『goblin mode』 オックスフォードの今年の流行語大賞 Online投票

ゴブリンモードねぇ。

全然知らんかったけど。

The competition ultimately came down to three choices: 

goblin mode, 

metaverse and the 

hashtag IStandWith

Goblin mode won with 93% of the more than 340,000 votes cast,

>>圧倒的にゴブリンモードなのだねぇ。

 

Goblin mode refers to "a type of behavior which is unapologetically self-indulgent, lazy, slovenly, or greedy, typically in a way that rejects social norms or expectations,"

>「社会的規範や期待を拒絶するような形で、堂々と自己中心的、怠惰、ずぼら、または貪欲な行動の一種」

 

ちょっと前には、Post-truthだったような。。。

2016年か。

Oxford dictionary unveils 2022 word of the year: ‘Goblin mode’

Oxford opened up the word of the year selection to an online vote for the first time

Goblin mode refers to "a type of behavior which is unapologetically self-indulgent, lazy, slovenly, or greedy, typically in a way that rejects social norms or expectations," according to The Oxford Dictionary's official word of 2022 is "goblin mode," the group announced Monday. The phrase won an online vote to win the title for 2022.

"Given the year we’ve just experienced, ‘goblin mode’ resonates with all of us who are feeling a little overwhelmed at this point," Oxford Languages President Casper Grathwohl told reporters.

While Oxford typically selects the word of the year internally, the organization opened the choice up to an internet vote for the first time this year, a historically fraught decision. Oxford instructed voters to choose a word that sums up "the ethos, mood, or preoccupations of the past twelve months."

 

The competition ultimately came down to three choices: goblin mode, metaverse and the hashtag IStandWith. Goblin mode won with 93% of the more than 340,000 votes cast, according to the Associated Press.

Goblin mode primarily sees use online.

BIDEN EDUCATION DEPT SUED OVER NEW PARENTS COUNCIL THAT GROUPS CLAIM IS ‘CABAL’ OF LEFT-WING ACTIVISTS

Oxford's word of the year in 2021 was "vax," and it chose to skip selecting a word in 2020, arguing there was no single word that could do it justice.

 
  オックスフォードは、今年の流行語大賞を初めてオンライン投票で選出しました。
ゴブリン・モードとは、「社会的規範や期待を拒絶するような形で、堂々と自己中心的、怠惰、ずぼら、または貪欲な行動の一種」を指し、オックスフォード辞典の2022年の公式ワードが「ゴブリン・モード」であると、同グループは月曜日に発表しました。この言葉は、オンライン投票で2022年のタイトルを勝ち取ったものです。

オックスフォード・ランゲージズのキャスパー・グラスヴォール社長は記者団に対し、「私たちが経験したばかりの1年を考えると、『goblin mode』は、現時点で少し圧倒されていると感じているすべての人の心に響く」と述べた。
オックスフォードは通常、社内で今年の単語を選んでいるが、今年は初めてインターネット投票に委ねた。 オックスフォードは投票者に「過去12ヶ月の精神、雰囲気、関心事」を要約する言葉を選ぶように指示した。

最終的には、ゴブリンモード、メタバース、IstandWithというハッシュタグの3つの選択肢に絞られました。AP通信によると、ゴブリンモードは34万票以上の投票のうち93%を獲得し、優勝しました。
Goblin modeは主にオンラインで使用されています。
左翼活動家の「陰謀」だと団体が主張する新しい保護者会について、ビデン教育省が提訴されました。
2021年のオックスフォードの流行語大賞は「vax」で、2020年の流行語大賞は、それを正当に評価できる単一の単語が存在しないとして、選定を見送った。

 

 

Goblin mode is a neologism for rejecting societal expectations and living in an unkempt, hedonistic manner without regard to self-image.[1] Although usages of the term date back to 2009 with varying definitions, the term went viral in 2022 due to a Tweet[2] by Twitter user @JUNlPER, featuring a doctored headline of an interview with Julia Fox, where she alleges that then-boyfriend Kanye West's dislike of her going "goblin mode" was the cause of their breakup.[3][4] This doctored image prompted a huge spike in searches for "goblin mode", leading Fox to deny having used the term. The term has also been linked to a viral Reddit post in which a user admits to acting "like a goblin" when alone at home.[5][6]
 ゴブリンモードとは、社会的な期待を拒否し、自己イメージを気にせず、手入れをしない快楽主義的な生き方をすることを指す新造語である[1]。 [1] この用語の使用は2009年まで遡り、定義も様々であったが、2022年にTwitterユーザーの@JUNlPERによる、ジュリア・フォックスのインタビューの見出しを加工し、当時の恋人であったカニエ・ウェストが彼女が「ゴブリンモード」になるのを嫌がったのが破局の原因だと主張するツイート[2]によって流行した[3][4] この加工画像によって「ゴブリンモード」についての検索が大幅に上昇、フォックスがこの用語を使っていないことに気づくきっかけにもなっている。この用語は、ユーザーが自宅で一人でいるときに「ゴブリンのように」行動することを認めるRedditのバイラルポストにもリンクされている[5][6]。  

 

The term quickly became viral on platforms such as TikTok, often as a response to other trends on the platform such as cottagecore or self-improvement.[5][7] In April 2022, Elon Musk posted an image macro implicitly attributing his proposed acquisition of Twitter to him being in "goblin mode".[8]  In June 2022, the term was defined on Dictionary.com as "a slang term for a way of behaving that intentionally and shamelessly gives in to and indulges in base habits and activities without regard for adhering to social norms or expectations".[1] In December 2022, online respondents selected the term from Oxford Languages' shortlist as the Word of the Year.[9]
 この言葉は、TikTokなどのプラットフォームですぐに流行し、しばしばコタツコアや自己改善などのプラットフォーム上の他のトレンドへの反応として使われた[5][7]。

 2022年4月、イーロン・マスクTwitterの買収を暗に「ゴブリンモード」であるとするイメージマクロを投稿した[8]。 2022年6月、この用語はDictionary.comで「社会的規範や期待を守ることを気にせず、意図的かつ恥じることなく基本的な習慣や活動に身を任せる行動の俗語」と定義されていた[1]。 2022年12月、オンライン回答者がオックスフォード・ランゲージズの候補からこの言葉をワード・オブ・ザ・イヤーに選んだ[9]。

Look up goblin mode in Wiktionary, the free dictionary.
The popularity of "goblin mode" may be linked to a rejection of the carefully curated lifestyles often presented by users of social media platforms. The trend has also been linked to a manner of coping with the effects of the COVID-19 pandemic on society since this is described as a way of life that gives people permission to ditch societal norms and embrace their basic instincts and in social media, letting their inner goblin out has been a freeing experience.[5][10][11]

ゴブリンモード」をフリー辞書「Wiktionary」で調べる。
ゴブリンモード」の人気は、ソーシャルメディアプラットフォームのユーザーによってしばしば提示される、慎重に管理されたライフスタイルに対する拒否反応と関連している可能性がある。また、この傾向は、社会的規範を捨て、基本的な本能を受け入れる許可を人々に与える生き方として記述されているため、社会に対するCOVID-19の大流行の影響に対処する方法と関連しており、ソーシャルメディアでは、自分の内なるゴブリンを出すことは自由な経験となっている[5][10][11]。

 

Word of the Year 2022

'Gaslighting,' plus 'sentient,' 'omicron,' 'queen consort,' and other top lookups of 2022

28 Nov 2022

Gaslighting

Oligarch
Omicron

Codify
LGBTQIA
Sentient

Loamy

Raid

Queen Consort