フランスと米国: マクロンはヨーロッパの団結を示すことを目指しています Lisa Louis

when Napoleon Bonaparte sold the future state of Louisiana to Washington in 1803.

>>マクロンの3日間の訪米の最後をルイジアナ州訪問で締めくくったのは、そういう歴史に触れてということなのだな。フランスの面影はまだ残っているのだろうか?

 

 Boyer added that this week's visit would include a private meeting with Biden on Thursday and discussions on space and nuclear research, areas in which both countries have confidential cooperation agreements. But, he added, Macron will also address the so-called Inflation Reduction Act, acting as the unofficial representative of the EU, which aims to "minimize the impact of that protectionist legislation."

>>非公式なEU代表として、米国のIRAインフレ抑止法による米国企業優遇措置や米国での製造イニシアティブを促進する減税が、EUへの打撃になるので、あたりを付けに来たのだね。半導体誘致合戦と同じことを、再生可能エネルギーを建前にしてやるわけだ。半導体製造工場では、中国や中国製品排除を目的としていたが。

 

In August, the US Congress voted through the $430-billion (€416-billion) package, which includes tax cuts and some $369 billion in subsidies meant to benefit companies active in the climate and sustainable development sector. Europe largely sees the IRA as protectionist, with the legislation meant to lure investment back to the United States and incite US citizens to buy American, for example, when it comes to electric cars.

>>バイデン、やっていることはトランプのAmerica Firstですな。

米国製品を買えやと。電気自動車とか特に。

EUからすると、米国が保護主義的になっていると見えるわけだ。敏感に反応するな、日本はほぼ何も言わない。 日系企業はわかっているんだろうけどね。

 

Macron, by contrast, has in the past been pushing for Europe to take up its own defense, causing an uproar when he called the security alliance "brain-dead" during his first term in power.

>>NATO脳死状態と喚き散らしたのは、リビア紛争で西がトルコの援助を得て巻き返し、あわやフランスの権益が侵されそうになったのに、フランスは自国だけで介入しないでNATOを動かそうとして叫んだ時でしたな。なんで、フランスだけの異国の利権のためにNATOが動かなあかんねんと、し~ん状態。マクロン、当時協力してくれるよう各国を飛び回っていたな。その時に出た批判でした。

 結局、ラスボスエジプトがレッドラインを引いたら、実質停戦となって、マクロンも落ち着いたものだ。フランス政府が8割?ローンを組んで、エジプトにユーロファイターを売っていたな、あとで。見返りやん。

 

"Biden could, for example, say that a duplication of NATO structures on a European level is acceptable — which, so far, has always been ruled out," he told DW.

>>ヨーロッパ独自の軍事組織?、米国はそんな案は払いのけて来たわい。

 

 

And yet, to a certain extent, Germany's economic interests in Asia need to be taken into account.

"Macron will have to show that he understands China can't just be seen as an adversary," Grand said. Otherwise, that might bring new discord into the Franco-German relationship.

>>フランス一人負けって感じやけどね。三つ巴の争いで、いけてない感じ。

 

よく考えれば、これはドイツのDW記事なので書かないけれど、

マクロン大統領が訪米したのは、対ドイツで米仏で何か共闘できないかということだろうね。そこは書けないDW.

でないと、フランスだけが負けている感じだからな。

そこで最初に戻って、、、confidential cooperation agreementsということなのかな? 

知らんけど。

 

 

>>ルイジアナ州ね。

France and the US: Macron aims to show European unity

Lisa Louis in Paris

2022.11.30

French President Emmanuel Macron is on a state visit to Washington. This week's visit should mark the end of a quarrel between the two countries, and could also underscore a certain Franco-German entente.

 フランスのエマニュエル・マクロン大統領がワシントンを公式訪問中。今週の訪問は、両国間の争いに終止符を打つものであり、特定のフランスとドイツの協力関係を強調するものでもあります。

>>ある特定のときたか。

French President Emmanuel Macron's trip to Washington this week may not just be a show of Franco-American unity, said an Elysee spokesman in a pre-trip briefing with reporters.

"This is an important visit for us, the focus of which will not be on leadership but partnership," said the spokesman last week. "We will also advocate for Franco-German projects and European interests."

 Macron's trip will be the first official state visit under US President Joe Biden since Biden took office in 2021. And that kind of visit comes with a certain amount of glamor. The French and US national hymns will be played. Army personnel will, according to tradition, fire off 21 cannon shots. And military chiefs will salute both heads of state.

 "Macron's trip will close the unpleasant chapter of the so-called AUKUS deal — even though that doesn't mean the episode will be completely forgotten," Yves Boyer, a specialist in trans-Atlantic relations and professor emeritus at Paris-based Ecole Polytechnique, told DW.

 Through AUKUS, sealed in September 2021, the US and the United Kingdom agreed to help Australia develop and deploy nuclear submarines. The deal brought an existing submarine contract between Australia and France's shipbuilder Naval Group to an abrupt haltan unpleasant surprise for the French government.

  フランスのエマニュエル・マクロン大統領の今週のワシントン訪問は、フランスとアメリカの団結を示すだけではないかもしれないと、エリゼのスポークスマンは、記者団との旅行前のブリーフィングで述べた.

「これは私たちにとって重要な訪問であり、その焦点はリーダーシップではなくパートナーシップになるでしょう」とスポークスマンは先週語った. また、仏独プロジェクトとヨーロッパの利益を擁護する」と述べた。

マクロン氏の訪問は、2021年にバイデン氏が就任して以来、ジョー・バイデン大統領の下での公式訪問となる。そして、そのような訪問には、ある種の華やかさが伴います。 フランスとアメリカの国歌が演奏されます。伝統によれば、陸軍要員は 21 発の大砲を発射します。そして、軍の首長は、両方の国家元首に敬意を表します。

マクロンの訪問は、いわゆるAUKUS取引の不愉快な章を終わらせるでしょう - それはエピソードが完全に忘れられることを意味するわけではありませんが. 、DWに語った。

2021 年 9 月に封印されたAUKUS を通じて、米国と英国は、オーストラリアの原子力潜水艦の開発と配備を支援することに合意しました。この取引により、オーストラリアとフランスの造船会社 Naval Group の間の既存の潜水艦契約が突然停止することになり、フランス政府にとって不愉快な驚きでした。

 

>>ずっと尾を引いているのだな。フランスがのびのびにしていたことを忘れて。横車を押して勝手に奪い取ったと。オーストラリアにしても、フランスの原潜を非原潜に改造する仕様だったのに、米英との契約で原潜に切り替えてもうたからな。非核の信条を打ち破っての横車。 冷水を浴びせられたフランスだね。 日本から契約を勝ち取ったフランスがバカを見た。日本が契約してても、やはり切られていたろうからね。 むしろ日本が米国産原潜が欲しいくらいだわい。

From 'stab in the back' to 'oldest ally'

Former Foreign Minister Jean-Yves Le Drian called the deal "a stab in the back," and France temporarily withdrew its ambassadors to the US and Australia.

But the tone has calmed in the past year, and "Macron will now be able to go back to France being the Americans' oldest ally," said Boyer, referring to ties that go back to when Napoleon Bonaparte sold the future state of Louisiana to Washington in 1803.

 Boyer added that this week's visit would include a private meeting with Biden on Thursday and discussions on space and nuclear research, areas in which both countries have confidential cooperation agreements. But, he added, Macron will also address the so-called Inflation Reduction Act, acting as the unofficial representative of the EU, which aims to "minimize the impact of that protectionist legislation."

 In August, the US Congress voted through the $430-billion (€416-billion) package, which includes tax cuts and some $369 billion in subsidies meant to benefit companies active in the climate and sustainable development sector. Europe largely sees the IRA as protectionist, with the legislation meant to lure investment back to the United States and incite US citizens to buy American, for example, when it comes to electric cars.

  ジャン=イヴ・ル・ドリアン元外相はこの取引を「裏切り」と呼び、フランスは米国とオーストラリアの駐在大使を一時的に撤退させた。

しかし、この1年でトーンは落ち着いており、「マクロンアメリカ人の最も古い同盟国であるフランスに戻ることができるようになるだろう」とボイヤー氏は述べ、ナポレオン・ボナパルトが将来のルイジアナ州を1803年のワシントン。

ボイヤー氏は、今週の訪問には、木曜日のバイデン氏との非公開会談と、両国が秘密の協力協定を結んでいる分野である宇宙と核研究に関する議論が含まれると付け加えた. しかし、マクロン大統領は、EUの非公式代表として、「保護主義法の影響を最小限に抑える」ことを目的とした、いわゆるインフレ削減法にも取り組むと付け加えた。

8 月、米国議会は 4,300 億ドル (4,160 億ユーロ) のパッケージを可決しました。これには減税と、気候変動と持続可能な開発分野で活動する企業に利益をもたらすことを目的とした約 3,690 億ドルの補助金が含まれます。欧州では IRA保護主義者と見なす傾向が強く、この法案は投資を米国に呼び戻し、米国市民に電気自動車などの米国製製品を購入するよう促すことを目的としています。

 

>>日本は無反応なのに、EUは敏感に反応しているわい。

 

The Inflation Reduction Act includes billions in funding for climate spending, including electric carsImage: Frank Hoermann/SvenSimon/picture alliance

An 'extraordinary' show of unity

In response, France and Germany last week agreed to more cooperation on industrial policy, labeling their move as a "strong European response to the IRA."

"It's astonishing that Germany and France managed to come to such an agreement, as Germany traditionally values free trade while France is more open to protectionism," Yann Wernert, a policy fellow at Berlin-based Jacques Delors Centre think tank, told DW.

"Such a consensus is a good signal for Europe, especially as the Franco-German relationship has recently clearly been marked by tensions," he added.

France and Germany, the EU's largest economies, are seen as the "engine" of the bloc. Yet they often represent divergent standpoints within the EU. Once these two find common ground, other EU members can more easily align behind that compromise.

  これに対し、フランスとドイツは先週、産業政策に関するさらなる協力に合意し、彼らの動きを「IRA に対するヨーロッパの強力な対応」と呼びました。

「ドイツとフランスがこのような合意に達したことは驚くべきことです。ドイツは伝統的に自由貿易を重視しているのに対し、フランスは保護主義に対してより寛容です」と、ベルリンに本拠を置くシンクタンク、ジャック・デロール・センターの政策フェロー、ヤン・ヴェルネルト氏はDWに語った。

「このようなコンセンサスはヨーロッパにとって良い兆候であり、特にフランスとドイツの関係は最近明らかに緊張している」と彼は付け加えた.

EU最大の経済国であるフランスとドイツは、ブロックの「エンジン」と見なされています。しかし、それらはしばしば EU 内で異なる立場を示しています。この 2 つが共通の基盤を見つければ、他の EU 加盟国はその妥協の背後でより簡単に連携することができます。

 

>>フランスがドイツに負けていたからなぁ。

米国のIRAに対しては協力できるのか。ドイツの方が影響大だろうけど。

France and Germany still recovering from spat

Over the past few months, though, that bilateral relationship has appeared rattled. The quarrel between the two countries reached its pinnacle when a Franco-German ministerial meeting, supposed to take place once a year according to current bilateral treaties, was canceled — or, officially, pushed back to January.

"Germany now seems to have made a huge step toward France regarding the IRA, and recognized that strategic aspects — and not only economic ones — play an important role when it comes to international relations," said Wernert.

Germany's economy strongly relies on exports, with the country following the motto "change through trade," especially with regards to China and Russia. But that policy has met with strong criticism, especially since Russia's invasion of Ukraine underlined Germany's hazardous dependence on Russian gas.

  しかし、過去数か月間、その二国間関係はガタガタしているように見えました. 現在の二国間条約に従って年に 1 回開催されるはずだったフランスとドイツの閣僚会議がキャンセルされたとき、または正式には 1 月に延期されたとき、両国間の争いは頂点に達しました。
「ドイツは現在、IRAに関してフランスに向けて大きな一歩を踏み出したようであり、国際関係に関しては経済的側面だけでなく戦略的側面が重要な役割を果たすことを認識している.
ドイツ経済は輸出に大きく依存しており、特に中国とロシアに関しては、「貿易による変化」をモットーに掲げています。しかし、ロシアのウクライナ侵攻がロシアのガスへのドイツの危険な依存を強調したため、この政策は強い批判にさらされた。

 

>>フィンランドのマリン首相が今週批判していたな、貿易によって影響をあたえるっていう政策。嘘やったやんって。貿易で儲けたいだけやったやんとまではいわなかったけど。政治的な建前はそれだったから。本音は経済で金儲け。みなドイツの言い分に乗ってもうたな。

'In times of crisis, unity is key' for NATO

Another showcase of opposing Franco-German views has been the countries' attitudes toward the NATO military alliance.

"The French press often keeps a certain distance to NATO, while Germany is closer to the US and more wary of trans-Atlantic estrangement," said Wernert. "Germany is more prudent when it comes to European defense initiatives and does not want to risk a split with NATO."

 Macron, by contrast, has in the past been pushing for Europe to take up its own defense, causing an uproar when he called the security alliance "brain-dead" during his first term in power.

 But even that gulf now seems to have narrowed, and Macron's visit will emphasize that development, believes Nicole Bacharan, a historian and specialist in trans-Atlantic relations at the Paris-based National Foundation for Political Science.

 "Putin's war has resuscitated NATO — it's obvious that we need it. After all, 300,000 additional NATO troops will soon be based in Europe," she told DW.

Bacharan added that Washington, meanwhile, also recognized the importance of the American-European alliance through Macron's visit.

"In times of crisis, unity is key," she stressed.

  フランスとドイツの反対意見を示すもう 1 つの例は、NATO 軍事同盟に対する各国の態度です。

「フランスのマスコミはしばしばNATOと一定の距離を保っているが、ドイツは米国により近く、大西洋横断の疎遠をより警戒している. 「ドイツはヨーロッパの防衛イニシアチブに関してはより慎重であり、NATOとの分裂の危険を冒したくありません。」

対照的に、マクロン氏は過去に欧州に独自の防御を求めるよう求めており、政権の最初の任期中に安保同盟を「脳死」と呼んで騒動を引き起こした.

 しかし、その溝でさえ現在は狭まっているようであり、マクロン氏の訪問はその発展を強調するだろうと、歴史家であり、パリに本拠を置く国立政治科学財団の大西洋横断関係の専門家であるニコール・バチャランは信じている.

プーチンの戦争はNATOを復活させました。私たちがそれを必要としていることは明らかです。結局のところ、30万人の追加のNATO軍がまもなくヨーロッパに拠点を置くことになるでしょう」と彼女はDWに語った.

一方、ワシントンはマクロン大統領の訪問を通じて、米欧同盟の重要性も認識しているとバチャラン氏は付け加えた。

「危機の際には団結が鍵となる」と彼女は強調した。

 

>>危機の時のためにあるのがNATOだからね。フランスは、NATOとは別に欧州軍を持とうということもあったが、ついてこないドイツだね。リビアに介入する度胸がなかったマクロンでしたなぁ。

Biden (left) and Macron met with NATO leaders in Brussels for crisis talks after Russia launched its invasion of UkraineImage: Markus Schreiber/AP Photo/picture alliance

 

During a meeting with Macron in Rome in September 2021, Biden had for the first time officially accepted that a European defense initiative would be important and complementary to NATO.

Camille Grand hopes this was only the beginning. NATO's assistant secretary general for defense investment until recently, he's now with the Brussels-based think tank European Council on Foreign Relations.

"Biden could, for example, say that a duplication of NATO structures on a European level is acceptable — which, so far, has always been ruled out," he told DW.

  2021 年 9 月にローマで開催されたマクロンとの会談で、バイデンは、ヨーロッパの防衛イニシアチブが重要であり、NATO を補完するものであることを初めて公式に認めました。

Camille Grand は、これがほんの始まりにすぎないことを願っています。最近までNATOの防衛投資担当事務次長補を務めていた彼は、現在、ブリュッセルに本拠を置くシンクタンク、欧州外交問題評議会に所属している。

「例えば、バイデンは、ヨーロッパレベルでのNATO構造の重複は許容できると言うことができます—これまでのところ、常に除外されてきました」と彼はDWに語った.

 

>>まあ、米国は払いのけて来たからな。

Macron will have to strike a balance

Meanwhile, Macron will have to perform a balancing act regarding the Indo-Pacific region, said Grand.

"He will have to walk a fine line between the tough American approach, especially when it comes to China, and Germany's more economically oriented view," he explained.

German Chancellor Olaf Scholz faced harsh criticism for his recent visit to China. France would have wanted for the two heads of state to travel to Beijing together, and not right after the Chinese party congress that consolidated President Xi Jinping's power.

And yet, to a certain extent, Germany's economic interests in Asia need to be taken into account.

"Macron will have to show that he understands China can't just be seen as an adversary," Grand said. Otherwise, that might bring new discord into the Franco-German relationship.

Edited by: Martin Kuebler

一方、マクロン大統領はインド太平洋地域に関してバランスを取る必要があるとグランド氏は述べた。

「特に中国に関しては、米国の厳しいアプローチとドイツのより経済志向の見方との間で、彼は紙一重紙一重を歩かなければならないだろう」と彼は説明した。

ドイツのオラフ・ショルツ首相は最近の中国訪問で厳しい批判に直面した。フランスは、習近平国家主席の権力を強化した中国の党大会の直後ではなく、2つの国家元首が一緒に北京に旅行することを望んでいたでしょう。

それでも、ある程度、アジアにおけるドイツの経済的利益を考慮に入れる必要があります。

グランド氏は、「マクロン大統領は、中国をただの敵とみなすことはできないということを理解していることを示さなければならない。さもなければ、仏独関係に新たな不和をもたらすかもしれません。

 

>>ショルツ首相の訪中前に、マクロンと会談したけど共同声明なしで終わったしな。

マクロンもついていくという提案を払いのけたんだろう、ショルツ首相。それだけでもないけど。それまで仏独関係が上手くいってなかったのに、急に米国の保護政策に対し、共同歩調をとるようになって、びっくりやね。ドイツはびっくりではないんだろうけど。都合がいいときだけ強調するだけか。

 

Kazuto Suzuki@KS_1013·10月30日
仏独首脳会議の後の共同記者会見がなかったことで、ショルツ首相とマクロン大統領の関係が上手く言っていないという憶測が流れている。対ロ制裁や欧州政治共同体など、微妙に政治的なビジョンの異なる二人。仏独が欧州の原動力という考え方も共有できていないのかも。