英国 物議を醸す新しい炭鉱を承認し、批判を引き起こした ウッドハウス炭鉱プロジェクト

なるほど。500名の雇用を生むという。

おまけにほぼ輸出するという。

少しは製鉄に使うけどって。

 

石炭が値上がりしているこの時期がまさにチャンス!というわけだ。

ホントはもっと早く実施する予定だったけど、宇露戦争まではCop26とかいって、

石炭、二酸化炭素をやり玉にしていたからね。

 

 

 

https://www.westcumbriamining.com/wp-content/uploads/WCM-Project-Update-November-2019.pdf

The Project
The Cumbrian Metallurgical Coal Project, to be known as Woodhouse
Colliery, consists of a new underground coal mine, located on a
brownfield site, to the south west of Whitehaven in West Cumbria, UK.
The mine has a planned operational lifespan of a minimum of 40 years
and will extract and process up to 3.1 million tonnes of coal per year
on-site within a new coal preparation plant (the site design is shown
opposite) prior to being transported via a buried conveyor 2.2km to
a train loading facility for direct transportation by rail to Redcar Bulk
Terminal on the East Coast for onward distribution.
Careful thought and consideration has been taken planning the design
element of the surface infrastructure in order to minimise any potential
impacts from noise, dust and light pollution. This is very much a 21st
century mine.
WCM’s vision is to become a leading European producer of strategic,
high-quality metallurgical coal (also known as Coking Coal) for steel
making. The Project will deliver a significant financial boost at local,
regional and national levels.

Cumbrian Metallurgical Coal Project(通称:Woodhouse炭鉱)。
ウッドハウス炭鉱は、英国ウェスト・カンブリア州ホワイトヘブンの南西に位置するブラウンフィールドに建設される新しい地下炭鉱です。
この炭鉱は、最低40年の操業期間を予定しています。
年間最大310万トンの石炭を採掘し、現地に新設する石炭調製プラント(CPC)で処理する予定です。
年間310万トンの石炭を採掘し、現地に建設される調炭工場で処理します(設計図は別掲)。
2.2kmの埋設コンベアにより輸送され、列車で直接輸送されます。
鉄道で東海岸のRedcar Bulk Terminalまで直接輸送するため、列車積載施設まで2.2kmの埋設コンベアで輸送します。
鉄道で直接輸送し、東海岸のレッドカーバルクターミナルに配送します。
地上インフラの設計には、細心の注意と配慮が払われています。
を最小化するために、表面インフラの設計要素には慎重な配慮がなされました。
騒音、粉塵、光害の影響を最小限に抑えるために、表面インフラの設計には細心の注意が払われています。これはまさに21世紀の鉱山です。
21世紀の鉱山です。
WCMのビジョンは、ヨーロッパをリードする戦略的な冶金用炭の生産者になることです。
WCMのビジョンは、製鉄用の高品質な冶金用石炭(別名、原料炭)を生産する欧州のリーディングカンパニーになることです。
というビジョンを掲げています。このプロジェクトは、地元や地域、国レベルで財政を大きく後押しすることになるでしょう。
地域、国レベルで大きな財政的後押しになります。

Project Location
The Project is sited in the Borough
of Copeland, within the County of
Cumbria, UK.
• Close to the historic town of
Whitehaven, population currently
around 24,000 (a former major
working port).
• Existing rail line adjacent to
mine to transport coal to east
coast deep water port facility
for export to domestic and
European steel-makers.
• Historically a highly industrialised
area, with former steel works and chemical production plants sited
locally.
• Mining will be contiguous to the last deep Cumbrian coal mine
(Haig Colliery) which closed in 1986.
• Strong community and stakeholder support. 

このプロジェクトはコープランド区に位置しています。
コープランド区、英国カンブリア州内
プロジェクトは、イギリス・カンブリア州のコープランド区にあります。
- 歴史的な町であるホワイトヘイヴンに近く
ホワイトヘブン(Whitehaven)に近く、現在人口
約24,000人(かつては主要な港湾であった)。
港)。
- 鉱山に隣接して既存の鉄道路線があり
東部沿岸の深海港湾施設へ石炭を輸送するための
東海岸深海港湾施設へ輸送するための既存鉄道
国内および欧州の鉄鋼メーカーに輸出するため
への輸出が可能です。
- 歴史的に高度に工業化された地域であり
は、かつて製鉄所や化学工場があった地域です。
のある地域です。
- 1986年に閉山したカンブリア最後の深炭鉱(Haig Colliery)に隣接して採掘を行う予定です。
(Haig Colliery)に隣接している。
- 地域社会と関係者の強い支持。 

Why Coking Coal?
Coking coal is an essential feedstock in the
manufacture of Iron and Steel.
The large majority of steel produced in the
world is made using coking coal.
Around 74% of total global steel production
relies directly on inputs of coking coal. Over 1.8
billion tonnes of coking coal are used in global
steel production every year. This is around 15%
of total coal consumption worldwide.
Coke is made from coking coal by
carbonisation of coal at high temperatures
(1100°C) in an oxygen deficient atmosphere
in order to concentrate the carbon. This is
undertaken in specialist ovens at the steelworks.

原料炭は鉄鋼の製造に欠かせない原料です。
世界で生産される鉄鋼の大部分は原料炭を使用しています。
世界の鉄鋼生産の大部分は原料炭を使用しています。
世界の鉄鋼生産の約74%は原料炭に直接依存しています。
世界の鉄鋼生産の約74%は原料炭の投入に直接依存しています。18億トン以上の原料炭が使われています。
億トン以上の原料炭が使用されています。
毎年18億トン以上の原料炭が使用されています。これは世界の石炭消費量の約15%に相当します。
これは全世界の石炭消費量の約15%に相当する。
コークスは原料炭から次のようにして作られる。
コークスとは、原料炭を酸素の少ない雰囲気下で高温(1100℃)で炭化させ
(炭素を濃縮するために、酸素欠乏雰囲気下で高温(1100℃)で炭化させる。
炭素を濃縮するために これは製鉄所の専用オーブンで行われる。

Mining Method
The mining method selected by the WCM team is termed the ‘Run-Out
and Pocket’ partial extraction system.
This is a proven, highly versatile coal mining system that takes advantage
of major recent advancements in mining equipment technology
to mitigate any risks associated with the Cumbrian coalfield. At full
production there would be five separate working panels.
The Project utilises conventional coal mining methods to enable high
rates of extraction providing highly flexible and low-cost operations to
ensure the mining process is productive, flexible and low risk.

WCMチームが選んだ採掘方法は、「ランアウト」と呼ばれる部分採掘方式。
と呼ばれる部分採炭方式です。
この方式は、近年の採掘機器技術の進歩により、実績があり、汎用性の高い石炭採掘方式です。
最近の採掘機器技術の大きな進歩を利用し
カンブリア炭田でのリスクを軽減することができます。フル稼働時には
5つの独立した作業パネルが存在することになります。
このプロジェクトでは、従来の石炭採掘方法を利用することで、高い採掘率を実現します。
高い採掘率を実現し、柔軟で低コストのオペレーションを可能にします。
採掘プロセスが生産的で柔軟、かつ低リスクであることを保証します。

Logistics-Train Loading Facility
WCM has committed to move all product by rail via a buried 2.2km
long conveyor to a train loading facility, with its own dedicated siding,
on the Cumbria Coast railway line.
The trains will be loaded with a fast turn-around (approximately 45
minutes) using a high speed train loader.

WCMは、すべての製品を埋設された2.2kmのコンベヤーを経由して鉄道で輸送することを約束しました。
専用サイディングを持つ列車積込施設まで、2.2kmのコンベアーを経由して全製品を鉄道輸送することを約束しました。
を設置する予定です。
列車への積み込みは、高速列車積載装置を使用し、高速ターンアラウンド(約45分)で行われる予定です。
高速トレインローダーを使用し、約45分で積み込みます。

続く、、、

 

UK approves controversial new coal mine, sparking criticism

2022.12.08

The Woodhouse Colliery project is expected to take two years to build and create 500 jobs. However, many say it will set back Britain in its bid to meet climate goals.

  ウッドハウス炭鉱プロジェクトは、500 人の雇用を創出するために 2 年かかると予想されています。しかし、多くの人は、気候変動の目標を達成するという英国の努力を後退させるだろうと言っています.

 

>>シェールガス採掘もOKにしたし、逆行しているねぇ。

ワイは思い出すのは、日英貿易協定EPAで、関税無くしましょうと合意した後で、イギリスは粘っていた2026年に日本車完全関税Zero輸入OKの条件を反故にするような、化石燃料自動車新車販売禁止2030年とか言い出したしな。また日本は騙されたと思ったが、どうやら、そうならない感じがするよん。シェールガスに石炭もくもくで、どうして自動車だけ電気なん?と。

 

 

 

The UK approved its first new deep coal mine in three decades on Wednesday, sparking swift criticism from environmental groups.

Britain's Conservative government has defended the project, with Cabinet Minister Michael Gove saying it would have a "neutral effect" on climate change, but activists warn the mine could deal a major blow to the UK's climate goals.

  英国は水曜日、30年ぶりに新しい深層炭鉱を承認し、環境団体からの迅速な批判を引き起こした.

英国の保守党政権はこのプロジェクトを擁護しており、マイケル・ゴーブ内閣大臣は、気候変動に対して「中立的な影響」をもたらすだろうと述べているが、活動家たちは、鉱山が英国の気候目標に大きな打撃を与える可能性があると警告している.

 

>>物は言いよう。ニュートラルな影響は、影響はないということだが、無いと否定すると批判が爆発するので、否定形でない言い方を取るわけだね。

What do we know about the project?

The Woodhouse Colliery mine project was unveiled in 2014 and has been criticized by the British government's independent climate advisory panel, as well as the opposition Labour Party, NGOs and activists.

It seeks to extract coking coal used in the steel industry from under the Irish Sea. The coal will be processed on the site of a shuttered chemical plant in the town Whitehaven, about 340 miles (550 kilometers) away from London.

The project by West Cumbria Mining in northwest England is expected to create around 500 jobs.

The mine would take two years to build, and cost around 165 million pounds ($201 million; €191 million). It is proposed to be in operation for 50 years.

"This coal will be used for the production of steel and would otherwise need to be imported. It will not be used for power generation. The mine seeks to be net zero in its operations and is expected to contribute to local employment and the wider economy," a spokesperson for the Department of Levelling Up, Housing and Communities said.

The majority of the coal produced is expected to be exported to Europe. After five years, more than 80% of the coal produced annually is to be sent to an export terminal on England's east coast, according to planning documents.

  ウッドハウス炭鉱プロジェクトは 2014 年に発表され、英国政府の独立気候諮問委員会、野党労働党NGO、活動家から批判されてきました。

鉄鋼業で使用される原料炭をアイリッシュ海から採掘することを目指しています。石炭は、ロンドンから約 550 キロ離れたホワイトヘブンの閉鎖された化学工場の跡地で処理されます。

イングランド北西部の West Cumbria Mining によるこのプロジェクトは、約 500 人の雇用を生み出すと予想されています。

鉱山の建設には 2 年を要し、約 1 億 6,500 万ポンド (2 億 100 万ドル、1 億 9,100 万ユーロ) の費用がかかりました。50年間の運用が提案されています。

「この石炭は鉄鋼の生産に使用され、それ以外の場合は輸入する必要があります。発電には使用されません。鉱山は操業においてネットゼロを目指しており、地元の雇用とより広い経済に貢献することが期待されています。 」とレベルアップ・住宅・コミュニティ局の広報担当者は語った。

生産された石炭の大部分はヨーロッパに輸出されると予想されます。計画文書によると、5 年後には、年間生産される石炭の 80% 以上が、イングランド東海岸にある輸出ターミナルに送られることになっています。

 

>>イギリスで石炭を掘っても、別に発電に使ったりしないので、大丈夫と。輸出すればその国が排出量を解決するわけで。2014年の計画だったのか。石炭価格が値上がりしたので、ペイできるわけだね。

How have climate activists responded?

Critics argue the mine will affect Britain's status as a leader in replacing fossil fuels with renewable sources of energy. It could affect the country's goal to phase out coal and meet goals of generating 100% electricity from clean energy sources by 2035.

Coal burning power plants are responsible for a fifth of global greenhouse gas emissions, making it the largest single source.

"The UK government risks becoming a superpower in climate hypocrisy rather than climate leadership. How can we possibly expect other countries to rein in fossil fuel extraction when we're building new coal mines here?" Doug Parr, policy director at Greenpeace UK told AP news agency.

Britain has passed laws requiring it to bring all greenhouse gas emissions to net zero by 2050.

In 2021, about a quarter of Britain's energy was produced by wind. But the Conservative government has dialed back on wind turbines due to local opposition.

Since Russia's invasion of Ukraine, oil and gas prices have soared in the UK and Europe. Britain has taken steps to bolster its domestic energy supply. Even though it imports very little Russian gas, the energy markets are subject to price fluctuations.

tg/rs (AFP, AP, Reuters)

  批評家は、鉱山が化石燃料再生可能エネルギー源に置き換えるリーダーとしての英国の地位に影響を与えると主張している. それは、石炭を段階的に廃止し、2035 年までにクリーン エネルギー源から 100% の電力を生成するという目標を達成するという国の目標に影響を与える可能性があります。
石炭火力発電所は、世界の温室効果ガス排出量の 5 分の 1 を占めており、最大の単一発生源となっています。
「英国政府は、気候に関するリーダーシップではなく、気候偽善の超大国になる危険を冒しています。ここに新しい炭鉱を建設しているときに、他の国が化石燃料の採掘を抑制することをどうして期待できるでしょうか?」グリーンピース英国の政策責任者であるダグ・パー氏はAP通信に語った。
英国は、2050 年までにすべての温室効果ガス排出量を正味ゼロにすることを義務付ける法律を可決しました。
2021 年には、英国のエネルギーの約 4 分の 1 が風力発電によるものでした。しかし保守党政権は、地元の反対により、風力タービンの導入を控えている。
 ロシアのウクライナ侵攻以来、石油とガスの価格は英国とヨーロッパで急騰しています。英国は、国内のエネルギー供給を強化するための措置を講じています。ロシアからのガスの輸入はほとんどないが、エネルギー市場は価格変動の影響を受けやすい。

 

>>風も頼りにならんし、太陽光は無理だし。

気候偽善大国ね、、、、石炭を掘るけど、自国で二酸化炭素は出さないのでOKと。

他国がその石炭をどう使うかは知らんという英国なのだね。