自民 衛藤氏ら 「徴用」で韓国側に適切な対応求める

裏舞台では、必死で在日活動家が自民党内で切り崩しに動いているのかな。
これまではそれで、うまくやってきた。
日本の自民党内部で切り崩しに成功し、何故か日本は韓国にしてやられてばかりいたものだ。
金を積まれても、今回は動かないのか、金をもらって動いてないのか、、、

一応平行線のまま終わったことになっている。
裏で籠絡のためにいろんな汚い手を行使しているのではないかな。
イメージ 1


自民 衛藤氏ら 「徴用」で韓国側に適切な対応求める

日韓関係が悪化する中、自民党の外交調査会のメンバーは、韓国の元国会議員団と会合を開き、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題について、韓国側に適切な対応を取るよう求めました。
自民党の外交調査会長を務める衛藤征士郎衆議院副議長らは、日本を訪れている韓国の元国会議員団のユ・ギョンヒョン(柳瓊賢)会長らと会合を開きました。

この中で衛藤氏は、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題について、「完全かつ最終的な解決が確認されている。日韓請求権協定にのっとり、速やかに協議が開始されることを強く望む」と述べ、韓国側に適切な対応を取るよう求めました。

これに対し、ユ会長は「韓国の最高裁の判決が出た以上、尊重せざるを得ない」と述べ、関連する企業が自発的に問題を解決することに期待を示しました。

また、韓国側は日本の輸出管理について、政府間で交渉を直ちに再開し、妥結するまでの間、履行を留保するよう提案しました。

そして、双方は「日韓両国で貿易規制とも受け取られかねない措置が取られたのは望ましいことではない」として、当局の間で早急に協議を行い、円満に解決すべきだという認識で一致しました。

双方は、会合の結果をそれぞれの政府に伝えることにしています。