ドイツはエネルギー価格の値上げを1年間禁止するよう求めている:レポート

A draft law on next year's energy price brake, which was announced by Berlin last month, will also force utility companies to justify any increase in price, for example, extreme volatility in financial marketsBild reported.、、、But the ministry cautioned that "not every price increase is automatically illegal."

>>必ず逃げ道を作るな。エネルギー会社vsドイツ政府・経済省だね。値上がり分を補填して貰わないといけないからなぁ。

 

The government wants to prevent energy firms from abusing an €83-billion ($87-billion) subsidy scheme to pay for the price cap.

The price rise justification will be part of the mechanism that firms will need to adhere to receive those subsidies.

"We want to prevent free-rider effects that encourage utility companies to charge higher tariffs,"

>>830億€か=11兆2050億円、1€=135円で計算。ドイツ大盤振る舞い、借金が、武漢肺炎パンデミック以上なのではないか?

 ずるいドイツ企業が、果たしてまじめにやるやろか? 価格高騰の価格の正当性って、市場しかなくなるけどねぇ。

 

Gas prices will also be capped from March 1, with the possibility that they will be backdated.

Ahead of the price cap, hundreds of gas suppliers announced average gas price increases of 56% for next yearBild reported, citing data from the Check24 price comparison website.

Electricity price hikes are currently set to rise an average of 60%, the figures showed.

>>なぜかガス代だけは、来年3月から。電気は1月からなのに。

ガス屋さんは来年56%上げると宣言し、電気代はWebで平均で6割上がると示していると。

 

The price rises will affect up to 7.5 million households that are not on fixed tariffs.

>>固定料金ではない750万世帯に影響するという。電力自由化のおかげで、天井知らずになるところを、政府が肩代わりという。自由化は責任を取るということだからね。固定価格で高値で払ってきた世帯に不公平になるわな。

そこはスルーなのかな?

 

Germany seeks 1-year ban on energy price hikes: report

2022.12.03

The government has already said it will cap the cost of gas and electricity next year. Bild newspaper reported that energy firms could now be banned from raising prices, with hikes already announced set to be revoked.

  政府はすでに来年、ガスと電気のコストを抑えると述べている。Bild 紙は、エネルギー企業が値上げを禁止される可能性があると報じた。

 

>>どえらい、政府負担だね。しかし、どれほど補助しないといけないのかは気になるところ。財務省は、いかほどか見積もっているのかな?

The German government wants to stop energy companies from increasing electricity and gas prices in 2023, Bild newspaper reported Saturday, citing draft legislation.

The government has already ordered a cap on energy prices for next year to quell the energy crisis that threatens household budgets and the viability of many businesses.

  ドイツ政府は、エネルギー会社が 2023 年に電気とガスの価格を引き上げるのを阻止したいと考えている、とBild新聞は土曜日に法案を引用して報じた。

 政府は、家計と多くの企業の存続を脅かすエネルギー危機を鎮めるために、 来年のエネルギー価格の上限をすでに命じています。

 

>>もうエネルギーハラキリ! 日本語の切腹が使われるのだね、ドイツ大衆紙で。

これは、エネルギー転換の重要な問題です。何日も太陽がなく、風が吹かないとしたら、将来、私たちの電気はどこから来るのでしょうか?

ハベック経済相と彼の部下は、タイピングとつぶやく以外に、これに対する答えを持っていません。これは国全体にとって怠慢で危険です!

 ドイツは安全で安価なエネルギーに依存しています。この国の何百万もの仕事は、電気が途切れることなく流れなければ未来がありません。わがままなエネルギーハラキリの余地は絶対にありません!

ドイツが必要としているのは、実行可能なエネルギー計画です。低炭素原子力発電は、これに役割を果たすべきです。典型的な冬の天候で、10年後に我が国で明かりが消えないように。

「政治は現実を見ることから始まる」とSPDのレジェンド、クルト・シューマッハは語った。Habeck が最終的にその方向に向ける時が来ました。

 

何百万人もの市民にとって違法な値上げ!

作者: フェリックス・ルプレヒト

エナジー ハンマー: 政府は現在、2023 年の電気およびガス供給業者の値上げを一般的に禁止したいと考えています!

これは、内閣が可決した価格ブレーキに関する新しい法案から生まれており、BILD が利用できます。つまり、年の変わり目にすでに決定されている何百もの値上げは違法です!

BILDplus で、顧客が違法な値上げから身を守る方法をお読みください。

>>有料で読めません。

Bild誌は、そんなことより、ショルツ首相がプーチン大統領と電話では話したことを大きく取り上げているな。

What is the government planning?

A draft law on next year's energy price brake, which was announced by Berlin last month, will also force utility companies to justify any increase in price, for example, extreme volatility in financial marketsBild reported. The plan was later confirmed by a spokesperson for the German economy ministry.

But the ministry cautioned that "not every price increase is automatically illegal."

 The measure, if passed, would mean that hundreds of price increases already announced by energy firms for next year would have to be reversed.

The government wants to prevent energy firms from abusing an €83-billion ($87-billion) subsidy scheme to pay for the price cap.

The price rise justification will be part of the mechanism that firms will need to adhere to receive those subsidies.

"We want to prevent free-rider effects that encourage utility companies to charge higher tariffs," Michael Kruse, spokesman for energy policy for the neo-liberal Free Democratic Party (FDP) parliamentary group, told Bild.

Free riding occurs when one firm benefits from the actions and efforts of another without paying or sharing the costs.

  Bildは、先月ベルリンで発表された来年のエネルギー価格ブレーキに関する法案も、公益事業会社に価格の上昇を正当化することを強いるだろう。この計画は、後にドイツ経済省の広報担当者によって確認されました。

しかし同省は、「すべての値上げが自動的に違法になるわけではない」と警告した。

この法案が可決された場合、エネルギー企業が来年に向けてすでに発表している数百件の値上げを取り消さなければならないことを意味します。

 政府は、エネルギー企業が 830 億ユーロ (870 億ドル) の補助金制度を乱用して価格上限を支払うのを防ぎたいと考えています。

価格上昇の正当化は、企業がこれらの補助金を受け取るために順守する必要があるメカニズムの一部になります。

 新自由主義自由民主党(FDP)議会グループのエネルギー政策担当スポークスマンであるマイケル・クルーゼ氏はBildに、 「私たちは、公益事業会社がより高い料金を請求することを助長するただ乗り効果を防ぎたいと考えています」 と語った。

ただ乗りは、ある企業が費用を負担したり分担したりすることなく、別の企業の行動や努力から利益を得るときに発生します。

 

Price cap already announced

The federal government plans to cap electricity prices from January at 40 cents per kilowatt hour for 80% of a household or small firm's consumption.

Mid-size and large companies will have their price capped at 13 cents per kilowatt hour for 70% of their energy consumption.

Gas prices will also be capped from March 1, with the possibility that they will be backdated.

Ahead of the price cap, hundreds of gas suppliers announced average gas price increases of 56% for next yearBild reported, citing data from the Check24 price comparison website.

Electricity price hikes are currently set to rise an average of 60%, the figures showed.

The price rises will affect up to 7.5 million households that are not on fixed tariffs.

The energy crisis began last year when global gas demand returned following the COVID-19 pandemic and prices rose sharply.

The crisis was exacerbated by Russia's invasion of Ukraine in February which saw gas prices soar further.

Germany has been heavily reliant on Russian gas imports but sought alternatives as part of Western sanctions on Moscow, which led Russia to cut supplies in retaliation.

The standoff led to months of uncertainty over whether Europe's largest economy could secure enough energy supplies for winter.

  連邦政府は、1 月から、家庭または中小企業の消費量の 80% について、電力料金を 1 キロワット時あたり 40 セントに制限することを計画しています。
中規模および大規模の企業は、エネルギー消費量の 70% に対して、価格が 1 キロワット時あたり 13 セントに制限されます。
ガス価格も 3 月 1 日から制限されますが、価格が前倒しされる可能性があります。
Bildは価格上限に先立ち、数百のガス供給業者が来年の平均ガス価格の 56% の値上げを発表したと、Check24 価格比較ウェブサイトのデータを引用して報じた。
電気料金の値上げは現在、平均で 60% 上昇するように設定されていることが、数字で示されています。
価格の上昇は、固定料金を使用していない最大 750 万世帯に影響を与えます。
エネルギー危機は昨年、COVID-19 のパンデミック後に世界のガス需要が回復し、価格が急騰したときに始まりました。
危機は、2 月にロシアがウクライナに侵攻し、ガス価格がさらに高騰したことで悪化した。
ドイツはロシアからのガス輸入に大きく依存してきたが、対モスクワ制裁の一環として代替手段を模索しており、ロシアは報復として供給を削減した。
この対立により、ヨーロッパ最大の経済国が冬に向けて十分なエネルギー供給を確保できるかどうかについて、何ヶ月にもわたる不確実性が生じました。

 

 

While you're here: Every Tuesday, DW editors round up what is happening in German politics and society. You can sign up here for the weekly email newsletter Berlin Briefing.