ドイツの極右ライヒスビュルガーはどれほど危険ですか? Lisa Hänel

ライヒスビュルガーって、今回の事件で知ったわい。

several suspects were arrested, including ex-soldiers and a former member of the Bundestag.

>>もと国会議員も含まれていたのか。

どういう議員か知らんけどね。

ブラジルの元ストリートチルドレン国会議員が牧師の夫を殺して財産を奪おうとした事件くらい変な議員だな。

Reichsbürger reject the German legal system and the country's parliamentarism, and most of them propagate the re-establishment of the German empire founded in 1871. They also believe that the victorious Western Allies of World War II, who defeated Nazi Germany, still secretly rule the country.

>>ナチス前のドイツ帝国の再興を夢見るのだなぁ。ドイツ皇帝も作るのかな?

 

their ideology legitimizes them to act with violence."

"These are not people who commit random attacks. They want to specifically attack the basic state order, like elected local politicians,"

>>無差別に攻撃するわけではなく、既存の国家秩序を攻撃するのだな。地方政治家などね。暴力による行動を正当化するのだな。日本赤軍みたいやね。暴力革命とは言わないようだな。そもそも陰謀とかディープステートとかいうが、昔のような革命という言葉は一切使わないのだね。

 

"Sovereignty. For the freedom of our country."

"The scene has become radicalized. People are becoming more receptive to the core idea of the Reichsbürger, that Germany is not free and the elected government is not sovereign," Reinfrank said.

>>武漢肺炎パンデミックによる、制限強制やロックダウンが火に油を注いたんだろうな。

 

also said to be among the suspects, as is a former police officer who was responsible for the security of Jewish communities in Lower Saxony before his suspension, which happened before the arrest.

>>警官や特殊部隊、軍人、予備兵などに含まれているのだな。まあ、言るだろうけど、なかなか根深い処だな。

 

ワールドカップで、口を押えるパフォーマンスをして、OneLoveとアームバンドをして見学に来たドイツ内務省、一方で、日本に負けてチンチャンチヨンと人種差別するドイツTV局。

 ドイツはいっていることとやっていることが真逆ですからねぇ、毎回。

とにかく宣伝ばかりだわい。

 

 

 

ulala france‏ @ulala_go

>アジア人を侮蔑することは、正しいことだという信念をもっている

ような気質なんだよ。

凄いコメントだけど、ほんとそう思うわ。。

真倉 敏‏ @makrabin7

真倉 敏さんがゲーテ&ワーグナー支持者をリツイートしました

ドイツって「ユダヤ人虐殺から学んだ差別のない意識高いリベラル先進国」

ではなく、

「とりあえずユダヤ人のことには反省したふりして触れないけど、他の人種には(無意識に)差別大好きな野蛮な国」だからね。

>>TBSの方が、DWよりいい映像出してくるぞ。

>>モザイクないし。

How dangerous are Germany's far-right Reichsbürger?

Lisa Hänel

2022.12.07

In a large-scale raid, German police targeted dozens of individuals from the far-right Reichsbürger scene who were suspected of planning a coup. What kind of movement is this — and what threat does it pose to democracy?

大規模な家宅捜索で、ドイツ警察は、クーデターを計画している疑いのある極右のライヒスビュルガー シーンの数十人を標的にしました。これはどのような運動であり、民主主義にどのような脅威をもたらすのでしょうか?

 

>>クーデターは言い過ぎではないか?

オウムですらクーデターとは言わなかったな。当選しなかったし。

やるなら政治家出すほどでないとね。

A group of "Reichsbürger" allegedly spent months preparing for a "Day X," on which they wanted to overthrow the government. In a large-scale raid on Wednesday morning, several suspects were arrested, including ex-soldiers and a former member of the Bundestag.

Since November 2021, they had been holding secret meetings and engaged in shooting exercises in preparation for a coup, according to the attorney general. In their plans, the suspects did not shy away from the use of military force or homicide.

"The sheer number of arrests and searches has shocked me," sociologist Timo Reinfrank, executive director of the Amadeu Antonio Foundation told DW. The foundation is one of Germany's leading NGOs working against right-wing extremism, racism, and antisemitism. 

"A real coup d'état can hardly succeed in Germany, as the state order and the constitution are too solid for that, but these people believe it is possible. That shows how caught up they are in their delusion."

But attacks like the one on the Capitol in Washington, D.C., on January 6, 2021, would also be possible in Germany, Reinfrank fears.

 「ライヒスビュルガー」のグループは、政府転覆を目指す「Day X」の準備に何ヶ月も費やしたと言われています。水曜日の朝の大規模な家宅捜索で、元兵士や連邦議会の元メンバーを含む数人の容疑者が逮捕されました。
司法長官によると、2021 年 11 月以降、彼らはクーデターに備えて秘密会議を開き、射撃訓練を行っていた。彼らの計画では、容疑者は武力行使や殺人をためらわなかった。
 アマデウ・アントニオ財団の事務局長で社会学者のティモ・ラインフランク氏は、「逮捕と捜索の膨大な数に衝撃を受けました。この財団は、右翼の過激主義、人種差別、反ユダヤ主義に反対するドイツの主要な NGO の 1 つです。 
「国家秩序と憲法が堅固すぎるため、ドイツでは真のクーデターが成功することはほとんどありませんが、人々はそれが可能だと信じています。それは、彼らがどれほど妄想にとらわれているかを示しています。」
  しかし、2021 年 1 月 6 日のワシントン DC の国会議事堂への攻撃のような攻撃は、ドイツでも発生する可能性があると Reinfrank 氏は懸念しています。

 

>>アメリカ議会襲撃事件が、ヒントになったり信じたりする例になっていたのだな。そんな風には見てなかったわい。なるほど。とてもクーデターができるとは思えんし、やっぱりオウムレベルに見えるな。

Heinrich XIII had allegedly been chosen to head a German government after the planned Reichsbürger coupImage: Boris Roessler/picture alliance/dpa

What does the movement believe?

Reichsbürger reject the German legal system and the country's parliamentarism, and most of them propagate the re-establishment of the German empire founded in 1871. They also believe that the victorious Western Allies of World War II, who defeated Nazi Germany, still secretly rule the country.

In recent years, the growing number of Reichsbürger has alarmed German security authorities. In its June 2022 report, the domestic intelligence service estimated that around 21,000 people belong to this scene — and their number is rising.

The high potential for violence among the self-proclaimed Reichsbürger was described as particularly worrying: "Around 500 of these people still have at least one weapons permit," the intelligence report read.

  ライヒスビュルガーは、ドイツの法制度と国の議会主義を拒否し、彼らのほとんどは、1871 年に設立されたドイツ帝国の再建を宣伝しています。彼らはまた、ナチス ドイツを破った第二次世界大戦の勝利した西側同盟国が、今でも秘密裏にドイツを支配していると信じています。国。

近年、ドイツの治安当局はライヒスビュルガーの増加に警戒を強めています。2022 年 6 月のレポートで、国内情報機関は約 21,000 人がこのシーンに属していると推定しており、その数は増加しています。

自称ライヒスビュルガーが暴力を振るう可能性が高いことは、特に憂慮すべきことであると説明されており、「これらの人々の約500人がまだ少なくとも1つの武器許可を持っている」と諜報報告書は述べている.

 

>>合法的な武器所持ができているのだな。

 

The Reichsbürger are not a homogeneous group, according to a 2018 study by the Amadeu Antonio Foundation. Instead, the term refers to a "large, very diverse milieu of ideologists" who vary in their propensity for violence and militancy, but all are united by the belief that the Federal Republic of Germany is not a sovereign state. They reject the constitution and all state institutions.

Around 1,150 of the Reichsbürger — or just over 5% — were classified as right-wing extremists in 2021. But  many others also use elements of right-wing extremist ideology or believe in antisemitic conspiracy myths. The idea that Germany's borders should be extended to include territories in Eastern Europe, which were occupied under Nazi rule that ended in 1945, is also found in its milieu.

 アマデウ アントニオ財団による 2018 年の調査によると、ライヒスビュルガーは均質なグループではありません。代わりに、この用語は「大規模で非常に多様なイデオロギーの環境」を指し、暴力や好戦的な傾向はさまざまですが、ドイツ連邦共和国主権国家ではないという信念によって団結しています。彼らは憲法とすべての国家機関を拒否します。

ライヒスビュルガーの約 1,150 人 (または 5% 強) が 2021 年に右翼過激派に分類されました。1945 年に終わったナチス支配下で占領された東ヨーロッパの領土を含むようにドイツの国境を拡張すべきであるという考えは、その環境にも見られます。

 

>>なるほどね。

日本では、大日本帝国と言ったり、朝鮮半島満州、台湾、樺太、東南アジアやオセアニアまで含めて言う人はいないからな。すっかりシュリンクしましたわい。ドイツは懲りてないね。カムチャツカ半島まで日本領と言っているのは、日本共産党だけだし。

How dangerous are the Reichsbürger?

In recent years, a number of serious crimes have been attributed to Reichsbürger. Several have stood trial for murder or attempted murder. The crimes registered by the domestic intelligence service rose sharply between 2020 and 2021.

Reinfrank said that militancy is already rooted in the Reichsbürgers' ideology. "Because Reichsbürger do not recognize the constitution and the legitimacy of the security authorities, their ideology legitimizes them to act with violence."

"These are not people who commit random attacks. They want to specifically attack the basic state order, like elected local politicians," Reinfrank explained.

The past three years of protests against the COVID-19 restrictions led to radicalization and an increase in the number of supporters of Reichsbürger ideology. For example, at a demonstration by the group "Freie Geister" (free spirits), protesters held a banner that read: "Sovereignty. For the freedom of our country."

"The scene has become radicalized. People are becoming more receptive to the core idea of the Reichsbürger, that Germany is not free and the elected government is not sovereign," Reinfrank said.

  近年、ライヒスビュルガーに起因する重大な犯罪が数多く発生しています。殺人または殺人未遂の罪で裁判にかけられた人もいます。国内情報機関によって登録された犯罪は、2020 年から 2021 年にかけて急増しました。

ラインフランク氏は、ライヒスビュルガーのイデオロギーにはすでに好戦性が根付いていると述べた。「ライヒスビュルガーは憲法と治安当局の正当性を認めていないため、彼らのイデオロギーは彼らが暴力で行動することを正当化しています。」

「彼らは手当たり次第に攻撃を仕掛ける人々ではありません。選挙で選ばれた地元の政治家のように、基本的な国家秩序を具体的に攻撃したいのです」とラインフランク氏は説明した。

COVID-19制限に対する過去 3 年間の抗議活動は過激化につながり、ライヒスビュルガー イデオロギーの支持者数が増加しました。たとえば、グループ「Freie Geister」(自由な精神)によるデモでは、抗議者は「主権。私たちの国の自由のために」と書かれた横断幕を掲げました。

「シーンは過激化しています。人々は、ドイツは自由ではなく、選出された政府は主権を持たないというライヒスビュルガーの核となる考えをより受け入れやすくなっています」とラインフランクは言いました。

 

Protesters against COVID restrictions were seen bearing Reichsbürger banners at demonstrationsImage: Berlin gegen Nazis

A close-knit far-right network?

The suspects targeted by the Federal Public Prosecutor's Office's investigation include a soldier from the German Armed Forces' Special Forces Command (KSK) and several Bundeswehr reservists. A former member of the Bundestag for the far-right populist Alternative for Germany (AfD) party is also said to be among the suspects, as is a former police officer who was responsible for the security of Jewish communities in Lower Saxony before his suspension, which happened before the arrest.

 For years, observers have warned about right-wing networks active within security agencies and the Bundeswehr. In July 2020, then-Defense Minister Annegret Kramp-Karrenbauer disbanded an entire company of KSK, where the banned Hitler salute had allegedly been used, and where far-right music was played at parties. Police in Saxony also found a weapons cache with ammunition and explosives at the home of one soldier in the company.

"It shocks me that it has come to this again within the security authorities," Reinfrank said. "And these arrests should be taken as an opportunity to look very closely again and understand that this is a problem that the Bundeswehr cannot solve internally."

  連邦検察庁の捜査対象となった容疑者には、ドイツ軍の特殊部隊司令部 (KSK) の兵士とドイツ連邦軍の予備兵数名が含まれています。極右のポピュリストであるドイツのための選択肢 (AfD) 党の元連邦議会議員や、容疑者の中に元警察官で、逮捕前に起きた停職処分の前はニーダーザクセン州ユダヤ人コミュニティの警備を担当していた容疑者の 1 人であると言われています。

 何年もの間、オブザーバーは、治安機関とドイツ連邦軍内で活動している右翼ネットワークについて警告してきました。2020 年 7 月、当時のアンネグレット クランプ カレンバウアー国防相は、禁止されたヒトラーの敬礼が使用され、極右の音楽がパーティーで演奏されていたKSK の会社全体を解散させました。ザクセン州の警察は、会社の 1 人の兵士の自宅で、弾薬と爆発物が入った武器庫も発見しました。

ラインフランク氏は「治安当局内で再びこのような事態になったことにショックを受けている」と述べた。「そして、これらの逮捕は、ドイツ連邦軍が内部で解決できない問題であることを再確認し、理解する機会として捉えるべきです。」

 

>>オウムは、世間知らずの高学歴学生を狙っていたけれども、ライヒスビュルガー運動は、極右政治家や警官や軍人もからめとってしまうんだなぁ。

 

This article was originally written in German.

While you're here: Every Tuesday, DW editors round up what is happening in German politics and society. You can sign up here for the weekly email newsletter Berlin Briefing.