Wirecard: ドイツの不正なフィンテック スターがどのように暴露されたか Nik Mart

自家用機で逃げ出したところまでは聞いたけど、、、

 

ex-CEO Markus Brown and two managers go on trial in Munich

>>捕まった奴の裁判が始まるのだね。

 

An FT investigation found that third-party acquirers (TPAs) —  businesses that processed payments for Wirecard where it lacked its own license to operate —  accounted for around half of Wirecard's reported revenues and a large chunk of its profits. But an address for one such firm led to a family home in the Philippines. Another was a Manila bus company.

>>ライセンスのないフィリピンの会社によって、売り上げの半分と利益のほとんどを稼いでいたとな。で、その会社はフィリピンの住宅地とマニラのバス会社だったという。はぁ? 根っこは、カジノOnline決済のときとかわってない怪しい会社だったんだな。

 

the official reaction to the negative media reports was "scandalous," as the public prosecutor initiated a short-selling ban on Wirecard shares "based on a wild conspiracy theory that Bloomberg conspired to blackmail Wirecard."

The embarrassment forced the resignation of BaFin's chief and the head of Germany's accounting watchdog and even spawned a Netflix documentary, recounted by McCrum.

"Many didn't want to believe that fraudsters were at work at Wirecard,

>>この詐欺スキャンダルで、ドイツ権威が失態を晒す事態となったのだね。二次災害が広がってしまったようだな。きちんと不正に対処できず、逆に偏見で先走ってしまったとは、、、、米国のNetFlixにドキュメンタリー作られてしまう羽目にもなった。

ドイツ、なんだか最近残念なことばかりだな。

 

accused of inflating earnings through fictitious transactions involving a complex web of subsidiaries and partner companies.

Oliver Bellenhaus, the former head of Wirecard's Dubai subsidiary, and Stephan von Erffa, another former executive, are also accused.

>>子会社や協力会社を複雑に絡めた架空取引によって収益を水増ししたのだね。

それがドバイか。

 

Prosecutors will argue that the trio presented inaccurate financial results for 2015-2018 by including revenues from TPA companies in Dubai, the Philippines and Singapore that "did not actually exist."

>>ドバイ、フィリピン、シンガポールなどのペーパー会社との取引か。

最大で15年の懲役ね。

人を殺すより、経済詐欺で金儲けしたほうが罪が軽いな。

 

"In my view, Wirecard was a major money laundering entity with close ties to organized crime and secret services. The third-party companies (TPAs) were not just shell companies with fake transactions, they outsourced legal risks from Wirecard by recycling dirty money," De Masi told DW.

>私の考えでは、Wirecardは組織犯罪やシークレットサービスと密接な関係を持つ、主要なマネーロンダリング企業でした。第三者企業(TPA)は、偽の取引を行う単なるペーパーカンパニーではなく、汚れたお金をリサイクルすることでWirecardから法的リスクをアウトソーシングしていたのです。

>>なるほどね。

The Double Life of Wirecard’s Fugitive Executive

Skandal! Bringing Down Wirecard - Official Clip Netflix

>>めっちゃ見たい。

Wirecard: How Germany's fraudulent fintech star was exposed

Nik Martin

2022.12.07

More than two years after the collapse of the digital payments firm Wirecard, ex-CEO Markus Brown and two managers go on trial in Munich. DW recaps how Germany's worst post-war fraud scandal unfolded.

  デジタル決済会社 Wirecard の破綻から 2 年以上が経過し、元 CEO の Markus Brown と 2 人のマネージャーがミュンヘンで裁判にかけられました。DW は、ドイツの戦後最悪の詐欺スキャンダルがどのように展開されたかを要約します。

Wirecard CEO Markus Braun was "The Godfather" of an elaborate scheme to defraud investors in the fintech star Wirecard, a former German lawmaker told DW ahead of the opening of a trial into the scandal on Thursday.

Fabio De Masi, a former lawmaker for Germany's socialist Left Party who sat on a parliamentary inquiry into the Wirecard affair, said "Mr. Braun was not a victim but The Godfather of the criminal operation."

De Masi recalled parliament's 675-page report on Wirecard, published last year, that established that Braun was involved in signing off on funds to third-party firms despite warnings that he was giving away "the last liquidity of Wirecard."

  Wirecard の CEO である Markus Braun は、フィンテックのスターである Wirecard の投資家をだますための精巧な計画の「ゴッドファーザー」であった、とドイツの元議員は木曜日にスキャンダルの裁判が始まる前に DW に語った。

ドイツの社会主義左派党の元議員で、ワイヤーカード事件に関する議会調査に参加したファビオ・デ・マシ氏は、「ブラウン氏は被害者ではなく、犯罪作戦のゴッドファーザーだった」と語った。

De Masi は、昨年発行された Wirecard に関する議会の 675 ページの報告書を想起し、Braun が「Wirecard の最後の流動性」を提供していると警告したにもかかわらず、第三者企業への資金の承認に関与していたことを立証した。

>>フム、フム。

What was Wirecard?

Wirecard was once the poster child for Germany's financial technology sector. The firm began life in 1999 as an online payment processor for porn and gambling websites and grew a stable stream of revenue that helped it survive the dot-com bust. The company built up a wider base of retail clients thanks to the global boom in online shopping and, later, mobile payments.

Under CEO Markus Braun, a former KMPG consultant who joined in 2002, the company grew at breakneck speed, swallowing up smaller payment firms and expanding into bankingIt even launched a joint venture with China's e-commerce giant Alipay to allow Chinese tourists to pay for goods and services while abroad.

Wirecard was listed on the Frankfurt Stock Exchange in 2005 and 13 years later, it knocked traditional lender Commerzbank out of the blue-chip DAX index. At its peak, the company was valued at more than €24 billion ($25 billion), outweighing even Deutsche Bank.

  Wirecard は、かつてドイツの金融テクノロジー セクターの代表的な存在でした。同社は 1999 年に、ポルノやギャンブルの Web サイト向けのオンライン決済処理業者として創業し、安定した収益の流れを成長させて、ドットコムの不況を乗り切ることができました。同社は、オンライン ショッピングの世界的なブームと、その後のモバイル決済のおかげで、より幅広い小売顧客基盤を構築しました。

2002 年に入社した KMPG の元コンサルタントであるCEO の Markus Braunの下で、会社は猛烈なスピードで成長し、小規模な決済会社を飲み込み、銀行業にまで拡大しました。中国の電子商取引大手アリペイとの合弁会社を立ち上げ、中国人観光客が海外で商品やサービスの支払いを行えるようにしました。

Wirecard は 2005 年にフランクフルト証券取引所に上場し、13 年後、伝統的な貸し手であった Commerzbank を優良な DAX インデックスから追い出しました。ピーク時の企業価値は 240 億ユーロ (250 億ドル) を超え、ドイツ銀行をも上回っていました。

 

>>最初はOnlineカジノの決済企業だったのだね。道理でサーバーがフィリピンにあったわけだ。当初、フィリピンから中国に逃げたと言っていたけど。中国と合弁会社を立ち上げていたんか。

What brought down Wirecard?

In 2016, US financial investigative research firm Zatarra issued a negative report on Wirecard, alleging fraudulent activity at the firm.  It accused senior executives of committing money laundering and defrauding Visa and Mastercard.

Three years later, Financial Times journalist Dan McCrum picked up on the scandal, alleging accounting irregularities at Wirecard's Asian units in a series of articles.

By June 2020, the company admitted to auditor EY that €1.9 billion in cash meant to be held in two Philippine accounts likely didn't exist. Wirecard's share price plummeted by 99% and it became the first DAX company to file for insolvency, owing creditors nearly €4 billion.

An FT investigation found that third-party acquirers (TPAs) —  businesses that processed payments for Wirecard where it lacked its own license to operate —  accounted for around half of Wirecard's reported revenues and a large chunk of its profits. But an address for one such firm led to a family home in the Philippines. Another was a Manila bus company.

 Wirecard's auditor EY, who signed off on the firm's accounts for a decade, also faced sharp criticism and is now being sued by Wirecard shareholders. EY has said it acted professionally.

The government of then Chancellor Angela Merkel briefly considered bailing out the company and her then Finance Minister, now Chancellor, Olaf Scholz was censured for bungling oversight of the company. Scholz told a parliamentary inquiry that most of the fraud happened before his tenure.

  2016 年、米国の金融調査会社 Zatarra は Wirecard に関する否定的なレポートを発行し、会社での不正行為を主張しました。同社は上級幹部がマネーロンダリングを行い、Visa と Mastercard をだまし取ったと非難した。

3 年後、Financial Timesのジャーナリスト、Dan McCrum がこのスキャンダルを取り上げ、一連の記事で Wirecard のアジア部門での不正会計を主張しました。

 2020 年 6 月までに、同社は監査人の EY に対し、フィリピンの 2 つの口座に保管されるはずだった 19 億ユーロの現金が存在しない可能性が高いことを認めました。Wirecard の株価は 99% 急落し、債権者に 40 億ユーロ近くの債務があり、破産を申請した最初の DAX 企業となりました。

FT の調査によると、サードパーティ アクワイアラー (TPA) (独自の運営ライセンスを持たない Wirecard の支払いを処理する企業) が、Wirecard の報告された収益の約半分と利益の大部分を占めていることがわかりました。しかし、そのような会社の住所は、フィリピンの家族の家につながりました. もう1つはマニラのバス会社でした。

Wirecard の会計監査人 EY は 10 年間同社の口座にサインオフしており、鋭い批判に直面しており、現在 Wirecard の株主から訴えられている。EYは、専門的に行動したと述べています。

当時のアンゲラ・メルケル首相の政府は一時的に会社を救済することを検討し、彼女の当時の財務大臣で現在の首相であるオラフ・ショルツは、会社の監督を怠ったとして非難されました。ショルツ氏は議会の調査で、ほとんどの詐欺は彼の在任前に起こったと語った。

>>監査法人EYも同罪になるわな。投資で突然倒産するならわかるけど。

メルケルが証言で呼ばれていたな。まあ、軽くあしらっていたけど。

 

The scandal also revealed that Germany's market regulator BaFin had not only failed to spot the fraud —  despite the suspicions raised by investigative journalists and financial market analysts — it had instead filed criminal complaints against two FT journalists, claiming market manipulation, which were later dropped.

De Masi told DW that the official reaction to the negative media reports was "scandalous," as the public prosecutor initiated a short-selling ban on Wirecard shares "based on a wild conspiracy theory that Bloomberg conspired to blackmail Wirecard."

The embarrassment forced the resignation of BaFin's chief and the head of Germany's accounting watchdog and even spawned a Netflix documentary, recounted by McCrum.

"Many didn't want to believe that fraudsters were at work at Wirecard," Volker Bruehl, a professor at the Center for Financial Studies in Frankfurt, told Agence France-Presse.

  このスキャンダルはまた、ドイツの市場規制当局である BaFin が、調査ジャーナリストや金融市場アナリストが疑惑を提起したにもかかわらず、詐欺を発見できなかっただけでなく、2 人の FT ジャーナリストに対して、市場操作を主張して刑事告訴したことも明らかにしました、、が、のちに取りやめた。

De Masi は DW に、否定的なメディア報道に対する公式の反応は「スキャンダラス」であると語った。検事は、「Bloomberg が共謀して Wirecard を恐喝したという野蛮な陰謀論に基づいて」Wirecard 株の空売り禁止を開始したからである。

恥ずかしさは、BaFin のチーフとドイツの会計監視機関の責任者の辞任を余儀なくされ、McCrum が詳述した Netflix のドキュメンタリーを生み出しさえしました。

フランクフルトの金融研究センターの教授であるフォルカー・ブリュール氏は、フランス通信社に次のように語った。

 

>>NetFlixのこのドキュメンタリーをみたいな。

ドイツは、検察が下手打ったな。悪化させてもうた。

IT企業の詐欺スキャンダルのみならず、監督官庁も検察まで、巻き込まれる結果だ。

調査ジャーナリズムを陰謀論と言えば、何でも批判できてしまうからな。

What is the court case about?

Braun and two other high-ranking Wirecard managers go on trial in Munich on Thursday, accused of inflating earnings through fictitious transactions involving a complex web of subsidiaries and partner companies.

Oliver Bellenhaus, the former head of Wirecard's Dubai subsidiary, and Stephan von Erffa, another former executive, are also accused.

Prosecutors will argue that the trio presented inaccurate financial results for 2015-2018 by including revenues from TPA companies in Dubai, the Philippines and Singapore that "did not actually exist."

The three men could face up to 15 years in jail if convicted of several charges, including fraud and market manipulation.

  Braun と他の 2 人の Wirecard 幹部は木曜、ミュンヘンで裁判にかけられ、子会社とパートナー企業の複雑な網を巻き込んだ架空の取引を通じて収益を水増ししたとして告発された。

ワイヤーカードのドバイ支社の元責任者であるオリバー・ベレンハウスと、別の元幹部であるステファン・フォン・エルファも起訴されている。

検察は、「実際には存在しなかった」ドバイ、フィリピン、シンガポールのTPA企業からの収益を含めることで、トリオが2015年から2018年の不正確な財務結果を提示したと主張する.

3 人の男は、詐欺や市場操作を含むいくつかの罪で有罪判決を受けた場合、最大 15 年の懲役に直面する可能性があります。

Former Wirecard CEO Markus Braun claims innocenceImage: CHRISTOF STACHE/AFP/Getty Images

 

Braun, who has been in custody since the summer of 2020, denies wrongdoing and accuses others of running a shadow operation without his knowledge.

The prosecution has said Wirecard's management invented vast sums of phantom revenue to hoodwink investors and creditors.

Prosecutors have written a 474-page indictment, following hundreds of interrogations, dozens of property searches, and after having sifted through 42 terabytes of data.

Authorities in more than two dozen countries took part, from Switzerland to Singapore, Austria, the Philippines, Britain and Russia.

A verdict is not expected until 2024 at the earliest.

"In my view, Wirecard was a major money laundering entity with close ties to organized crime and secret services. The third-party companies (TPAs) were not just shell companies with fake transactions, they outsourced legal risks from Wirecard by recycling dirty money," De Masi told DW.

  2020年の夏から拘留されているブラウンは、不正行為を否定し、彼の知らないうちに影の作戦を実行していると非難している.

検察は、Wirecard の経営陣が、投資家や債権者を欺くために莫大な額の架空の収益を発明したと述べています。

検察官は、数百回の尋問、数十回の財産捜索、42 テラバイトのデータのふるい分けを経て、474 ページの起訴状を作成しました。

スイスからシンガポールオーストリア、フィリピン、英国、ロシアまで、20 カ国以上の当局が参加しました。

評決は、早くても2024年までは期待されていません。

「私の見解では、Wirecard は組織犯罪や秘密情報機関と密接な関係を持つ主要なマネー ロンダリング エンティティでした。サードパーティ企業 (TPA) は、偽の取引を行う単なるダミー会社ではなく、汚れたお金をリサイクルすることで Wirecard から法的リスクを外注しました。 」 デ・マシはDWに語った。

Former Wirecard COO Jan Marsalek remains Germany's most wanted man for his alleged role in the Wirecard scandalImage: Frank Hoermann/SVEN SIMON/picture alliance

One of the accused remains on the run

The Wirecard affair will not be complete without the testimony of former Chief Operating Officer Jan Marsalek, who Braun has painted as the mastermind behind the fraud.

Marsalek vanished when the scandal unfolded by faking an elaborate escape to China via the Philippines, while in reality he was bound for Moscow via Belarus on a private jet.

He remains on Europol's wanted list and is thought to be living under a new identity in Moscow , protected by the Kremlin, having been helped to disappear by a former Austrian intelligence officer and a far-right politician.

With his connections to Russian intelligence agencies and his one-time bid to assemble a Libyan militia, the party-loving Marsalek remains shrouded in mystery.

Edited by: Ashutosh Pandey

  ワイヤーカード事件は、ブラウンが詐欺の背後にある首謀者として描いた元最高執行責任者のヤン・マルサレクの証言なしには完了しません.

マルサレクは、フィリピン経由で中国への精巧な逃亡を装ってスキャンダルが展開されたときに姿を消しましたが、実際にはプライベートジェットでベラルーシ経由でモスクワに向かった.

彼はユーロポールの指名手配リストに残っており 、クレムリンによって保護された新しいアイデンティティの下でモスクワに住んでいると考えられています。

ロシアの諜報機関とつながりがあったり、リビア民兵を集めようとしたことがあったりと、パーティ好きのマルサレクは謎に包まれたままだ。

>>最初フィリピンから中国と言われたが、のちに自家用ジェットから、東欧経由でロシアに逃げていたらしいな。

 

>>いくらお金があっても、ロシアにいたらつまらないだろうね。