アマゾン 中国でのネット通販から撤退へ シェアー1%。

中国でのシェアーが1%なのか! 最初は15%あったのに。
アリババと京東の2社が物流会社も自社で持って、80%を占めているという。
おまけに決済会社と密にして、
外資Amazonも流石についていけなくなったようだ。
アメリカの中国排除も、中国という大きな市場に食い込めない、まさに排除されたわけで、
敵視するようになったのだな。
イメージ 1

---------------------------------------------------------------------

アマゾン 中国でのネット通販から撤退へ

アメリカのネット通販大手のアマゾン・ドット・コムは、中国の消費者向けに中国国内の商品を扱うネット通販事業から撤退することになりました。
アメリカのアマゾン・ドット・コムは18日、中国の消費者向けに中国国内の商品をネット通販しているサービスを3か月後の7月18日に停止し、この事業から撤退することを発表しました。

撤退の理由は明らかにしていませんが、日本やアメリカではネット通販市場の50%程度のシェアを持ち、圧倒的な存在感を示しているアマゾンも、中国では地元企業との競争で苦戦し、シェアが伸びなかったからだと見られています。

アマゾンは2004年に中国企業を買収して中国のネット通販市場に参入しましたが、アメリカのメディアによりますと、一時は15%を占めていたシェアも最近は1%に満たないということです。

アマゾンは海外の商品を中国の消費者に届けるネット通販事業などは続けるということで、「中国の消費者は世界から高品質な信頼できる商品を求めている」とコメントしています。

中国のネット通販市場は寡占状態

インターネットの利用者が8億人を超える中国ではネット通販の市場が急速な勢いで拡大し続けています。

中国商務省によりますと、ネット通販の市場規模は去年、前の年を23.9%上回って9兆人民元余り、日本円で150兆円に達しました。

この巨大市場は中国企業による寡占状態となっているのが特徴で、最大手の「アリババ」と「京東(じんどん)」の2社だけで80%以上のシェアを占めています。

両社は傘下に自前の物流企業を持ち、受注から配送まで一貫した態勢を築いているほか、倉庫での仕分け作業などを自動化することで、配送時間の短縮や効率化を進めています。

さらに両社は中国で浸透しているスマートフォン決済の大手2社とそれぞれが密接に結び付くなどして、圧倒的に優位な立場を築いています。

2社以外の残り20%近くの市場についても中国の地場系のサイトが農村などを対象に格安商品の販売に力を入れるなど、それぞれが特徴を出してしのぎを削っていて、中国のネット通販は外国企業が入り込むことが極めて難しい市場となっています。

Why Amazon struggled to beat Alibaba online in China

Despite an early entry into the Asian powerhouse, the US tech giant has failed to gain traction against fierce local competition. DW asks what lessons the world's largest e-tailer can learn about selling to the Chinese.
イメージ 2

Amazon's global dominance remains irrefutable. But, in China, the US tech giant's share of the e-commerce market fell to less than 1% last year. So, perhaps it's no surprise that the firm, which has its headquarters in Seattle, confirmed this week that it would close its domestic marketplace business in the world's second-largest economy.
From mid-July Chinese consumers will no longer be able to buy locally marketed and produced products through Amazon China, which will instead focus on sales of Kindle e-readers, online content and international products fulfilled through Amazon's global marketplace.
Amazon's admission of defeat in China — where it once had a 16% share — erodes the future growth potential of the world's biggest publicly traded company by market value. Despite a slowing Chinese economy, e-commerce in the Asian powerhouse continues to steam ahead. In 2018, online business to consumer sales grew 31% year on year to 5 trillion RMB ($747 billion, €670 billion), according to the research firm Analysys China.
E-Commerce Market in China EN
Despite gaining an early entry into China in 2004 through the purchase of the local online book e-tailer, Joyo.com, Amazon has struggled to compete with the country's leading e-commerce platform, Tmall.com, owned by the New York Stock Exchange-listed Alibaba Group, and the other dominant player, JD.com, which has a NASDAQ listing.
Rivals growing fast
With more than 500 million active monthly users, Tmall.com increased total sales by almost one-third in the fourth quarter, compared with the same period in 2017, and now has a 61.5% market share. JD is in second place with a 24.2% share. Amazon was in sixth place with a measly 0.6%.
"There is no other region that has such a dominant competitor and regulatory environment,” the retail analyst Simeon Siegel from the research firm Instinet told The New York Times when asked why Amazon was closing its domestic marketplace in China. He questioned whether Amazon had, in fact, given up on the Asian giant much earlier to focus on the likes of Japan and India, where its businesses are booming.
Despite the difficulties of operating in China, the US tech giant still faced widespread criticism for failing to adapt its online offer to the tastes of Chinese consumers, while local rivals benefited from their more in-depth understanding of local tastes.
"Amazon didn't really localize its product enough because its [Chinese] user interface had to align with the company's other global platforms," Ker Zheng, marketing specialist at Shenzhen-based e-commerce consultancy Azoya, told DW.
"If you look at the user interfaces of the Alibaba or JD websites, they're a lot different — very colorful, with lots of ads," Zheng said. Amazon's platform looks similar to its US version, as American consumers prefer a more simple, minimalist design, he added.
 
Watch video01:43

Singles Day brings record sales

Zheng, whose company helps foreign firms sell their products through China's online giants, noted that Amazon struggled to get the kind of scale that would allow it to compete with much larger rivals, who were able to beat the US firm on product range, cost and speed.
Amazon spent billions opening 15 fulfillment centers in China and built its own domestic delivery infrastructure, while its fiercest competitor focused on helping smaller vendors fulfill high-volumes of orders, roping in smaller delivery firms. Alibaba sites, meanwhile, gained a massive advantage due to the success of their own payment system, Alipay, while Amazon has yet to roll out its payment system in China.
Amazon was forced to compete in endless price wars and failed to capitalize on the huge promotions around Singles Day on November 11, China's equivalent of Black Friday. Like all online platforms, Amazon also struggled to root out the growing number of fake goods being sold on its Chinese website, analysts said.
A screen showing Alibaba group's Singles Day sales (Reuters/A. Song)
November 11 is Singles Day in China, which sees hundreds of billions of yuan worth of goods sold online
Further challenges inevitable
Though Amazon reports that its cross-border service — offering international goods to Chinese consumers — remains strong, its local competitors are already vying for a larger share of that market. After all, there's a healthy demand for quality overseas-made goods from the country's burgeoning middle class.
"I don't rule out the possibility that Amazon's cross-border business will follow the same path of Amazon's China domestic e-commerce business," Choi Chun of iResearch told CNBC, noting that JD and Alibaba have much larger traffic and spend more on marketing.
Amazon's failure in China follows similar defeats for eBay, which exited the Asian giant in 2006; US hypermarket Walmart, which merged its Chinese operations with JD.com three years ago; and even Google, which pulled out in 2010 after failing to compete with local rival Baidu.

米アマゾン、中国でのネット通販から撤退 競争で苦戦続き

  • 2019年04月19日
イメージ 3

米インターネット通販大手アマゾンは18日、中国向け事業縮小の一環として、中国でのネット通販から撤退する方針を発表した。中国国内企業との競争で苦戦が続いていた。
アマゾンは、今年7月18日に中国国内で第三者の商品をネット通販する「マーケットプレイス」事業を停止する。中国の消費者は今後、アマゾンの海外プラットフォームで引き続き商品の購入が可能となる。
中国向けのクラウド事業は今後も継続する。
アマゾンはこれまで、中国ネット通販大手・アリババや電子取引サイト大手・京東商城(JDドットコム)などのライバル企業との厳しい競争に直面してきた。
ロイター通信が最初に報じたところによると、今回の撤退計画は、海外の商品販売やクラウドサービス事業など、より利益を上げられる事業に重点を置くためのもの。
アマゾンの広報担当は声明で、「スムーズに移行できるよう、そして可能な限り最高の顧客体験の提供を継続するために、出品者と緊密に連携」していると説明した。

撤退の背景

アマゾンは2004年、中国の書籍・ビデオ・音楽販売サイトの卓越ドットコムを7500万ドル(約83億9000万円)で買収した。2007年には社名を卓越ドットコムからアマゾン中国(Amazon.cn)に変更した。
しかし、JDドットコムやアリババの「天猫(Tモール)」などの中国国内の主要ネット通販企業との競争に苦しんできた。
ブルームバーグによると、アマゾン中国を利用する消費者は7月18日以降、海外のプラットフォームで商品を閲覧できる。
アマゾンは現在、将来的な収益を見込んでインドに巨額の投資をしており、今後は世界第2位の経済大国である中国からインドへと軸足を移すこととなる。
同社はインド国内のEコマース(電子商取引)に55億ドル(約6155億7600万円)を投資することを約束している。インドでの競合相手は、Eコマース最大手のフリップカート(Flipkart)。
昨年には、インド国内で何百万人もの新しい顧客を獲得するため、携帯電話用ウェブサイトとスマートフォンアプリのヒンディー語版を立ち上げた。