インドネシア ジャワ島・スメル火山噴火 火砕流確認 警戒レベル最高に

火砕流だね。

おっとろしい。山頂ではなく麓あたりから噴き出した?

 

                                        

インドネシアの大規模噴火「日本への津波の影響なし」気象庁

4日午前、インドネシア・ジャワ島のスメル火山で発生した大規模な噴火について、気象庁は日本への津波の有無について調べていましたが「日本への津波の影響はない」と発表しました。

気象庁によりますと、日本時間の4日午前11時18分ごろ、インドネシア・ジャワ島のスメル火山で大規模な噴火が発生しました。
オーストラリア・ダーウィンの航空路火山灰情報センターによりますと、噴煙は上空およそ15キロに達したということで、気象衛星「ひまわり」の画像でも噴煙が広がっていく様子が確認できます。
この噴火について気象庁は、日本への津波の有無について調べていましたが、国内外の検潮所では目立った潮位の変化は観測されず、午後6時に「日本への津波の影響はない」と発表しました。

インドネシア国家防災庁の映像では

インドネシア国家防災庁がSNSに投稿した映像では、白や灰色の噴煙が立ちのぼっている様子が確認できます。
オーストラリア ダーウィンの航空路火山灰情報センターによりますと、噴煙は上空およそ15キロに達したということで、人工衛星ひまわりの画像でも噴煙が広がっていく様子が確認できます。

スメル火山とは


世界の火山について調査をしているアメリカのスミソニアン自然史博物館のホームページによりますと、「スメル火山」はインドネシアのジャワ島東部にある火山で、首都のジャカルタからは東におよそ700キロ離れています。
標高はおよそ3600メートルとジャワ島の中で最も高く、有数の活火山として知られています。
過去にもたびたび噴火を繰り返していて、去年12月には大規模な噴火が発生し、噴煙が上空15キロに達したほか、火砕流がふもとの集落まで流れ下って、当時のまとめで48人が死亡、36人が行方不明となりました。

インドネシア ジャワ島火山噴火 火砕流確認 警戒レベル最高に

インドネシア ジャワ島の火山の噴火について、インドネシア当局は、引き続き火砕流が発生しているとして、4段階の警戒レベルを最も高いレベルに引き上げ、周辺の住民を避難させて厳重な警戒を呼びかけています。

ジャワ島にある標高およそ3600メートルのスメル山では4日、相次いで噴火が起こり、国家防災庁は日本時間の4日昼前、噴煙が山頂から1500メートルほどの高さまで立ち上り、火砕流が発生していることを確認したと、発表しました。

こうした状況を受けて、インドネシア火山地質災害軽減センターは、警戒レベルを4段階のうち最も高いレベルに引き上げ、山頂から半径8キロ以内でのすべての活動を禁止し、住民に避難するよう呼びかけています。

スメル山は、ちょうど1年前の去年12月4日にも噴火して火砕流が発生し、50人以上の住民が巻き込まれて死亡し、1万人余りが避難を余儀なくされていることから、インドネシア当局は警戒を強めています。