ポーランド 受け入れ場所をめぐる喧嘩のあと、ドイツのミサイルを受け入れる

ポーランドはドイツに借りを作りたくなかったんだろうね。

ウクライナに送ってやってくれとあしらうと、

ドイツが激怒。

NATOのストルテンベルグ事務総長が、ドイツ次第ですよと梯子をはずすと、

ベルリン安全保障会議に呼びつけて、発言を撤回させるドイツ。

で、やっぱりNATOの枠内でって。

 

Poland and NATO said it was likely a Ukrainian missile that misfired as Ukraine was defending itself against Russian strikes. 

>>まだ、ゼレンスキー大統領はウクライナのロシア製地対空ミサイルS-300の誤射と認めないのだな。

 

A German Defense Ministry spokesman said that Blaszczak and Defense Minister Christine Lambrecht had "agreed in principle" for the original proposal to go ahead.  

"Details like potential places for deployment and the infrastructure required will now be discussed at the specialiast level," the spokesman said.

>>粛々と、ポーランドへの配備を進めておりますと。ポーランドはドイツにやましくもなく、仮もなく、当然として受け入れるわけだね。

 ドイツは、ポーランドを助けてあげているのに感謝されるどころか、非難され、挙句の果てにNATOから梯子を外されるまでしたうえで、原則を貫いて、まったく感謝されないまま提供するという結果に、、、イラついているだろうね。

まあ、戦車の件でポーランドは裏切られたと思っているらしいし。

 

 

Poland to accept German missiles after spat over location

2022.12.07

When Berlin offered to send Warsaw a Patriot missile defense system, Poland said Germany should send it to Ukraine instead — even though no NATO member has sent the system there yet. Germany stuck to its original offer.

ベルリンがワルシャワパトリオット ミサイル防衛システムを送ることを申し出たとき、ポーランドは、ドイツは代わりにそれをウクライナに送る必要があると述べました。ドイツは当初の提案に固執した。

 Polish Defense Minister Mariusz Blaszczak said his country would accept Germany's offer to deploy a Patriot missile defense system to Poland

The move comes after a brief spat between Germany and Poland after Warsaw asked to have the air defense weapons be transferred to Ukraine instead

Berlin refused the proposal and said it would act the same way as rest of NATO, not deploying this particular system in Ukraine.

Germany had made the offer after an errant missile fell in a Polish village near the border with Ukraine, killing two Polish men. Poland and NATO said it was likely a Ukrainian missile that misfired as Ukraine was defending itself against Russian strikes. 

  ポーランドのマリウス・ブラシュチャク国防相は、自国はパトリオットミサイル防衛システムをポーランドに配備するというドイツの申し出を受け入れるだろうと述べた。 

この動きは、ワルシャワが代わりに防空兵器をウクライナに移すよう求めた後、ドイツとポーランドの間の短い口論の後に来る。 

ベルリンは提案を拒否し、この特定のシステムをウクライナに配備せず、NATO の残りの部分と同じように行動すると述べた。

ウクライナとの国境に近いポーランドの村に誤ったミサイルが落ち、ポーランド人男性2人が死亡した後、ドイツはこの申し出をした。ポーランドNATOは、ウクライナがロシアの攻撃から身を守っていたため、失敗したのはウクライナのミサイルである可能性が高いと述べた。

Poland 'disappointed to accept'

"After talking to [Germany on Monday], I was disappointed to accept the decision to reject the support of Ukraine," Blaszczak wrote on Twitter on Tuesday. "Placing the Patriots in western Ukraine would increase the security of Poles and Ukrainians."

Warsaw and Berlin would nonetheless proceed "with arrangements regarding the placement of the launchers in Poland and connecting them to our command system," he said. 

ブラシュチャク氏は火曜日、ツイッターで「(月曜日にドイツと)話した後、ウクライナの支持を拒否するという決定を受け入れて失望した」と書いた。愛国者ウクライナ西部に配置することは、ポーランド人とウクライナ人の安全を高めるだろう.」

それにもかかわらず、ワルシャワとベルリンは「ポーランドへの発射装置の配置とそれらを我々の指揮システムに接続することに関する取り決め」を進めるだろうと彼は言った。

 

>>ドイツに借りを作らないポーランド。ドイツはウクライナを拒否したという事実を記録させるね。まあ、それを持てポーランドに配備する手続きは進めると。

 

A German Defense Ministry spokesman said that Blaszczak and Defense Minister Christine Lambrecht had "agreed in principle" for the original proposal to go ahead.  

"Details like potential places for deployment and the infrastructure required will now be discussed at the specialiast level," the spokesman said.

It's not the first time since the outbreak of war in Ukraine that Warsaw has sought to influence Berlin on military aid. Early in March, just a few weeks after Russia's invasion, Poland said it would donate some of its old Soviet-era Mig fighters to Ukraine in exchange for upgraded US replacements, but only if they were transferred via the Ramstein Air Base in Germany. Warsaw had not cleared this with Germany or the US, which owns the base, and both parties ultimately rejected the proposal.

  ドイツ国防省のスポークスマンは、ブラシュチャクとクリスティーヌ・ランブレヒト防相は当初の提案を進めることに「原則的に合意」したと述べた。 

「展開の可能性のある場所や必要なインフラストラクチャなどの詳細は、専門家レベルで議論される予定です」と広報担当者は述べています。

ウクライナで戦争が勃発して以来、ワルシャワが軍事援助でベルリンに影響を与えようとしたのはこれが初めてではない。ロシアの侵攻からわずか数週間後の3月初旬、ポーランドは、アップグレードされた米国の代替品と引き換えに、古いソビエト時代のミグ戦闘機の一部をウクライナに寄付すると発表しましたが、ドイツのラムシュタイン空軍基地を介して移送された場合に限ります. ワルシャワは、基地を所有するドイツまたは米国との間でこれを承認しておらず、両当事者は最終的に提案を拒否しました。

>>金持ちドイツに、玉突き援助で近代戦闘機をよこさせようとたくらむポーランドポーランドだけじゃないけどね。東欧諸国はどこもドイツが援助しないので、玉突き援助で条件を飲んだ。が、ドイツは約束を守らない。いつ納期になるか不明。ゴルフの懸賞の車のように、戦車や戦闘機にOptionはすべてついてないのだろう。 神経逆撫でするずるがしこいドイツと、ドイツに馴れ馴れしくたかる諸国という感じか?

What is the Patriot system?

Made by US arms manufacturer Raytheon, the Patriot system is based on a collection of radars, command-and-control units and various missile interceptors covering a large area.

The system's radar can track up to 50 targets, and engage five of them at once. The interceptor missiles can reach an altitude of more than 2 kilometers (more than 1.25 miles) and hit targets up to 160 kilometers away.

米国の武器メーカーであるレイセオンが開発したパトリオット システムは、レーダー、指揮統制装置、広範囲をカバーするさまざまなミサイル迎撃装置の集合体に基づいています。

システムのレーダーは最大 50 のターゲットを追跡でき、一度に 5 つのターゲットと交戦できます。迎撃ミサイルは 2 キロメートル (1.25 マイル) 以上の高度に到達し、最大 160 キロメートル離れたターゲットを攻撃できます。

Raytheon says the missiles can defend against tactical ballistic missiles, cruise missiles, drones, aircraft and "other threats."

The system is a key part of NATO's air defenses for its eastern flank. 

Germany, as well as other NATO members, have provided Kyiv with some defense systems like the medium-range Iris-T. But they have so far not sent the Patriot system to Ukraine. 

NATO's Jens Stoltenberg had not offered a firm opinion when asked about the Polish proposal, saying it was ultimately a "national decision" for Germany to make. 

NATO members have sold the Patriot system to allied countries outside the alliance, including South Korea, Saudi Arabia and Israel. But they have only stationed their own Patriot systems within NATO territory in Europe.

Germany has already deployed Patriot missiles to Slovakia, and the US deployed them to Poland. 

fb/msh (AFP, AP, dpa)

 

>>今回の件、NATOのストルテンベルグ事務総長がドイツの梯子を外したことは、重要やね。ドイツが送らない言い訳にNATOを利用しているだけ。

 都合が悪いときは集団安保のNATOEUのせいにするのがドイツ流。都合がいいときは、ドイツを前面に出して無視だから。 ゲロ。