今週の中国とアラブの首脳会談に何を期待する? Cathrin Schaer

bilateral trade between China and Gulf countries, including Saudi Arabia and Iran, totaled around $2.48 trillion (€2.37 trillion) in 2021. Of these, Saudi Arabia and the United Arab Emirates did the most business with China altogether. In fact, China is now Saudi Arabia's largest trading partner.

Over the same period, bilateral trade with the EU and US only added up to $1.3 trillion and $62.6 billion, respectively.

>>中国vs湾岸諸国で2.48兆ドルの貿易、中国はサウジの最大のお客様になっているとな。対サウジではEUは1.3兆円、米国626億ドル。中国のサウジ単独とのおつきあいは、

 意外に米国とは少ないのだな。武器ばかり打っているイメージだ。石油なしのお付き合いだとそうなるということか。

 

All of these trade numbers include arms sales, although China plays a very minimal role in this area. Between 2000 and 2019, the US, Russia and Europe supplied around 95% of all weaponry to countries in the Middle East. 

>>武器貿易から言うと、米国、ロシア、EUで95%を供給しているのだな。

中国はこの分野に乗り出さないはずもないからな。

サウジアラビアへの貿易赤字を減らすには、武器を売るしかないからな。

 

In 2021, the UAE suspended talks to purchase US fighter jets, partially because of American fears that the UAE's Chinese technology provider, Huawei, might be able to steal military secrets from the heavily networked F-35 stealth jets.

>>そんなことがありましたか。でも、今回サウジがHuawei入れる感じやけどね。

アメリカは圧力をかけて止めているが、抑えが効かなくなっているんだろうね。バイデンあかんな。

 

But that is also why, the experts agreed, fears of a new illiberal world order — where world powers line up in a "de-Westernized" geopolitical constellation with democratic nations in a showdown with non-democratic ones — are overblown.

>しかし、それこそが、世界の大国が民主主義国家と非民主主義国家との対決で「脱西洋化」された地政学的星座に並ぶ、新しい非自由主義世界秩序の恐れが誇張されている理由でもある

"The world is changing and power is becoming more diffuse," al-Hasan said. "And yes, Gulf states are pursuing their own interests even when those may diverge from their Western partners;" he said. "But that is because now, these states — along with others we would have called the Global South in the past — are more confident, more capable and more likely to want to pursue their own interests. That is a perfectly rational thing to want to do."

>>まあ、石油がなければ見向きもしないアフリカレベルなんだろうけどね。

 

アメリカが売ってくれない武器を、中国が売ってくれるわけか。

しかし、アメリカからの了解ないと、いざという時助けてくれんしな。

イランがドローンで攻撃したこと忘れている湾岸諸国。

といいつつ、イランの核開発を許そうとするバイデン政権にも苛立っている。

 

What to expect from this week's China-Arab summit?

Cathrin Schaer

2022.12.07

Chinese leader Xi Jinping's visit to Saudi Arabia this week coincides with a summit of Arab leaders. Experts say the meeting is not about Arab nations choosing sides between China and the US though.

  中国の習近平国家主席の今週のサウジアラビア訪問は、アラブ首長国首脳会議と一致している。専門家は、会談はアラブ諸国が中国と米国のどちら側につくかを決めることではないと言う。

 

>>中国にもシフトしていくという意味だろうね。

Even before the China-Arab summit begins in Saudi Arabia at the end of this week, the Chinese were eager to emphasize the role they want to play in the Middle East.

Early this month, the Chinese Foreign Ministry released a 19,000-word report on "China-Arab Cooperation in a New Era" stressing that Beijing was "a strategic partner and sincere friend" that would play a constructive role in the Middle East and avoid doing anything in its own "geopolitical self-interest." 

Some might see this as a not-so-subtle dig at US behavior in the Middle East. And there are concerns that the Friday summit, which coincides with a December 7-9 visit by Chinese leader Xi Jinping to Saudi Arabia, comes at a particularly sensitive time for US-Saudi relations. Ties between Riyadh and Washington are currently considered to be at a low point, and much has been made of the muted reception US President Joe Biden received when he visited in July. 

  今週の終わりにサウジアラビアで中国とアラブの首脳会談が始まる前でさえ、中国人は中東で果たしたい役割を強調することに熱心だった。
今月初め、中国外務省は「新時代の中国・アラブ協力」に関する 19,000 語の報告書を発表し、北京は「戦略的パートナーであり、誠実な友人」であり、中東で建設的な役割を果たし、それを回避すると強調した。それ自体が「地政学的な自己利益」にあるものは何でも。 
 一部の人々は、これを中東における米国の行動に対するそれほど微妙ではない掘り下げと見なすかもしれません. また、12 月 7 ~ 9 日に中国の習近平国家主席サウジアラビアを訪問する金曜日の首脳会談は、米国とサウジアラビアの関係にとって特にデリケートな時期に行われるのではないかという懸念があります。リヤドとワシントンの関係は現在、低迷していると考えられており、ジョー・バイデン大統領が 7 月に訪問した際に受けた控えめな反応について多くのことが語られてきた   。

 

>>やっぱりそうだわな。トランプの時は、抱き合わんばかりの仲の良さだったのに。

No deliberate antagonism

But the China-Arab event is not being held "to specifically irritate the US," according to Bernard Haykel, a professor of Near Eastern studies at Princeton University in the US and an expert on Saudi Arabia.

"The Saudis have a very strong economic relationship with China and Xi Jinping was supposed to come earlier," Haykel told DW. "The visit was cancelled a few times because of various [COVID-19] lockdowns, among other things." 

Experts DW spoke with said it wasn't initially obvious what this week's summit, which at least 14 heads of Arab state are expected to attend, might bring, although it will most likely be trade-related. 

"It is difficult to predict what the tangible outcomes of the China-Arab summit this week will be because it's happening under a very broad umbrella," Hasan al-Hasan, a Bahrain-based research fellow with the International Institute for Strategic Studies (IISS), told DW. "Mainly because the summit involves states with widely varying economic profiles."

 しかし、米国のプリンストン大学近東研究の教授でサウジアラビアの専門家であるバーナード・ヘイケルによれば、中国とアラブのイベントは「特に米国を苛立たせるために」開催されているわけではない。

「サウジは中国と非常に強い経済関係を築いており、習近平はもっと早く来るはずだった」とヘイケルはDWに語った。「とりわけ、さまざまな[COVID-19]ロックダウンのために、訪問は数回キャンセルされました。」 

DWが話した専門家は、少なくとも14のアラブ国家元首が出席すると予想される今週のサミットが何をもたらすかは最初は明らかではなかったが、それは貿易に関連する可能性が最も高い. 

バーレーンを拠点とする国際戦略研究所(IISS)のリサーチフェローであるハサン・アル・ハサンは、「今週の中国とアラブの首脳会談の具体的な結果がどうなるかを予測するのは難しい。なぜならそれは非常に幅広い傘の下で行われているからである」と語った。 )、DWに語った。「主な理由は、首脳会談には経済状況が大きく異なる州が関係しているからです。」

Expo 2020 in Dubai: Trade between China and Dubai unrelated to oil has risen by almost 75% since 2012Image: Wang Dongzhen/Xinhua News Agency/picture alliance

 

Such a visit by the Chinese leader should not come as a surprise, experts added, since economic ties between China and Arab nations have been growing for years.

According to the United Nations Conference on Trade and Development, bilateral trade between China and Gulf countries, including Saudi Arabia and Iran, totaled around $2.48 trillion (€2.37 trillion) in 2021. Of these, Saudi Arabia and the United Arab Emirates did the most business with China altogether. In fact, China is now Saudi Arabia's largest trading partner.

Over the same period, bilateral trade with the EU and US only added up to $1.3 trillion and $62.6 billion, respectively.

All of these trade numbers include arms sales, although China plays a very minimal role in this area. Between 2000 and 2019, the US, Russia and Europe supplied around 95% of all weaponry to countries in the Middle East. 

中国とアラブ諸国との経済関係は何年にもわたって拡大してきたため、中国の指導者によるそのような訪問は驚くべきことではないと専門家は付け加えた。

国連貿易開発会議によると、サウジアラビアとイランを含む中国と湾岸諸国との間の二国間貿易は、2021 年に約 2 兆 4800 億ドル(2 兆 3700 億ユーロ)に達しました。完全に中国との取引。実際、中国は現在、サウジアラビアの最大の貿易相手国です。

同じ期間に、EU と米国との二国間貿易は、それぞれ 1 兆 3,000 億ドルと 626 億ドルに過ぎませんでした。

中国がこの分野で果たす役割は非常に小さいものの、これらの貿易額にはすべて武器の販売が含まれています。2000 年から 2019 年の間に、米国、ロシア、およびヨーロッパは、中東の国々に全武器の約 95% を供給しました。 

 

>>ほぼ武器しか売るものがない?

Uncertain outcomes

Al-Hasan said the summit is most likely to showcase China's role as a provider of development funds and business, and for Saudi Arabia to demonstrate its leadership role in the Arab world. If anything substantial does come out of this week's summit, it will likely pertain to Saudi Arabia or the Gulf countries, al-Hasan argued, rather than other attendees like Iraq.

 Al-Hasan は、首脳会談が開発資金とビジネスの提供者としての中国の役割を示す可能性が最も高く 、サウジアラビアがアラブ世界でのリーダーシップの役割を実証する可能性が最も高いと述べた。今週のサミットで実質的な何かが出てくるとすれば、それはイラクのような他の参加者ではなく、サウジアラビアや湾岸諸国に関係する可能性が高いとアル・ハサンは主張した.

Chinese leader Xi Jinping will be in Riyadh for several meetings and trade gatherings this weekImage: Balkis Press/ABACA/abaca/picture alliance

 

Experts suggest that the summit's results could range from purely symbolic to genuinely substantial.

For example, the former could involve a series of memorandums of understanding that could have a real impact on bilateral business. That latter might include progress on a free trade agreement between China and the six-member Gulf Cooperation Council, or GCC. The Council includes Saudi Arabia, the UAE, Qatar, Bahrain, Kuwait and Oman.

Although the China-GCC free trade agreement has been debated for almost two decades now, it may be closer to reality than ever. In November this year, the Chinese ambassador to the UAE suggested negotiations were in the final stages.

  専門家は、サミットの結果は純粋に象徴的なものから真に実質的なものまでさまざまであると示唆しています。

たとえば、前者には、二国間ビジネスに実際の影響を与える可能性のある一連の覚書が含まれる可能性があります。後者には、中国と 6 か国で構成される湾岸協力会議 (GCC) との間の自由貿易協定の進展が含まれる可能性があります。評議会には、サウジアラビアUAEカタールバーレーンクウェートオマーンが含まれます。

中国と GCC自由貿易協定は 20 年近く議論されてきましたが、これまで以上に現実に近づいている可能性があります。今年の 11 月、UAE の中国大使は交渉が最終段階にあることを示唆した。

 

>>中国が中東に食い込んでくるなぁ。

Moving away from oil

Chinese companies already play a significant role in many Middle Eastern nations, with Chinese direct investments as well as many large infrastructure contracts awarded to Chinese companies.

Chinese firms are building ports and free trade zones in the region, including in Oman, Egypt, Saudi Arabia and Kuwait. Cooperation between China and Arab nations has also grown to include digital technology, renewable energies, tourism and aviation. Most of the GCC countries use China's controversial Huawei technology in their communications networks.

  中国企業はすでに多くの中東諸国で重要な役割を果たしており、中国企業への直接投資や多くの大規模なインフラ契約が結ばれています。
中国企業は、オマーン、エジプト、サウジアラビアクウェートを含むこの地域に港と自由貿易地帯を建設しています。中国とアラブ諸国間の協力も、デジタル技術、再生可能エネルギー、 観光、航空を含むように成長しました。GCC 諸国のほとんどは、物議を醸している中国のHuawei 技術を通信ネットワークで使用しています。

Several European countries have banned the use of Huawei technology because of concerns the company is too close to the Chinese governmentImage: Mahmoud Khaled/Xinhua News Agency/picture alliance

 

"For the Chinese, the priority [in Riyadh] is economic at least in the short to medium term," said Naser al-Tamimi, a political economist and senior research associate with the Italian Institute for International Political Studies (ISPI). Unlike some of China's other potential markets in Asia or Africa, Gulf countries are flush with cash and offer a stable, political environment in which to do business.

For Saudi Arabia and its neighbors, the trade ties with China are about the diversification of their economies away from the oil that provides most of their national income. They know that slowly the world is turning to renewable energies and they are spending huge sums to prepare for this.

"The amount being spent [on diversification] is staggering and the Chinese won't let an opportunity like that go by," noted al-Tamimi, whose work focuses on Asia-Gulf relations.

 政治経済学者であり、イタリア国際政治研究所(ISPI)のシニア・リサーチ・アソシエートであるナセル・アル・タミミ氏は、「中国人にとって、(リヤドでの)優先事項は経済だ。少なくとも短中期的には」と語った。アジアやアフリカにある中国の他の潜在的な市場とは異なり、湾岸諸国は資金が豊富で、ビジネスを行うための安定した政治環境を提供します。

サウジアラビアとその近隣諸国にとって、中国との貿易関係は、国民所得のほとんどを提供する石油から離れた経済の多様化に関するものです。彼らは、世界がゆっくりと再生可能エネルギーに移行していることを知っており、これに備えるために多額の費用を費やしています。

「[多様化に]費やされている金額は驚異的であり、中国人はそのような機会を逃すことはありません」と、アジア湾岸関係に焦点を当てた仕事をしているアル・タミミは述べた.

>>宗教が中国とそりが合わないこともない感じだしね。人権でこだわらないので、上手くやりそうだが、無神経な点でいつかしっぽを踏みかねないけど。

Controversial arms cooperation

However, some of the increasing cooperation is more controversial and includes domestic production of military equipment. The Saudis are developing their own missiles and drones with Chinese help, while the UAE has purchased Chinese fighter jets.

"Anything the Americans won't sell them, the Saudis will try and get elsewhere," Princeton's Haykel noted. At the same time though, he added, the US remains the most important ally for Saudi Arabia and others.

Even a brief glance at the numbers shows where the focal point of each partnership lies. China might be the Saudis' biggest trading partner, but Saudi arms trade with the Chinese only totaled $245 million between 2013 and 2021. Meanwhile, the arms trade between the Saudis and the US in that same period equaled $17.9 billion.

  ただし、増加する協力の一部は、より物議を醸しており、軍事機器の国内生産が含まれています。サウジは中国の支援を受けて独自のミサイルとドローンを開発しており、UAE は中国の戦闘機を購入している。

アメリカ人が売らないものは何でも、サウジアラビア人はどこかで手に入れようとするだろう」とプリンストンのヘイケルは指摘した. しかし同時に、米国はサウジアラビアなどにとって最も重要な同盟国であり続けている、と彼は付け加えた。

数字を少し見ただけでも、各パートナーシップの焦点がどこにあるかがわかります。中国はサウジにとって最大の貿易相手国かもしれないが、サウジアラビアと中国との武器貿易は、2013 年から 2021 年までの間に合計 2 億 4500 万ドルにとどまった。一方、同じ期間におけるサウジアラビアと米国の間の武器貿易は 179 億ドルに相当した。

 

>>サウジや湾岸諸国にとって、仮想敵国は、本物の敵で何年も敵対している相手がイランだからね。イランと仲いい中国の武器に、湾岸諸国やサウジが依存していいのかという話。むしろイランに中国製武器で攻撃できるんかという、利益相反行為が問題なのだろう。

 イランとサウジが、中国製ドローン同士で戦うことになる?

China has supplied Gulf countries with drones after the US refused to sell the technologyImage: Chen Boyuan/dpa/picture alliance

>>湾岸諸国はトルコ製ドローンは買えないからな。

 

Occasionally, there have also been tensions in the sensitive areas where trade and military interests intersect.

In 2021, the UAE suspended talks to purchase US fighter jets, partially because of American fears that the UAE's Chinese technology provider, Huawei, might be able to steal military secrets from the heavily networked F-35 stealth jets. The Emiratis ended up buying Chinese planes instead. Also in 2021, a secretive project being built inside a commercial UAE port, under Chinese construction, was ended after US pressure. American intelligence agencies believed that this hidden part of the port project was being used for maritime spying.

Some of the details of closer cooperation are deliberately being kept quiet, Haykel said.

"That's just part of the Saudis' hedging strategy, where the country is building closer relationships with China and other countries" he noted.

時折、貿易と軍事の利益が交差するデリケートな分野で緊張が生じることもあります。

2021 年、UAE は、UAE の中国の技術プロバイダーである Huawei が、高度にネットワーク化された F-35 ステルス ジェット機から軍事機密を盗むことができるのではないかという米国の懸念から、米国の戦闘機を購入するための交渉を一時停止しました。首長国は代わりに中国の飛行機を購入することになった。また、2021 年には、UAE の商用港内に中国が建設中の秘密のプロジェクトが、米国の圧力を受けて終了しました。アメリカの諜報機関は、港湾プロジェクトのこの隠された部分が海上スパイに使用されていると信じていました。

より緊密な協力の詳細の一部は、意図的に非公開にされている、とヘイケル氏は述べた。

「これはサウジのヘッジ戦略の一部に過ぎず、サウジは中国や他の国とより緊密な関係を築いている」と彼は指摘した。

 

>>安全保障という点で、Huaweiを敵視しているアメリカなのに、サウジはいれちゃうのだね。Huaweiを。

A new world order?

"We have also seen an upgrading of Saudi ties with other countries," added al-Hasan. This includes India, Japan and South Korea. "Essentially, partners that are seen as more likely and more willing to transfer technology and knowledge."

サウジアラビアと他国との関係の改善も見られた」とアル・ハサンは付け加えた。これには、インド、日本、韓国が含まれます。「本質的に、技術と知識を移転する可能性が高く、より進んでいると見なされるパートナーです。」

 

China's trade policy sits well alongside Gulf states' policies, such as Saudi Arabia's Vision 2030, to diversify away from oilImage: Amr Nabil/AP Photo/picture alliance

 

But that is also why, the experts agreed, fears of a new illiberal world order — where world powers line up in a "de-Westernized" geopolitical constellation with democratic nations in a showdown with non-democratic ones — are overblown.

"The world is changing and power is becoming more diffuse," al-Hasan said. "And yes, Gulf states are pursuing their own interests even when those may diverge from their Western partners;" he said. "But that is because now, these states — along with others we would have called the Global South in the past — are more confident, more capable and more likely to want to pursue their own interests. That is a perfectly rational thing to want to do."

Edited by Sean Sinico

しかし、それこそが、世界の大国が民主主義国家と非民主主義国家との対決で「脱西洋化」された地政学的星座に並ぶ、新しい非自由主義世界秩序の恐れが誇張されている理由でもある、と専門家は同意した.

「世界は変化しており、権力はますます拡散している」とアル・ハサンは語った。「そして、そうです、湾岸諸国は、西側のパートナーから逸脱する可能性がある場合でも、独自の利益を追求しています。」彼は言った。「しかし、それは今、これらの州が、過去にグローバル・サウスと呼ばれていた他の州と同様に、より自信を持って、より能力があり、自分たちの利益を追求したいと思う可能性が高いからです。それは完全に合理的なことです。行う。"

 

>>合理的だが、近視眼的だけどね。目先にすぐ釣られるし。

 

Research briefing: China and the US in the Middle East: Iran and the Arab Gulf

https://researchbriefings.files.parliament.uk/documents/CBP-9612/CBP-9612.pdf