メルケル元首相インタビュー、ロシアのエネルギーに関する決定を擁護→ゲロ Rana Taha

DWはほぼメルケル批判をしないので、

突如メルケルが擁護するという記事が出てくる。

何が良くなかったのかという、辞任後の公平な記事がないまま擁護記事。

これは、中国やロシアのマスメディアと似ている傾向だな。

 

Merkel said that those who question decisions taken in different times often fail to take into account the context surrounding them.

>>エネルギー源の多様化という観点はないし、ロシア一択でLNGを無視、バイデンに攻勢をかけてノルドストリーム2への制裁を解除させた行動を見ると、どの口が言うということだな。 

 よく言うところの、経済・貿易を通じてロシアを民主化させるとか、発展すれば考え方が変わってくるという奴も失敗だと分ったし。

>>ロシアや中国が弱小の頃はその理屈は正しかったかもしれんけどね。捻くれたロシアや中国を言うこと効かせるには効果があったが、発展してくると過剰な自信で調子に乗ってくる点を見逃していたんだろう。

 16年間で押さえるべきだったのに、できなかった。ロシアの口車に乗ってしまっていた責任は重いな。メルケルだけでなく、ロシアとのビジネス優先で、安全保障無視でぼろ儲けしていたドイツ産業界もいたしね。メルケルは抑えられなかったんだろう。中国然り。

 

The decisions Merkel defended include pushing to fast-track the end of Germany's nuclear energy program, allowing the Nord Stream 2 gas pipeline to materialize and picking Russian energy at the expense of other, more expensive alternatives.

1.ドイツの原発停止

2.ノルドストリーム2

3.ロシアのエネルギ―への依存、他の代替え手段無視

>>ドイツのエネルギー政策の失敗だな。そら景気がいいときは、万歳だけどね。

   トランプを批判し、地政学リスクを笑っていたしね。

 

The former chancellor said that it was never the government's role to approve the pipeline,、、、、Merkel argued that it was German companies' role to approve the pipeline's construction, rather than the government's. The only way the government could stand in the way of that would have been by passing into law an act against the pipeline, which Merkel argued would have "dangerously worsened the climate with Russia."

>>現政権がノルドストリーム2を商業運営させてないのは、ノルドストリーム2に認可してないせいだけどね。建設するのは民間企業で政府ではないという。そらそうだが、これほどの大規模な工事に政治が一切関係ないという言い逃れ。見苦しいな。

 そもそも反対する法律も作ってないし。

バイデン政権になるや、一気にノルドストリーム2制裁解除へメルケル政権が動きだしたことへの弁明にならんけどね。 

 

Merkel stressed that although recent decisions on energy make sense, given the situation with Russia, they would not have made sense when she was chancellor.

When asked whether she should have taken such decisions anyway, Merkel said: "No, especially since there would have been no acceptance for it at all."

>>ドイツはイケイケ経済。でもガス供給が足りないとね。

まあ、日本はLNG開発を進めていたから、ドイツにできないはずはなかったろう。今はアメリカがエネルギー輸出大国になっているけど当時はそうではなかった。そら、目の前のロシアのガス一択。

 

She told the newspaper that the way the world reacted to Russian President Vladimir Putin's 2014 annexation of the Crimea from Ukraine was not harsh enough.

>>アメリカは入らず、ヨーロッパで解決すると、ドイツとフランスが仲介に出てきたが、ウクライナに泣き寝入りさせる結末やったな。激しく反対しなかったのは、本人だし。ロシアとのビジネス優先だったな。

 

Merkel listed the international reaction to the 2014 annexation, ranging from expelling Russia from the G8, to NATO's stationing of troops in the Baltic sea, as well as NATO members agreeing to increase their defense spending to 2% of the respective Gross Domestic Product.

"But we should have reacted more quickly to Russia's aggressiveness," the former chancellor concluded.

>>これには、下呂だねぇ。そのつもりがなかったのに、そうだったかのように歴史修正している印象です。今のショルツ首相同様、言っていることと行動が真逆やったなぁ。

 

When asked about the potential end she envisions for Russia's war in Ukraine, Merkel said it could only end at the negotiating table.

>>やはり、媚ロシアな姿勢は変わってないな。鈴木宗男が首相をや停るようなものだなぁ。

 

Another topic Merkel was unapologetic about was her then controversial stance toward the influx of refugees, mostly those arriving from Syria in 2015.

>>メルケルの功罪の罪の一番はこっちかな。意図的なものだったし。

 

When asked about the driver behind this divisive decision, Merkel stressed it was "in line with our fundamental rights and values." She noted that she was also influenced by the reaction by some members of Germany's society, who at the time welcomed the arriving refugees at train stations.

>>これは嘘だろうね。

この根本的な権利と価値は、今ではないから。都合よくごく一部の歓迎する人を持ち出すな。

 

 In return, the EU would accept the same number of Syrian asylum seekers waiting in Turkish refugee camps and resettle them around the bloc. The EU also pledged to provide some €6 billion in funds to Turkey to support the almost four million Syrian refugees in the country.

>>滅茶苦茶くるので、トルコに金を払って移民を止めるようお願いしたな。が、同数のトルコにいるシリア難民を受け入れることを認めていたのか。これではあまり意味ないな。で、60億€とな。

 

After the deal was announced, the EU was criticized for selling out with regard to its humanitarian values and outsourcing its migration policy to Turkey's President Recep Tayyip Erdogan, just as he was becoming increasingly authoritarian.

>>ダブルスタンダードだわな。もうお腹一杯だから、移民はいらないと。量が質を変えたわな。移民問題

 

"Of course I am learning. That's why, in retrospect, I would work much earlier to ensure that a situation like the one in the summer of 2015 does not have to arise in the first place. For example, with an increase in the contributions to the World Food Programme, for refugee camps in neighboring countries particularly affected by migration, as we then did."

>>全然分ってなかったメルケルだったのだな。

これほど押し寄せてくるとは。しかし、謝罪はしない。決断を後悔しない。

難民キャンプにもっと支援したら押し寄せなかったとでも?

 

 

 

ドイツのメルケル絶対は、権威と権力を分けてない?ドイツの傾向かと思えたな。アメリカほど一体化してないが、イギリス程分けてもいない。一応大統領もいるけど、お飾りで元政治家だしな。学歴の高さが権威付けになっているんだろうね。普通に政治家として判断すべきところを。

Merkel defends decisions on Russian energy

Rana Taha 2022.12.07

The former German chancellor has told Die Zeit newspaper that she does not regret the decisions she made regarding German energy supplies. She did however acknowledge that more should have been done to counter Russia.

 元ドイツ首相は、ドイツのエネルギー供給に関して下した決定を後悔していないとDie Zeit紙に語った. しかし彼女は、ロシアに対抗するためにもっと多くのことがなされるべきだったことを認めた.

Former German Chancellor Angela Merkel has defended her decisions around securing energy for Germany during her 16-year tenure.

In an interview with German weekly newspaper Die Zeit, Merkel said that those who question decisions taken in different times often fail to take into account the context surrounding them.

The decisions Merkel defended include pushing to fast-track the end of Germany's nuclear energy program, allowing the Nord Stream 2 gas pipeline to materialize and picking Russian energy at the expense of other, more expensive alternatives.

Germany has worked  to diversify its energy sources this year after Russia's war on Ukraine forced the whole of Europe to consider alternatives to Russian gas and oil.

  元ドイツ首相のアンゲラ・メルケルは、16年間の在職中にドイツのエネルギーを確保するという彼女の決定を擁護しました.

ドイツの週刊紙Die Zeitとのインタビューで、メルケル首相は、異なる時期に下された決定に疑問を呈する人は、しばしばそれらを取り巻く状況を考慮に入れていないと述べた.

メルケル首相が擁護した決定には、ドイツの原子力エネルギー計画の早期終了を推進し、ノルドストリーム 2 ガスパイプラインの実現を可能にし、他のより高価な代替手段を犠牲にしてロシアのエネルギーを選択することが含まれます。

ドイツは  今年、ロシアの対ウクライナ戦争によりヨーロッパ全体がロシアのガスと石油に代わるものを検討せざるを得なくなった後、エネルギー源の多様化に取り組んできた。

 

>>エネルギー源の多様化に突如取り組まなくてはいけなくなったのは、それだけロシア一択で依存してきたせいだろう。効率と安さで依存するリスクが見えなかったな。

>>ヨーロッパ全体と言って、誤魔化すね。ドイツが一番依存している。割合といい、量と言い。そこは毎回DWは誤魔化そうと表現するな。

Why did Merkel not stand in the way of Nord Stream 2?

The former chancellor said that it was never the government's role to approve the pipeline, which would allow the transfer of Russian gas to Europe via pipelines under the Baltic Sea connecting Russia to Germany.

The construction of the pipeline was criticized at the time by Ukaine and Poland and even the US.

Merkel argued that it was German companies' role to approve the pipeline's construction, rather than the government's. The only way the government could stand in the way of that would have been by passing into law an act against the pipeline, which Merkel argued would have "dangerously worsened the climate with Russia."

 前首相は、ロシアとドイツを結ぶバルト海の下のパイプラインを介してロシアのガスをヨーロッパに移送できるようにするパイプラインを承認することは、政府の役割ではないと述べた。

パイプラインの建設は 、当時、 ウカイネとポーランド、さらには米国からも批判されました。

メルケル首相は、パイプラインの建設を承認するのはドイツ企業の役割であり、政府の役割ではないと主張した. 政府がそれを阻止できる唯一の方法は、パイプラインに反対する法律を成立させることだった。メルケル首相は、それは「ロシアとの関係を危険なほど悪化させる」だろうと主張した。

 

>>へ? 何を言っているのかな?? 弁明故に嘘をつくようになってもうたか?

The Nord Stream 2 pipeline was suspended earlier this year as a reaction to Russia's invasion of UkraineImage: Fabrizio Bensch/REUTERS 

 

The pipeline was suspended earlier this year as a reaction to Russia's invasion of Ukraine.

She also reminded that at the time, there was an energy crisis due to a recession in supply from the Netherlands, the UK and Norway. US gas exports were also not an option at the time.

Merkel stressed that although recent decisions on energy make sense, given the situation with Russia, they would not have made sense when she was chancellor.

When asked whether she should have taken such decisions anyway, Merkel said: "No, especially since there would have been no acceptance for it at all."

  ロシアのウクライナ侵攻への対応として、パイプラインは今年初めに停止された。

彼女はまた、当時、オランダ、英国、ノルウェーからの供給の不況によるエネルギー危機があったことを思い出させました. 当時、米国のガス輸出も選択肢ではありませんでした。

メルケル首相は、エネルギーに関する最近の決定は理にかなっているが、ロシアの状況を考えると、彼女が首相だったときには意味がなかったであろうと強調した.

いずれにしてもそのような決定を下すべきだったかと問われると、メルケル氏は「いや、特にそれがまったく受け入れられなかっただろうから」と答えた。

'Self critical' on stance toward Putin's Crimea annexation

Nevertheless, the chancellor shared some self-reflective thoughts with Die Zeit. She told the newspaper that the way the world reacted to Russian President Vladimir Putin's 2014 annexation of the Crimea from Ukraine was not harsh enough.

Merkel listed the international reaction to the 2014 annexation, ranging from expelling Russia from the G8, to NATO's stationing of troops in the Baltic sea, as well as NATO members agreeing to increase their defense spending to 2% of the respective Gross Domestic Product.

"But we should have reacted more quickly to Russia's aggressiveness," the former chancellor concluded.

When asked about the potential end she envisions for Russia's war in Ukraine, Merkel said it could only end at the negotiating table.

  それにもかかわらず、首相はDie Zeitといくつかの内省的な考えを共有しました. ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が2014年にウクライナからクリミア半島を併合したことに対する世界の反応は、十分に厳しいものではなかった、と彼女は新聞に語った.

メルケル首相は、2014 年の併合に対する国際的な反応を挙げ、G8 からのロシアの追放から、NATOバルト海への駐留、そして NATO 加盟国が防衛費をそれぞれの国内総生産の 2% に引き上げることに同意したことにまで及びました。

「しかし、我々はロシアの攻撃性にもっと迅速に対応すべきだった」と元首相は結論づけた。

メルケル首相は、ウクライナでのロシアの戦争について彼女が思い描いている潜在的な結末について尋ねられたとき、それは交渉のテーブルでのみ終結する可能性があると述べた.

What did Merkel say about her stance on refugees?

Another topic Merkel was unapologetic about was her then controversial stance toward the influx of refugees, mostly those arriving from Syria in 2015.

Merkel let them enter Germany even though other EU member states were officially responsible for them under the Dublin Regulation, which stipulates that asylum-seekers must be registered in the first safe EU country they enter. Instead, Germany allowed people to cross the border first and have their asylum claims checked later.

Nearly half a million people applied for asylum in Germany in 2015, and another 750,000 the following year.

When asked about the driver behind this divisive decision, Merkel stressed it was "in line with our fundamental rights and values." She noted that she was also influenced by the reaction by some members of Germany's society, who at the time welcomed the arriving refugees at train stations.

  メルケル首相が謝罪しなかったもう1つのトピックは、2015年にシリアから到着した難民の流入に対する彼女の当時物議を醸した姿勢でした.

メルケル首相は、他の EU 加盟国がダブリン規則に基づいて公式に責任を負っていたにもかかわらず、ドイツへの入国を許可しました。代わりに、ドイツは人々が最初に国境を越え、亡命申請を後で確認することを許可しました。

2015 年には 50 万人近くがドイツに亡命を申請し、翌年にはさらに 75 万人が亡命を申請しました。

この分裂的な決定の背後にある要因について尋ねられたとき、メルケルはそれが「私たちの基本的な権利と価値観に沿ったものである」と強調した. 彼女はまた、ドイツ社会の何人かのメンバーの反応にも影響を受けたと述べました。彼らは当時、到着した難民を駅で歓迎しました.

 

>>今でもまた同じ決断をするというメルケルさん。ゲロ。

Merkel's welcoming policy towards refugees in 2015 divided public opinion at the timeImage: Stefan Wermuth/ASSOCIATED PRESS/picture alliance

 

Merkel acknowledged nevertheless that she was impacted by the division Germany witnessed at the time over her decision.

"But there are situations in which you can't avoid controversy," she said.

それにもかかわらず、メルケル首相は 、彼女の決定に関して当時ドイツが目撃した分断の影響を受けたことを認めた。

「しかし、論争を避けられない状況もあります」と彼女は言いました。

 

>>そらそうだろう。論争が起きることが、さもよい決断だった証拠と言わんばかり。

Getting 'to the root causes' of the problem

Merkel also recalled the measures she took to "get to the root of the causes of flight," citing the 2016 EU-Turkey agreement. Highly controversial at the time, the agreement involved returning refugees who made it to Greece without a right to EU asylum to Turkey.

 In return, the EU would accept the same number of Syrian asylum seekers waiting in Turkish refugee camps and resettle them around the bloc. The EU also pledged to provide some €6 billion in funds to Turkey to support the almost four million Syrian refugees in the country.

After the deal was announced, the EU was criticized for selling out with regard to its humanitarian values and outsourcing its migration policy to Turkey's President Recep Tayyip Erdogan, just as he was becoming increasingly authoritarian.

Offering further reflection, meanwhile, Merkel said in the interview:

"Of course I am learning. That's why, in retrospect, I would work much earlier to ensure that a situation like the one in the summer of 2015 does not have to arise in the first place. For example, with an increase in the contributions to the World Food Programme, for refugee camps in neighboring countries particularly affected by migration, as we then did."

  メルケル首相はまた、 2016 年の EU とトルコの合意を引き合いに出して、「逃亡の原因の根源を突き止める」ために取った措置を思い出しました。当時非常に物議を醸したこの合意には、トルコへのEU亡命の権利なしにギリシャにたどり着いた難民を返還することが含まれていました。

その見返りとして、EU はトルコの難民キャンプで待機している同数のシリア難民を受け入れ、EU 内に再定住させる。EU はまた、トルコにいる約 400 万人のシリア難民を支援するために、約 60 億ユーロの資金をトルコに提供することを約束しました。

合意が発表された後、EU は人道的価値観を売り込み、その移民政策をトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領に外注したことで批判されました。

一方、メルケル首相はインタビューで次のように述べています。

「もちろん、私は学んでいます。だからこそ、振り返ってみると、2015 年の夏のような状況が最初から発生する必要がないようにするために、もっと早い段階で取り組みます。たとえば、寄付の増加に伴い、私たちが行ったように、特に移住の影響を受けた近隣諸国の難民キャンプのために、世界食糧計画に。」

 

>>失敗をとにかく認めないメルケルでした。終わり。