ドイツ銀、約1.8万人削減や74億ユーロ費用計上を発表

18000人の首を2022年までにするという。
現社員の1/5人。 20%カットだ。
で、78000人にするという。
 リーマンショックアメリカのサブプライムローンの半分くらいはヨーロッパが買っていたと言うけど、
その後全然報道されなかったけど、いつの間にかドイツ銀行、ひどい状態でにっちもさっちもいかないらしい。
>銀行だけど、実質投資銀行みたいな会社だとか。

なにげに精算できずに、ずるずるとゾンビ企業が生きながらえているようだ。
日本に不良債権で文句を言える立場ではないわな。
T.KamadaさんがWill Meadeをリツイートしました
ドイツ銀行ニューヨーク支店の社員は、完全にやる気無しです。
社員たちは、職場で公然と次の職探しをし、ある社員たちは早退して午後早々に飲んでいるようです。
破綻したときのリーマン・ブラザースの全従業員数は、28,000人ぐらいだったから、
今回のドイツ銀行の18,000人のリストラは、
ちょっとした投資銀行がひとつ潰れたようなものだろう。
鈴木 昭年 @SL5jWOVvx52W2qO
あ〜あ。CDSを中国でやりすぎやって。
中国の文化は「借金は踏み倒す」「騙された方が悪い」やろ。
だから中国元は未だに(実質)金本位制なんやって。
中国にとって大切なもの
「見えない国の信用」<「目の前にある金(現物)の輝き」
ドイツ銀行自爆はいいけど、世界に迷惑かけんでな。ホンマ頼むで
清水功哉(日本経済新聞認証済みアカウント @IsayaShimizu
あの「栄光のドイツ銀」が! やはり、バンカーストラスト買収が暗転の始まりだったような印象。
当時私はロンドン駐在中で、バンカース側にいた知人が、本当はメリルを欲しがっていたようだ、
なんて言ってましたけど ーー ドイツ銀行、1.8万人削減 投資銀行部門を大幅縮小

ドイツ銀、約1.8万人削減や74億ユーロ費用計上を発表

7/8(月) 3:43配信
Bloomberg
ブルームバーグ): ドイツ銀行は株式事業から撤退するほか、今年第2四半期(4-6月)に28億ユーロ(約3400億円)の純損失を計上する。クリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は収益性の向上と同行投資銀行部門の縮小を目指している。
7日の発表によると、ドイツ銀は大規模再編の費用として2022年末までに74億ユーロの計上を想定しており、今年と来年の配当を取りやめる。今回の事業再編で約1万8000人が削減されるという。ドイツ銀は伝統的に強みだったフィクストインカム事業の縮小も見込んでいる。
約740億ユーロ規模のリスク加重資産が新たな非中核部門の一角になり、再編計画の一環として同行の資本バッファーは縮小される。再編の財源として増資する計画はないと明らかにした。
ドイツ銀はリテール・商業銀行部門責任者フランク・シュトラウス氏とシルビー・マテラット最高規制責任者(CRO)の取締役2人が今月退社することも明らかにした。投資銀行部門を率いるガース・リッチー氏の退職は5日に発表していた。
原題:Deutsche Bank Launches Overhaul With $8.3 Billion of Charges (1)(抜粋)
(c)2019 Bloomberg L.P.

ドイツ銀1万8000人削減 事業縮小、4~6月期赤字

 経営再建中のドイツ銀行は7日、フルタイム従業員の2割超に当たる約1万8000人を2022年までに削減すると発表した。株式売買業務から撤退し、業績不振の主因である投資銀行部門の資産約740億ユーロ(約9兆円)を分離して受け皿会社に移すことも決めた。
 リストラ費用の計上に伴い、19年4~6月期は28億ユーロの最終損失となる見通し。投資銀行部門を中心にリストラを断行し、資産運用事業などを柱に経営の立て直しを図りたい考えだ。だが欧州中央銀行(ECB)の低金利政策はさらに長期化しそうで、順調に再建が進むかどうかは不透明だ。
 ゼービング最高経営責任者(CEO)は声明で、公表したリストラ策を「過去数十年で最も根本的な転換」と説明した。
 本体から分離する投資銀行部門の資産は500億ユーロ規模とみられていたが、大幅に拡大した。5日には同部門の責任者が7月末で退任すると発表していた。(共同)

ドイツ銀、1.8万人削減 「欧州最強」20年目の挫折 

ヨーロッパ
2019/7/8 5:08
【ベルリン=石川潤】ドイツ銀行は7日、株式売買業務からの撤退や全行員の2割にあたる1.8万人の削減を柱とする再建計画を発表した。戦後ドイツの経済成長の原動力となり、「欧州最強」とも言われた同行は1990年代末から世界のトップバンクを目指し、投資銀行業務を急拡大させた。しかし膨らむリスクに翻弄され、約20年を経て大幅な縮小を余儀なくされた。欧州の企業取引に軸足を戻して「再出発」(ゼービング最高経営責任者)を期すが、前途は多難だ。
ドイツ銀行の経営再建計画は、2022年までに1.8万人を削減するほか、投資銀行部門の資産740億ユーロ(約9兆円)を切り離して処分を進めるという大規模なものだ。リストラ費用として22年までに74億ユーロ(約9000億円)を計上し、19年4~6月期は28億ユーロ(約3400億円)の最終赤字に転落する。
「我々は原点に回帰する」。ゼービング氏は7日公表した声明で、顧客取引を中心としたかつてのドイツ銀行の姿に戻していくと約束した。コーポレートバンク部門を新設して企業の資金決済などの需要に応えられるようにするほか、縮小する投資銀行部門も企業への助言業務や外国為替などに重心を移すという。
ドイツ銀行は「奇跡」とも呼ばれた戦後西ドイツの経済成長を金融面から支えた。ドイツ企業との取引を中心に「欧州最強」と言われたドイツ銀行投資銀行部門への傾斜を始めたのは、1998年の米バンカース・トラストの買収がきっかけだった。
国内業務が頭打ちとなり、海外に進出するドイツ企業にサービスを提供し続けるためにも、自ら海外に打って出ることが避けられなくなっていた事情がある。
ゴールドマン・サックスなどをライバルと見定めて資産を急拡大させ、一時は米銀大手と収益で肩を並べるほどに成長した。戦略転換の成功例ともてはやされたが、規模の追求がリスクやコストへの意識を薄れさせた面は否めない。
もろさが露呈したのが、2008年のリーマン・ショック後だ。米国で金融商品を不正に販売したとして米司法省から巨額の和解金を要求されたほか、マネーロンダリング資金洗浄)に関わった疑いも浮上した。
経営不安が資金調達コストを上昇させ、それがさらに収益を悪化させるという泥沼にドイツ銀行ははまり込んだ。17年まで3期連続の最終赤字になるなど、収益力の低下は明らかで、株価は19年に入っても過去最安値を更新し続けていた。
同じ独大手のコメルツ銀行との経営統合交渉が労組の反対などで19年4月に破談になり、追い詰められた末の方針転換といえる。リストラで多額の損失を計上するが、株安が進むなか、資本増強は見送った。すぐに経営が危うくなるわけではないが、予期せぬショックへの耐性は弱まった。
ドイツを中心とする欧州市場への回帰もいばらの道だ。独国内は公的金融や地域金融機関が高いシェアを占めるうえ、仏BNPパリバやイタリアのウニクレディトなどとの争いも激しい。仮にコメルツ銀が海外大手の傘下に入れば、情勢は一段と厳しくなる。
ゼービング氏は「ドイツ銀行の名声を取り戻す」というが、欧州中央銀行(ECB)による超低金利政策の長期化という逆風も吹いている。株安で主要株主の忍耐も限界に近づきつつある。ドイツ銀行は次の失敗が許されない最後の賭けに出たともいえる。

Deutsche Bank confirms plan to cut 18,000 jobs

イメージ 1
Deutsche Bank will cut 18,000 jobs over three years as part of a radical reorganisation of the German bank.
It will also report a second quarter loss of €2.8bn to partly pay for the shake-up, which will significantly shrink its investment banking business.
Deutsche Bank is yet to specify exactly where jobs will be lost.
But it said it intends to completely exit activities related to the buying and selling of shares, much of which is conducted in London and New York.
With almost 8,000 staff, London is the home to its biggest trading operation.
Deutsche Bank said it will cut its global workforce to 74,000 by 2022 and that the restructure will cost €7.4bn over the next three years.
"Today we have announced the most fundamental transformation of Deutsche Bank in decades," chief executive Christian Sewing said.
"This is a restart for Deutsche Bank... In refocusing the bank around our clients, we are returning to our roots and to what once made us one of the leading banks in the world," he said.
The reorganisation of the business follows the failure of merger talks with rival Commerzbank in April.
The German government had supported the tie-up, hoping it would create a national champion in the banking industry.
However, both banks concluded that the deal was too risky, fearing the costs of combining might have outweighed the benefits.
Presentational grey lineAnalysis box by Simon Jack, business editor
What's bad for Deutsche Bank could be good for Barclays.
The once-mighty German firm's retreat from international investment banking leaves Barclays as the last European bank standing in a sector dominated by US giants like Goldman Sachs, JP Morgan Chase and Morgan Stanley.
As one Barclays insider told the BBC: "Deutsche is where Barclays was five to 10 years ago. The difference is that we had a successful retail business (loans, mortgages, credit cards) to help us endure the most difficult times. Deutsche Bank hasn't got that."
The structure of the German banking sector is very different from the UK with lots of smaller regional banks grabbing most retail customers.
Barclays has been picking up market share from Deutsche and other European banks for over a year now and will see this as a further opportunity to expand into the space vacated by the German retreat.
While Barclays may pick up business, the real victors from Deutsche's demise are the US banks who have prevailed after many unsuccessful attempts (RBS, UBS, DB and others) to muscle into the so-called "bulge bracket" of international investment banks.
Wall Street is arguably more powerful than ever.
Presentational grey line
Deutsche Bank has been struggling for years with the decline of its investment bank and has made several attempts to revamp its business.
The latest plan will be the most ambitious so far and it has already prompted the resignation of one top executive.
On Friday, the bank announced that its head of investment banking, Garth Ritchie, was leaving.
Under the plan, the bank wants to make cost savings of €17bn by 2022.
It is also creating a new unit to manage assets that belong to businesses it no longer wants.
It estimates those assets to be worth €74bn.

Deutsche Bank to axe 18,000 jobs

Deutsche Bank says it will cut 18,000 jobs by 2022 as part of a major restructuring of the embattled bank. For years, Germany's biggest lender has suffered from weak performance and legal woes.
イメージ 2
Deutsche Bank announced Sunday it would cut 18,000 jobs — about 1 in 5 employees — by 2022, as part of its new round of restructuring.
Deutsche Bank said in a statement on Sunday that the restructuring would include "a workforce reduction" to "around 74,000 employees by 2022."
The layoffs would contribute to reducing annual costs by €6 billion ($6.7 billion) until 2022.
The bank also plans to scrap its global equities business and scale back its investment banking. It expects a €2.8 billion euro ($3.1 billion) net loss in the second quarter as a result of restructuring charges.
Deutsche Bank said the restructuring could cost it €7.4 billion ($8.31) between until the end of 2022.
The company was hit hard by a financial crisis a decade ago. Since then it has struggled to make a profit under the new safety provisions imposed on banks.
Bank transformation
In May, Chief Executive Officer Christian Sewing sought to reassure investors at Deutsche Bank's annual general meeting (AGM) that management was "prepared for tough cutbacks" and that he would "speed up the transformation" by focusing on "profitable and growing areas."
 
Watch video01:40

Shareholders blame Deutsche Bank CEO, Supervisory board chairman for poor performance

Sewing, however, said more cuts were needed to its ailing investment banking unit, which consumes most of the bank's capital and has been at the heart of various trials and fines for, among other offenses, money laundering. The unit has also failed to match its much bigger US rivals, particularly in investment banking.
The restructuring measures are a step in the right direction, said Stephan Szukalski, a Deutsche Bank supervisory board member, adding that it could be new beginning for the bank.
US cuts to equity business
Some of the changes that were proposed in May included the plan to cut its US equities business, including prime brokerage and equity derivatives, to win over shareholders.
A big part of the bank's anticipated US cuts will come from its money-losing equities business, which includes cash equities trading. The bank has also earmarked US rates trading for further reductions.
Deutsche Bank officials had previously denied reports they had planned further US restructuring measures.