名古屋 河村市長 芸術祭の少女像 展示中止求める:芸術祭に慰安婦問題象徴の少女像 補助金7800万円を慎重検討 官房長官:愛知県が8億5000万円、名古屋市が2億8000万円

あわてて文化庁職員が欠席!
>自己保身だね。
 そして菅官房長官の7800万円を交付するかどうかは、検討中という。

さて金髪豚と揶揄される総合プロデューサーの左翼活動家は、7800万円を補填できる財力はあるかな? ネットでかき集めてみてはどうかと思うけどね。 でなければ、芸術展主催者と金で揉める結果となるだろう。 
wikiによると「愛知トリエンナーレ」は愛知県が8億5000万円名古屋市が2億8000万円
残りを事業収入で賄うという税金を使った完全なる官制芸術祭です
 河村市長は記者団に対し、「どう考えても日本国民の心を踏みにじるものだ。税金を使ってやるべきものではない」と述べました。
 先月31日に行われたレセプションを招待されていた文化庁職員が欠席したこと
 開幕前日の先月31日に行われたレセプションを招待されていた文化庁職員が欠席したことについては、文化庁の担当者が「報道を受けて、事実関係などの対応にあたっていたため取りやめた」と説明しました。
 国際芸術展「あいちトリエンナーレ2019」は、文化庁が「文化資源活用推進事業補助金」の対象として採択し、現在、7800万円を交付するかどうか手続きを行っていました。

つるの剛士@takeshi_tsuruno
たとえ近所で開催されていても、無料でも、夏休みでも、
自国ヘイト作品を展示するアート展なんかに子供連れて行くわけない。
ああ、
表現の自由も不自由?も守られて、
連日近くでミサイルは飛んでいて、
日本はなんて寛容で平和な国なんだろ。
毎日暑いけど、感謝、感謝。🕊


但馬オサム@tajima_o8月2日
反権力結構、反体制結構。しかし、この男は文化庁云々の威を借りて、異を唱えるものに脅しをかける。
単なる権威主義者。こやつは芸術と一番遠い人間。
俺のもっとも嫌悪するタイプの男だ。俺は絶対許さん。
イメージ 11
松井一郎(大阪市長)@gogoichiro8月1日
にわかに信じがたい!河村市長に確かめてみよう
河村市長と連絡した所、ご自身も一昨日まで知らなかったようです。
問題意識を持っているので早急にチェックするとの事です。

城之内 みな@minajyounouchi8月1日
wikiによると「愛知トリエンナーレ」は愛知県が8億5000万円名古屋市が2億8000万円
残りを事業収入で賄うという税金を使った完全なる官制芸術祭です。
そこに慰安婦像や昭和天皇のお写真を半分焼いたオブジェが並ぶというトンデモイベントです💢 

n.tomita0@n_tomita08月1日
そもそも、どういう経緯でネット評論家の津田大介が「芸術監督」に就任しおおせたのか
についても調査が必要と存じます。
誰がどういう経緯で彼を推薦したのか、報酬はいくらなのか、共産党人脈の有無、韓国北朝鮮との関係など、
かなりの闇を感じます。
イメージ 2イメージ 1イメージ 3
イメージ 6
>横のパネルをみると、反日展じゃないの?
イメージ 7
作者は、こういうのも作っているらしい。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
>自ら慰安婦像に扮しているとか。。。
イメージ 4
イメージ 5
すてら★みら@sweet_rain8月1日
文化庁長官の宮田は かつて、「韓国は日本の兄か姉のような存在」と、韓国を喜ばせていた売国奴らしい。
すぐにやめてもらいたい。
こうなったら文部科学省にも見解を求めるべき!
宮田亮平は文化庁長官として適任なのか!?

崔碩栄@Che_SYoung
展示物が日本のTV、新聞より先に韓国のTVに流れた点も重要だと思うよ🙄
つまり、
韓国側は既に内容を把握していた。そして撮影許可を得た、という点は重要。

以下略ちゃん™@ikaryakuchan
「「表現の不自由展・その後」は、撮影はOKだけど、SNS投稿は禁止」
と言いながら、自分では写真をリツイートする津田大介さん。
どういうこと?
イメージ 12イメージ 13
百田尚樹@hyakutanaoki
津田大介は、このまま頑張ると、自分の知性の無さと見識の無さが白日のもとにさらされ、さらに芸術監督になった経緯を追及されるのが怖くて、慰安婦像を撤去すると思う。
その後、「表現の自由が奪われた」と、まるで自分が被害者のように吹聴するだろう。
ま、クズやね。

有本 香 Kaori Arimoto@arimoto_kaori
津田さん、芸術監督としての貴殿の矜持はその程度なの? 
「表現の不自由」と銘打って問題提起しようと作品を厳選したのなら、多少物議醸したぐらいで折れてはダメよ。
ここからが闘いどきでしょう。
ま、そもそも「反体制」表現したい人が、公金で助成され知事と2ショット撮る時点でワケわからんけど
百田尚樹@hyakutanaoki
姐さん、追い込むねえ😊
津田大介はもう被害者として逃げようとしてるのに、逃がさないというスタイルやね。
イメージ 15
生田綾 Aya Ikuta / ハフポスト@ayikuta
津田大介さんが会見。
・展示内容について、行政の責任
行政は、表現の不自由展の「表現の自由の現在的状況を問う」というコンセプトを認めているのであり、
「個別の作品を賛意している」という立場ではない。
また、展示した際に起こりうるリスクなどについても愛知県庁に説明、調整を重ねてきた。

テリマカシ 。。@terimakasih0001
こうやって煽って、行政も理解を示したのに日本国民の抗議や脅迫が相次ぎ、
そレニよりやむなく展示中止に追い込まれた。
それほどに日本には表現の自由がない!と言う戯言を世界中にばら撒いてジャパンバッシングするまでが作品なんでしょ。
マジでくっちょムカつく。
そんなものは芸術でもなんでもなく、朝鮮のためのただの政治的プロパガンダなんですよ。
これはプロパガンダの為に芸術祭を利用しただけ、
それに政治的な批判が集まるのは当然なのです。

有本 香 Kaori Arimoto@arimoto_kaori
たった今、名古屋の河村たかし市長と電話が繋がり、例の慰安婦像の件の経緯を伺いました。
市役所に別の用件で来られた市民の方々から痛切な訴えがあったと。
河村市長「自由は無制限ではない。相互承認あっての自由。中止要請は行政の弾圧ではなく、
日本国民の心を踏みにじる行為から守るためのこと」
百田尚樹@hyakutanaoki
まさにその通り!
あの無礼な少女像が芸術の名のもとで表現の自由として認められるなら、その少女像が全裸で文大統領そっくりの男のものをくわえて喜んでる像を、芸術作品として展示してもかまわないことになる。

ところで、今回の愛知の騒動。
津田大介はこんな大騒ぎになると思ってなかったと思う。
というのも、完全に泡食ってビビってるからだ。とても予期していた風には見えない。
おそらく、ちょっと炎上して知名度が上がる程度に考えていたのだろう。
この騒ぎが予測できないとは、悲しいくらい知能が低い。
津田大介はそこまで頭が回っていない。彼は都合よく使われただけ。
一番の黒幕は、少女像を今回の芸術祭に持ち込んだ組織。
審査員も含めてどんな連中が絡んでいたかを調べるべき。
そいつらが、頭が弱い芸術監督を利用した。
イメージ 14

吉村洋文(大阪府知事@hiroyoshimura
河村市長は、愛知県知事に申し入れるとのことだが、愛知県知事がどう対応するか注視だ。
僕はサンフランシスコ市との慰安婦像問題の時に当事者として散々やりあったし、批判も受けたが、
慰安婦像問題は対海外だけでなく、対国内の問題でもある。

名古屋 河村市長 芸術祭の少女像 展示中止求める

愛知県で開かれている国際芸術祭で慰安婦問題を象徴する少女像が展示されていることに関連して、名古屋市の河村市長は、「日本国民の心を踏みにじるものだ」として、実行委員会の会長を務める愛知県の大村知事に対し、少女像などの展示を中止するよう求めました。
愛知県で1日開幕した国際芸術祭、「あいちトリエンナーレ」には、「表現の不自由」をテーマに、慰安婦問題を象徴する少女像などを展示するコーナーが設けられていますが、芸術祭の事務局の愛知県には、撤去を求めるなどの批判的な意見が相次いで寄せられています。

こうした中、芸術祭の実行委員会の会長代行を務める名古屋市の河村市長は、2日、名古屋市東区にある芸術祭の会場を訪れ、担当者から説明を受けながら少女像などを視察しました。

このあと河村市長は記者団に対し、「どう考えても日本国民の心を踏みにじるものだ。税金を使ってやるべきものではない」と述べました。

そのうえで、実行委員会の会長を務める愛知県の大村知事に対し、少女像などの展示を中止するよう求める考えを示し、2日夕方、事務方を通じてこうした文書を提出しました。

大村知事「事実関係を確認する」

国際芸術祭の実行委員会の会長を務める愛知県の大村知事は「事実関係を確認したうえでコメントさせていただく」というコメントを発表しました。

芸術祭に慰安婦問題象徴の少女像 補助金を慎重検討 官房長官

愛知県で開かれている国際芸術祭に慰安婦問題を象徴する少女像が展示されていることについて、菅官房長官は芸術祭が国の補助事業として採択されていることから、事実関係を精査し、補助金を交付するかどうか慎重に検討する考えを示しました。
愛知県で1日開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」には、「表現の不自由」をテーマに、慰安婦問題を象徴する少女像などが置かれたコーナーが設けられています。
これについて、菅官房長官閣議のあとの記者会見で「企画の1つとして、慰安婦を象徴する少女像などが出展されていることは承知している」と述べました。

そのうえで「『あいちトリエンナーレ』は文化庁の補助事業として採択されている。審査の時点では、具体的な展示内容の記載はなかったことから、補助金の交付決定では事実関係を確認、精査したうえで適切に対応していきたい」と述べ、事実関係を精査し、補助金を交付するかどうか慎重に検討する考えを示しました。

実際に交付するかどうか、今後慎重に検討

愛知県で開かれている国際芸術展「あいちトリエンナーレ2019」は、文化庁が「文化資源活用推進事業補助金」の対象として採択し、現在、7800万円を交付するかどうか手続きを行っていました。

柴山文部科学大臣は2日午前の記者会見で「事業の趣旨に合致しているかという観点で審査を行ったが、具体的な展示内容についての記載はなかった」と述べました。

そのうえで「実施計画書の企画内容や本事業の目的と照らし合わせて確認すべき点が見受けられるので、補助金の交付にあたっては、そういった事実関係を確認したうえで、適切に対応していきたい」と話し、実際に交付するかどうか、今後、慎重に検討する考えを示しました。

また、開幕前日の先月31日に行われたレセプションを招待されていた文化庁職員が欠席したことについては、文化庁の担当者が「報道を受けて、事実関係などの対応にあたっていたため取りやめた」と説明しました。