state aid rules prevent EU countries from offering as generous tax breaks as the US to companies looking to set up factories.

>>ドイツの救済基金と同額がWTO違反だというEUリーダー? ドイツは都合が悪いときはEUの仮面をかぶるな。再生可能エネルギーを理由にすれば、補助金も正当化されるのを、ドイツやEUを上回って米国が使ったわけだ。たとえWTO違反であろうと、再生可能エネルギーという建前だと、批判されにくいからな。

 ドイツはEUでそれをやっておきながら、上回ることを米国がやると批判するのだねぇ。みな再生可能エネルギーだグリーンだと言いながら、自己都合で動いてますね。それを日本のマスメディアがきれいごとをクソまじめに道徳・倫理として宣伝するわけだなぁ。キショイSDGs。

 

>>バイデンは、トランプのアメリカファーストを、再生可能エネルギーを名目に同じ子をしているのだな。バイデン政権も誤魔化すお題目ですなぁ。 最近、再生可能エネルギーをいえば何でも許されるようになった気がするよ。

 石油メジャーの投資の梯子を外すのもOK↓ 何故なら再生可能エネルギーへの転換の邪魔だから。

 

Biden acknowledged that there were "glitches" in the IRA which favors American-made climate technology, adding "there are tweaks we can make" to satisfy allies, he said.

>>バイデンは、爺さんの特権、言ったことを忘れたを行使するのかもね。おめえの言うことはちょっとした不具合に過ぎないので、あとで同盟国と調整するわいと。

大統領令の乱発で?

 フランスやドイツは敏感に米国の税金カットの再生可能エネルギー政策を批判、起業がみな米国に行っちゃうやないかいと。フランスはドイツに文句を言ったが無視され、米国に言ってもまた無視されるわけかな?

 

米国の法案は、名称とは裏腹に、多様な内容を盛り込んでいるから、

説明がないとわからないわな。

 

 

German finance minister warns of US trade war

2022.12.03

Finance Minister Christian Lindner said Berlin preferred diplomacy to resolve a dispute over tax breaks for the US clean energy sector. Nevertheless, Germany can't ignore Washington's "enormously" protectionist policy.

  クリスチャン・リンドナー財務相は、ドイツ政府は、米国のクリーンエネルギー部門に対する減税をめぐる論争を解決するために外交を望んでいると述べた。それにもかかわらず、ドイツはワシントンの「非常に」保護主義的な政策を無視することはできない。

>>ほほ、、、どういうこと?

German Finance Minister Christian Lindner warned Saturday over a brewing trade war between Europe and the United States concerning Washington's 

multi-billion dollar climate protection and inflation package.

Smoother transatlantic ties since President Joe Biden succeeded Donald Trump have hit a stumbling block over the Inflation Reduction Act (IRA)

 ドイツのクリスティアン・リンドナー財務相は土曜日、ワシントンの数十億ドル規模の気候保護とインフレ対策をめぐり、欧州と米国の間で貿易戦争が勃発していると警告した。
ジョー・バイデン大統領がドナルド・トランプを成功させて以来、大西洋横断の関係はよりスムーズにジョー・バイデン大統領がドナルド・トランプの後任になって以来、大西洋横断の関係はよりスムーズになりましたが、インフレ抑制法(IRA)をめぐってつまずきに直面した。

>>IRA

What did Lindner say?

"The USA is our partner of shared values, but at the same time there is an enormously protectionist economic policy," he told the Welt am Sonntag newspaper in comments released ahead of the print publication.

That is why the federal government must represent German interests in Washington and point out the negative consequences for our country, he added.

Lindner said that the German economy, unlike France's, is closely linked to the US market. He was referring to the US being a huge market for German automobiles, while French carmakers do not export there.

"That's why Germany can't have any interest in a trade war but has to rely on economic diplomacy."

Lindner's remarks follow a call earlier this week by German Economy Minister Robert Habeck for a "robust" response by Brussels to the new US subsidies.

「米国は価値観を共有する私たちのパートナーですが、同時に非常に保護主義的な経済政策もあります」と彼 は印刷版の発行に先立って発表されたコメントでヴェルト・アム・ゾンターク紙に語った。

そのため、連邦政府はワシントンでドイツの利益を代表し、わが国への悪影響を指摘しなければならない、と彼は付け加えた。

リンドナー氏は、ドイツ経済はフランスとは異なり、米国市場と密接に結びついていると述べた。彼は、フランスの自動車メーカーがそこに輸出していないのに対し、米国はドイツの自動車にとって巨大な市場であることに言及していました。

「だからこそ、ドイツは貿易戦争に関心を持つことができず、経済外交に頼らなければならない」

Lindner の発言は、ドイツの Robert Habeck 経済相が今週初めに呼びかけた、新しい米国の補助金に対する EU の「断固たる」対応に続くものである。

 

>>バイデンは、露骨な反トランプ法案を出していて、更に保護主義的なものを出してきたのか。バイデンは、結局トランプをなぞるようなことをするんだね。

おまけに、ドイツがアメリカに保護主義的だと、グローバル化自由貿易を説くのだね。中国が説く時代だからな。

 更に、ドイツはフランスから自国だけ助かろうとする2000億ユーロの救済を決めて、ドイツ企業だけ助かようとしているとクレームを払いのけていたな。ドイツは自国で補助金を出しているのに、米国を批判するんだね。内容がドイツを排除的にしているのかもね、知らんけど。

 ちょうど今、マクロン大統領がホワイトハウスを訪問し、毎度のマクロンによるバイデンへのボディータッチ、馴れ馴れしい態度を見せつけていたなぁ。

 

What is the Inflation Reduction Act (IRA)?

The IRA provides $370 billion (€357 billion) for climate protection

The bill gives tax credits for each eligible renewable energy component produced in a US factory and a further 30% tax credit on the cost of new or upgraded factories that build green components.

Only countries that have signed a free trade deal with the US, like Canada and Mexico, can benefit from the subsidies.

 IRA は、気候保護に 3700 億ドル(3570 億ユーロ)を提供する。
この法案では、米国の工場で生産された適格な再生可能エネルギー部品1つにつき税額控除を行い、さらにグリーン部品を製造する工場の新設・改修費用に対して30%の税額控除を行う。
カナダやメキシコなど、米国と自由貿易協定を結んでいる国だけが補助金の恩恵を受けられる。

 

>>米国はドイツ(2000億€)を上回る3570億€→1.5倍の補助金を付けたのだな。少ないくらいだけどね。人口からすれば! 

 ついでに、カナダやメキシコのような国は補助金のおこぼれに預かれるとおっしゃる。それは、半導体と同じように中国製品を使わないとかの条件が付いているんだろう。それは自動的にドイツ排除になってしまうのだろうな。

Tesla and other US carmakers are set to benefit from the Inflation Reduction ActImage: Dylan Stewart/Image of Sport/Newscom/picture alliance

Why has the IRA got the EU worried?

The subsidies have received sharp criticism from EU-based business leaders and politicians as putting European firms at a disadvantage.

EU leaders say that €200 billion ($207 billion) out of the total is tied to provisions for domestic US manufacturing that potentially violate World Trade Organization (WTO) rules.

They note how EU state aid rules prevent EU countries from offering as generous tax breaks as the US to companies looking to set up factories.

The EU is not Washington's only ally frustrated at the new subsidies. South Korea has also raised concerns that its carmakers will not be eligible for the US tax breaks.

  この補助金は、欧州企業を不利な立場に置くものだとして、EUに拠点を置くビジネスリーダーや政治家から激しい批判を浴びている。
EUの指導者たちは、このうち2000億ユーロ(2070億ドル)が、世界貿易機関WTO)の規則に違反する可能性のある米国内の製造業のための規定に結びつけられていると述べている。
EUの国家補助規則では、EU諸国が工場設立を希望する企業に対して、米国のような手厚い税制優遇措置を提供することを禁じていることに言及している。
新しい補助金に不満を抱いているのは、ワシントンの同盟国であるEUだけではない。 韓国も、自国の自動車メーカーが米国の減税措置を受けられなくなることを懸念している。

 

>>こういう時は、韓国を利用するな。ドイツの自国優遇をすっかり忘れて、米国批判だねぇ。EUの国家補助規則を持ち出すのだからなぁ。

Biden appeases Macron over IRA 'glitches'

During a visit to the United States this week, French President Emmanuel Macron described Washington's new tax breaks as "super aggressive" and warned that the package would "divide the West."

Biden acknowledged that there were "glitches" in the IRA which favors American-made climate technology, adding "there are tweaks we can make" to satisfy allies, he said.

 Despite the conciliatory words, several Democratic lawmakers said they have no plans to revisit the legislation, which passed after more than a year of negotiations without any Republican support.

 However, a French Finance Ministry source said Thursday that the White House could use executive orders in order to give European allies the same level of exemptions as other allies.

The German government said this week it was keen to forge an EU-US treaty to eliminate industrial tariffs, which it said would avoid a bidding war on subsidies and protective tariffs.

  今週アメリカを訪問したフランスのエマニュエル・マクロン大統領は、ワシントンの新しい減税策を「超攻撃的」と評し、このパッケージが「西側を分断する」と警告した。
バイデンは、アメリカ製の気候変動技術を優遇するIRAに「不具合」があったことを認め、同盟国を満足させるために「我々ができる微調整はある」と付け加えたという。
融和的な言葉にもかかわらず、民主党の議員数人は、共和党の支持を得ずに1年以上の交渉の末に通過したこの法案を再検討する予定はないと述べた。
しかし、フランス財務省のある関係者は木曜日に、ホワイトハウスは欧州の同盟国に他の同盟国と同レベルの免除を与えるために大統領令を使う可能性があると述べた。
ドイツ政府は今週、工業製品の関税を撤廃するためのEU-US条約の締結に意欲を示しており、そうすれば補助金や保護関税に関する入札合戦を避けることができると述べている。

 

 

While you're here: Every Tuesday, DW editors round up what is happening in German politics and society. You can sign up here for the weekly email newsletter Berlin Briefing.